デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

2014高松宮記念。何だね?このメンバー。

2014-03-29 23:34:47 | 競馬
タイガース勝利の歓喜の記事は1つ前です。

競馬は春のG1シーズン開幕を告げる高松宮記念。
しかしスプリント界の王者だったロードカナロアが引退し、
その後の混乱っぷりが非常によくわかるメンバー構成。

ならばもう何でもアリ!!
◎レディオブオペラ・・・東スポではほとんど印がないけど4番人気。
使われっぱなしで前走も完敗だけど、逆に力温存しただけだったり・・・
左回りがダメとかないよなあ。藤田はローレルゲレイロの再現を狙う。

○レッドオーヴァル。短距離で安田厩舎となれば外せないかな。
休み明け叩いて2戦目。オークス2番人気だった底力を見せる。

▲ストレイトガール。夏の北海道で連勝重ねて、いい馬だなあと。
岩田となら連外してないし。ただ、G1の器にも見えない。軸には少し怖いなあ。


牝馬天国か。この3頭しか出ないけど。
あとは4歳勢から我らがグラスワンダー産駒のスマートオリオン。
左回りはダメっぽいけど(笑)連闘で重賞勝ちした底力で。
マジンプロスパー、サンカルロは高齢だけど怖い。
あと唯一のG1馬リアルインパクト、逃げてナンボのハクサンムーンと、手広く。
適当に3連複流しとか馬連流しとか。

明日は雨らしいので家でゆっくり・・・
あ・・・予想するとき雨のこと考えてなかった!!


競馬 ブログランキングへ

生観戦!!接戦制してタイガース今季初勝利!!

2014-03-29 22:59:47 | 阪神Tigers
今日は試合が行われ(笑)、タイガースは接戦の末に終盤の猛攻で読売を下しました。

昨日何か知らないうちに溜まったフラストレーションを、
一気に解放してくれました!!

試合内容としては正直褒められたものではありません。
両軍の残塁の山・・・エラーもミスも絡み、試合時間は4時間20分ぐらいですか?
長くて参りましたが、勝てばすべて吹き飛ぶ!!

昨日歌えず、今日もチャンスあれど歌えなかったチャンスマーチが9回にようやく歌えたし、
何より観客席の盛り上がりがすごくて、よかったですね。

試合についてはtwitterで現地生観戦ツイートをしているので、
そちらもご覧ください(いつもそれ)

初回にいきなり難敵・杉内から先制、
とにかく打線はいい状態にあると思う。一部の選手を除いて。
エンドランからゴメスの犠牲フライ。4番の仕事。
その裏追いつかれても3回にマートンのタイムリーで勝ち越し。

が、その後は防戦一方。
城の門を内側から必死で押さえ、それを突き破らんと読売が攻撃を仕掛ける、
そんな光景が頭の中に浮かびました。
4回はメッセンジャーが無死満塁から3人抑え、
5回は村田のタイムリー!?を大和が本塁で刺すスーパープレー!!これは大きかった!!
けど、6回ついに追いつかれ、
7回は昨日から地獄のように打ちまくるロペスに安藤が捕まり・・・逆転されます。
門が破られました。
でも、大量失点を許さなかったのはよかったです。16安打も打たれたけど、3点だけ。
藤井の好リードもよかった。藤井の守備もよかったね。


応援スタンドも祈るような気持ち。防戦一方だったのはスタンドもでした。
しかしその重苦しい空気を打ち破ったのはまず、マートン。
8回に読売はマシソン登場。ゴメスがみっともない空振り三振で「あーあ」とため息のスタンドが、
マートンの一撃で一気によみがえった!!!
起死回生、これがなければ今日は勝てなかったマートン様、イエス様、キリスト様。
値千金の1発。

その裏またしても満塁のピンチを迎えるも福原がしのぎ切り、
9回の勝ち越しを呼び込みました。
マシソンはこの日球速はあれど球に力がなく制球もいまいち。
まず今成が出ると鳥谷のバント(!)(そういや坂本もやってたな)、
これがマシソンの野選を誘い(どう見ても間に合わないタイミングだけど・・・)、
大和が粘って四球で満塁。
西岡は何でもないファーストゴロ、しかしこれをロペスが捕って一塁アウト、
しかしホーム転送するもここはフォースプレーじゃないから慎之介はタッチ、のはずがタッチせず一塁転送。
そのため三塁走者の代走上本がホームイン。
どうやらロペスが一塁を踏んだのを慎之介が見ていなかった模様。(あるいはロペスが一塁踏むのはチーム内の取り決めではダメな気も)

スタンド、観客席、完全にポカーン。
大和のところから念願のチャンスマーチが流れるも、これにはポカーン。
でも電光掲示板には「1」が記録。
読売は抗議もないから審判が間違えたものでもない。
これで、勝ち越し。

