あややの家

あややとその家族のつれづれ

一問五答!あやや家総動員アンケートタイム☆~今年を一言でいうと?

2010-12-31 | アンケート

                 今日のあやゴコロ: 今年もお世話になりました!

 

アンジェラ:いよいよ大みそかとなってしまいました。さてあやや家の皆さん、ズバリ、あなたにとってこの1年を一言でいうと何ですか?

 

ポケおやじ:去年までとは一味違った一年でした。毎年そういっている気がします。

ゆうかさま:家族そろって創作の年でしたお話にマンガに曲にダジャレに……

あやや:安定した環境で熟成の年学校でも落ち着いていろいろな事に取り組めました。

なおなお:ぼくは忍の年でした。でもやな事でも楽しい心でいくことを心掛けました。

アンジェラ:私は雨降って地固まる年!!不思議なほど全てがこれでした。

今年も盛りだくさんの一年だったね~。何といっても『あややの家』ブログスタートの年!温かいコメントに励まされ毎日楽しくブログを発信することが出来ました。あやゴコロ、あややの絵はご堪能いただけたでしょうか?ご拝読ありがとうございました。

 

新しい年明けまでカウントダウンさぁ皆の衆書き残した事は無いかな?

来年も『あややの家』は『家内安全』『健康第一』で頑張るぞ~

 

: おぉー

     それでは良いお年をお過ごし下さい…

 

コメント (2)

木曜日は★知れば知るほど あやや/あややにとってのお母様

2010-12-30 | 知れば知るほど☆あやや

               今日のあやゴコロ: 呼んだ? 

 

アンジェラ: しばらくなかったパニックがこのところ頻発しているので

あややの奇声にドキドキしながら様子を見に行くと

ベッドで超ご機嫌モードのあやや。

遊んで欲しそうにじゃれながら私の手をひっぱり

確かに言った。

 

パンダ コッチコッチ…

 

   …

 

 

って    

 

 ピグレット  ゆきだるまん  そしてこの度パンダ

 

:光栄です。 おやつ抜きですよ。あややさん。

コメント

ポイントカードが入ってない

2010-12-29 | 日記

                 今日のあやゴコロ:私 悩んでます

 

ポケおやじ:ポイントカードには苦しめられる。

金も入ってないのに財布は膨らみ

同じ店のカードが何枚もあったり

必要な時には出てこない。

そこで考えた。

会社用と家用の財布を作りテリトリーでポイントカードを分け

どちらでも使う場合はポイントカードを2つ作る。

だが、家用財布のポイントカードは数十枚にもなる。

家での外出は専ら車なので車のダッシュボードにポイントカード入れを設置、

フーッスッキリ。

だが、あややにお出かけをせがまれ、

車にとりに行く暇もなく歩きのまま店に連れて行かれた…。

うわ…今日ポイント10倍セールじゃん…。

徒歩用のカード入れを作るか、あきらめて財布に戻すべきか。

ベストバランスを追求するポケおやじであった。

アンジェラ:家事全般よく手伝ってくれるポケおやじですが

こと買い物に関しては

品物をかっちり吟味したり

底値が頭に正確に入っていたり、

割引チケットを活用したり

ポイントカードでポイントをしっかりGETしたり

とても買い物上手!

日頃より主夫の鏡と尊敬しています。

その分悔しい思いに苛むことも多々あるようです。

かくいう私はその真逆なので

自慢じゃありませんが買い物に関しては

ストレスなんぞ感じたことがありません(ポイントカードごときに悩んだりすることは皆無)。

めったに私に怒らない彼ですが

私の買い物姿勢には時々苛立ってる模様。

思えばこれは付き合い始めた時から。だから半分諦めているのでしょう。

たまにポイントカード使ったよ、というと

嬉しそうにたいそう褒めてくれます。

 

コメント

なおなおお薦め!ダジャレンジャークイズ 《第二十四問》

2010-12-28 | ダジャレンジャー

           今日のあやゴコロ: ダジャレンジャーだよ、起きてー 

 

なおなお: こんにちは。サンタさんプレゼントありがとうございました!もしかして僕のブログ見ましたか?
さて、もうすぐお正月ですねぇ~\(^-^)/サンタさんではないけど、お年玉たくさん下さいって書いたら見た人はたくさんお年玉くれるかなではどうぞ!

