訪モンゴル反省会

2016年08月30日 | Weblog
今年の静岡県のモンゴルミッションは、
8月4日~9日の予定で実施され、
知事以下100名余のモンゴル訪問となりました。
私もモンゴル友好議員連盟の幹事長として
「議員団」団長としての7度目の訪問となりました。
モンゴルは6月に総選挙が国でも地方でも同時にあり、
政権交代がなされ、政治家も国も地方も大幅に入れ替えということで、
果たしてしかるべきかたがたと会えるのかという不安はあったものの、
新政権への移行がスムーズに進み、新政権の首相以下の閣僚や
友好提携をしているドルノゴビ県の新知事、新議長にも会って
十分に話をすることができて収穫の多い訪問となったと感じています。

この静岡県ミッションには
知事を団長とした「知事団」、私を団長とした「議員団」、
教育長を団長とした「大学団」、「経済団」「農業団」
「下水道団」などそれぞれ違う目的で訪問をしているのですが、
いままで終了後一堂に会して反省会や情報交換会をやることがなかったので
今年は議員団の発案で反省会をやることとしました。

で、それが本日だったのですが、
それぞれのミッションの進捗状況がよくわかり、
それぞれがリンケージできそうなところもみつかり、
5年一区切りでの「第2ステージ」にはいったモンゴル外交としては、
よい成果を生み出せそうなつくれそうな貴重な時間となりました。

地域外交は日本国の外交の複線化でもあり、
地域間の官民交流、経済交流、人的交流の大切な仕事であると
あらためて実感した今回のモンゴル訪問でした。

この記事をはてなブックマークに追加

新学期はDIGでスタート

2016年08月29日 | Weblog
私の地区の小中学校では、今日が始業式。
新学期がスタートしました。

PTA会長を務める中学校では、
朝の正門でのあいさつ運動に始まり、
防災訓練の代わりに、今年は図上災害予測訓練でもある
「DIG」(Disaster Imagination Game)を実施しました。
これ、本当は県や市の危機管理部の職員さんなどがきて指導しながら
体験してみることが多いのですが、今回は夏休みの間に
指導を受けた生徒たちが中心になってチャレンジしてみました。

当然ながら、うまくいかなったところもありますが
指導をした生徒たちも、された生徒たちも
それぞれに気づきや防災はやはり自分自身からという
思いは強くしてくれたのではないかと思います。

防災意識をより高めていってほしいなあ、
と、新学期みんながなんばれよ!
と思った今日一日でした。


この記事をはてなブックマークに追加

教育を取り巻く問題

2016年08月27日 | Weblog
教育問題については、私は政治家にしていただいて以来
ライフワークとして取り組んできているつもりです。
ただ、このところの教育環境を取り巻く各層での激変には、
”なにがどうなって、どこに問題が生じていいて、
どこにメスを入れ、どこを守るべきか”という論点整理が
正直キチンとできていない,ついていけてないと痛感しています。

そんななかで、今日は小中学校の事務職員のみなさまから
実情をお聞きできる機会に恵まれました。
同じ学校という教育現場にいらっしゃるとはいいながら、
教員のみなさまとの格差の大きさがあったり、
県内市町でもばらつきがあったり、と、待遇面での問題や
組織改革による業務内容に対する不明瞭さや人材流出問題など、
実は教育現場を影になって支えてくださっている
事務職のみなさまの厳しい状況を知ることができました。

これは、家に例えると、このところの国の小学校での英語必修化や
2020年の大学入試改革などで家の上屋部分がいろいろ増改築が
どんどんされてゆき、いわば土台部分が悲鳴をあげているという
状況であると、よく理解できました。
私も不勉強なところが多く、大いに反省をした次第です。

ただ、今後さらなる変革の波が押し寄せる教育現場ですので、
これは早急な手当てが必要だと感じました。
微力ですが、さまざまな検証と改善のためのチャレンジに
取り組んでいこうと感じた今日でした。

教育は「学校と地域と家庭が三位一体であるべき」と
かねがね思ってきましたが、この3者をつないだり、
スムーズに連携をとれるようにしてくださっているかたがたが
いらっしゃるということを忘れてはいけないと
改めて肝に銘じて、よりよい教育体制をつくることに
取り組んでゆきたいと思っています。

この記事をはてなブックマークに追加

ながーい夏休み。いただきました。

2016年08月25日 | Weblog
ブログ更新の”長い夏休み”をいただいてしまいました。
お休み中もおいでいただいていたみなさまにはお詫び申し上げます。
これだけの空白は、ブログ開設以来初だと思いますが、
仕事のより多忙化、父の初盆、参議院選挙中による更新自粛、
モンゴル出張などなどが重なりに重なり、
”え、こんなに更新してなかったっけ!?”と自分でもびっくりです。

今後、更新を心がけたいと思います。

・・・毎年同じ思いをしてる気がしますが、
”夏大好き男”の私にとっては、夏が過ぎてしまうのは早すぎますし、
朝夕の涼風に、夏がいってしまうさびしさを覚えています・・・
「惜春」という言葉はあるのですが、「惜夏」という言葉はないんですよねえ・・・
私個人的には「惜夏」が一年で一番感じる季節の移ろいへの感傷です。
返す返すも、夏が終わりつつあるのは、さびしい限りですねえ・・・


この記事をはてなブックマークに追加