あややの家

あややとその家族のつれづれ

一問五答!あやや家総動員アンケートタイム☆不思議な夢

2011-07-31 | アンケート

              今日のあやゴコロ: ふしぎだね~

 

なおなお:今回のお題は、不思議な夢をみたことがありますか?です。さいきんでなく、昔でもいいよ。

 

アンジェラ: 私の夢には建物(学校、古い家屋、ホテルなど)が必ずと言っていい程出てきます。建物の構造も変わっていて螺旋階段が続いていたり、隠し扉や秘密の部屋があったりして…古い木材やコンクリートの質感等ををリアルに感じながらその中を歩き回ったり、捜しまわったり、冒険したり…無茶苦茶アクション系の夢が多いです。ストレスを夢で発散?でも疲れるー

ポケおやじ:受験時代に雷雲にどこまでも追いかけられる夢をみた。雷に撃たれた瞬間部屋の電気がついて母が入ってきて「何昼間っから雨戸閉めて寝てるの!」雷が落ちました。不思議なのは電気がつく(雷が落ちる)ことを予定して雷雲に追いかけられる夢を見ていた事です。夢はこちらの時間感覚とは違って短い時間(電気がつく瞬間)で多くの情報(どこまでも追いかけられる)を圧縮して伝えて行くのでしょうか。

ゆうかさま:夢なんてみんな不思議なもんだからねえ~…どれを答えればいいのか悩ましいけど、そういえば幼稚園の頃から中学入る前辺りまで通算20回くらい見てた夢があったなあ。

何かパソコンのようなものに映る真っ白な画面を見ているところから始まって、しばらく待ってると『プ』という電子音と一緒に黒いドッツが右から左へと流れていきます。ドッツが画面外に消えて行くとそのまま白い画面が続き、またしばらくすると『プ』という電子音とともに今度は2つのドッツが並んで流れていきます。その後も一定間隔でドッツが流れ続けるのですが、その数は3、4、5、6……と1つずつ増えて行き、次第に音も大きくなってきます。そしてあるとき突然寺のような古びた茶色い建物が画面に現れて『ジャーン』と大きな音が鳴り響きます。いくつまでドッツが増えた段階で現れるのかはランダムみたいです。
寺が出て数秒すると画面は一瞬黒くなり、またその次の瞬間にはもとの白い画面に戻っています。それからしばらくすると再びドッツ1つが流れてくる…という風な繰り返しの夢でした。一時期は3日連続で見た事もあったけど、どういうことなんだろう?未だに説明がつきません。
書いてて思ったけど夢を文章に書き表すのって口で説明するのと比べて断然難しいです

なおなお:みんな答えてくれてありがとう。僕の夢は鎌倉のおじいちゃんおばあちゃんの夢だよ。おじいちゃんの家に入るといらっしゃいと声をかけてくれました。家の中が雨漏りしていました。ドアがあって、一つだけ知らないドアがありました。あけると、金色のお葬式するところがあって、体育館ぐらいでした。そんな大きい建物が見えなかったのに、あったのが不思議でした。

きっとあややは起きていても不思議だから夢の中ではもっと不思議かもしれない。あややの夢、覗いてみたい!

皆さんお疲れ様!アンケートタイム終わりです。色々聞けて面白かったよ。では!

コメント

理由は節電?

