デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

6・24アイスリボン後楽園ホール大会&世羅りさプロデュース興行へ行ってきました。

2015-06-29 23:05:41 | プロレス
先週水曜日の夜、アイスリボン後楽園ホール大会を観戦してきました。
普段はNOAH軸で観ている自分ですが、たまには女子も観ておくか、藤本つかさかわいいし、ということで後楽園へ。
チケット買った後で、この日は大会後に「世羅りさプロデュース興行」もセットになっていると気づきました。世羅かわいいです。

アイスの後楽園は3度目だと思いますが、1度目の記録がないので記憶違いかもしれません。
ただ、その1度目の時にデビュー直後の藤本つかさと志田光を観ています。レスラーとはとても呼べないレベルでした。

2回目は5年前というか4年半前。2010年の年末でした。これはブログ記事で書いています。
その時の記事はこちら。
その時も出ていた藤本つかさを酷評していますね(笑)あの時見たレスラーはほとんどいませんが・・・

そう考えると、今回ある意味藤本つかさ目当てで観に行ったのは驚きですね。
自分で言うのもヘンだけど。

座席はC席3000円。でも南側の奥、真ん中で観やすかったです。お客さんは、どうなんでしょう?平日なら健闘なのでは。
少なくとも、「入ってないなあ」という印象はありませんでした。
でも人間おかしなもので、お客さんが多い大会では隣に人がいても全く気になりませんが、
そんなに埋まってない大会だと隣に人がいると少しストレスが(笑)


それはさておき試合を簡単に振り返ります。この日は9周年記念大会でした。
まず18:45頃席についたらまだ第1試合。終盤のようですが。やられてもやられても立ち上がり、しまいには勝利までした弓李(きゅうり)選手が
良かったです。他もベテラン松本都、他団体でも出るレスラーとかいましたけど、それほど印象に残らず。
まあ、数分しか観れませんでしたので。

第2試合は優華選手登場。白いコスで結構大きく見え、若さあふれる感じでした。
団体の期待を背負っているのが、カードからもよくわかりました。vs豊田真奈美。女子プロの大物とのシングルです。
優華の必死に食らいつこうとする姿勢は良かったですね。あれは観ていて伝わるプロレスでした。
ただ、1年半やっているならもう少し工夫があっても?とは思いました。重爆ムーンサルトを返すも奥の手ジャパニーズ・オーシャン・サイクロンに沈みます。
しかし豊田は褒めてましたね。豊田を観れたのもまたよかった。



第3試合は新田猫子さんが引退ロードということでこれも女子プロの大物米山香織と対戦。
ネコさんのネコムーヴが面白かったです。↓写真でわかるように紙テープに絡まりにいきます。
内容はうーん、米山が貫禄勝ちも、2人が結構似たようなタイプでスイングしていたように思います。



第4試合は藤本&中島安里紗というアイスとJWPのエースが手を組んだタッグ「ベストフレンズ」の始動戦。
相手は何と男色ディーノ&男盛。ディーノは5年前のアイスリボン後楽園にも出ていた。遭遇率高い(笑)
試合は面白かったですよ。藤本は回避してきた男色ドライバーを食らい、ディーノの股間に顔が突入するなどしてました。
体格差で劣る女子2人は動きで上回り、最後も藤本が男盛につぶされたところを中島が救出し藤本丸め込み。
ただ、私は誰が何と言おうと、何と言われようと、男と女が同じリングで試合をすることには反対です。
怪我人が出たり事故が起きる前にやめてほしいとすら思います。古い考え方なのはわかってますけど。

終了後にはディーノ、男盛がマイク。さらに藤本は誕生日の前日に、32歳になるということで32人がけをやることを発表。
中島とのタッグにも手ごたえがあるようでした。挑戦する姿勢は非常にいいですね。
そして何より藤本つかさ、声がいい!マイクが非常に聞き取りやすい。表情も話し方もいい。素晴らしいレスラーです。


藤本マイク。姿勢もいい。最後には豊田も登場。横浜で優華と組んで対戦表明、また、32人がけのメンバーは豊田が決めるとも。


↓これはリングアナウンサーの人。長身で美人でした。レスラーやってたんですね。



第5試合がセミ。タッグ選手権、王者つくし&紫雷美央vs挑戦者星ハム子&宮城もち。
「紫春鬼」vs「らぶりー・ぶっちゃーず」というユニット名も互いに持っています。
つくし選手は小柄なんだけど動きがいいし、受けもできるし、いいですね。運動神経がいいんだろう。
美央選手は若いつくしとのコンビを照れながら楽しみながら、って感じ。キレのある動きが目立ちました。
ぶっちゃーずも個性があふれてていいですね。お腹を使った攻撃は面白かった。最後はつくしが巻き込み式の固め技?「ハルカゼ」で防衛。
ええ、この日のベストバウトです。すんごく面白かった。対照的な両軍、良かったですね。それぞれの持ち味が十分に出てました。



メインはシングルのタイトルマッチ、王者柊くるみvs挑戦者希月あおい。
希月選手がコスチュームを変えてきたようで、場内はどよめきに包まれます。かなり絞ったのでしょうか?露出も多いコスでした。
希月は10年選手なんですね。劣勢になっても諦めない粘り強さで勝利しました。
しかしこの試合の途中、「そういやくるみっていつからやってるんだっけ?」と調べて出て来た年齢に私は愕然とします。
くるみはまだ15歳でした。15歳が、あんな試合が、あんな動きができるのかと。信じられませんでした。
ずっとそのことに驚きっぱなしになりました。普通に試合しているじゃないですか。年齢としてはまだ中学生?高校生?
そりゃ昔から女子は中学出てすぐレスラーも多かったですよ。それでも数年は前座。しかしくるみはメイン。
勝った希月のファイヤーバードスプラッシュも見事でしたが、くるみに驚かされたメインでした。


ついにベルト体感の希月。マイクでも感激を思いっきり表現していました。


最後はみんなで手を取り合って終了。恒例のお客さんと握手も行われました。


その後21:20頃からかな、世羅りさプロデュース興行。
なんと「人毛デスマッチ」。世羅りさ&星野勘九郎&稲葉雅人 vs 成宮真希&宮本裕向&木高イサミ。
世羅&平成極道コンビvs成宮&ヤンキー二丁拳銃ですね。成宮が前にW-1で観た時と違ってナスシストキャラになってました。

成宮とにちょけん。


入場すると世羅極道はこのポーズ。世羅は背が高いのでとにかく衣裳が似合っていました。


世羅の選手宣誓。


さて人毛デスマッチはダンボールの箱に入った人毛を使ってのデスマッチですが、今まで誰もやらなかったものです。
洗濯のりなど凶器も登場(ボタンを押してルーレットで出てくる形式)します。
板も登場し、そこにのりをつけて毛を乗せて、毛ボードもできていました。