でもそのポカーン、の雰囲気をゴメスがこの日2打点目のタイムリーで切り裂く!!
結構やりますね、ゴメス。
さんざん盛り上がった9回の攻撃でした。


9回裏はついに登場、オスンファン(呉昇桓)。
いやー、読売打線に粘られて32球も投げたけど、ほとんどがストレート、そして前にまともに飛ぶボールはありませんでした。
ロペスが泳ぎながらヒットを打ったけど、昨日今日のロペスは化け物です。
呉はマウンド上で独特の空気を出していました。
淡々と投げる、マシーンのように投げます。だから粘られても四球は出しませんでした。
最後は橋本を振り切って勝利。来日初セーブです。
守護神として、まずは上々だったと思います。真価は今後わかるでしょう。



長い試合でした。
でも勝ったし、何より大和、西岡が3安打猛打賞。特に大和は昨日今日と凡打は1度だけ!!
守備も見事でついに覚醒したか?!今年は不動のセンターでお願いします。
西岡もよかったけど、鳥谷が・・・守備でも難しい打球とはいえ微妙なプレーも。
でも超重要なファインプレーもありました。
打つほうも昨日はよかったけど今日はサッパリでした。
マートンはさすがですね。守備もよかったし。
福留、良太は使わなくていいでしょう。新井貴浩さんはひっそり9回守備に就いていました。

読売については、このチーム、とにかくタレントが多くてバランスがいい。
ロペス、アンダーソンが6、7番にいるだけで反則なのに・・・
出てくる代打も代走も只者ではないのばかり。でも穴がないとは思わない。
今日は確かに読売の拙攻、凡ミスにも助けられたけど、接戦に持ち込めば勝機はありそうです。


とにかく、勝ててよかった、見れてよかった、
いい土曜の観戦となりました。
次回は来週末の神宮球場ヤクルト戦を予定しています。

以下、写真です。

金曜土曜と同じ席でした。こんなところで見てました。


途中まで打率10割男だった大和。記念に。


明日の予告先発。榎田、頼みます。大竹は打ってるイメージしかない。


ドームの半分を埋め尽くす(大げさ。結構こっち側にも読売ファンはいる)三塁側・レフトスタンド。


呉昇桓。ポーカーフェイスらしいですが。ボールを何度もじっと見つめたり、スパイクの土を落とすのが印象的。


試合終了。今日が開幕!!


ヒーローインタビューは大和!観客席から大声援!!


明日も勝ちたい!!
内容なんかどうでもいい、プロなら、そして読売相手なら、とにかく勝つこと!!



阪神タイガース ブログランキングへ

東京ドーム行ってきた!

2014-03-28 22:48:09 | 阪神Tigers

東京ドーム行ってきました。
写真撮りましたが、やっぱり震災以降は明るさが減ったよね。
人工芝を張り替えたとのことで、緑が鮮やかになってました。

開幕ということで両軍のファンが多数来てました。ビール飲んで仕事後のひとときを過ごしてきましたよ。
仕事後に向かったからセレモニーとかは何も見れなかったけど。


え?・・・試合?
あったんですか!?!?


明日でしょ、明日は試合見ますよ、たぶん(笑)


明日、2014年プロ野球開幕!!

2014-03-27 23:37:04 | 阪神Tigers
明日28日はプロ野球が開幕!!

私は東京ドームでの開幕戦、巨人vs阪神を観に行ってきます。土曜日も行きます。
今年もタイガース応援ブログとしてもやっていきます。
新しい応援歌も大体覚えました。



できるだけ生観戦して、ダメな時はテレビで観戦して、
タイガースを熱く厳しく激しく応援していきます。
どうぞよろしくお願いします。

順位予想です。

セ・リーグ
【希望】
1阪神2横浜3ヤクルト4中日5広島6読売
優勝争いを関東でも見られることになりますね。

【現実】
1読売2阪神3広島4中日5横浜6ヤクルト
贔屓目がたっぷり入ってタイガース2位確保。あれ?これって去年と同じ?

パリーグはよくわかんないけど、
1ソフトバンク2楽天3西武4ロッテ5オリックス6日本ハム
楽天が勝てばポイント2倍・・・って今年やるのかな。

絶対勝つぞ!タイガース!!


阪神タイガース ブログランキングへ

コートに感謝。

2014-03-26 23:09:00 | weblog
東京も桜が開花するなど、暖かくなりました。
寒い冬はどこへやら、春がやってきましたね。東北、北海道はまだ雪も残り寒いと思うけど・・・

そして暖かくなるとコートが不要になります。
今朝着ていったら電車の中で暑いこと。

これは明日からコートはいらないな・・・・・


そして、それは今私が持っているコートとのお別れを意味します。
今のコートは4シーズン使いました。

現在のコートになる時にも日記を書いています。
その時の記事は・・・こちら。


基本的に服をあまり買わない自分ですが、
コートはどうしても防寒に必要ですからね。
毎日着て、だいぶ古くもなってきました。


このコートは前のコートほど長くはないけど、
それでも頑張ってもらいました。
2010年の冬に入るときに買いましたね。

買って3ヶ月後に起こった東日本大震災の時、
新橋から自宅まで、寒い中7時間歩く自分を守ってくれたのはこのコートでした。


他にも寒い冬には冷たい風から雨から雪から私を守り、
それでも寒い日もいくつもあったけど、
私が毎日通勤できているのも、このコートのおかげでした。
よく頑張ったね・・・