2011-07-30 | 日記

                今日のあやゴコロ: なんだか…

 

アンジェラ:ゆうかさまとなおなおがお世話になった幼稚園に

今はいとこのゆいゆいが通っています。

(遥か遡ればこのワタクシも卒園児なんです)

昨日は一昨日予定されて延期になった夕涼み会もどきだったようです。

もどき…というのは

午前10時半から開催されたとのこと

全然『夕涼み会』じゃないじゃん

これまでは確か夕方の5時~6時だったような…

猛暑だったらどうするのだろうと聞いたら

予め浴衣に帽子を被ってくる旨通達があったようです。

毎年女の子は髪をアップにしたり

いつもと違うヘアースタイルを親子で楽しむのに~


理由は『節電』とか。。。


しかも雨が降り始めて

どしゃ降りの中ビチョビチョになりながら

子ども達は盆踊りを踊った(1曲)そうです…

せっかくの浴衣も台無しだったと

ゆいゆいのママも嘆いておりました。


記憶する限りゆうかさまの時もなおなおの時も

『夕涼み会』はとっても楽しみにしていた夏の行事の一つでした。


子ども第一の幼稚園だったはずなのに

なんかとっても残念…

夏休みに入ってなんだか暑さも一服してしまい

使用電力もかなり余裕があると思うのだけれど…


『節電』だけの理由なのかどうか

風の便りで

相当なクレーマーが親の中にいるとも。

本当のところは分かりませんが

『節電』や『自粛』が印籠のようになってしまい

ちぐはぐな、気が付けば不条理なことにならないようにと

今回の件で考えさせられました。


風邪ひかないでね、ゆいゆい

 

 

 

 

 

コメント

ポケおやじのこだわりメガネ/浅草寺の鳩

2011-07-29 | ポケおやじのこだわりメガネ

             今日のあやゴコロ: 色も形も違うけど…

 

ポケおやじ:今年は地元の花火大会は中止になってしまった。足立の花火大会は10月8日に延期。隅田川花火大会の開催が1ヶ月遅れの8月27日になるらしい。玉突き状態で夏の終わりの浅草のサンバカーニバルも中止。秋だと寒いか。

昔は馬券を買いに子どもを連れて土曜日の浅草に行った。最近はネットで馬券を買うので場外馬券場には行かなくなったが。祭りを横目に浅草寺を横切って馬券を買った後、結果が出る。その後罪滅ぼしに浅草寺の境内や近くの公園で子どもを遊ばせるのが習慣だった。

滝廉太郎の「鳩ポッポ」の歌碑の傍のポストのような塔で100円で鳩豆を売っており、ゆうかさまやあややにたっぷりと豆を渡し自分はスポーツ新聞を読みながら敗因の確認を行っていた。それはそれで平和な光景だったと思う。 

石原慎太郎氏がカラス対策の一環として公園での鳩のえさヤリを禁止したとき、餌に群がる貪欲な鳩を思出し、当然だなという思いと何かが終わった感覚を憶えた。

この度の地震の折に「天罰だ」といった石原慎太郎氏を、マスコミは一斉に叩いた。宗教よりの発言を嫌うマスコミは、文脈を無視し一部だけ切取り決して許さない。

週刊誌で読んだが、中東の要人が日本に来ると東郷神社に参りしたがるらしい。日露戦争で西欧文明に楔を打ち込んだ日本は、中東・アジアの多くの人々の心を打ったのだ。だが今の日本に他国の心を打つ意思や行動力は感じない。

ウィキペディアに阪神・淡路大震災の折カダフィー大佐が「経済力で悪魔(アメリカ)に奉仕してきた日本人に天罰がくだった」と発言したことが出ていた。独裁者の妄言だろうか。

高木徹「大仏破壊」(2004)はバーミアン仏像破壊がどのような背景で起き、国連や各国がどのように動いたか、そして「9・11」へ進んで行ったかをNHKディレクターとして身近に見た筆者が描く大宅壮一賞受賞ノンフィクション。

1979-1989年のソ連の支配終了後、アフガンはタリバーンが現れるまで街は殆ど破壊され血で血を洗う無政府状態だった。そのような中神学生ら武闘宗教集団タリバーンが急激に拡大することによりアフガンの治安は安定に向かった。タリバーンたちの発言をこの本から拾うと