普通では見られない光景・・・史上初のモノを見れた喜びはありました。


しかし、リングから遠い位置で観ていたのもあるでしょうが、人毛にそこまでのインパクトが無かったのも確かです。
人毛入りの箱に落とされたりしても場内あまり反応がありません。
また主役の世羅も人毛を活かしていたかと言えば・・・?なんですが、逆にデスマッチを得意とする男性4人を加えたのは大正解でした。
きっちり仕事して人毛がどうあろうが自分たちの世界を展開しました。
そしてタッグを解消して袂を別った世羅と成宮が最後に攻防。成宮が丸め込んで勝利しました。
面白かったですよ。でも人毛を使うことは(衛生面も含めて)賛否はあると思います。
後楽園ホールからも諸々規制が入ったことを試合前には打ち明けていましたし。
でも誰もやらなかったことをやるのもプロレス。そういう意味では非常に貴重なものを観ることができました。

最後に宮本のマイクから、


世羅が締めのマイク。「アイスリボンを辞めることも考えてましたが、退団なんかしません!」とのこと。
デスマッチ路線なのでしょうか?これはこれで注目していきたいですね。何より世羅はキレイです。また観たい。
場外左上には誰かいるw



終了は22:10くらいでしたか?長かったですね。仕事の疲れと観戦疲れが、帰宅時にドッと押し寄せました。
でもアイスリボンのいろんな面を観られて楽しかったです。
いろんなタイプの選手がいますしね。美女との誉れ高い雪妃選手が欠場していたのは惜しい。

プロレスでハッピー、というのがどうやら合言葉のようですが、たまにはこういう楽しみ方もいいと思いましたね。
また近いうち、機会があれば観に行きます。

タイガース6連勝!!藤浪好投、連日の福留ゴメス連発!!

2015-06-28 20:20:29 | 阪神Tigers
完全に調子が上がってきましたタイガース。
今日もまさに投打がガッチリ。
打線が先制、藤浪が打たれて追いつかれても直後に勝ち越し、
さらに追加点を重ねて勝利です。


今日は苦手の三浦が相手、しかし今のこの2人には関係なしと、まず福留、そしてゴメスの連続ホームランで先制。
この2日連続の2者連続ソロ、いやー、今季ホームランが少ないチームにあってこの連続弾はうれしい限りです。

藤浪は思えば毎回走者を背負ってましたが5回に同点にされてしまいます。
それでも調子が悪い中で7回2失点ですから、さすがですね。調子が上がってきてからは悪いなりに抑えることもできています。

そして同点の5回裏は鶴岡ヒット、藤浪バント、で上本タイムリー。強いチームの点の取り方です。
鶴岡の走塁はタイミング微妙も返球逸れてホームイン。それにしても上本はチャンスに強い!今日は1番でしたが点も取れる。

しかし上本もそのタイムリー1本、2番大和でファン待望の上本大和コンビ復活も大和ヒット無し。
去年一昨年あたりもさんざん指摘した、足があるのに打ち上げてしまうこの2人。これではダメです。合わせて6本のフライでした。
大和は先発で唯一ヒットなし。もうシーズンも半分なんですけど。
鳥谷は先日の死球の影響があったようなことを監督は言ってましたが7番で3度出塁。うーん。ここはちょっとチグハグ。

6回は横浜投手陣の乱調でいくらでも点が入りそうでしたがゴメス走者で今成バントという「?」な作戦もあり、
それでも代打狩野のゲッツー崩れ、藤浪の「自援護」タイムリーで追加点。8回も良太で4点差。

面白いようにタイムリーが出るチームになりました!

8回福原、9回は4点差ながら呉昇桓が締めましたが、連投です。おそらくは明日休み、ってこともあったでしょうが・・
これからはどうやって休ませていくかも大事ですね。松田、歳内あたりが出てきてほしい。
来週は甲子園での試合がない、またここが大事な試合との意識もあったのかなと。
横浜打線は怖いのですが4番の筒香を1安打に抑えたのが良かったです。あと連打を許さなかった。
逆にベイスターズはヒットは出るも単打で、連打ができず畳み掛けられませんでした。


これで6連勝。甲子園は9連勝。藤浪も5連勝。
読売負けて2位に2ゲーム差。貯金も今季最多の3。
いい状態です。火曜日からの関東6連戦もこの調子でいきましょう。できるだけ観に行きます。

タイガース、福留2打席連続弾!接戦制して首位キープ!!

2015-06-27 19:35:34 | 阪神Tigers
週末はDeNAとの3連戦のタイガースですが昨日は雨で中止。
今日は天気もほぼ回復して試合は行われ、DeNAに逆転勝利しました!!

昼からずっとテレビ観戦してましたが、面白かったですね。
ゴメスのタイムリーで先制したものの先発メッセが不調、2回に守備のまずさもあって逆転、4回にも失点で1-3と劣勢。
しかしこの後メッセは立ち直り、5-7回を無失点。これが結果的に勝利につながります。メッセに勝ちはつきませんでしたが。

打線は今日は2桁安打こそならなかったものの、好調ですね。
後から振り返ると大きかったのが4回でした。福留が3塁打で出た後、ゴメス、マートンがともに投ゴロ。
これで点が入らなければガックリきたところですが、上本が粘ってタイムリー。これで1点差、勇気が出ます。
上本は最近好調ですね。率はまだ上がってきませんが、2番でも6番でも仕事しています。盗塁も決めました。

そして6回、先頭の福留が同点ホーーーーーーームラン!!
さらに8回、2アウトから福留が勝ち越しホーーーーーーーームラン!!!!
まさに値千金。この日3塁打、本塁打、本塁打で、ある意味サイクルヒットを上回る成績。
8回はゴメスも続いてダメ押しをします。いやー、すごい貴重なホームランが3本出ました。
福留は絶好調ですね。チーム1位の打率、本塁打です。

その福留の勝ち越し弾の前には福原がピンチをしのいで流れを引き寄せました。
9回はもちろん呉昇桓。
先頭下園の痛烈なライナーを前の回代打でセンターに入っていた大和が日本シリーズで度々見せたようなダイビングキャッチ!助けます。
最後も強烈な打球を守備固めで入っていた坂が仕留めるなど、采配もズバリ的中しています。

他にも福留のライトゴロ、上本のゴロ処理など、守備でもいいところがありましたタイガース。
逆転が得意のDeNAのお株を奪う逆転勝利で何と今季初の5連勝!
首位キープ、貯金2として、セ・リーグの貯金独占です。(2だけだけど)

調子がいいと思います。投打がしっかり噛み合っています。
明日は藤浪で連勝を伸ばしましょう。

タイガース、ついに単独首位に立つ!(貯金1で)

2015-06-24 23:28:43 | 阪神Tigers
タイガースは今日はスッキリ広島を下しました。
打線が好調ですね。

今日は広島から先制、中盤に大きな追加点、終盤にダメ押し。
福留、今成がいいですね。さらに今日は能見が打撃でも魅せた。

投げてはその先発能見が好投、最後は福原にオスンと、石橋を叩いて渡る継投。
7-2で広島を下し、読売も敗れてついに単独首位に立ちました。

もちろんここで喜びすぎてはいけませんし、貯金1での首位なんてとても・・・シーズンもまだ半分も終わってない。


でも不思議なものですね、ずっとチーム状態は上がらないまま。
打線は日々組み換え、リリーフも不調、打率防御率もリーグ最下位、
交流戦では悪夢のような試合を繰り返し、それでもパ首位の日ハムには全勝、
リーグ戦再開後は負けなしと、
いいんだか悪いんだか、って状況ですが。