本当にありがとうございました。
次はどんな相棒にしようか・・・とにかく寒がりなので暖かいのがいいですね。

3・22長与千種プロデュース興行「That's 女子プロレス」大田区総合体育館大会観戦記。

2014-03-24 22:52:01 | プロレス
3連休の中日22日、ふと思い立ち、
大田区総合体育館で行われた、長与千種プロデュース興行「That's女子プロレス」に行ってきました。
気になっていた大会だったのと、自分の家からそんなに遠くない(1時間弱で着いた)ので、
当日券でもいいやと、行ってみました。

感想の多くはtwitterでつぶやいたので、
そちらを見てください(手抜き)
写真もそちらで。PCでこのブログをご覧になっていれば、
最新記事の上にtwitterに投稿した内容が見れます。
また、twitterで@abeshin1976(あべしん)で検索すれば出てきます。


女子のみの大会を見るのは久しぶりだったのですが、
とにかく面白かったですね。
「マーベラスナイトvol,6」と銘打たれていましたが、5までは何かあったのでしょう。
試合は17時開始予定から20分近く押してスタート。観客は大田区体育館、7割程度の入りでした。

第一試合でいきなり長与とダンプの絡む6人タッグがあって、場内は既に出来上がりました。
いま、頑張っている人を応援するのが自分のプロレス観戦のポリシーではあるけど、
長与とダンプ松本の存在感、オーラ、全てが群を抜いていました。

本格的に復帰されたら、悪いけど存在感では誰も追いつけない。
長与はカッコいいし、ダンプは中盤以降ほぼ動かなかったけど、試合後のマイクでは客をアオり、
滑舌が素晴らしいマイクで全部持っていきました。
長与は生では初めて観るかな?やはりレジェンドです。凄いです。
あの存在感は誰にも出せないでしょう。カッコ良かった。
と同時に、その長与が5年ぶりの復帰であることも何のその、これでもかと厳しい攻めをしていたのが、
スターダムの世4虎でした。(ローマ数字は文字化けするのですみません)
このことはしっかりと書いておきたい。ダンプ、長与の2人舞台じゃなかったのです。
もちろん第一試合でいきなり復帰のKAORUも然り。ラダーからのムーンサルトを決めました。
その点、長与のパートナーになった花月、彩羽の2人は少し遠慮があったかな。

試合は反則場外乱闘OKのルール。ダンプの極悪同盟は阿部四郎まで登場!!(途中でいなくなった)
ダンプのフォーク攻撃もあったけど、長与がやれながらも反撃、
最後はなんと長与まさかの蛍光灯攻撃!!ダンプを押さえ込んで勝利。
いやー、まさか蛍光灯を使うとは。面白かったです。


またこの日はバンドの生演奏での選手入場。
演出面もしっかりしており、長与や井上貴子の歌のコーナー、
さらにはKAORUが復帰するきっかけとなった華原朋美のステージもあり、
開始前には麻雀アイドルも登場するなど、イベントとしても楽しめるものでした。


大田区体育館は、自分は新旧通じて初めて。
いい会場です。京急蒲田からも遠くないし。
キレイだし、ロビーなどのスペースも充実してるし。
ただ、当日券が外で売られていたように、会場入るとすぐ客席になっている構造。
実際中に入ると建物の広さ自体はあまり感じず(天井は高かったけど)、
なのに客席が非常に多い、という印象でした。

詳しくはtwitterをご覧下さい(2回目)。

第2試合では広田さくらvsアイガーという異次元対決もとにかく面白かった。爆笑でした。
これは楽しむプロレス。広田は本当にカワイイですね。長与も途中登場しました。
アイガーも客席から恐怖と笑いを存分に引き出しました。

第3試合では松本&下野&山下vs藤本&紫雷美央&大畠という、現在の女子の中心選手が揃う6人タッグ。
パワー軍(松本組)vsビジュアル軍(藤本組)、という感じもしましたが、
私は松本選手が身長も、プロレスも、ルックスも大好きです。
ちなみに私は男なのでどうしてもそういう視点になってしまいますが、
山下選手には隠れたエロス、藤本はタイツから尻が僅かにはみ出るエロス、大畠の巨乳とムチムチの下半身のエロス、
このあたりにも注目してしまいました。他の試合からはあまりその点は感じなかったのですが・・・
ただ、大畠、山下はもう少し鍛えてもいいのではとも。


第4試合ではディアナ女子プロレス提供試合。ところがこれが・・・
井上京子&Saree対下田美馬&堀田祐美子というカードなんだけど、
まだ若いサリー選手が不憫で仕方ありませんでした。
ベテランの胸を借りるのも大事だけど、あの3人の中に放り込まれてはよさが半減では?
一応下田がレスリングをしていたけど、なぜか乱入もあるし。昔の全日本女子を彷彿とさせるスタイルはまあいいけど。
何より、お客さんの反応が全てですよ。沸かなかった。
でもSaree選手はいいですね。それが確認できました。昔からいる「応援したくなる」レスラーです。