 

ダジャレチャレンジャー、略してダジャレンジャー参上!、遂に再会した?女子高生A子と高校生B男。東京では付き合っていた(いつの間にこんな設定に!)2人は居酒屋に戻りいよいよ別れの時が。

 

 

A子「今日東京に帰らなきゃいけないの」

B男「そうか…」

A子(あいかわらず無口ね、そこが嫌いじゃないんだけど。でも東京で★★★★って言ってくれないのかしら)

そのとき背後から忍び寄る影が…

バシッ!

B男「★★★★ッ~」

そこにはバットを持ったE太郎がニヤニヤしながら立っていた。

A子「嬉しい!東京に帰ったら連絡先◎◎◎◎!」A子は帰っていった。

酔いどれ関西人F助が叫んだ「にいちゃん◎◎◎◎えか?あったら大根おろしと和えてくれやー」

 

★★★★と◎◎◎◎はそれぞれなんでしょうか?

 

 

 

なおなお:正解は…

 

 

 

 

 

★★★★会いたい=あ痛いで『あいたい

◎◎◎◎は知らすね=シラスねえ(無え)で『しらすね』でした~

B男はお年玉もらえるのかな?つづきは新年に。またお会いしましょう~ではまた~

 

 

コメント (2)

そろそろ準備です

2010-12-27 | 日記

              今日のあやゴコロ: ココロじゃよ。

 

アンジェラ:結婚してからつい数年前までは

お正月休みはポケおやじ・私の両実家・私の祖父母の家へ挨拶に行き

3家のお節・お雑煮を食べるのが恒例になっていた。

雑煮は3家三様でポケおやじの実家は白みそ、アンジェラの実家は醤油ベースのすまし

祖母宅はすましだが少し甘く、最後のシメにくるみ餡をからめてもちを食べる。

食べ歩いては味比べをし、お年玉をもらい…

結婚してから十数年は不思議なほど、身近な親戚で不幸がなかったので

毎年なんともお気楽な正月を過ごしていた。

なのでこれが我が家の味!と呼ぶお正月料理とは無縁の生活だった。

ところがここ数年、やはりというかそうはいかなくなった。

両実家のどちらかが喪中であったり、

私の祖母も数年前から入退院を繰り返し、今年春先に急逝してしまった。

 

遅ればせながらいよいよ我が家の味作りである。

今のところ毎年全品手作りを心がけている(プチ自慢)。

まだまだ修行の身。失敗もよくするが、ひたすら台所で苦心している姿を見て

みなきれいに平らげてくれる。

ポケおやじの実家にも同じものを作って持っていくことを

自分に課しているので、気合も入り背筋も伸びる。

1品1品昔から込められている願いを思いながら作っていると、

あらためて両親祖父母の有り難さが身に染みる。

そしてやっと同じ事が出来ていることに何とも安らかな気持ちになる。

 

そろそろである。

毎年の課題、伊達巻今年はどうかうまくいきますように!!