「我々は、かつて異教徒が押しつけてくる共産主義と戦い勝利しました。今、再び異教徒が押しつけてくる民主主義という悪と戦うのが、タリバン運動の中核です。」

「今、世界は、我々が大仏を壊すといったとたんに大騒ぎを始めている。だが、わが国が旱魃で苦しんでいたとき、彼ら(国際社会)は何をしたか。我々を助けたか。彼らにとっては石の像のほうが人間より大切なのだ。」

国連や欧米諸国は「大仏の破壊が確認されると、それまでにもましてアフガニスタンへの興味を失ってしまった」日本もそうだった。

そして「9・11」

本年5月1日タリバンを引っぱりまわしたビン・ラディンは暗殺された。しかし「アルカイダのリクルートビデオ」という9・11以前にイスラム圏にばら撒かれたPRビデオで「映像の中に生きる伝説となったビンラディン」は死して今日なお反イスラエル・反米を訴え続けている。「殺そうと、もう遅いのである」と高木氏は言う。

『異教徒で民主主義』とはアメリカのことだけだったのか。傘下の日本はテロの対象から外されていたのだろうか。「大仏破壊」はもう一つの「9・11」の可能性を書く。

「『アルカイダのリクルートビデオ』には、もうひとつ、印象的な場面がある。大仏が破壊される瞬間の映像の間に、明らかに日本のものとわかる寺で大勢の人々が参拝している場面が、巧みにモンタージュされているのだ。それは、浅草寺である。」

代償の無い平和などないのかもしれない。

コメント (9)

木曜日は★知れば知るほど あやや/Hちゃんが手を振った

2011-07-28 | 知れば知るほど☆あやや

            今日のあやゴコロ: 今の…!!

 

ポケおやじ:夏休み前にあった出来事を一つ。

M支援学校へあややを送るためバス停で待つことも3年目。小学校時代から知っているWくん、毎日おじいちゃんが送るAくん、あややが中学1年生で入学すると同時に小学1年で入学したHちゃんと一緒にバスを待つ。

Hちゃんはダウン症とは違う珍しい染色体異常で、未だしゃべることが出来ない。2年生の冬まではお母さんが送っていたが、仕事の都合で今はおばあちゃんがHちゃんの弟3歳のYくんを連れて送り迎えをしている。

おばあちゃんは自分勝手の塊あややの我儘な行動言動を「自分の意思が強くてうらやましい」という。Hちゃんは病気になりやすいがおとなしくて意思を確認するのが難しく、気がつかないうちに高熱を出していたりするのだ。

毎朝、私とおばあちゃんがバスに手を振るが、よその子はともかく我が子が手を振りかえしてくれることはない。

おばあちゃんとHちゃんを見送ることが日課になって半年以上。Yくんは最近バスのHちゃんに向かって元気に「バイバーイ」と手を振るようになった。するとHちゃんはYくんのことをじっと見る。そして数日前Hちゃんは突然手を振ったのだ。「今振りましたね」「振りました」おばあちゃんのうれしそうな顔。

成長の瞬間は育てたもののみが味わえる特権だ。

しかし同じく3年目、毎日手を振っているのにあややはこっちを意識しながら決して手を振らない。

面倒臭いので手を振らないという強烈な意思が表情にありありと出ている。こんなことも能力とやる気が合わさって初めて出来るものなのだなと今日もバスを見送るポケおやじであった。

コメント

志賀高原に行ってきたよ!

2011-07-27 | ゆうかさまつれづれ

        今日のゆうかさまゴコロ: しおりの表紙になったよ~

 

ゆうかさま:先日学校の自然教室に行ってきました。私の学校は中1と高1の時に同じ山荘を借りてクラスごとに浅間合宿をするのが恒例なのですが、今回地震によりその山荘が使えなくなった(危ないじゃないか)ので学年でホテルに泊まる事に。場所も志賀高原に移動です。ちなみにホテル…といってもスキー合宿などに使われるようなところらしく、結構ボロボロでした虫が至る所にいて気が抜けない生活でしたが最後の方はもう慣れちゃいました