セミの紫雷イオ&夏樹☆たいようvs十文字姉妹、これが試合内容では今日のベストバウト。
随分洗練された攻防、タッグワーク見せるなあと思ってたら、イオ&夏樹はこれが初タッグ?!?!
すごいですね。2人のプロレスセンスがすごい。
お客さん沸きました。とにかく面白い、現代の女子プロレス、って感じでした。
十文字姉妹も身体はないけど俊敏さ、技の的確さはハンパなかった。
イオの身体能力、夏樹の動きの良さ、4人が見事に絡み合って白熱しました。
ちなみにイオの身体のラインはこれまたエロス。
そういう視点で見るな、って言われそうですね(笑)


メインはKAORU復帰戦、KAORU&浜田文子&井上貴子vs神取忍&里村明衣子&植松寿絵。
KAORUの弟子、植松がこの日のために1日限りの復帰、KAORUは第1試合とコスチューム変えて登場。
試合は良くも悪くも復帰戦ですが、この6人、役者が違う。
ちなみに神取の試合って見たことがあまりなかったんですが、完全に男のプロレスの動きですねあれ。
植松は声で盛り上げ、里村は蹴りで、浜田は身体能力で、貴子は存在感で、それぞれ見せ場を作りました。
KAORUは中盤、どっかで頭打って動きが悪くなります。動けない時間が結構ありました。
それでも最後は場内に促されるようにムーンサルトプレスで華麗に舞いました。
身体も絞れているし、年齢はわかりませんがあのコンディション維持はさすがでした。

詳しくはtwitterをご覧下さい(3回目)。

最後に華原朋美が出てきて2曲歌い、その後長与がマイク、
さらにこのイベントを全国ツアーで回ると発表、さらに新団体設立をアナウンス(時期は未定)。
団体名はこの日のイベントの冠にもありましたが「マーベラス」です。
まだまだ長与は女子プロレス界に君臨し続けるようです。
良し悪しはともかく、やはり長与はプロレスが好きなんだなと。プロレス界には必要なんだなと思いました。
ダンプとの抗争をすれば、ダンプが言ってた「全国のババアが応援する」ことになるでしょう。
注目です。
でも、これ以上プロレス団体が増えてもいい事はないような気もしました。
あと、長与といえばクラッシュギャルズのパートナー、ライオネス飛鳥の影も姿もこの日はありませんでした・・・


以上です。とにかく面白いイベント、試合でした。
華原朋美も見られたし。撮影禁止だったので画像はありませんが。
たまには女子プロレスもいいものです。

詳しくはtwitterをご覧下さい(4回目(笑))。


プロレス ブログランキングへ

3/21 T-BOLAN『LIVE HEAVEN 2014~Back to the last live!!~』@渋谷公会堂(セトリ・ネタバレ有)

2014-03-23 23:50:42 | 音楽
行ってきました。
青春の総決算でした。高校生時代よく聴いたT-BOLAN。
単独ライブには初の参加でした。

まずは、セットリストからご覧ください。


<2014.3.21 渋谷公会堂 set list>
1.Only Lonely Crazy Heart
2.Be Myself
3.悲しみが痛いよ
4.Bye For Now
5.おさえきれない この気持ち
6.刹那さを消せやしない

7.じれったい愛
8.No.1 Girl
9.悪魔の魅力
10.わがままに抱き合えたなら

11.あこがれていた大人になりたくて
12.愛のために 愛の中で
13.Lovin' You
14.LOVE
15.あふれでる感情(オケのみ)

16.離したくはない
17.すれ違いの純情

18.マリア
19.Happiness
20.SHAKE IT
21.泥だらけのエピローグ
22.傷だらけを抱きしめて
23.My life is My way

EN1
24.離したくはない(Short.ver)
25.いじけた視線を君に語るより 光をみたい
26.Heart of Gold

27.SMILE


18:10頃開演でした。
会場は当然超満員。私は2階席後ろから3列目。
でも渋公はそんなに広いわけでもないので、ストレスなく楽しめました。
ライブはBUCK-TICKのラズルダズルツアーで行って以来。
どうもこの会場は音が籠るようなカンジがするんですけどね。

最初にライブに向けた4人の会話、それぞれの気持ちなどの映像が流れ、
4人が語り合って、じゃあ行こう、となって幕が降りるとステージに4人がいる趣向。
さっそく『Only Lonely Crazy Heart』でスタート。

で、上記のセトリですよ。
もう余計なことは書きません。

これでもかとシングル曲連発の序盤。
もう、このライブは早いうちに終わるのではないか、それならそれで止むを得ない、と覚悟しましたが。
2012年の再結成の時に聴けなかった曲も多くて・・・『刹那さを消せやしない』とか感激。
次に「じゃあ、じれったいやついきます」で『じれったい愛』。これがなかったらT-BOLANは知らなかった。
あと正直アレだったアルバム『LOOZ』から『悪魔の魅力』を持ってきたのは意外でした。