読売に横浜と好調チームの大失速もあり、何だかんだで5割あたりにいるタイガースが、
ついに単独首位です。


このままいけるとは思いませんが、
願いはこのままいってほしい!!
去年の日本シリーズ出場チームの力を見せるときが、ついにきました。


タイガース負けずに引き分け。首位と同率に。

2015-06-24 00:02:38 | 阪神Tigers
試合終了23:48。途中30分あまり中断があったにせよ、長い長い試合でした。長野で。

10回から登板の歳内が非常によく踏ん張りました。2回2/3を無失点。
7回安藤8回福原9回呉昇桓が皆失点したのに比べて、歳内の頑張りが引き分けに持ち込みましたね。

しかし9回とかサヨナラ負け覚悟しましたけどね、呉昇桓が粘りました。でも本当なら締めて終わっていたシーン。
一旦勝ち越し許した安藤の暴投もいけない。福原もホームランだけはいけないのに。

でも8回のゴメスのホームランは凄かった。打った瞬間。
しかしそれをもフイにしたリリーフ陣よ・・・こんな日もあるだろうけど、こんなんではいつまでも混セは抜け出せないよ。

読売負けて共に5割。セ・リーグからは貯金チームが消えましたね。
まあ、明日勝てばいいのですが。こんな状態でも首位にいるんだから不思議なものです。

でも、そんな試合でも歳内の好投、最後1人だけ締めた島本と、若い投手が松田も含めてしのいだのは良かったです。
打つほうも好調を維持していますね、広島の勝ちパターンの大瀬良を打ち砕いたわけだし。

明日勝ってスッキリしましょう。

タイガース、ヤクルトに連勝で5割復帰、藤浪5勝目!

2015-06-21 18:15:51 | 阪神Tigers
タイガースは交流戦明けのカードが土日のヤクルト戦。昨日はメッセが粘り打線もチャンスをものにして勝利、2位浮上。
そして今日は6回に逆転に成功して勝利!3連勝で勝率5割に戻し、首位読売にも0.5差に迫りました。

今日は家で試合開始から終了までじっくり見れました。昨日は17時ごろ出かけたので終盤見れずでしたが。
先発藤浪がどうにも不安定ながら球の力で抑え込み、4回も無死満塁のピンチ。結果内野ゴロ2本に抑えるも逆転されます。
しかし悪いなりに大崩れなく、6回2失点。115球は反省点ですが最低限の仕事はしました。

リリーフが良かったですね。安藤が安定すれば怖いもの無しなんですが。安藤福原呉昇桓で締めました。

打つほうは最近結構ヒットは出るようになってきましたね。
今日は上本が3安打、今成も2打数2安打。この2人の活躍が大きかった。上本は守備でもいいところを見せました。
それでも今成の先制タイムリー(with上本の華麗なスライディング)の後はランナー出ても点にならない展開でジリジリ。

しかし6回でした。先頭福留がいきなりのホームランであっさり同点、
さらにゴメスが出て勢いをつなげます。マートンのゴロで併殺にならないのもツキがありました。上本、今成がチャンス拡大で、
代打狩野が2点タイムリー!なんで鶴岡代えるんだろ、と思いましたがベンチの采配的中です。
その後代打良太、さらに代打俊介が倒れて追加点ならずあれれ、でしたが。このあたり畳み掛けられれば・・・
とにかく逆転に成功。勝負を決めました。狩野は代打の切り札としていい働きをしていますね。

これで3連勝、借金返済。ヤクルトに7連勝。これはいいことですね。
でも今シーズン何度か借金返済していますがそこから先があまり伸びません。

混沌のセ・リーグ、読売負けて首位に0.5差ですが、下を見ても最下位まで3ゲーム差しかありません。
首位読売との対戦がしばらくないのが幸いかどうかはともかく、とにかく勝ち続けること、これに尽きます。
この2試合はとてもいい内容でした。連勝、伸ばしましょう。

6・19プロレスリング・ノア 後楽園ホール「三沢光晴メモリアルツアー最終戦」観戦記!!!

2015-06-21 13:25:13 | プロレス
行ってきましたノア後楽園ホール大会。今年も三沢追悼の季節です。
今年はツアー形式で行われ、6・13メモリアルナイトは広島で行われ、首都圏はこの日の後楽園のみ。
個人的には6・7新木場以来の観戦、とにかく観戦のスパンが短くなりまくりです。

金曜ということもあってか、後楽園フルサイズながら満員には遠く、これが現実。
一応NOAHとしては満員マークをつけていましたが、空きも結構見えましたね。
去年金曜だった6.13後楽園に近い入りだったようにも思いました。
しかし盛り上がりが良かったですね。声援や手拍子がずっと鳴り響いていた印象があります。
全体的に明るい雰囲気で行われ、三沢追悼色は控えめであったように思います。

この日は展示ホールでグッズが売られ、その先に三沢の献花台が。手を合わせてから会場へ。


試合は全9試合。私は仕事終わってから後楽園に向かったためギリギリの着席になりました。
席についたところでちょうどゲストのスタン・ハンセンがコールされ、「ウィー!!」に間に合いました。


ハンセンのコメントです。NOAH公式より引用しました。
「今日はここ後楽園ホールで素晴らしいレスラーである三沢光晴さんの思い出を皆さんと共有できることを大変光栄に思っています。
皆さん、ぜひプロレスリング・ノアの試合を楽しんでください」
鶴田、天龍、ハンセン、ブロディが私のプロレスの出発点です。ハンセンが見られて感激しました。


オープニングは北宮vsウェブ。ウェブとギャンブルはこの日でNOAH留学終了。北宮が3分足らずでスピアー一閃。
↓動きで翻弄せんとするウェブのボディアタックをキャッチしたシーン。こっからバックフィリップ、スピアー。


第2試合はザック&ストームvs熊野&玄藩。
熊野は新タイツで登場。ザックとの腕の取り合いなど互角に渡り合い、成長を見せます。ストームがあっさり50cmウデで6分余りで勝利も、
ザックがいることで試合がピリッとしますね、そしてストームの怪力。面白かったです。玄藩は太鼓叩いてコーナー登るもザックに落とされて悶絶。



第3試合では勝彦&石森&池田大輔vsシェイン&マイキー&ギャンブル。これも6分ぐらいの試合。
久しぶりにシェインを見ましたが、池田大ちゃんの向こうを張った大剣持って登場。石森がノリノリでトルジーニョまで珍しく披露。
シェインと石森のマッチアップが見られて自分的にも良かったのですが、そのシェインはヒザの状態悪く今後欠場とか。うーん。
まずは治して、無事に戻ってきてほしい。TMDKのベルト姿が見たい。そのままいなくならないように。。。
大ちゃんの出番が極端に少ない試合でした。最後は勝彦ツイスター。



