エイーブル店主のブログ

パワーストーンブレスレットの魅力やを作成する毎日などお知らせします!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文化の日、お休みが取れます

2013年10月31日 | お知らせ
こんにちは。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。

男性と女性の役割に違いがありますが、
女性の時代が間違いなく来ています。

日本はもともと
『天照様』の国として、
女性的な
美と調和の国としての
文化が続いてきました。

家内と一緒に
道の駅『ねむの丘』でいるわけですが、
『3ヶ月でこんなに変わるものか』
というのが正直な感想です。

意識が変化し
『いつお客さんが来るか分からないので、
売り上げが上がらなくても出なくては』
といい始めました。

今週は遠くから、
わざわざ買いに来てくれたお客さんが
多くいたのです。

一番人気です



青森県の竜飛の近くや、
岩手県宮古市や、
京都などから
わざわざ買いに来てくれました。

『使ったらいいのでまた買いに来ました』
といわれると家内は、
おみやげを準備してもたせてあげています。

うれしくて、
お返しがしたいのでしょう。

弱電の会社に勤めていたときは、
うつになり
医者にはいきませんでしたが、
3、4ヶ月つらい経験をしました。

本人が自分の力で
うつを克服したのですが、
その頃とは別人になっています。

『女性は強いなあ』
というのが実感です。

これからも元気で
快く頑張ってもらえるように、
尊敬と感謝を忘れないように
心がけたいと思います。

11月3日の文化の日は、
ラジオ中継があるため、
ねむの丘でのブレスレットの販売は
お休みです。



4日からは、またお店を出します。

時間は、朝9時から夕方4時頃までです。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

またのお越しをお待ちしております。

こちらは新作がアップされている、商工会のホームページです。
新作はこちら・商工会のエイーブルです。
コメント

鳥海山からの夕日

2013年10月24日 | お知らせ
こんにちは。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。

鳥海山に行って、
撮ってきた写真です。



このところ、4時前には
片付けて帰るようにしています。

暗くならないうちに帰り、
翌日に頑張れれば
と思っているのです。

7月13日から
道の駅『ねむの丘』に出店し、
8月から
1日も休まず出続けました。

ようやく
お休みが取れることになりました。

11月3日の文化の日に、
ラジオの生放送があり
場所が塞がるためです。

3連休の中で、
売り上げが一番
上がりやすいときなのですが、
休める良い機会だと思っています。

私が作り販売しているブレスレットと、
普通
売られているものと
どこが違うのか?

儲けるために作り売っているのか、
効果を出すために作って売っているのか、
というところが
大きな違いではないかと思っています。

ですから、
ブレスレットもありますが、
それ以上に
浄化用の箱を
安いのですが、
何年もかけて完成しました。

誰から買ったものであれ、
どんなブレスレットであれ、
箱に入れておくだけで
マイナスのエネルギーをなくし、
良い状態に出来ます。

ぴかぴかの状態で、
大切に使うことが出来るのです。

ブレスレットを
買わなくてもいいので、
箱だけでも使ってみたらいかがですか、
と薦めています。




こちらは新作がアップされている、商工会のホームページです。
新作はこちら・商工会のエイーブルです。
コメント

冠雪の鳥海山

2013年10月21日 | お知らせ
こんにちは。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。



7合目からの鳥海山

道の駅『ねむの丘』に、
リピートのお客さんや紹介のお客さんが、
毎日きてくれています。

3ヶ月間は、
データを取るためと考えて、
毎日でているのですが、
考え方を変えなくては
いけないのかもしれません。

平日にもかかわらず、
何人かは必ず
ブレスレットを買うためだけに
こられています。

そんなお客さんに、
無駄足を運ばせて良いのか?

と、悩んでいるのです。

効率だけ考えれば、
売り上げの少ない曜日は、
休むのが良いという結論になります。

しかしお客さんのことを考えると、
それでよいのかと思うのです。

『パワーストーンは効果がない』
と感じている方は、たくさんいます。

それは、パワーストーンだけでなく、

1.持った人が使うか使わないか

2.浄化をきちんと出来ているか

3.本人に合っているか

そんな要素があるのです。

ブレスレットを持っている方には、
新しく買い求める前に、
浄化用の箱だけでも
買って使うことを進めています。

それだけで、
ブレスレットは
良く働き始めてくれるのです。

鳥海山も、冠雪しています。



『ねむの丘』6階展望台から見えた鳥海山です。

こちらは新作がアップされている、商工会のホームページです。
新作はこちら・商工会のエイーブルです。
こんにちは。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。
コメント

増税は、日本を滅ぼす

2013年10月20日 | お知らせ
こんにちは。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。



税金をもっとたくさん取るために、
補助金と減税をしていますが、
騙そうとしている
本人たちが考えているほど、
国民は愚かではありません。

分かっていますが、
高齢者や、弱者のことを思いやり、
増税にも暴動を
起こしていないだけなのです。

残念なことに
正しいとは認めていないことを勘違いして、
自分たちが頭が良いと思っています。

なぜ自分のことしか考えない人間が、
こんなにも増えたのか?

戦後の教育や制度が間違っていた、
という結論になります。

アメリカが、日本を
骨抜きにしようとしたことと、
愛国心のかけらもない人間が
棚ボタで要職に就き、
戦後の日本を運営してきたのです。

愛国心なくして国は守れません。

友愛や経済だけで
自国の安全は守れないのです。

ヒステリックな感情論で
『死にたくない』
という生存欲だけで
国防を論じているのは、
幼稚園児が話す内容になっています。

生きることも大切ですが、
生きて何をするか、
どのように生きるのか
が自分自身に与えられた
課題ではないでしょうか?