T-BOLANの特徴の1つでもある美しいバラードを存分に堪能した中盤。
演奏だけの曲があり、聴いた事あるようなないようなと思ってたら後から『あふれ出る感情』だと知りました。
『離したくはない』を早めに投入。T-BOLANといえばこの曲なんですよね、やっぱり。
そして私が文句なしに一番好きな『すれ違いの純情』と続き、もう涙が出そうでした。本当によかった。
夏の欠片を追いかけています。アイツはもういないけど。
『マリア』はシングルver.で。アコースティックのほうも好きだった。


そして一気に盛り上がる曲で飛ばしまくった終盤。
序盤中盤と名曲がひたすら続いたので、こっから何やるんだ、アンコールはどうなるんだ、
と思っていたらまだまだありました。いや、このセトリでもまだまだ聴きたかった曲もある。
シングルでは『サヨナラから始めよう』『JUST ILLUTION』がなかった。どっちも好きなんだけど・・・
『My life is My way』では途中にメンバー紹介でベース上野とギター五味の掛け合い、ドラム青木迫力のソロ。
場内も盛り上がりまくって終了。こんだけやってくれたらもう、満足でした。


アンコールは結構早めに登場。
そこでまさかの『離したくはない』をもう一度。短いバージョンで、ギターとボーカルのみでした。
うーん。これは何か意図があったのでしょうが、個人的には不要でしたね。
じゃあ中盤にやったのは何だったのかな・・・
それはともかくアンコールはバラードで。『いじけた視線を君に語るより 光をみたい』はシングルのカップリングでした。
初めて通しで聴いたのかな、いい曲ですね。
そして待ってました。これが聴きたかった。森友のMCの後に、
『Heart of Gold』。
サビ繰り返しでは場内大合唱。夢と勇気があればそれでいい。あきらめはしない。

で、感動のフィナーレ、と思っていたらまだあって場内驚き。
彼らオリジナルのシングル・アルバムには収録されていない、
また、7月発売のコンプリートBOXにも収録されていない、
『SMILE』。知らない曲が大ラスだったのは正直アレレ、なんですが、
ライブに来た人だけへの特別のプレゼントなのだと思い、受け取りました。
壮大なバラードで終了。4人で手を取って客席へ礼、ステージ中央で肩組んで終演でした。
約3時間のライブでした。


MCは長いのが3つぐらいかな。主旨だけ書きますが、
序盤で「90年代の名曲たちをずらっと並べました」
「こうして昔の曲やってるといろんなことを思い出します」
「ここ渋谷は俺たちがスタートした場所です」といったもの。
序盤ではメンバーに語りかけるシーンもあった。
そしてアンコールの中で、再結成のいきさつと、今後について。
「最初は集まるのが目的で集まった。でも、4人で音を出すとT-BOLANなんだよね」
と、再会の河口湖合宿の話から、
「俺たちにとってT-BOLANは実家みたいなものです。俺たちはこれから挑戦します」と、
やや遠まわしな表現ながらT-BOLANとしての活動を休むことをアナウンス。
活動休止は8日の大阪ライブの後に報道されていたので、場内は落ち着いて受け止めてました。


これについてはライブの感想とは離れるのであれこれ書きませんが、
いろんな「事情」があったと思います。仕方ありませんね。
でも過去の曲ばかりで懐かしのT-BOLANだけでは先がないのも確かです。
活動休止は、むしろ良かったと私は思いました。


ライブは最高でした。
セトリも完璧、やってほしい曲もあったけど、時間は無限じゃないし。
でもずっと聴いてない曲でも、始まると歌詞をしっかり覚えている自分がいました。
いろんなことを思い出しながら、聴いて、歌って、手を叩いて振り上げていました。
そして森友、五味、上野、青木、4人の奏でる素晴らしい音楽に、心から楽しい時間を過ごしました。
T-BOLANは自分の感覚に最もフィットしていたのと、
森友の声が一番自分にシンクするんですよね。
今でも忘れないのは、高校1年の時カラオケボックスで初めて歌ったのが、
『Bye For Now』でした。
不満もなかったわけじゃないけど、それはいいでしょう。
これが最後だし。4月26日の追加公演は行く予定が な い し(実はまだ迷ってます。チケットが難しいかな)


客層も同じぐらいの人が多かったかな。
思えば、90年代前半、音楽シーンを牽引した「ビーイング系」も、
徐々に徐々に消えていきました。2007年にはZARD・坂井泉水さんが亡くなり、
他のバンドももうほとんどいません。ビーイング世代の総決算でもあったと思います。
ありがとうございました。このライブに行けて、本当に良かったと思います。



会場で配られたフライヤー。WOWOWのほうはT-BOLANとBUCK-TICKとイエモンという自分のためにあるような案内(笑)
右のコンプリートBOXは欲しいなあ・・・でもオリジナルアルバムは全部持ってる・・・



以上です。

音楽 ブログランキングへ


3/7 ZIGGYライブツアー『30thNIGHT STAND』初日@渋谷O-EAST(セトリ、ネタバレ有。長文です)