第4試合は鈴木軍Jr.vs超危暴Jr.+キャプテンノア。


面白かったですね。鈴木軍と超危暴軍もだいぶ手が合ってきた印象です。良くも悪くも混沌とした状態で進み、
それぞれのプロレス脳力が試されます。タイチが客の傘を持ち出して攻撃、場外ではカサチャンバラ寸前まで。
そんな中TAKAとキャプテンが新木場でも見せましたが熟練の攻防を披露。拳王はいつもの1対2からの蹴りで沸かす!黄色い声援多し!!
大原やや出番少な目。最後はレフェリー不在からの竹刀という定番に移行も、拳王竹刀持つ→キャプテンが竹刀奪う→
キャプテン竹刀を大原に誤爆寸前回避→再びキャプテン竹刀→今度は押さえた拳王に誤爆寸前回避→
そこからデスペに竹刀連打、TAKAにも一撃、しかしタイチはなんとベルトを持ち出してキャプテンの竹刀を防御!
タイチはベルトでキャプテン殴打→デスペ飛んで場内静まり返って終了。
という流れでした。面白かったです。攻防が非常によくできていて。竹刀を巡る戦い、いつもあっては困るけど、よく考えられています。
終了後にはマイクでジュニアのシングルリーグ戦への舌戦。
タイチが「ザコのノアジュニア、俺に挑戦してこい」と挑発すれば、拳王が「俺はムチャクチャ強えぞ、こいつからベルト奪うのはこの俺だ」と宣言。
カッコいい拳王、風格も出てきました。KENTA(現イタミ・ヒデオ)に近づいているようにも思えます。


第5試合ではマイバッハvsヨネ。ツイッターで酷評しましたが、南側通路で攻防見せてくれたので盛り上がりました。
個人的には特に、という試合でした。パワーファイターの激突でしたが終始マイバッハが圧倒。プレスでヨネを圧殺。



第6試合は三沢メモリアルマッチ第1弾。越中&彰俊vs小川&雅央。
木曜日に書いた大会展望とは試合順が違っていました。私は「プロ格DX」の情報をもとに書いたのですが。
こんなカードが見られるのはNOAHのリングだけでしょう。越中は入場シーンではお客さんの越中コールで盛り上がり、試合ではケツで盛り上がり!
彰俊も三沢メモリアルでもそうでなくても全力ファイト。バイソンの力も借りてアイアンクロースラム、最後は雅央をスイクルデスで破り三沢供養。
雅央も元気でしたが越中の存在感の前にはやや雅央ワールドも陰っていたか。それでも気合のオリャーラリアットを決めました。
小川はなぜか三沢リストバンドをつけず登場。越中を挑発し、試合を熱くします。最近の小川は気合が入ってますね。
小川からの三沢へのコメントはなかなか聞かれませんが、ファイトを見れば小川の気持ちは伝わります。三沢の創ったNOAHを盛り上げたい気持ちが。
この4人が元気なところを見せて、三沢も喜んでいたことでしょう。


越中はコンディションがきっちりできていました。もっとNOAHに上がって欲しい選手です。動きも衰えていません。


雅央大の字。彰俊は四方礼して退場。お客さんの暖かい拍手が起きていました。



その後三沢追悼セレモニー。スパルタンXが流れ、三沢コールが起き、丸藤がシューズを、田上がパネルを持ってリング上へ。
選手たちがリングを囲みます。スクリーンには三沢の映像。


10カウントゴングで黙祷、三沢コールからの紙テープ投げ入れ、でセレモニーは簡潔に終了でした。
三沢の姿はありませんが、心は選手たち、ファンにいつまでもいます。もう6年、7回忌。早いものです。



休憩後、ここからは熱い試合が続きます。この段階で20時過ぎぐらいで、終盤3つに時間が取れて良かったですね。
まず小峠vs原田。永遠に続くライバル物語。




原田が序盤から小峠の技を真似る、小峠の得意ムーヴを阻止するなど心理的に優位に立とうとしますが、
小峠も主導権を渡しません。原田が優勢に見えましたが、小峠は耐える、受けることもかなり最近は意識しているように思います。
というか、同じとは言いませんが、この2人でいわゆる「四天王プロレス」をやろうとしていたように見えました。
しいて言うなら原田が川田田上、小峠が三沢小橋のような。
ジュニアらしい華麗さがあまりなく、お互いの意地をぶつけ合う、そして大技につなぐそんなプロレス。
小峠は対角線ノータッチトペ発射でフェンスに足をぶつけますが、捨て身の攻撃に沸きます。
原田はストレッチプラムの変型のような締め技を披露。やはり四天王プロレスの香りがしました。
しかし、さてここからというところで両者KOでの決着になります。原田のニーアッパーからのジャーマンを小峠がキルスイッチの変型で返したとき。
まだやれるだろう、という時からの両者10カウント。残念でしたが、それまでの攻防が良かったためか、場内から大きな不満は聞こえません。
むしろ、この2人はこんなシチュエーションでは決着はつかないほうがいい、そう思いました。
内容もジュニアシングルリーグ戦のプレビューとしては非常に良かったです。他の選手への強烈なデモでもあったと思います。

ジュニアシングルリーグ戦の参加メンバーも発表されましたね。
拳王、大原、原田、玄藩、熊野、小峠、石森、ザック、クレイジー、ベンガラ(メキシコの白い虎。正体は・・・)、
TAKAみちのく、デスペラード、そして新日本のヤングライオン田中翔!そしてNOAHも重鎮小川!!!
豪華な14選手の参加です。タイチ出ませんね。まあいいでしょう、出ても出なくても。田中選手は見たかったからうれしい。
リーグ戦は7・18後楽園から8・5ディファ有明まで行われます。主に西日本が多いですね。


セミはこの日一番の注目カード、GHCタッグ。
王者[K.E.S]ランス・アーチャー&デイビーボーイスミスJr.vs挑戦者[BIGinUSA]クリス・ヒーロー&コルト"BoomBoom"カバナ。
熱い三沢リスペクトのヒーロー、陽気な人気者カバナ、何よりこの2人はGTLでKESを破っている!お客さんの期待も高まり、
「ヒーロー」で2人が入場するだけでボルテージは最高潮!!


ハンセンの選手権試合宣言。BiUはお揃いのタイツだった!(なのでヒーローは緑じゃなかった)



試合はとにかくヒーローの奮闘に後楽園が熱く燃え上がります。ヒーローコールがひっきりなしに起き、カバナのリードで手拍子が何度も。
それに応えてヒーローはこれでもかとエルボーを、蹴りをKESに打ち込みます。ちょっかいを出すTAKAも蹴り飛ばした!!
カバナも得意の脳天エルボーを繰り出し、ヒーローとの合体エルボーも的中!!KESが何度も倒され、ベルト奪取への機運が高まります。
しかしKESは冷静でした。燃え上がるヒーローの隙をついてまずキラーボム、1回目はカバナにカットされますが、
勝負をかけたローリングエルボーをダッキングして2度目のキラーボム。カバナは場外へ蹴散らされており、ヒーローがあえなく3カウントを聞きます。
特にスミスJr.が蹴りも使うなど何でもできるところを見せ、アーチャーがシャラップ芸だけじゃないところを見せ。
キラーボムに入るときもとにかく動きが早い、連係がバッチリ。強かった。

しかしいい試合でした。盛り上がりました。大きな外国人4人の激突は、やはりいいものです。他の試合では見られない光景。
BiUは敗れました。しかし、これぞ心に残るプロレス。KESの強さも含めて、心に残る試合が三沢メモリアルで見ることができました。
ヒーローもカバナもまた来てほしい、いや毎日いてほしい。それだけの価値がある、愛すべきガイジンです。



メインは三沢メモリアル第2弾、高山&丸藤&杉浦vs鈴木みのる&飯塚&ベンジャミン。
これのどこがメモリアルマッチなのかよくわかりませんでしたが、試合はさすが役者が揃って面白かったですね。丸藤と杉浦も久々に組みました。
入場は先にみのる軍が入ってから、NOAH軍。しかも丸藤のテーマで。リングに上がったのは丸藤、スギ、高山でしたが。
さすがにそこらへんは所属に配慮していますね。


試合は因縁深まるベンジャミンと杉浦の激突がまず面白かったのと、タイトルマッチを控えるみのると高山が激しくやりあい、これも面白かった。
高山は相変わらずの腹ですが、いくぶんコンディションを作ってきているような?