コメント

人の霊感

2010-12-26 | なおなおつれづれ

               今日のあやゴコロ: ぼくには見えるぞ~

 

なおなお:人には、霊感があります。なぜ分かったかというと、クラスでとても霊感が強い友達がいるのです。人についてる霊が見えるそうです。霊の種類は人みたいな形だったり、丸い形の影のようなものだったりするようです。影も色々な色があって、いい影は白っぽい影で最後まで生き続けた人の霊です。悪い影は黒色で交通事故などで死んでしまった霊です。その子はいろいろな色が見えると言っていました。霊感は人によってあったり無かったりします。霊感の強いその友達はそれを調べる事が出来ます。また自分で相手の霊感を強くしたり、弱くしたり出来るといっていました。その方法を聞いたので紹介します。

相手の霊感を強くしたい時には元気の『元』、弱くするには消えるの『消』をせなかに指でかきます。他にも方法があって8の字を背中に5回書くと霊感が弱くなって、15回書くと霊が元の強さに戻ります。でも霊がそこにいると失敗したりするそうです。もし霊がきていやな感じがしたら体を強くゆすって1回転まわって追い払って下さい。

…ついでに僕は霊感があります。その友達に霊感を調べてもらってから黒色の霊(影)が見えたり、白い影も見えるようになりました。学校の廊下で黒い影が見えたり夜寝る時などに白い影が天井に見えたりします。一度その子に霊感を消してもらいましたがやっぱり見えた方が面白いと思ったので少し怖かったけど霊感を戻してもらいました。

皆さんは何か霊が見えたりすることがありますか?

ちなみにぼくは生まれる前の記憶があるのでまた別な機会があったらお話したいと思います。

アンジェラ:今、あややの学校で一緒に役員をやっているお母さん8人の内3人が霊感の強い方たちで、いろいろ日常的に感じていることがあるとか。私はそういう方面には鈍いので、ただただ驚くばかりです。なおなおも学校から帰ってきて突然『黒いのが見えるよー』とかいうのでビックリしました。
生まれる前の記憶はなおなおがまだ3,4歳の頃高熱が出た折に急に話し出し、その後何度聞いても一定の世界観なので本当にそうだったのかもな、と思っています。いつかすっかり忘れちゃうんじゃないかと思い、その時に記録しておこうと書き残してあります。

ポケおやじ:今回の件はともかく、あややの不思議については不思議の源泉でも書いたけど、パニックの時や躁状態の時天井の一角を見て強く反応することがある。これはなおなおの赤ちゃん時代にも見られた。子供にしか見えないもの聞こえないものというのはありそうだ。それにしてもあややの絵…白い顔。青いネコ君だけに見えてるのだ。あややは好きなように書いているだけなのに、こんな絵が出てくるとは驚愕です。

コメント

ポケおやじのこだわりメガネ/史上最悪の映画監督は幸福者

2010-12-25 | ポケおやじのこだわりメガネ

                今日のあやゴコロ: エクセレント

 

ポケおやじ:ゆうかさまに「パパはかなり運が悪いよ」とよく言われる。用意の周到さも足りないのだろうが思わぬものを踏んだり、近道が遠回りになったり、その日だけたまたま持っていないものが必要になったり、早起きの日に目覚まし時計の電池が切れたり…。タイミング一つでいらぬトラブルに巻き込まれることが多い(今気づいたがなおなおにもその傾向があるな)。しかし自慢だがここ一番の運はいい。大学受験もすれすれで合格、そこでたまたまアンジェラに合い(←:よしよし)、会社もバブル末期にすれすれで入社。今住んでいる家は、別に確定した購入希望者がいたのにたまたま通りがかり見て即決僅差で手に入れた。あとちょっとタイミングが狂っていたら、どんな人生なのだろう。

先日のこだわりメガネ/マーラー生誕150周年では予感が悪い方向へ人生を導いてしまう話だった。知性により最悪が予想できたところで、幸運にはなれない。

ティム・バートンの「エド・ウッド」はおたくには堪えられない面白い映画。1950年代に史上最悪の駄作映画といわれる「プラン9フロムアウタースペース」(私は面白かった)を撮った最悪の監督として有名なエド・ウッドの半生を描いている。真面目な彼は予算不足や罵声、次々と襲い掛かるトラブルを乗り越え自分なりの間違ったやり方でどんどん映画を作り巨匠を目指す。だが彼には明らかに才能がなく、金も人脈もなく、運もない。しかし彼は誤った情熱で何事も「エクセレント!」の一言で乗り切る。そんな彼の奥さんをはじめとする仲間たちとの出会いと理解と愛に満ちた前半生で映画は終わる。