それにしてもかなり密度の濃い2泊3日でした。島崎藤村の詩碑を見たりハイキングでひーひー言ったりキャンプファイヤーをしたり食べたり食べたり食べたり…(量は多かったけどちゃんと3日分完食したぜ太っちゃったかも)

山登りでは最後のリフトが凄く楽しかったけれど、長時間歩いたので結構エネルギーを吸われました。ここぞとばかりに大量買いしたおやつもあれよあれよというまに消えて行った…

キャンプファイヤーでは何故か代表6人の中に選ばれ、「1kgの重み」というクラス対抗のゲームをやらされたのが印象的でした。ルールは簡単で、そこらへんにある石ころを袋につめ、1kgに一番近いクラスが勝ち、というものでした。
牛乳パック1本分の重さって意外と分かりにくいもので、他の5人とあーだこーだ言いながら袋に砂利をつめました。傍から見たらきっとかなりシュールな光景だったんだろうなあ。あ、でもちゃんと優勝しましたよ

3日目の昼に食べた弁当の釜飯は中1の頃完食できなかったのでちゃんと食べられて良かったです

あと、近況報告にてお話した有志劇ですが、ちゃんと台本も書きあげ配役も決めたのにも関わらず先生方と行事係の連絡が上手くいってなかったみたいでやらせてもらえませんでした抗議しにいったのに忙しいとか口実つくって話も聞いて貰えなかった今回の台本は結構自信あったのに…私の睡眠時間を返せ~~っ

そんなこんなでいろいろあったけれど、全体的に刺激があって面白い合宿でしたでもやっぱちょっと疲れたかな…

コメント

4コママンガいってみよ~☆『ひと言』byアンジェラ

2011-07-26 | 4コママンガ

アンジェラ:これまで皆さんにお見せしてきたダジャレは選りすぐりです。

お蔵入りするはずだったダジャレが載ってポケおやじ良かったね

コメント (2)

新居へお引っ越し

2011-07-25 | 鯉・金魚・メダカの飼育あれこれ

                : まだメダカほど

 

アンジェラ:なおなおが春先に水族館でもらってきた錦鯉のたまごから

15~6匹が元気に育っています。

いろんな模様が出て来て、見た目が楽しくなってきました。

とりあえず昔飼っていた金魚の水槽で育てていたのですが

さすがに手狭になってきたのと、何の設備もないので

夏の旅行時どうしようか~と思案していたところ

助けの神が!

我が弟から水槽(60cmサイズ)一式頂ける事に

最近釣りと魚の飼育にハマっており

自宅に大きな水槽を買い換えたとかで不要になったとか。

ラッキーでした

当面はこれで何とかなりそうです。

設置から世話の仕方、装置の説明まで

全てカズ夫婦に全面協力してもらい助かりました

(今度いっぱいご馳走しちゃうからね

 

でもこれも終の棲家じゃないのよね…

錦鯉くん達が大きく育つ前に

やがては庭に池を作らねば

今から餌付けして

手をポンポンと叩くと寄って来るようにするぞ~

 

コメント

いよいよ地デジ終了!

2011-07-24 | 日記

         今日のあやゴコロ:お役御免!

 

数日前…

アンジェラ:「もうすぐ地デジ終わるねー」

ゆうかさま:「あ、そうだよねーうちは大丈夫だよね」

アンジェラ:「いつ地デジが終わるんだっけ」

なおなお:「7月24日だよ」

いよいよアナログ終了を迎え我が家はアンジェラを中心にボケまくり。

我が家のアナログ終了の焦点は。

1.アナログ対応の録画機しかない

2.あややがアナログのチャンネルに親しんでおり教育テレビは3ちゃんで見ると決めているのでデジタル化に対応できるのか

3.アナログ放送の終了の瞬間を見てみたい

の3点に絞られている。

あやや家の対策として

1.いい加減買います…

2.けっこうあややは臨機応変、即切り替えるのでは?