2014-03-21 02:53:47 | 音楽
2週間経ちましたが、いまさらながらZIGGYライブの感想です。

あの日、とにかくライブが楽しみで、あんな高揚感は久しぶりでした。
仕事中もずっと頭の中で『I'M JUST A ROCK'N ROLLER』が流れていて。
会社を定時後すぐに出て、渋谷へ向かいました。
着いたのは18:30ぐらいだったと思うけど、もうフロアはかなりの人。
自分の絶好ポジションをどうにか確保して、ビールを飲んで開始を待ちます。

自分はライブハウスでは基本、前のほうには行きません。
背が高いので後ろの人の邪魔になるかも、って思うのと、音と光についていけなくなったことが以前あり、
できるだけ後ろ、でも見やすいところ、に立ちました。
それでも開始時間近くなると後ろにもどんどん列ができる。あの位置であれだけの人・・・相当入ったのでしょう。
てかチケットはSOLD OUTだったんですね。

いつもライブのレポの時は書いてるけど、背の高い人間に生み育ててくれた親には本当に感謝。
あれだけ後ろ(2本ある柱の入り口から見て右側のほう、の脇)にいても、あれだけの人でも、ステージの床まで見える。
でもあの位置でも途中音と光、とにかく音には困りました。耳を塞いでしまう以外対処できない。
あんだけの音量出す必要ありますかね・・・?特にドラム。
必要だろ、という人が多いでしょうけど。
でも、それはともかくライブは、、、、、

最高だった。



19:10ぐらいですかね?スタート。まず「1984~」というフレーズが繰り返される洋楽の曲が流れて、
それが終わるころにメンバー登場。
もうこの段階で会場は相当デキ上がっていたように思います。
2010年の終わり以来、3年3ヶ月くらいぶり。

ZIGGYが帰ってきた!!!

そして終演がちょうど22時だからほぼ3時間!!

始まりは『WHISKY, R&R AND WOMEN』。これは前回はなかった曲。
最初から飛ばしまくる!!『EASTSIDE WESTSIDE』は前回聴いていいなあと思ったけど、予習し忘れた。

というか。
自分、ZIGGYは好きだけど、
実はそんなに曲を知らないんです(爆)
そんなに、というかアルバムも聴きこんだのは『NICE&EASY』『HOT LIPS』ぐらいで、
あとは『ORDER-MADE』はしこたま聴いたけど、2人になってから、3人になってからも、
アルバムは持ってるけど、いいと思った曲以外はそんなに聴き込んでない・・・
さらに戸城が抜けたあとの曲はまったく知らないため、もっとも恐れたのが、「知らない曲をやられたらどうしよう」ってことでした。

ところが今回、後から知ったけど戸城は「自分のいないZIGGYの曲はやらない」ってことにしてたようで、
その点は助かり?ましたが、困ったのはThe DUST'N'BONEZの曲をやられたことでした。
DUST'N'BONEZはZIGGYからスピンオフしたバンド、のイメージを持っていますが、曲はまったく知りません。
なのでセトリの中で知らない曲が流れてきたときは「あー、ZIGGYの知らない曲やられちゃったな」と思いました。
後から、知らないうちの数曲はDUST'N'BONEZの曲だと知った次第です。でも・・・ZIGGYのライブで必要だったかなあ。
ただ、『CONFUSION ~失意の空 混乱の海~』はいい曲でした。一瞬で突き刺さりました。最近YouTubeでも見つけて聴いてます。

そのDUST'N'BONEZの曲が3曲目だったんですね。
そして定番『I'M GETTIN' BLUE』を早々と投入。
でもこの日はヒットしたシングルの『Jealousy~ジェラシー』『君をのせて』『STEP BY STEP』は無し。
DUST'N'BONEZやるくらいならそっちを・・・あと『La Vie en Rose』『SWEET SURRENDER』『BORN TO BE FREE』とかもなしで・・・
などセトリへの不満がなかったわけではないですが、ステージは熱く進行!!

途中キーボードの人(佐藤達也さん)はなぜか巨大ピコピコハンマーを鍵盤に打ち下ろす!!
ギターのカトウタロウさんは相変わらずうまい!!ドラムの金川卓矢さん、顔が超カッコいい、細身なのにドラムはパワフル!!
そして戸城のおいちゃんは相変わらず元気だった。彼がいてこそのZIGGY。
途中機材にトラブル発生、戸城は「片腕をもがれたようです」というから相当深刻な状況だった模様、それでも最後まで続けました。
ほかにもトラブルはあったようで森重が「初日らしさ満載です」(趣旨)と言う場面も。

森重、戸城は50過ぎてるのに、あのパワー。まずそこに脱帽。
そして森重の声。2010年の時は「あれれ?」って思う時もあったけど、
今回は凄くよかった。あれだけの声が出せる50代・・・てか、声がどうこうよりも、
3時間歌い続けたそのパワーですね。すごい。自己管理の賜物だと思う。