彼の実際の後半生はかなり悲惨だったらしい。魂の救済者ティム・バートンは彼の幸せに満ち溢れた宝石のような瞬間を愛情を込めて描き出す。確かに人生は映画のようには終われない。だがエド・ウッドは予測もしなかっただろうが彼の映画は今日世界中のおたくに愛を持って楽しまれているのだ。今この状況を見たら彼は「エクセレント!」と叫ぶだろう。

運・不運が避けられないなら人生のセットである不幸も楽むのも手だ。その次に人生はきっと素晴らしいステージを用意してくれることを信じて。

コメント

一問五答!あやや家総動員アンケートタイム☆あなたがサンタさんだったら?

2010-12-24 | アンケート

               今日のあやゴコロ: よ~くねてるね

 

アンジェラ:今日はイブ。あなたがサンタさんになって、誰かにプレゼントするなら誰になにをあげますか。

 

ゆうかさま:毎年頑張っているサンタさんにプレゼントをあげたいですそうすれば来年から貰えるプレゼントの量が増えるかも

 なおなお:ボクは、サンタさんだけでなく、トナカイさんにもあげたいと思います。

いつもいつもソリをひいているので、大変そうだからです。ソリもひいてあげたいです。

ポケおやじ:サンタさんが来ない子にもサンタさんが来るようにしてあげたいです。

自分も含めて。

あやや:『エノバー エノバー』(=ジングルベル ジングルベル)とご機嫌で歌いながらみんなにプレゼントをポンポン配ります。ただし、プレゼントはあややセレクションのみ、リクエストは一切受け付けません。

アンジェラ:みんな、なかなかいいね~私がサンタだったら、イブの夜、みんなにとっても楽しくって素敵な夢をたっぷりプレゼントしたいな。大人にも思いっきりファンタジックで童心に帰っちゃうような夢をね

 

 

 

 

コメント

まつり男なおなお

2010-12-23 | 日記

                  今日のあやゴコロ: あつまれ あつまれ~ 

 

アンジェラ:アンジェラ方の実家はお祝い事が大好き!

やれ誕生日だ、父の日だ、敬老の日だetc.と

事ある毎に一家で集まって食事をし祝う。

皆近くに住んでいるので一声かければすぐ集まる。

まだ誕生日や祝日も1カ月以上先だというのに

「どうする?どこでやる?」などと真っ先に祝ごとを提案するのは私の妹。

食べる専門の彼女は手配&連絡係(私もこの役がいい)。

会場は大体私の家か弟夫婦の家かだ。

了解もなく我が家に決まっていることもある。

(弟夫婦は料理好きでもてなし上手なので

最近は我が家よりも弟の家に集まることが多い)

お酒はみな嫌いではないがそれぞれ健康事情があるため

酒目的というわけでなく、料理を持ち寄りワイワイと過ごす。

単に食べる事と賑やかなのが大好きなのだ。

 

そんなアンジェラ方の血を色濃く引いてしまったなおなお

祝い事、祭りごとと訊けば何週間も前から指折り数えて楽しみにし

当日は誰よりも早起きして

ひとりテンションを上げてスタンバッテいる

どちらかというと私や弟ではなく妹の後釜になりそうな予感が…

 

さて、今年のみんなでやるクリスマス会は本日!我が家でやることになっている。

11月頭にすでに決まり(はやっ

まつり男なおなおのテンションもいよいよMAXに!!