3.不在のゆうかさま以外24日午前0時まで起きていようか…と思ったが気になって調べてみると…24日正午の切り替え予定だが、放送事業者に24日中での対応が猶予されているとのこと。一斉に切り替わるのか、12時間かけて1局、また1局と消えて行くのか…。ケーブルテレビ業者などによっては2015年3月一杯アナログでも見られるとのこと。ケーブルテレビに入っているけれど有料放送を見ていないわが家はどうなるんだろう。

もしかしたら、アナログ対応の録画機でも2015年までいけるかな…。

コメント

ゆうかさまの擬人化ギャラリーその4

2011-07-23 | イラスト☆ゆうかさま

・ノクタス    

 

 

 

・ドンカラス&ヤミカラス   

 

 

ノクタスはお客さんが帰った後に1人で練習してる見習いさんイメージです!
最初はもっと人相悪くする予定だったんだけどね^^
個人的にはヤミカラスのデザインが結構気に入っています☆マンガのキャラに転用しようかな~なんて。

さてさて、明日から学校の合宿で志賀高原に行きます♪しばらく絵が描けなくなるけど楽しんできますよー

 

コメント (2)

ポケおやじのこだわりメガネ/「故郷」の風景

2011-07-22 | ポケおやじのこだわりメガネ

               今日のあやゴコロ: うるっ

 

ポケおやじ:夏休み。ふるさとと言えば私は母方の田舎岡山の山間に広がる田畑や小川、奈良の裏山や一面の田んぼを思い起こす。♪~うさぎ追いしかの山、小鮒釣りしかの川~♪「故郷」を思い浮かべる方も多いかと思う。

「故郷」は大正3年に「尋常小学唱歌・第六学年用」に掲載された。

尋常小学唱歌は明治44-大正3年に作られたが作詞・作曲者名が伏せられていたため「鳩」「かたつむり」「雪」「茶摘み」「村の鍛冶屋」「我は海の子」等今日でも作詞作曲者不明のものが殆ど。1989年告示の学習指導要領からは作詞作曲者を載せているそうだが作者達もとうに亡くなっており「富士山」「汽車」「桃太郎」等作詞か作曲者しか分からない例も多い。

猪瀬直樹「唱歌誕生ふるさとを創った男」(1990)は「故郷」「朧月夜」「もみじ」「春がきた」「春の小川」「日の丸の旗」を生んだ国文学者高野辰之作詞・東京音楽学校教授岡野貞一作曲という世に知られることのなかったコンビの作品が産み落とされた時代背景をあらゆる人物・資料にあたり描き出した力作。

「日曜日にはきまって本郷の中央会堂に行き」「死ぬまで四十年間もずっと、パイプオルガンを演奏していた」岡野貞一は佐幕系「鳥取県士族」の子で「明治維新後、生活に窮した士族は国中にあふれた」なか貧困を極めた。明治26年岡野は15歳で故郷「鳥取を棄て」たどりついた岡山は、天然痘、大火、暴風雨による三大河川の決壊、赤痢と災難の真っ只中。活動盛んな岡山の孤児院は明治末期には1200人の孤児を収容する日本一の規模に膨れ上がる。孤児同然であった岡野貞一はここで生活を確保し岡山での伝道に一生を捧げた来日宣教師アダムス女史にオルガンを習う。

「『故郷』のメロディーには、賛美歌の音階がしのびこんでいるのではないか」と考えた猪瀬氏は、十代の岡野氏が残した楽曲に日本古来の音階ではないファ(F)とシ(B)が過剰に入っていることを見つける。岡野氏は日本伝統の「五音音階の呪縛から必至でのがれようとしていた」のだ。