非常に目まぐるしい攻防でしたが、この日ばかりは負けられないとNOAH軍の奮闘がやはり光りました。
みのるのゴッチ式パイルは丸藤がこらえ、終盤はアイアンフィンガーを持ち出した飯塚に杉浦がスピアー!
みのるも排除すると高山がランニングニーからエベレストジャーマン!完璧なブリッジで3カウント。
またしても飯塚が負けましたが、とにかくNOAH軍が三沢の前でメモリアルマッチを勝利!!
特に高山の奮闘、それを丸藤杉浦が見事にサポートして勝利に導きました。
高山はマイク「勝利で終わらせました、熱い声援のおかげです、ありがとうございました。副社長と杉浦でノアの至宝を取り返します!
いくぞ!ノー、フィアー!!」で締めました。
その瞬間、場内にはスパルタンXが流れて大会が終幕。

今日はハッピーエンドで終わりました。そして三沢メモリアルツアーもいい雰囲気で終わることができました。
私も楽しかったし、お客さんの満足度も高いと思います。進行も良く、雰囲気もとても良かったですね。ゴリラ不在だったし。

NOAHは鈴木軍に蹂躙されっぱなしですが、むしろジュニアもヘビーも、選手のモチベーションは上がっていると思います。
みな必死に戦っています。7月からは15周年記念大会もスタート。ますます盛り上がっていってほしいですね。


さて普段グッズはほとんど買わない私ですが、この日は三沢Tシャツを購入。三沢グッズを買うのはNOAHでは初めてかも。
いや、全日本時代でもテレカぐらいしか買ってない・・・元々三沢ファンではなかったし・・・あ、リストバンドは私が行ったときは売り切れ!!


それとこの日は、女子プロレス「スターダム」の選手が何人が観戦に来ていました。
王者の宝城カイリ選手も来ていて、席が近かったので握手してもらいました。写真はさすがにプライベートなので私はやめましたが。
とても顔が小さくてキレイで、モデルでもやっていけそうな人でした。


最後にもう1度献花台へ。三沢に礼。NOAH15年、7回忌、1つの区切りだと思います。来年はどうするのかな。
ファンは応援することしかできませんが、三沢が創ったこのリングは、きっと守られると信じています。
なくしちゃいけない。だからファンも、何より選手も、団体も、頑張らなくてはいけない。三沢が見ていますからね。



以上です。

5/26サザンオールスターズライブツアー『おいしい葡萄の旅』@東京ドーム。(セトリ・ネタバレ有)

2015-06-19 00:07:17 | 音楽
もう3週間以上の日数が経ちますが、サザンの東京ドームライブのレポートです。
いまだにあの興奮が冷め遣りません。
かなりの長文になると思いますがお読み頂ければ幸いです。


2008年、サザンが活動休止をすることになった頃に行われた日産スタジアムのライブが取れず、
今後もう見れないのかと思っていましたが、その後活動が再開。
自分としては「あと1度でいいからサザンのライブを見たい」と思うようになりました。
年末は難しかったのですが、2015年アルバム発売、そしてツアーをすることを知って、
これは行かねばと思い、チケットを確保しました。ファンクラブには入っていないのでチケットサイトで取る外ありません。
そしてローチケかな、先行予約で土曜を希望し1回落ちた後、再び先行予約の機会があったので、
希望日を平日の火曜日1本に絞り、これで無理だったら諦めようと腹を括って、申し込んだらまさかの当選。

小躍り、いや大躍りしました。もう席なんかどこでもいい、入れればそれでいい。
ちなみにサザンのライブは過去2度行っています。
1995年の横浜「ホタル・カリフォルニア」と、96年の西武球場「ザ・ガールズ万座ビーチ」です。あれから19年。
当時のことはおそろしいほど覚えていませんが、サザンのサイトでセトリを見て思い返しています。


あと1回と願った夢が叶って、しかも当日は仕事の休みが取れて(笑)、
無事ライブに行ってきました。
18:30開演で終わるのは遅いだろうと思い、
早めの夕食を17:00ぐらいに水道橋の餃子屋さんで食べ(周りもサザンライブの方々ばかり)、
入場にはそこそこ時間がかかるだろうと18:00より前にはドーム前には行きました。
ドームの前。当日夜もUPした写真です。


さて、チケットは転売やオークション行きを防止するために、最初は座席指定券引換券が送られてきます。
チケット代は定価9000円でしたっけ?手数料とか合わせて10000円超え。当選後の入金期間も短い期限、いろいろアレでしたが、
夢のためには何の苦労でもありません。
で、私は当日行くまで座席がわからないのだと思い込んでいましたが(実際詳細まではわからないのですが)、
引換券には東京ドームの「入場ゲート」までは書かれてあったんですね。当日行って初めてそのことを知りました(笑)
41番ゲート。野球観戦でよく行く、2階席です。仕方ありません。でも席なんか問題じゃなかった。

入場口ではまず身分証明書の提示、そしてチケット引き換え。すごいですね、引換券のQRコードをリーダーで読み取って、
名前と座席番号が書かれたチケットが発券されるんです。すごい設備です。意外と時間かからずスムーズでした。
でも、サザンのライブだからこれができる。多くのアーティストでは料金やコストの兼ね合いでたぶんここまでの徹底はできないでしょう。
転売、オークション出品は様々なチケットで大きな問題になっていますが。

いずれにしても入場、18:00頃に着席、開始を待ちます。
私はお金がないのでグッズを買いません。Tシャツは上記96年のライブの時に買った「Young Love」のTシャツを着ていきました。
私ぐらいではないでしょうか、「Young Love」のTシャツなんて着てたの(笑)
席は2階席、後ろから6か7列目ぐらい、野球で言う3塁側内野Cとかかな。タイガース応援の時と同じようなエリアです。
ステージ中央を見ようとすると、アリーナに聳え立つスピーカー用の柱がほぼステージ中央を隠しています。
席はどこでもいいと思いつつも、これには参りました。運が悪い・・・


お客さんは私と同じような年齢層、やや上の年齢層、が多かったと思います。隣の男性は少し若いぐらいだったかな。
そういえば入り口で手首につける腕時計型のライトが配られましたね。
何に使うんだろう・・・?でもずっと手首にはめてると痛いのでしばらく外してました。


開始時間が迫るに連れ、お客さんがどんどん入り、ウエーブまで起き、場内アナウンスに盛り上がり(気合入ったアナウンスだった)、
そしておそらく18:30ちょうどだったと思います、場内暗転、ライブが始まりました!


