あややの家

あややとその家族のつれづれ

ポケおやじのこだわりメガネ/裏ウラ~ベッカンコー 裏ドラ2 

2010-10-29 | ポケおやじのこだわりメガネ

                     今日のあやゴコロ: えっ、見れちゃうの? 

 

ポケおやじ平成になっても衰えることのない人気を誇るドラえもん。だがその映像の向こうには忘れられた昭和の影が見え隠れする。3週連続でドラえもんや時代のあやに消された犠牲者にスポットを当てる第2回です。

 なおなおがある日小学4年生・藤子F不二夫大全集絡みの増刊号を買ってきた。ぱらぱらとめくってびっくりジャングル黒べえが載っている。漫画版は私も初見だ。

昔は夕方5時くらいに同じアニメの再放送ばかりやっていた。ジャングル黒べえとど根性ガエルと天才バカボンと新オバケのQ太郎(♪あのねQ太郎はねー版)とハクション大魔王とドロロン閻魔くんと侍ジャイアンツと妖怪人間ベムとルパンⅢ世とサンダーマスクとバロムワンは10回ずつくらいは見てる気がする(関西ローカルの話です)ジャングル黒べえはそんな定番のひとつだった。アニメらしい躍動に満ちたキャラクター主題歌とドタバタ振りがアニメに相応しい一編だった。

1988年にちびくろさんぼやカルピスのロゴを封印した大阪堺市発の一家族による市民運動は手塚治虫作品に食指を伸ばしてきた。そのあおりをオバQがうけジャングル黒べえも30年以上再放送やメディア化されていない。それが長らく絶版でプレミアムものだったオバQ共々藤子F不二夫大全集として今年5月に発売された。価格といい装丁といい大人向けとしてなら…という判断なのかと思ったら子供向けにもPRとはうれしい。やはり子供のころ読んだもの見たものは自分の子供にも読ませたいものだ。

なおなおは気に入ったらしくジャングル黒べえを買ってくれとせがむので心が動く。…結構高いなあ…なおなおよ我慢も大事だぞ。あと願わくはアニメの復活。旧ドラ、旧新オバQ、ジャングル黒べえ、モノクロ版怪物くん、ウメボシ殿下、実写版ハットリくん(香取慎吾に非ず)が見れないものだろうか。

犠牲者その2はタブーで見る事の叶わないジャングル黒べえのテレビアニメでした。旧新オバQも見たいなあ。嵐のドラマ怪物くんはモノクロ版怪物くんは無視しただろうな。

追記:一年前には無かったジャングル黒べえはいつの間にかYouTubeで見れるようになっていたようです。出版解禁の兼ね合いでしょうか。時代はドラスティックに変化していくものですね。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 木曜日は★知れば知るほど あ... | トップ | 一問五答!あやや家総動員ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ポケおやじのこだわりメガネ」カテゴリの最新記事