ご馳走がんばって作らなきゃね。

 

 

コメント

ザ・有志劇

2010-12-22 | ゆうかさまつれづれ

                   今日のあやゴコロ: ウケル~

 

ゆうかさま:1年の時から友達を誘って学校のお楽しみ会のたびに有志劇をやっています
この前のクリスマス会でも5人で劇をやりました。台本はとろろちゃん作で、とある研究所のお話です。
その研究所は一見普通の病院ですが、実は迷い込んだ患者を実験台にしてしまうという、恐ろしい所なのです
あたしは研究員達に騙され、実験台にされてしまいそうになる、ヘタレでナルシストで何故かリカちゃん人形オタクの男の子役をやりました。…つくづく変な役
劇自体は練習不足の割に大きな失敗もなくまあうまくいきましたそして帰り道、メンバーの友達と早くもお別れ会の劇の相談をしていたら、
「次はゆうかさまにもっとまともな役をやらせてあげようね…」
という意見が出て来てびっくり…考えてみれば今までヘタレやナルシストやオタクの役しかやってない…今回は総合版だったのか
とろろちゃん曰く、「ゆうかさまはナルシの役似合うよ」だそうです。あたしが素でナルシストだから
さて、次のお別れ会は3月までだから準備時間が少ないです。頑張って面白いものに仕上げるぞ~

コメント (2)

なおなおお薦め!ダジャレンジャークイズ 《クリスマス編》

2010-12-21 | ダジャレンジャー

                今日のあやゴコロ: 家宝は寝て待とうね 

 

なおなお:こんにちは~(^0^)/ もうすぐクリスマスですねサンタさんのクリスマスプレゼントは『マリオスポースミックス』を貰う予定でしたが、『ドンキーコングリターンズ』に変えました。サンタさん変更お願いしますではクイズどうぞ~

 

ダジャレチャレンジャー、略してダジャレンジャー参上もうすぐクリスマス。今日は「B男シリーズ」をお休みしてふつうのダジャレをお送りします。 

 

クリスマスイブの夜B男は星に祈った「サンタさん素敵なプレゼントください」

その夜サンタの使いがやってきた。

B男「サンタ★★★★い、★★★★だ~」

サンタの使い「酒臭いな~きみお★★★★?プレゼントはいいこにしか上げられないんだよ」

 

★★★★は同じ言葉です。何でしょうか?

 

 

 

 なおなお:正解は…

 

 

 

 

 

サンタと仲トナカイ=おとなかい(大人かい)?で『となかい』でした~

あれ?B男はお休みじゃなかったっけ?

B男は結局クリスマスプレゼントもらえたのかな?気になる~

次はまたストーリーに戻るので見て下さいね。ではまた~

コメント (2)

さあ、主婦業に本腰いれますか

2010-12-20 | バンド

                    今日のあやゴコロ: ノリノリ~

 

アンジェラ:クリアランスクリスマスライブ無事終了です!

ツルツルリンゴがロン毛のジョンに!思わぬサプライズにビートルズナンバーも炸裂!

2時間超のロングライブをもって今年のバンド納めとなりました。

見に来て下さった方々ご来場ありがとうございました。

ハーレーの社長、奥様、スタッフの方々、大変お世話になりました&ありがとうございました!

そしてABOメンバーお疲れ様でした。

来年もまた宜しくお付き合い下さい。

(ライブの様子はABOホームページhttp://aboofficial.web.fc2.com/

ABOリーダーギターおやじエリックのブログhttp://blog.goo.ne.jp/eric-okaをご覧ください)

 

ということでイベントが1つまた1つと終わっていきます。

余韻に浸る間もなく

これをクリアーしないことには年が明けてくれないであろう

家でのクリスマス・年賀状・大掃除・お正月準備と

あれよあれよという間に

もう後に引けないところまできてしまいました

最近OFFにしっぱなしだったやる気スイッチ(懐かし~)をONにして

何も考えず、ひたすらこなしていく所存ですウオッ~

コメント (2)

クリスマス尽くし

2010-12-19 | 日記

             今日のあやゴコロ: へたをとったイチゴだよ~ 

 

アンジェラ:昨日はあややがお世話になっている障害児学童さとっこクラブのクリスマス会だった。

土曜日だったのでわが家からはパパとなおなおも参加。

ボランティアのバンドのコンサートを聴き、

お母さんがた持ちよりのご馳走が並ぶバイキングランチに

(私も朝から2kgぶんの唐揚げを作って持って行きました!)