あと1度だけと願ったライブ。ついにそれを観れる瞬間が来ました。


しかし。


上記の柱のおかげで、桑田佳祐が見えません。ドラムの松田、見えません。ギター斎藤さんよく見えません。
もちろん他のメンバーも米粒ぐらいの距離なので仕方ありませんが見えません。

でも、そんなことは関係ありません。盛り上がればこっちのものです。
いや、やっぱりモニターだけを見る形になったのは残念でした。ライブ中、桑田の姿がほぼ柱の陰になっておりました。

しかし、ライブ序盤のMCで桑田が「ちょっと見えにくいところもあると思うけど・・・」と配慮してくださいました。
これはこの柱の陰のことを指したのかどうかまではわかりませんが、これは非常にうれしい一言でした。
まさに見えにくいエリア。いや、見えないエリアでしたからね。
初めて行ったホタル・カリフォルニアの時も桑田、ステージからやたら離れた位置のスタンド席にも一言言ってたね。


さて、オープニングは何だろうと考えた時に、アルバムを引っ提げてのツアーだから、十中八九「アロエ」だよなと思ったらあっさり裏切られます。
サザンのライブはアルバムのプロモーション、だけではないんですね。Young Loveの時もそうだったな。
ちなみにセトリは当日までチェックしていませんでした。

さて、ようやくライブのレポートです。本題に入るまでが長いのがこのブログの悪いところです(笑)


なんとオープニングはTarako。
驚きました。というのも、このライブの少し前に私はtwitterで、
「タイガースを応援する女子はTORAKO、サザンの曲はTarako」みたいなことをつぶやいたからです。他の方にはどうでもいい話ですが(笑)
古い曲ですが、始まると「I stand to the mirror・・・」と歌ってる自分がいました。
さらにモニターには歌詞が。これ賛否あると思うんですけど、やってるアーティストいますよね。サザンも導入していたんですね。
私はうれしかったです。

1曲目からドーム大盛り上がり。年齢層が高めでもあるので、ライブのエネルギーは決して高いとは思わなかったけど。
続いてミス・ブランニュー・デイ。ライブの定番です。もう最高。最初から飛ばす飛ばす。この時点でかなり感極まってました自分。
観れてうれしい、この曲が聴けてうれしい。来てよかった、来れてよかった、生きててよかった。
ロックンロール・スーパーマンはあまり好きじゃないけど、もう何でも盛り上がる!

3曲やってMC。
「東京に帰ってまいりました!東京ドームで2日やったけど、お客さん全然何も言わない(盛り上がらない)。
だからこの3日目に全部持ってきました!!」(主旨)
という冗談でお客さんを喜ばせる桑田。早速の「スタンドー!」「アリーナ!」「バルコニー席!」も。

アルバム出したことを語って、そしてライブでは立つ時には背の高い人は気を遣ってね、的な話も。
身長○○○センチ以上の人!と聞いて、それぞれの背にあった立ち方を指示(笑)その流れで上記の「見えにくいとこもあると思うけど」の話も。
でもこれ結構大事なことで、私は身長185を超すのですが、特にオールスタンディングライブでは気を遣って後ろのほうで見ます。
前の人の背が邪魔でライブを楽しめないとツラいですからね。
桑田の話も半分本気、半分冗談だとは思いますが・・・スタンド席、しかも2階席となるとずっと立ってた人も多くはなかったけど。

最近のことにはついていけない、的な話もしてましたね。スマホじゃないという話は少し驚き。
ドローン、って何ですかあれ?ってところも面白かった。
メンバー紹介もありましたね。この時かは忘れたけど。サザンメンバーは1人一言。松田は巨人の優勝をアピール。
関口が「一度でいいから見てみたい」で始まるネタを言うと(毛ガニのことだったような)
原由子の「一度でいいから見てみたい、亭主が歌詞を間違えずに最後まで歌うとこ」、って言ったところで目を丸くする桑田が大写しになり、
場内爆笑!!確かに歌詞をよく間違えますからね(笑)
サザン以外のメンバー、ギター、コーラス、ブラス隊も全員紹介。ストリングス隊は代表の金原さんだけでしたが。
斎藤誠さんも長いな。桑田が1994年にソロやった頃にはもういたような。片山敦夫、山本拓なんかも長い。


その後アルバム曲を続けます。アルバム聴きまくって予習してよかったです。
青春番外地は好きだなー、骨太な青春回顧。アルバム曲で最初はこれだと思ったらやっぱり。歌詞も大好き。
イヤな事だらけの世の中で、は京都の春夏秋冬を織り込んだ曲。これも好き。
バラ色の人生はアップテンポな人生賛歌、SNSへの皮肉という主旨だけど。Missing Personsは太いロックで北朝鮮拉致問題を歌う。
平和の鐘が鳴る、彼氏になりたくてと続くが、アルバムとは曲順が違って面白く、またライブになって新たな一面が見える。
桑田はどの曲も歌った後にフッと笑顔を見せるのがたまらなく好きです。
でも声のパワーもすごかったな。あれが還暦目前の、かつてガンになった人かと。

続いて アルバムの中でも出色の名曲、はっぴいえんど。JTBのCMにも使われています。開始前のドームでもCMが流れていました。
優しいメロディに乗せて、大事な人への感謝の曲。原由子にあてたものなのか、どうなのか。
さらに途中の「イカす仲間が奏でるは愛の歌」のシーンではサザンのメンバーが映し出される。温かな雰囲気にドームが包まれます。
還暦間近の桑田の新境地を開いた曲といえるでしょう。ここで10曲終了。


そこからはダンサーも登場、寸劇も挟みつつ、天井桟敷の怪人。これ大好き。退廃的?な雰囲気を纏います。
さらに原由子がキーボード席を立ってステージに立ち、ワイングラスに消えた恋を歌う。振り付け、ダンスも披露。場内大歓声。
これでもって一連のアルバム曲の流れが終了します。

その後はしばしなつかしの名曲が。まず、よどみ萎え、枯れて舞え。いやー、これ聴けるとは。隠れた名曲、歌詞も素晴らしい、chap,chap,chap.
続いて顔。
涙が出そうでした。
なぜか私、この曲が凄く好きなんです。
20年前、大学入学する頃によく聴いていて、この曲聴くだけで20年前が甦るんですね。思い出の苦さも染み入る曲です。
これがライブで聴けるなんて。もう思い残すことはありません、ってぐらい感激しました。
あとこの曲では松田が難しいリズムを見事に叩いていましたね。桑田だけのバンドではありません、サザン。

HappyBirthdayで雰囲気が一気に明るくなったドーム。この日誕生日の人は最高にうれしかっただろう・・・
死体置場でロマンスを、でダンサーも登場して歌詞のストーリーを表現します。Tボーン!
ComputerChildrenまで登場して、「kamakura」のオンパレード!!あのアルバムは今でも最高傑・・いや、世に万葉が上か・・・

