デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

藤浪10勝目!雨で2度の中断にも負けず連敗ストップ!!

2013-08-31 23:15:25 | 阪神Tigers
読売に3タテ食らった後は昨日広島に負け、
今日は野球は見ないつもりでしたが、テレビつけると見てしまうという(笑)
ファンの性ですね。

途中雨で中断、あれだけ降ってグラウンドの状態が悪くなったのに、
何でやるんだろう、しかも2度目の時は試合成立しているじゃん、
と思いましたね。
誰が決定するのかよくわかりませんが、雨は一時的なものでその後あがると確信があったのでしょう。

ただ、あれだけ待たされてからの再開は、
いくらプロとはいえ選手が気の毒だ。
もちろん、これはタイガースが中断時勝っていたから言えるんだけど。

でも2点目の新井貴浩の犠牲フライは大きかったね。
打線が振るわない中、4番のタイムリー、5番の犠牲フライで得点。
どうにか逃げ切りました。

先発・藤浪が10勝目。特に良くは見えませんでしたが、
満塁のピンチとかを切り抜けられる、その強さが高卒ルーキー10勝につながったのでしょう。
後をつないだ松田、加藤、福原も見事でした。

でも打線がね…バリントンが早々に降板したのに打てない。
打てないとこの先も戦いは厳しいですよ。

でもこれで連敗を止め、
8月最後を勝利で終えることができました。

雨と、長い中断と遅い終了で大変だったと思いますが、
また明日も頑張ってください。


阪神タイガース ブログランキングへ

今日も生観戦でしたが負け。

2013-08-29 22:44:37 | weblog


一枚目の写真でわかるとおり、
かなり上の席になり東京のドームのグラウンドを見下ろす形になりました。


試合は負け。
いい感じだったんですが…

能見の力投も実らず。てか、打線も確かに悪かったが、
能見が8回9回と…

サヨナラの場面は見た瞬間、動けませんでした。

今季の東京ドームはたぶんこれが最後。
試合はともかく、高いけどうまいビールを楽しめましたよ。



でも…
勝ち試合を見たかったな…

8・24プロレスリング・ノア後楽園ホール大会観戦記。(2)試合の感想。

2013-08-26 23:36:16 | プロレス
土曜日のNOAH後楽園ホール大会観戦記その2は試合を軽く振り返ります。

その前に、今日発表された9月ツアーの対戦カードで、
9・7ディファ有明、9・22後楽園ホールに新日本の永田選手の名前が。
ヨネあたりとタッグで対戦しますが、楽しみですね。
KENTAへの挑戦は多くのNOAHファンが期待していますが・・・
でも中嶋もどこかで・・・9・7有明と9・16博多はTMDK2人を持ってきましたが、
やはり他団体を入れることで挑戦者の候補者も一気に増えますね。

そしてその挑戦者にいずれならなくてはいけない森嶋猛が、第3試合後に登場し、
24日の後楽園で復帰をアナウンス。日程は10・5横浜文化体育館。
相手はなんと佐々木健介!!新たな動きがあるのか?!いずれにしても期待大!
前よりは絞れた身体をUPしてたりしましたけどね。
写真は昨日の記事にはありませんが、たぶんtwitterにあったような。
リングを降りるとそのまま解説席に座りました。

過密スケジュールが続くNOAH、10月からのグローバル・リーグ戦もありますが、
とにかく身体だけは大事にしてほしい。丸藤もケガしない宣言をしましたが、
全選手無事でプロレスを続けてほしいですね。KENTAは幾分肩は癒えてきたようですが。


さて試合を最初から振り返ります。

まず18:00開始後、丸藤のこれまでの歴史が映像で流されます。
いろいろあったね…そして記念セレモニーでの花束贈呈、丸藤挨拶。
丸藤入場時はデビュー直後使った『冷たくしないで』のインストバージョン。
好きな曲なんですね。SPEEDの今井絵里子がソロでやった時の曲です。


その後第1試合。
カイザーとマイバッハ谷口でしたが、一緒に行った先輩がカイザーを気に入って(笑)
てかカイザー、南米プロレス使節「団」なのに1人になっちゃったよ。
気合入るカイザーはトペで先制も、マイバッハがさすまた使うまでもなく圧勝。
さまよえるマイバッハ、この日は動きなし。後楽園の第一試合でいいのか。