MCは少なめ。30周年、再結成などにはほぼ触れず。相変わらず森重はお客さん1人1人に応えてあげるステージ。
MC?で印象的だったのが戸城の、
「俺たちは原曲より速いテンポでやってんだぞ!!ローリング・ストーンズなんて原曲の半分ぐらいのテンポじゃねえか!
まあ、小物の俺が言ってもしょうがないけど。」(趣旨)というもの。
twitterでもつぶやきましたが反響大きかったです(笑)
あと、『CONFUSION ~失意の空 混乱の海~』の前にもトラブルがあり、ステージが滞った時に戸城は「これからカッコいい曲やっからよお!」
と場内を盛り上げる一幕も。

個人的には『TOKYO CITY NIGHT』が大好きなのであれが流れたときはうれしかった。
ZIGGYでシングル以外では最初に好きになった曲。
その後新曲を2曲披露。30周年記念サイトに3曲出していましたがそのうちの2つ。
『逆説のファンタジア』『逃避行』。しっかりZIGGY節。CDや配信では出るのかな?

そこからは名曲続き。『STAY GOLD』は何度聴いてもいい。サビは場内大合唱!!Baby,I miss you~
『BLOND007』の『12月の風になりたい』には驚いた。けど前回もやっていた。

そこで一旦メンバー下がってドラムの金川さんのソロコーナー。和太鼓のリズムなども。
メンバー戻って最初にキーボードの人が演奏を始める・・・
あれ、これ聴いたことがあ・・・
あ!!『Be Yourself』だ!!
問題作?異色作?の『ZOO&RUBY』の数少ない?キラーチューン。これ大好き!!!
歌詞が今思えば凄く深い内容なんですよね。当時の状況を歌い飛ばす森重の意地。ロックの魂。
これ聴けてよかった。感激しました。そっからは飛ばす!まさか『HOT LIPS』もやってくれるなんて。
・・・実は16~18曲目は知らない曲(笑)16曲目の『CONFUSION』は書いた通り好きになったけど。


『LAST DANCEはお前に』から『I'M JUST A ROCK'N ROLLER』!!頭の中で回ってた曲がキタ!!!
これもフロア大合唱!!取り替えのきく人形じゃない!!
しかしいつまでこのライブは続くんだ?!終わる気配まったくなし!!とこの頃から思い始めます。
その後知らない曲もあったけど、『LET'S DO IT WITH THE MUSIC』が!!!うひー!!これはもうヤバイ!!!
さらに『BURNIN' LOVE』でこれまた場内大合唱。いい曲。大人のロック、大人の余裕。

少しインターバルがあってからついにきました『暗流』。
前回も聴けて感激したけど、今回も。森重、「舞い落ちる季節~」のファルセットはなし。オクターブ下げて「季節に~」と歌う。
そんなことはどうでもよく、ただただこの名曲に酔いしれるのみ。
そして暗流含めた以下3曲はセットなのかな、『Guilty Vanity』『DON'T STOP BELIEVING』。
これで場内は大爆発!!もうどうなってもいい、ここで朽ち果ててもいいぐらいの勢いでこちらも炎上します!!
いずれもテンポの速い曲。何一つ変わらないものなんてありはしない!立ち止まることなんて流れの中、できやしない!!

そして本編終了。
ケータイも時計も持たずの自分、一体いま何時だろうと。
かなりやったからあとはアンコールで数曲だけかと思いましたが、良い意味で期待は裏切られます。

ステージに椅子が設置されてアコースティックステージ。森重、戸城、カトウの3人が座ります。
森重の「戸城さんのセンチメンタルな部分が出た曲」(趣旨)との案内から(その前にも何かMCあったと思うけど)、
『星のない街の子供達』。これも『ZOO&RUBY』からですね。
『訪れる夜だけに』はあまり印象がないけど次の『午前0時のMERRY-GO-ROUND』は、森重も歌った後に、
「うっとりした」だったかそんなコメントを残すくらいの感動的なステージ。本編の興奮とは一転、暖かい雰囲気に包まれます。
最後に『CLOSE YOUR EYES』。ナイスンイージーからですね。
これでアコースティックステージは終わったんだけど、残念だったのは、アコースティックでやるなら、
アレをやってほしかった。。。。そう思った人いるんじゃないかな。。。
『GARDEN OF ROSES』。
いつの日か、聴きたいな。


アンコール2つめは森重が「みんなが知ってる曲やります」と言ってスタート。
ここまでの選曲はダスボンのがあったり、書いたとおりシングル曲が少なめで推移してましたからね。
そしてついに来た『GLORIA』。過ぎてく時間が惜しい。終わらないメロディーを!!
『HOW』『SING MY SONG』でもはや場内は超巨大爆発。もう、こちらもただただ声を枯らして共に爆発するだけ。
最後にツアータイトルもここから取ったと思われる『ONE NIGHT STAND』。
熱狂のライブが終了しました。

汗かきました。声枯れました。
それでも本当に心地いい。最高の空間でした。熱狂のライブでした。
ドラムソロ入れて35曲、森重に戸城のおいちゃんに、メンバー達に心からの感謝。
いつ終わりになるかわからない。ずっと続ける予定でもない。
だからこそ、その刹那に酔いしれることができるのでしょう。メンバーも観客も。