そこからみんな大好きな曲が3つ続いてドームが感動に包まれます。こちらももうただひたすら酔いしれるのみ。
まず栞のテーマ。名曲とかそんな簡単な言葉で済まされない名曲。
あなただけを、は記憶が正しければシングルで出たときのPV流してなかったかな?
そして、この曲はちょうど20年前、サザンを初めて見た時の横浜の記憶が甦る。PV含め、懐かしさに本当にこの時はウルウルしてしまった。
真夏の果実はもう、言葉にできない。夢の中に連れていってもらいました。
ここで20曲。もちろん見てるときはそんなの数えてもいないけど。

続いてはおいしいね~傑作物語~。これも隠れた名曲。大好き。産業ロックの日が昇る!!みんなのうたのB面。まさかやるとは。聴けてよかった。
で、この曲の前だったかあとだったかは忘れましたが、「セトリ」についてのMCがありました。
「イケア、じゃない、ニトリ、でもない、セトリね、セトリ」というボケをかました桑田。
セトリが今ツアー最初のライブ直後からネットにUPされている、またセトリの感想を書くのがいる、「理想のサザンセトリ」とか書いてる。
こっちは好きにやらせてもらいます、ここから15分ぐらいはこっちがやりたくてやるんだ(笑)、的な話をしていました。

これ、難しい問題ですけどね、必ずしもミュージシャンのやりたい曲とファンの聴きたい曲って同じじゃない。
確かにこの後SoulBomber、01MESSENGER、ブリブリボーダーラインとやったけど、私も正直要るか?と思いました。
それでいてライブでは必須と思われたアレとアレがない・・・うーん、難しいですけど。でもSoulBomberは好き。
とはいえ、アルバムの曲をほぼやり、それでいて全36曲のステージ、文句つけちゃいけない。

その後またアルバムに戻って、関口と桑田がセット有りの寸劇のようなことをしてから歌うアコギ曲、道。次いで栄光の男。どれもいい曲。
そして次の曲、というところで場内騒然、入場時に渡された腕時計型のライトが光る!!これはすごい仕掛けだ!!
曲は東京VICTORY!そのライト、曲で色が変わったりする、曲の途中でも変わったりする、どんなつくりなんだ、
そしてそれを数万個よく用意したもんだ!!
ドームで見たこと無い光景、みんなで一体となった客席、そしてその光の中で流れる曲、もはや感激を超えた感情が。すごいね。
ペンライトをグッズで売ることはよくあるけど、見せる側が用意して、それを会場一体となった演出に使う!!すごい、しか出てきません。


こっからは一気に。ダンサーもずっといる。
ついにアロエ!開始前ダンスの説明がモニターで流れてたアロエダンス、踊ってる人は私の近くは多くなかったです(笑)
勝負出ろ、って感じで本編ラストまで盛り上がる曲連発!!
定番マチルダBABY、手拍子鳴るドーム。怪しい男の声?の前フリがあってからのエロティカ・セブン。花火も出てたような?30曲超えた!
斎藤誠のギターソロが流れてもうこれはあれしかないでしょ、ボディ・スペシャル2。
踊ろよボディ・スペシャル!オーイエー!!何十回やった?!悲しい文句じゃオーノー!!
もはやドームが炎上どころではない、燃えるドームが妙にsexy!!さらにマンピーが来てエロ曲立て続け!!!ドーム爆発!!!!
永遠の夏のメロディ、燃え尽きました。ダンサーもエロいダンス、桑田はうち1人の女性と消えていきました。

ここで本編終了。いやー、何時だ?もう21時半ぐらい?
最後6曲は怒涛の攻めでしたね。それをステージでやり切る桑田、メンバーの皆さん。若い。
ちなみに何曲かだけ、一部カットしてますよね。進行考えてそうしてるんでしょうね。


当然アンコールなんだけど、その前にまだまだ続きます、的な映像が。でもメンバー出てくるの早かったね、結構押してたようにも思いました。
アンコール1曲目は匂艶THE NIGHT CLUB、ここがそれまでの他の会場と違うところですね、C調言葉とかチャコ海岸やった会場もあったようだけど。
大好きだからうれしかったです。ブラス隊も絶好調、これは本当にブラスが光る曲。

この時かどこか忘れましたが、野沢毛ガニがドラ鳴らしましたね。毛ガニ、元気でよかった。
続いてピースとハイライト、サザン復活の曲。場内が希望に包まれます。あと何曲あるだろう、何やるだろう・・・と思ってたら、
聴いたことないバラード。しかしそれはすぐ終わり、ひょっとして、と思ったらみんなのうた。
かつてはサビの部分のアカペラから入ったりもしてましたが、プロローグのようなバラードができていました。
みんなのうた、みんなで手を振って。昔はサビでのみ手を振ってたように思いましたが、今はサビ前でも振ってますね。
腕振りまくり。いまやいろんなアーティストのライブで当たり前に見られる光景ですが、これサザンが最初なんじゃ?と勝手に思ってます。

みんなのうた、の前だったかもしれませんが桑田から今日の締めのMC。37年やってます、どうもありがとう、ファンへの感謝が何度も何度も。
いやいや、こちらが感謝です。メンバー紹介もまたありましたね。
今日は最後までずっと桑田の顔も姿も見れない位置だったけど、何も恨みはありません。ライブ行けただけでよかった。
・・・いや、そういえば、まだあの曲やってないな、最後はあれで締めるのかなと思ってたら、やはり。

蛍。


今日の36曲目。


ところがここで私に奇跡が起こります。


さんざん桑田の姿が機材で見えないと書いてきましたが、
この最後の最後の曲になって、機材の間から桑田の姿がハッキリと見えたのです。
奇跡だと思いました。それまで全く見えなかったのに。
アンコール途中ぐらいで右隣の人が席を立ったので、少し右にズレたのが良かったのでしょうか、照明の関係でしょうか。
とにかく、見えました。そしてこの曲です。
感動しました。桑田の姿がドームに浮かぶ蛍のように見えました。
腕時計型ライトもまた、ドームに浮かぶ蛍でした。

終了、と思いきや最後に「あなたのおうちはどこにあるの~」(おおブレネリの替え歌)をメンバー他が歌い、さんざん盛り上がって終了。
なかなか今夜はステージを降りない、桑田でしたが、22時過ぎでしたかね、ステージを降りて終演。


3時間半に及ぶライブは終わりました。
言いようのない満足感に包まれ、本当に来てよかった、来れてよかった、
あと1度だけはと願ったサザンが観れた、言う事ありませんでした。

セトリもアルバム曲以外にもヒット曲連発、ただ、希望の轍と、勝手にシンドバットをやらなかったのは意外でした。
他にも聴きたいのはありましたが、この2曲をやらないのは意外。だから中盤の・・・(笑)いや、言うまい。
あとはアルバム全部やったと思ってたら、天国オンザビーチはやってなかったですね。セトリは下に書きました。


でも、あと1度だけと思ってはいたけど、次あったらまた行きたくなりますね。
それにしても何から何まですごいライブでした。とても全部書ききれない。書き漏らしたこともたくさんあるでしょう。
でももうとにかく、楽しかった。それが全てです。ありがとう、メンバー、スタッフのみなさん。