子ども達がロールケーキにトッピングしたケーキを皆で頂いた。

歌をうたったりダンスをしたり、最後は待ってましたのサンタさん登場!

プレゼントをもらって満足満足のクリスマス会だった。

大きな会場を借り、ボランティアさんも一人一人につく。

子ども達にとっては至れり尽くせり、 

子ども大人総勢100人超

人の繋がりがあるからこそ出来る温かいクリスマス会だった。

 

最近ではあやや関係のクリスマスイベントがほぼ毎週末この時期を占める。

大体企画から親が係わるものばかりなので正直気が抜けない。

でも毎年この時期どうやって子ども達を驚かせようか、楽しませようかと

一生懸命悩むのも親として悪くないな、と思う。

笑顔の為の努力って日常では案外手を抜きがちなので。

もうさすがにゆうかさまも、なおなおも親ががりのイベントは潮が引くように

いつの間にか無くなってしまった。

でもいくつになっても子どもはお祭り好き。

2人も便乗して楽しみにしている。

あやや関係のイベントはこれから先も末永く

形は変わっても続いていくだろう。

 

えっ?聖夜素敵なレストランで豪華なディナー?

いや、もうクリスマスと聞いただけでごちそうさま。

普通のなんでもない日に行きたいわね~

なんてママ達には澄ました顔で言ってますが

何だかんだ言っても自分の為のクリスマス会もちゃっかりあるアンジェラでございます!

 

そうです、本日ABOのクリスマスライブが!

ご馳走もいいけど私はコレです。頑張るぞ~

(12/15ブログ『ライブ納め』見て下さいね!)

クリスマスって忙しいけどめっちゃ

 

コメント

君の歌は僕の歌

2010-12-18 | 日記

                   今日のあやゴコロ: この赤いブツブツ…

 

ポケおやじ:自分では分からないのだが相当音痴らしい。真剣に歌ってても笑われるくらいに。心酔しているときに笑いを堪えた顔が視界に入ると…。といって人を笑わすような芸はないのでカラオケはストレスの溜まる場だ。元来流行に疎く、リズム感が悪く、縦笛さえ吹けないので音楽を楽しめないばかりか怒りさえ感じていた。もっぱら聴く専門に徹している。

アンジェラは大学に入るまでピアノを習い、中学、高校とブラバンでクラリネットの練習に明け暮れていた音楽人間。私の音楽コンプレックスを全てひっくり返したような存在だ。2009年ABOがスタートしたとき家では解消できない音楽の部分を埋めてくれればとほっとした部分もあった。

やがてABOのボーカルの一端をオリジナル曲で担うようになったアンジェラの作り出す曲は新鮮だった。曲を作るということとはこういう作業だったのかと傍らで見ていたら、あれよあれよと10数曲。どの曲も生まれるべくして生まれて来たのだと感じさせる。メモした歌詞が数日間放置されていたかと思うと、ある日思い立ち、骨子は数時間で出来上がり、あとはじっくり熟成させて細部を仕上げていく。そこに歌われているものは、あややの世界だったり、なおなおや幼少のゆうかさまの世界だったり、わたしとアンジェラの世界だったり、亡くなった人への鎮魂歌だったり…正にアンジェラのまなざしの世界であやや家の今が満ち溢れている。

10年前の我が家ではこれらの曲のどれも生まれてこなかった。ABOのメンバーに出会えた偶然の連続に運命さえ感じてしまう。どの曲も大好きだけど、特に私は「マザー」「OPEN」「しずく」などあややを歌った優しいまなざしを感じる曲達が大好きだ。妻として母親として一人の女性として発信し続けていけたらいいね。

