Sixteen Tones

音律と音階・ヴァイブ・ジャズ・ガラス絵・ミステリ.....

おくりびと

2009-03-15 08:37:47 | エトセト等
映画を見たのは「ポニョ」以来.映画マニアには笑われそうだが,平均的な市民というのはこんなものだ.ふだんパソコンのモニタでテレビを見ているので,映画って画面も音も大きいなー,というのが第一の感想.

納棺師という職業は初めて知った.小道具の扱いに茶道のようにいちいちもったいを付けたり,ひらひらと踊るように遺体の着せ替えをするのは,映画だからなのか,それとも実際もそうなのか.
アカデミーなんとか賞だそうだが,ガイジンは珍しさ・好奇心で釣られたのだろう (俺もガイジン並みか)!
葬儀ビジネスを扱った古いアメリカ映画にラヴド・ワン (囁きの霊園) というのがあったが (あのころはマイナーな映画をよく見ていたのに,これは見なかった),こちらとの温度差はカルチュア・ショックかも.

内容はこの職業を紹介するだけのことで,筋といってもエピソードの積み重ね.死んだ父親が石ころを握っているというのは,なんだかおかしい.
本木夫の職業にほとんど無関心だったくせに,とつぜん「けがらわしい (穢らわしい)」などという死語 ! を吐いて飛び出して,またなにごともなかったように戻ってくる広末妻はへん.ゴシップが作る広末さんのイメージと重なり,広末なんかと結婚したら大変なんだな...などと思ってしまう.
でもふたりが暮らす元喫茶店のセットは良い感じ.
本木くんのヌードで,飛行機の中で見た「シコふんじゃった」を思い出した.

とかなんとか言っても,見ている最中はおもしろかった.映画はそれで十分だ.

でも「お葬式」のほうがセンスが良かったな.

カットは,オリジナルグッズのひとつ,
*****
映画『おくりびと』の特製線香が登場!
けむりが少なく残り香が爽やかなスティックタイプのお線香です。
ホワイトフローラルの上品な香りが、あなたを安らぎへと誘います。
*****
とのことです.

コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« ご当地ミステリ? KAPPA | トップ | 初音ミクなど,立ち読み and... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とむらい師たち (遊民爺)
2009-03-15 15:01:18
...という映画もあった。「おくりびと」は観ていないが きっととむらい師のほうがおもしろいと思います。
Re とむらい師たち (16トン)
2009-03-15 19:48:03
その映画のタイトルは覚えていますが,観たことはないと思います.野坂昭如の原作で,エロごと師たちの二番煎じの印象でした.

でも,おっしゃるとおり,面白かったに違いありません.ネットで見たら,勝新太郎,伊藤雄之助,等々ですからね.
Unknown (こすずめ)
2009-03-16 22:13:12
これ、観たくも有り観たくもなしですが、多分観にいきます。
母が1月に旅立って・・・納棺に立ち会ったことと、13年前の父の葬儀を忘れられないからでしょう。
わかりにくくて・・・ごめんなさい。
Unknown (16トン)
2009-03-17 10:28:58
1月にご不幸が...とは,御愁傷様です.

もし,映画を観られたらブログにご感想を.

コメントを投稿

エトセト等」カテゴリの最新記事