第2試合は彰俊&小川vsエリック兄弟。エリック兄弟は久しぶりの登場。
少し身体はゴツくなっていたようにも見えるけどプロレスはまだまだ…
NOAHに上がらない時に試合してるのかな?ただ、マーシャルが怪力を生かして見せ場を作った。
所属である以上頑張ってほしいのだが、タッグでデビューしたことが足かせになっていないか。
プロレスはシングルで試合を覚えるとよく言われるけど。
小川と彰俊はベテランらしく2人をきっちり教育。彰俊がスイクルデスで勝利。
彰俊も現状に満足しないでほしい1人ですね。


第3試合は石森&小峠vs原田&熊野。
これが前半の後楽園を爆発させましたね。見る側も所属の日本人4人なので気持ちが入る。
石森&小峠はいつも通りだったと思うが、原田と熊野の気合が凄かった!
特に熊野は丸め込み、切り返しで小峠を追い込むばかりか、勝負どころで負けず、原田につないだ。
最後は小峠をヒザ蹴り、そして片山ジャーマンと圧倒、3カウントを奪う!
その時の場内の爆発といったら…だって原田と熊野、頑張ってたもの。頑張ってる者に、声援が贈られる世界。
原田はもっと自己主張しろよと前から書いてきたけど、ついにチャンス到来。
石森と小峠がライガータイガーに負ける失態を演じたいま、NOAHファンが期待できるのはこの2人。
熊野は正直まだまだなんだけど、あのどこからでも狙える丸め込みだけは、見る価値がある。
そして勝利の勢いのまま原田熊野は…
とにかく、4人の攻防も見事だったし、熊野の奮闘、原田の気合いに酔いしれた試合でした。
原田は翌25日の横浜でも小峠を沈めています。


第4試合ではヨネ-中嶋のシングル。
中嶋のBRAVE入り査定マッチといった趣になった試合。似たようなスタイルの両者がバチバチやりあって良かったんですが、
ヨネも前GHCヘビー挑戦者。中嶋はBRAVE入りのためにも負けられない、どういう決着かと思いましたが…
ヨネがキン肉バスターを決めてフォールにいくもカウント途中で中嶋を起こし、
側頭部に蹴りを叩き込む。しかし中嶋も負けじと立ち上がり右ハイ一閃!
これで両者ダウン。ダウンカウントが入り、9でロープにしがみついたかと思ったら西永さんは10を数えて両者KO。
これには場内スッキリしない反応。私も同感、勿体無い。
一部は延長!の声も聞こえる中で、二人がつかみ合いの乱闘になった後、中嶋がマイク。
「お客さんはこの結果に納得していないと思うけど、俺が聞きたいのはBRAVEに入れてくれるかどうかだ」。
ヨネは突如好意的に軍団入りを認め、中嶋のマイク力(りょく)でどうにか会場は収まったものの、
両者KOの結末の時は雰囲気が悪かった。これはあとやめてほしい。
しかも内容がよかっただけに、非常に勿体無いことをしたってのが率直な感想。


休憩。
実は今後楽園ホールの5階男子トイレが工事中で6階(あったのか…)のトイレしか使えない。
行列に並ぶことになったが、その時、会場係のお兄さんに「4階にトイレないの?」って聞いたら、「あ、たぶんあります」との答え。
私が「開放したら?こんなに行列してるんだから」と言うと、少し偉い会場係の人が「どうしました?」とやってきて、
改めて4階にトイレ無いのか聞いたら「ないんです」とのこと。無いなら仕方ない、と言って引き下がったけど、無いのは嘘。
4階は選手控室があるから使わせないだけだと思う。
6階のトイレは5階の3分の1程度しかなく、超満員のこの日は大変な混み具合…
どうにか第5試合には間に合ったけど。女性トイレもいつも行列だし、後楽園のトイレ問題は大変だ。
売店スペースの狭さも含めて、後楽園ホール、どうにかならないものかといつも思う。
そういえば3階のサウナ東京ドームがもうすぐ閉店らしい。その後、どうするんだろう。