アンジェラ:音楽にはコンプレックスだらけで自分なりにいつももがいていました。でもABOとして活動するうちに自分を縛っていた固定観念が少しずつ抜けていきました。今は純粋に楽しい!音楽は一人ひとりの生き方が違うようにそれぞれにあるものだと気付き、色々なものを受け入れて世界をもっと広げたい、自分の中から出て来るものもまた未熟であろうと愛していきたいと思うに至りました。今の環境にホント感謝しています。

ところでポケおやじがまじめに熱唱すればするほど腹筋が痙攣し、涙が止まらなくなります。失礼とは思いつつ歪んだ癒しを求め、たまにカラオケにいくと色々リクエストして嫌がるポケおやじに無理矢理熱唱してもらいます。これは音楽を楽しむ行為ではないですね。別モノです。許してね。

コメント

ポケおやじのこだわりメガネ/ギャンブルの年末 ノルウェイの森

2010-12-17 | ポケおやじのこだわりメガネ

              今日のあやゴコロ: もしかしてノルウェイの森?

 

ポケおやじ:大学時代村上春樹を部屋に飾ったり小脇に抱えているのはひとつのファッションだった(椎名誠の方が相応しい輩も多かったが)。私は論外、カート・ウォガネットやキングなどSFか漫画を読んでいた。

1千万冊売れた「ノルウェイの森」が上映中だ。学生時代村上春樹は立ち読みしかしたことがない。ただの流行りものだと思っていたのだ(新刊で本を買うほど学生時代金がなかったのだ…金は今のほうがないが)。就職後、ひょんな機会に読んだ。タッチみたいな話だった。繊細な感性には縁遠い私には恥ずかしながら面白く感じられなかった。主人公も、ヒロインも繊細そうだった。2人はいろんな物への自分勝手な喪失を抱え救いを求めていた。少しエッチなところもある話だった。

世界に注目される作家にこんな気持ちのままでは申し訳ないのでその後フィッツジェラルドの「華麗なるギャッピー」を読んだ。「ノルウェイの森」のなかで主人公は物を食べるようにとにかくこの本を読んでいるのだ。ギャッピーは1925年に書かれた米文学の最高傑作とも言われる。最近村上が訳したものもでているがそこは節約、ロバートレッドフォードの映画(昔日曜洋画劇場で見たなあ)のスチールが表紙になっているものを実家から見つけてきた。開拓の時代が終わり、バブルの頂点にあったアメリカの謎の成金青年のアイデンティティ喪失を透明感のある主人公の視点から書いた小説だった。この小説自体にもあまり面白さが感じられなかった。この後バブルの頂点に達したアメリカは大恐慌でズタズタになるので予言めいた一面もある。成金男は20世紀初頭のアメリカそのものか。

「ノルウェイの森」が書かれた時期はバブルの絶頂期、肉親の影がないことも含め同じくアイデンティティがテーマで時代の空気のようなものの同一さがポイントなのだろうか。小説は時代の空気を反映する。1974年「華麗なるギャッピー」の映画化はノスタルジーが売りの話になってしまい、小説のテーマに沿ったものではなかったと思う。では書かれて20年以上たつ「ノルウェイの森」が現代に提示できるものは何なのだろうか。ストーリーで魅せる小説ではないので話だけでは話にならない。いかに説得力のある空気を感じさせ、それが今日に繋がっているかが勝負の分かれ目だろう。

「青いパパイヤの香り」のベトナム人監督は、自然描写と女の子を撮る事には定評あり。今回の映画の出来は年末ジャンボか有馬記念並みのギャンブル当たればでかいかも。機会があったら見てみたい。村上春樹は短編がいいという人もいるので今度は短編を読もうかな。

コメント