次回は4月27日の追加公演@SHIBUYA-AXです。
また、楽しみたいと思います。


自分の後ろあたりで、ライブ中なのにとてもうるさい数人のグループがいました。
おそらく後ろから全然見えないから酒飲んで騒いでいたんだと思いますが・・・
しかも『La Vie en Rose』をやれと騒ぐ。やらなかったのは残念だけど・・・
ライブはマナーを守って楽しく観たいものですね。


会場のTSUTAYA O-EAST。看板だけ。


ついでに渋谷109の画像。意味なし(笑)


<2014.3.7 TSUTYA O-EAST set list>
1.WHISKY, R&R AND WOMEN
2.EASTSIDE WESTSIDE
3.SILENT SCREAM (The DUST'N'BONEZ)
4.I'M GETTIN' BLUE
5.蒼ざめた夜 ~Too Fast to Live Too Young to Die
6.光と影
7.TOKYO CITY NIGHT

8.逆説のファンタジア(新曲)
9.逃避行(新曲)
10.6月はRAINY BLUES
11.STAY GOLD
12.12月の風になりたい

13.Drum Solo
14.Be Yourself
15.HOT LIPS
16.CONFUSION ~失意の空 混乱の海~ (The DUST'N'BONEZ)
17.LAZY BEAT
18.CRISIS

19.LAST DANCEはお前に
20.I'M JUST A ROCK'N ROLLER
21.Let's Spend The Night Together (The Rolling Stones)
22.ROCK'N'ROLL CIRCUS (The DUST'N'BONEZ)
23.LET'S DO IT WITH THE MUSIC
24.BURNIN' LOVE

25.暗流
26.Guilty Vanity
27.DON'T STOP BELIEVING

EN1(アコースティックステージ)
28.星のない街の子供達
29.訪れる夜だけに
30.午前0時のMERRY-GO-ROUND
31.CLOSE YOUR EYES

EN2
32.GLORIA
33.HOW
34.SING MY SONG (I JUST WANT TO SING MY SONG)
35.ONE NIGHT STAND


音楽 ブログランキングへ


明日はT-BOLAN ライブ@渋谷公会堂!!

2014-03-20 21:03:13 | 音楽
明日3月21日は、18:00から渋谷公会堂でT-BOLANのライブが行われます。

18:30からはプロレスリング・ノア後楽園ホール大会も行われますが、
T-BOLANの日程が先に出たため、今回NOAHは泣く泣く断念。
カード的には3・8有明コロシアムよりむしろ・・・と思ってしまうぐらいの好カードが並びました。
行きたかった。。。


しかし明日はT-BOLANです。
ワンマンとしては実に19年ぶりですか。
2012年に行われた「BEING LEGEND Live Tour」も観に行ったけど、
その時は確かに目玉だったけど曲数は10曲もなかった。
今回は長く楽しめそうです。
どんな曲をやってくれるか。高校生時代を思い出す時間になりそうです。


先日3月8日の大阪でのライブで、活動休止が発表されました。
4月26日渋谷公会堂での追加公演が最後となる模様です。
そのことはちょっと脇に置いて、まずは明日楽しみたいと思います。

4月26日はたぶん行けないから、
これが最初で最後のT-BOLAN単独のライブ参加になりそうですね。


音楽 ブログランキングへ

東日本大震災震災3年。

2014-03-11 18:51:28 | weblog
誰もが思うことだろうけど、あっという間です。

あの日のことがついこの間のように思い出されますね。
東京にいた自分でさえ語れることはたくさんあるんだから、被災地の人たちはいかばかりか。

そして被災地じゃないところではもうどんどん風化が進んでいくけど、被災地の人や避難している人たちには3年前からずっと震災は続いていると思う。
おそらく1年も3年も5年も10年も、区切りはないんじゃないかな。
復興されて、仮に生活が元通りになっても、震災の記憶が消えるわけでもないです。

風化とは違うけど、あの大地震の2日後、日曜の東京はいい天気で、電車もほぼ普通に動いて、街が普段と変わらぬ姿だったことに、私は大変な衝撃を受けました。
数日で忘れたわけではないでしょうが、被災地との差の激しさはまさに衝撃的でした。
(とか言いつつ確か牛丼屋で普通に食事をしましたが)
震災当日はもちろんですが、よく思い出すのはその日曜日ですね。
翌日からは大変な混乱でしたが・・・


時間は止められないので、あっという間に5年10年となっていくと思います。

間が経つのはどうしようもない、ただこうして毎年3.11を迎えるたびに、関西では1.17を迎えるたびに(もちろんそれ以外の災害も)、忘れないようにする、思い出す、語り継ぐってことが大事なんじゃないかと思います。


また同じような震災は来るのか来ないのかわかりません。(この「わからない」という点が自分は最大の厄介者だと思っていますが)
ただ、来た時に過去の大災害の教訓が生かされれば、それに越したことはないのではないかと思います。


震災当日は帰り道、6時間以上かけて歩いて帰りました。スーツに革靴、コートに荷物でした。

今、やれと言われても無理だろうな・・・(笑)今後再びそれをやることがなければいいですね。