更に猪瀬氏は賛美歌集の賛美歌第百二十六番「風ははげしく」と四小節 のリズムが一致することを指摘している。

猪瀬氏は「日本のキリスト教の歴史をひもとくと、しばしば『岡山キリスト教』という名称に出くわすが、それだけ独自性があった。」とも書く。

思い立ち岡山で育った我母が何故キリスト教徒なのか聞いてみる。「中学3年の時岡山南教会にお母さん(祖母)の親友で親切な人がいて勧められて家族で洗礼を受けた」引き上げ直後女手一つで五人の子を育てた祖母も戻った岡山の地で盛んなキリスト教やその人間関係にに救われた部分もあったであろう。その中で何故か母だけが今も教会に行っている。

東京で博士として一旗あげた高野辰之は大正13年義母が娘を手放す条件だった将来「人力車に乗って山門から入ってくる男」になって信州飯山町に帰ってくる。猪瀬はこのときの高野の詩「狐見し岡は水田にかはゐて子ども石油を知らぬふる里」に変わり行く故郷への嘆きと東京で生活を味わうと不便で戻る気にならない故郷へのアンビバレンツな心境を捉える。

私は「故郷」の曲に古来の日本の美しさを、高速道路より見える田畑の中にさえ故郷を感じる。しかし日本や外国の従来の音楽から脱し、国策として日本人の心を束ねるため作られた面のあった尋常小学唱歌の一つ「故郷」は、日本古来の音階から逸脱したメロディーと、田畑によって失われた自然とを描写することにより戻ることの出来ない故郷へのレクイエムでもあったのだ。

高野辰之・岡野貞一はそれぞれ100曲以上の校歌に携わっている。コンビによる校歌もある(千葉県立千葉女子高等学校)とのこと。

本人達には友情をあたためた形跡もなく、唱歌に関しては主張もしないままそれぞれの人生を送った高野辰之・岡野貞一も1940年代に亡くなっており、今日このような形でコンビとして注目を浴びるとは彼らも夢にも思わなかった事だろう。本郷の中央会堂はゆうかさまの学校からほどない。先日通りがかったので、今度は気持ちを持って見てみたい。

コメント

ここらでひとまず

2011-07-21 | ここらでひとまず(家族紹介)

          今日のあやゴコロ: ごきげんよう

 

アンジェラ:この頃すでに

暑さも、地震も、原発も

恐ろしいくらい共存して生活の一部になっているような…

この麻痺感覚怖いですね。

 

子どもはそんな環境でも

ご飯を食べ、遊び、歌い、勉強し、眠りながら成長していきます。

何が大事か…

やっぱり『日常生活』なんでしょうね。

 

いろんな情報が飛び交う毎日ですが

我が家目線で取捨選択しながら

務めて日常をこなしていかねばと思います。

 

と、いうわけで

ハイ、今日から夏休み~

とうとう来てしまいました~

夏休みの『日常』をどうするか、それが問題だー

夏休みは何があろうと待ったなしの毎日

せめてイニシアチブをお子どもに握られぬよう

策を巡らせ先手必勝でいくぜよ

(毎度後手後手になって翻弄されまくるので

 

さて、今年はどんな夏になりますやら…

 

それではここらでひとまず、家族紹介を再び…

  

あやや:感性豊かな自閉ちゃん。特別支援学校に通う新中3の女の子。今日のあやゴコロの絵でハートをわし掴み

ゆうかさま:目指せ勉強とマンガの両立ポケヲタの新高1女子。

なおなお:将来の夢は未来の車を作る工場で働くこと新小4の男の子。

アンジェラ・アキコ:純日本人のお母さん。バンド活動に目覚める。4コママンガにも目覚める。

ポケおやじ:チャレンジャー。データ解析を得意とする。何の?遂に○○レンジャー復活!?

 

 

 : ところでアンジェラ、策ってな~に?