命を大切にして、
寿命を全うするというのは、
虫や動物も同じです。

人間としての生き方は、
それだけではないと思います。

財務省の悪代官と、
わずかな金と女や名誉のために、
平気で国を裏切る
権力者が罪人になってしまう時が、
刻々近づいているのです。

言葉ではなく、行動と選択が
その人であり
ごまかしや言い訳は通りません。

安倍晋三総理も、限界でしょうか?

そのあとに、
麻生氏が来たらどうなるのか?

以下転載

安倍晋三首相のインターネット上の会員制サイト「フェイスブック」に「異変」が起きている。これまで首相の投稿に対する利用者のコメント(返信)は好意的な内容が目立ったが、一日に首相が消費税率引き上げを決定した際は一時、批判が殺到した。
 首相がフェイスブックを積極的に活用し始めたのは、ネット選挙運動が解禁された参院選前の六月半ば。外遊の様子などを写真付きで紹介するなど、ほぼ毎日更新し投稿してきた。
 投稿には、サイト利用者ならだれでもコメントを書き込める。参院選の自民大勝や東京五輪招致の成功など、政権にとっては吉報が続き、コメント欄にも「強い日本の立て直しを期待します」などと好意的な言葉が相次いで寄せられた。
 しかし、首相が「消費税率の引き上げを決定した」と投稿すると状況は一変。約四千件に上るコメント欄には「全く賛同できない」「給料も増えていないのに皮算用にも程がある」などが並んだ。
 首相周辺は「首相は財務省と戦っていると期待していた保守層ががっかりしたのだろう」と指摘。その後も、首相が靖国神社を参拝しないことを批判するコメントなどが寄せられ続けている。
 ネットニュース編集者の中川淳一郎氏は「首相の外交姿勢などが期待外れに終わり、特定の支持層が方向転換した。さらに消費税率の引き上げや環太平洋連携協定(TPP)交渉問題で、国民が目安箱のように書き込んでいるのではないか」という。


こちらは新作がアップされている、商工会のホームページです。
新作はこちら・商工会のエイーブルです。
コメント

首都圏に、地震の予測

2013年10月17日 | お知らせ
こんにちは。
ようこそお越しくださいました。
ありがとうございます。

当たってほしくない予測が出されています。

大きい地震は、
新月と満月の前後に起こっていますので、
今週から来週にかけて危険です。

食べ物や飲み水など、
最低限の備えをすることが
必要と思います。

お金があっても、
物がなければ買えません。

政治家、官僚、マスコミ、財界が
相変わらず神を信じることなく、
唯物的思想にかぶれ
私利私欲に走っては、
神の怒りは治まることはないでしょう。

震災や疫病があった場合、
日本の為政者は、
『わが身の不徳』
と潔く権力の座から退いていました。

民主党政権のときから、
『居座り』
が当たり前に
なってしまったようです。

国のために、
国民のために
と口では言いますが、
本当にそれを考えている
政治家や官僚やマスコミや財界人は
いるのでしょうか?

ゼロではないでしょうが、
きわめてそのような方は
数少ないはずです。

『まだ神を信じないのか?』
と、今年は特に
次から次に台風、竜巻、雨など
続いています。

日本全土に被害が出ており、
それは偶然では
済まされないレベルです。

死んでも魂はなくならず、
良いことをすれば天国に帰り、
悪いことをすれば
地獄にいくことになる
と、祖父母や両親から
教えられてきました。

それが良心となり、
犯罪に走らない
ブレーキになっています。

共産主義、社会主義は怖いです。

物と金が全てですから。

地震の予測が
外れることを祈っています。


地震雲研究の第一人者が、緊急警告だ。
 大地震の予測を出したのは、北陸地震雲予知研究観測所の上出孝之氏。
30年以上地震雲の観測を続け、スマトラ沖地震(04年、M9.3)や
四川省地震(08年、M8.0)の発生などを予知し、2年半前の
3・11直前の三陸沖地震も的中させた。
 今回も上出氏は帯状の巨大な地震雲を観測。08年の四川省地震の直前に
出ていた地震雲と、形や大きさがよく似ていたという。
「今月9日の午前9時から午後3時の間、自宅から見て南西の空から北東に
かけて発生していました。私の蓄積データや経験則から、この方角に地震雲が
出ると、かなりの高確率で、東京湾から福島沖の範囲、つまり関東全域と
福島県の間で地震が起きています。発生した地震雲が四川省地震と同じくらい
の規模だったことから、今回はM7.5(±0.5)の地震が起きる可能性
がある。
地震雲の発生から2週間程度は、要注意。
震度6~7の揺れを警戒してください」

<重なる不安要素>
 12日未明には、茨城県北部と南部で震度4の地震が起きた。
関東周辺の地震は収まる気配がないだけに心配だ。
さらに、上出氏は続ける。
「関東大震災の直前が大嵐だったとの記録が残っているように、私が
調査してきた過去の統計から見ても、台風の後や満月の前後は大きな
地震が発生しています。
今週は、16日に台風26号が本州に接近すると予報されており、
19~20日は満月。
不安要素が重なっているだけに、なおさら注意が必要です」
 上出氏の一連の地震予知は、マスコミや関係自治体に発信されている。
昨年1年間は48回の予知のうち42回が的中。
今年(10月14日現在)は31回中24回も的中させているという。

それだけに侮れない。心構えはしておきたい。

以上転載


こちらは新作がアップされている、商工会のホームページです。
新作はこちら・商工会のエイーブルです。
コメント