あややの家

あややとその家族のつれづれ

一問五答!あやや家総動員アンケートタイム☆~オリンピックー最も印象に残ったメダルと、人物ー

2018-02-25 | アンケート

    今日のあやゴコロ:ガチャピン☆チャレンジ


平昌オリンピックで最も印象に残ったメダルと、人物を挙げて下さい。

みんな即答でした

ゆうかさま:やはりメダルでは羽生くん。リアルタイムで見たし、あまりにも素晴らしかったから。人物では宇野昌磨くんとコーチ。私も今後とも宇野君の隣にいるコーチのように温かい目線で見守ろうと思いました。ああ、次は東京だ!

アンジェラ:結弦くん。今回のオリンピックは何度も何度もウルウルさせられましたが、結弦くんがやり切った瞬間はもう声を出して泣きました。あと宮原知子選手のやり切った演技も大泣きしてしまいました。メダルには届かなかったけど自分との勝負を戦い抜いた姿は日本人らしく本当に本当に美しかった。

なおなお:高木姉妹でしょう。今回のオリンピックは男子フィギユアスケートや女子カーリング、メダルの総数等日本のオリンピック史を塗り替える出来事が多かったですが姉金2個、妹金銀銅は別格でしょう。本当に驚き感動しました。ありがとう。

ポケおやじ:いやー今回のオリンピック本当に凄かった。しかもいい時間にやってるものだからほとんどの競技を見ることが出来ました。楽しかったなー。

皆が選んだ以外にも平野歩夢選手や小平選手の苦難の末の金銀等本当に印象に残る大会でしたね。感動をありがとう。

凄く沢山の試合を見て、試合の進め方がやっと分かるようになった女子カーリングの明るい雰囲気や日本人らしい女子パシュートのムカデのような団結力での金メダルも印象深かったですが、日本勢メダル第1号のモーグル男子原大智選手の銅メダルは生で見ていたのでかなり印象深かったです。

 原大智選手が銅メダルをとる前までは、スキーのジャンプで風による有利不利が出てしまったり平昌オリンピックは実力を発揮できない大会である、だから日本人も苦戦しているという空気が漂っていました。モーグルの会場も癖のある瘤があるらしく日本の選手を始め多くの選手が不可解な転倒していました。そういう中で 原大智選手は失敗する気がしなかったそうで本当に失敗無く滑り、本来メダルに届くような点数ではなかったけれど銅メダルを取ったような気がします。

日本最初のメダルに日本中は酔いしれましたが、今回は気持ちの強い人間が勝つ回だったのかもしれません。でも、そのことは論じられたのでしょうか。

大体において日本の男子が、元来欧州が強く入賞もままならないオリンピックのスキー競技でジャンプとノルディック以外の競技でメダルを取った事なんてあったっけと思ってウィキペデイアで見たら1956年冬季オリンピック日本最初のメダル以来62年ぶりの快挙です。でもあんまりその偉業を言わないのはそういう事もあるのかもしれません。

その後、渡部暁斗選手のノルディック複合、個人ノーマルヒルでの銀メダルもジャンプで少し恵まれた感がありました。もちろんそれを掴む実力無にはメダルに届くこともないわけですが。

その後日本のメダルラッシュが続くほど風やコースの不備についてはあまり論じられなくなりました。

日本が更に強くなるためにはしっかりとした勝因敗因分析が必要だと思うのですが、マスコミはそういう役割は担っていないのだなと感じました。

過去最高のレベルまで達した日本のメダルや競技実績を次回につなげるよう、日本全体で適切な応援していけるといいですね。

あややはオリンピックに全く興味ありませんでした。公園散歩をマイペースで頑張ります!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 知れば知るほどあやや☆福祉課... | トップ | ミニリュウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンケート」カテゴリの最新記事