  : お・し・え・ま・しぇ~ん

 

コメント

ABOオリジナル「☆に・・・」2011.6.18サンカフェライブより

2011-07-20 | バンド

アンジェラ:これまで作ったオリジナル曲をご紹介していきたいと思います。

 

ABOオリジナル「☆に・・・」2011.6.18サンカフェライブより

コメント

なでしことポケモン見たよ!

2011-07-19 | なおなおつれづれ

             今日のあやゴコロ: ヤッタ~♪

 

なおなお:7月18日もりだくさんな1日でした。今日ぼくがおきると、ママとパパが叫んでいました。朝5時になでしこジャパンのサッカーを見ていたからです。 ゆうかさまも起こして一緒に応援しました。一回づつゴールがあり延長前半で、1対1でした。ところがアメリカが後半に点をいれてしまいました。でもなんとかなでしこがゴールに入れました。澤がいれました。そのシュートがとてもすごかったです。2対2で終わったのでPK戦で決めました。そしたら、なでしこジャパンが勝ちました。みんなで喜び合いました。

つぎに映画をみました。お向かいのkくんとHちゃんといきました。見に行ったのは「黒き英雄ゼクロム」と、「白き英雄レシラム」というポケモン映画です。なんと両方見てしまいました!!!話しはどちらもほぼ同じですが、ドキドキしたりワクワクするところもありました。

今日は楽しい1日で良かったです。

ポケおやじ:MOVIX三郷で昼ご飯を挟んで2本の映画を梯子したそうです。今年のポケモン映画は2本あるのですが内容は同じで出てくるポケモンや選ぶ道が違うだけのようです。7月16日が初日ですが割合空いていたとのことです。 

コメント

ニイニイゼミを捕まえました

2011-07-18 | 日記

         :今年セミ取り第一号!

 

なおなお:7月17日4時過ぎにパパと虫取りに行きました。

公園や駐車場などを探しまわりました。ゴルフ場の近くで鳴いているアブラゼミを取ろうとしましたが、逃げられてしまいました。

そして児童館の木の所で小さなセミを見つけました。今度は結構低い所にいたので捕まえることができました。メスなのか鳴いていませんでした。

ポケおやじ:ゆうかさまなおなおが7月1日に蝉の鳴き声を聞いたという(7月2日のブログ)のは疑問だったが、7月11日月曜の出社時には私も蝉の声を聞いた。

去年は7月10日に聞いているので例年通りだと思ったら世間では「蝉が鳴かない」「大地震の前触れか」と大騒ぎしている輩もいるらしい。

今年は猛暑だがもともとこの時期は蝉の出始めで、卵を産む時期でもないので梢で鳴いていたり、すぐ鳴きやんだりする。

なおなおと一緒にまだ小ぶりなニイニイゼミを捕まえた。ニイニイゼミを捕まえたのは2年ぶり。先週会社帰りに日比谷公園でも大合唱を聞いたし、特に蝉が少ないとも思えない。普段蝉を観察していない騒ぎたい人が騒いでいるのだろうか。

 

コメント

最近腹を抱えて笑ったことベスト4

2011-07-17 | ダジャレンジャー

        今日のあやゴコロ: ギャハハ

 

ポケおやじ:最近腹を抱えて笑ったことベスト4

 

第4位:なおなおは牛乳のパッケージを見ながら「じゅうしょう牛乳てなに?」と言う。何かと思えば十勝牛乳だった。

第3位:B`zの「ウルトラソウル」がセルフリメイク中ですが、ゆうかさまはなおなおの歌う「ウルトラソウル、ヘイ!」を「ウルトラ僧兵!」なんて渋い歌なんだろうと思っていた。「AKBしじゅうはち」と言っていた前科あり。

第2位:ゆうかさまの卒業制作の「最強皿」(飾り皿6月26日のブログ)であややがみかんゼリーを食べていた。

第1位:アンジェラがなおなおに「天才とは1%の努力と99%のひらめきである」と教えていた。

コメント (2)