長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。
ステージの構成やMCの順序など違っているかもしれません、ご指摘ありましたらコメント欄にお願いします。
あれがない、これがないは少々勘弁ください(笑)、さすがにMC全部とかステージ詳細全部は覚えられないので^^;


・・・最後の桑田のMCで、「みんながんばろうね!」って一言がありました。その言葉に場内すごく沸きましたね。
60近い人に励まされてしまいました。がんばります。その言葉、すごくすごく心に響きました。
夢溢る世の中にするために、がんばりましょう。


最後に写真。会場で配られた袋と、それに入っていたフライヤーです。




以上です。



<2015.5.26 東京ドーム set list>

1.Tarako
2.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
3.ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~

4.青春番外地
5.イヤな事だらけの世の中で
6.バラ色の人生
7.Missing Persons
8.平和の鐘が鳴る
9.彼氏になりたくて
10.はっぴいえんど

11.天井桟敷の怪人
12.ワイングラスに消えた恋
13.よどみ萎え、枯れて舞え
14.顔
15.Happy Birthday
16.死体置場でロマンスを
17.Computer Children

18.栞のテーマ
19.あなただけを~Summer Heartbreak~
20.真夏の果実

21.おいしいね~傑作物語
22.Soul Bomber(21世紀の精神爆破魔)
23.01MESSENGER~電子狂の詩~
24.ブリブリボーダーライン

25.道
26.栄光の男

27.東京VICTORY
28.アロエ
29.マチルダBABY
30.エロティカ・セブン
31.ボディ・スペシャルⅡ(←スマホの方、ローマ数字の「2」です)
32.マンピーのG★SPOT

EN
33.匂艶THE NIGHT CLUB
34.ピースとハイライト
35.みんなのうた
36.蛍

明日は!プロレスリング・ノア後楽園ホール大会、三沢メモリアルin東京。

2015-06-18 21:28:47 | プロレス
明日、プロレスリング・ノアは後楽園ホール大会を開催します。
6月11日から「三沢光晴メモリアルツアー」と銘打って4戦行ってきましたが、その5戦目、最終戦です。

今年も後楽園での三沢供養の季節がやってきました。
18:30ゴング、どうぞ会場へ。献花台も設置されます。
グッズもたくさん販売されます。久しぶりに何か買おうかな。Tシャツ、リストバンドはマストかも。


さて今ツアーでは広島でGHCジュニアシングル、ジュニアタッグ、大阪でGHCヘビーとタイトルマッチが行われましたが、
いずれも鈴木軍が防衛。
三沢の名のもとに行われるツアーでも負けてしまったNOAH。三沢が泣いている。
でも命日6.13に行われた広島たくさんお客さん入ってよかったです。
また、三沢メモリアルマッチが各地で行われ、大物が参戦して盛り上げました。
こちらは三沢も笑って見ていたことでしょう。
さらに各会場にはスタン・ハンセンが来場し花を添えています。
明日後楽園にも登場、第1試合前の挨拶との事です。休憩時間にはサイン会も。相当混むだろうなあ・・・


カードは全9試合。金曜の夜なので多少終了が遅くなってもいいのですが、
18:30開始で9試合、シングル、注目のカードも多い中では、
果たしてどれだけじっくりした攻防が見られるか、そこが心配です。

メインの三沢メモリアルマッチでは、
丸藤&杉浦&高山という超強力なNOAH連合軍が登場、
鈴木みのる&飯塚&ベンジャミンと対戦。なぜ鈴木軍がメモリアルマッチに出てくるのか理解できませんが。
ベンジャミンと杉浦のマッチアップに注目です。とにかくNOAHは絶対勝たねばならぬカードですね。

セミもメモリアルマッチ。
小川&雅央というたまらない全日出身コンビに、彰俊&越中という平成維震軍コンビが激突。
メモリアルというよりも昔懐かしあの方々の試合、となりそうです。

注目はその前第7試合にラインナップされたGHCタッグ。
王者[K.E.S]アーチャー&スミスvs[BIGinUSA]コルト・カバナ&クリス・ヒーロー。
楽しみです。先のグローバル・タッグリーグではBiUが勝利しましたが、リベンジか、返り討ちか。
何よりヒーローは三沢リスペクトが誰よりも熱い外国人レスラー。緑のショートタイツで登場です。
まさにメモリアルに相応しい人の登場ですね。
これは後楽園炎上必至です。取り返したら爆発でしょう。爆発が見たい!
そしてGTLでも感じたけど、大きな外国人4人の激突はやっぱり面白い!!後楽園を揺るがしてほしい。


他には第6試合原田vs小峠のシングル。何か生まれるのか?ここでやる意味を見せつけないと。乱発するカードではないぞ。
第5試合でヨネvsマイバッハのシングルも。ヨネが何かするのか?ここでやる意味はあるのか?!乱発されていいカードだ。(笑)


あとは、
第4試合にキャプテン&大原&拳王vsTAKAタイチっぺ、
第3試合にはマイキー&シェイン&ギャンブルvs池田&石森&中嶋
という順序違うだろと言いたい6人タッグ2つ、
第2試合で玄藩&熊野vsザック&ストーム、オープニングにウェブvs北宮というカードが並んで、
新人、友寄のカードは組まれず、後楽園初登場はおあずけ!!


以上全9試合。後半はどれも見どころたくさんですね。
雨が心配されますが、金曜の夜はプロレス、そして三沢メモリアルで盛り上がりましょう。
三沢コール、そしていまNOAHで頑張る選手たちにコールをお願いします。

タイガース、勝って交流戦終了。岩田好投、打線爆発。

2015-06-16 22:28:53 | 阪神Tigers
福岡でのソフトバンクとの死闘3連戦の最後にサヨナラ負けしてから、オリックス戦ではひどすぎる貧打で悪夢の3タテ食らい、
4連敗となって交流戦の勝ち越しすら危うかったタイガースですが、
交流戦最終戦で日本ハムに11-4で勝利、交流戦を10勝8敗で終えました。交流戦セでは1位、全体の5位、勝ち越し2つでした。
交流戦そのものは日ハム負けてソフトバンクが優勝。パリーグが上位独占です。

セ・リーグのチームが悉く失速していく中で、いや、タイガースも酷い試合連発したので何も言えないところですが、
とにかくセで唯一の勝ち越しをしたことは褒め・・・られるか?

それはそうと今日は岩田が140球の完投。雨降っても投げぬきました。
終盤打たれてましたけどね、大阪桐蔭の後輩中田を4-0に封じました。バントもしっかり決めたのも良かったですね。

打つほうは注目のルーキー有原を2回から早々に攻略。4回には一挙7点のビッグイニング。
オリックス戦の貧打が嘘のように解消されました。最近コロコロ変えている打線が今日はハマったのでしょう。毎日ハマってくれ。
ただ、今成を使い続けることは理解できない。


問題課題山盛りながら、これで2位ベイスターズに0.5差、首位読売に2差。
借金はまだ2あるけど、土曜日からはセリーグ再開、また1つずつ勝っていきましょう。