Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

負われて見たのは

2007-09-13 16:35:06 | エトセト等
あかとんぼの一人称で
「追われてみたのは」
だと思っていた.のろまなこどもをちょっとおちょくってみたのですね.

ふるさと,では
「うさぎ美味し」
だと思っていた.ついでに,「かのやま」という山があるのだと思っていた.

「わかくさもえるおかのみち」
では,草に火がついてぼーぼー燃えるのを想像していた.

おたいくつさまでした.
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« ミルトとジョン | トップ | 「は」と「が」,a と the »
最新の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
雨に咲く花 (遊民ばあさん)
2007-09-14 07:42:09
「およばぬことと あきらめました」
で始まる歌のなかの一節
「儘になるなら いまいちど ひとめだけでも ...」
の儘はママ mom だと思っていました
牧伸二? (16トン)
2007-09-14 10:59:03
ウクレレ漫談だったと思うけど
「シャボン玉とんだ」
とまずシャボン玉が飛んで,それに続いて
「屋根までとんだ」
と,風に吹かれて屋根が飛んでいくという趣旨でやっていたのを思い出しました.
シャボン玉は... (通りすがり)
2007-09-14 16:44:48
所ジョージが言っていたのではないかと思います。
シャボン玉は所ジョージ (16トン)
2007-09-14 18:06:36
Googleで
「所ジョージ 屋根まで飛んだ」
と訊いたらたくさんヒットしてしまいました.
たしかに所ジョージさんが言っていたのでしょう.お詫びして訂正致します.

Unknown (kosuzume)
2007-09-15 21:03:28
確かなにかあった・・・と思っても出てこないのは、小骨が刺さったような気分ですっきりしません。
ちょっと、いらいら。
くつがなる? (なつめナノ)
2007-09-16 08:28:25
おててつないで...
の最後の「くつがなる」がわかりませんでした。
勘違い以前に理解不能。
あとで聞いたのですが、昔のくつは鳴ったのね
Unknown (別な通りすがり)
2007-09-16 14:54:55
「屋根までとんだ」は、もともとはアコーディオン漫談の近藤志げるさんのネタです。
屋根までとんだ (16トン)
2007-09-16 20:28:18
Re 「別な通りすがり」さん
私もテレビではない場所で聞いて笑ったような気がしていました.
「屋根までとんだ」まで歌って,休んで,客の反応をうかがうのではなかったかと思います.

こういうギャグに著作権はあるのでしょうか.
著作権は幼稚園児にあり,かな?


Re なつめナノさん
むかしの革靴はキュッキュッと鳴ったのですよ.
そんな靴をはいていていたのは,戦前のおぼっちゃまお嬢様だとは思いますが.
わたしからも... (エヌ子)
2007-09-28 14:24:54
浦島太郎の最後のあたり
「帰ってみれば 怖い蟹」
でした
Re 怖い蟹 (16トン)
2007-10-02 08:01:29
口語に文語が混じると分からなくなる例ですかね.

「夏は絹」というコマーシャルがありました...

コメントを投稿

エトセト等」カテゴリの最新記事