さて第5試合はGHCジュニアタッグ選手権。王者ライガータイガーvs玄藩&マイバッハSUWAJr.。
玄藩はいつもの水鉄砲、そしてマイクで王者組を怒らせる。
ただ、後から考えれば、あのマイクも正直本当にふざけていて、戦う姿勢じゃなかったと思う。
それが玄藩のある意味魅力でもあるんだけど、とりわけこの日は何もできなかった感が強い。
前も(2月か)ディファ有明で矢野や飯塚相手にいいようにやられたことがあったけど、
それを思い出した。序盤は荒れた展開、中盤落ち着くも、玄藩の見せ場は乏しかった。
その代わりに大奮闘したのがSUWAJr。先にライガーのマスク剥ぎを仕掛けたところ逆にマスクを半分以上剥がされ、
なんと試合中にはついにマスクを脱いだ!!
でもそのマスク云々はともかくSUWAJr.…いや、大原はじめの頑張りは特筆モノ。
ライガーの厳しい攻めを幾度もカウント3寸前で返し、ライガーも「嘘だろ!?」の表情。マスクだけど。
最後はライガーの雪崩式垂直落下に沈むも、場内からは大原コールが起きたくらい。
大原はじめだ、というのは登場直後からよく言われていたけど、やっぱり大原だった。
ライガータイガーは玄藩の不甲斐なさもあり危なげなく防衛。でも大原にはいい機会だった。

試合後第3試合で爆発した原田熊野が挑戦表明。すると、
ライガー「俺達は逃げも隠れもしない。お前たちだけ挑戦させろと言ってきた。どうぞ、挑戦してください」(主旨)
タイガー「オレは熊野、お前の勇気を買っている。挑戦が楽しみだ」(主旨)
バックステージでも半分リップサービスとはいえ、2人の挑戦を讃えた王者。
原田熊野はNOAHファンの大きな拍手と期待を浴びて退場、挑戦は9・16博多。
当然、特に熊野には厳しい。デビュー半年では正直相手にならないどころかケガを心配してしまうレベル。
でもNOAHでデビューした意地で向かっていってほしいね。


セミではGHCタッグ。王者・"TMDK"シェイン&マイキーvs挑戦者大日本プロレス佐々木義人&石川晋也。
試合後感じた率直な気持ちは、過去と比べれば(比べてはいけないのは百も承知)、格落ち。
大日本勢が悪いのでもなく、TMDKが悪いのでもない。
ただ、小橋や秋山、三沢も巻いた、健介も高山も、みのるも永田も棚橋も巻いたベルトであると考えれば・・・
でもそれはこのベルトを巡って、これから王者TMDK、そして今後の挑戦者たちが再び高めていけばいい、ということでもある。

特にこの日は、これからそれができる4人の試合だったと思う。
攻防は奇をてらったものはなく、鍛えた肉体と肉体がぶつかり合い躍動する、プロレスらしいプロレス。
佐々木はアルゼンチンコースター、ラリアットでマイキーから奪取寸前まで攻め込む。思いっきり反る逆片エビでは場内どよめいた。
石川もこの日は良かった。コブラツイストを何度跳ね返されても根性で決めたシーンは拍手が。ドロップキックもキレイに決まった。
それでもTMDKは譲らず。シェインは驚愕の身体能力をいかんなく発揮している上、見るたびに新しいムーヴがある。
この日はいつものコーナー串刺し攻撃に、普通の前回りではない後ろ回転(シューティング式?)のアタックも。
マイキーは攻め込ませても要所で3カウントを許さず、最後は急角度で決まったサンダーバレー。王者防衛。
いい試合でした。セミには相応しい。今後このベルトをTMDKが、そして挑戦者が高めていく期待を持ちたい。


メインは丸藤デビュー15周年記念試合、丸藤正道&中邑真輔(新日本)vsKENTA&杉浦貴。
丸藤、中邑とも昨日の写真の通りオーバーマスクで登場、赤と黒の両雄、カッコ良かったです。
そして中邑への紙テープが多くてまずびっくり。新日本ファンも多かったけど、新日本は紙テープ禁止。
こりゃ丸藤のほうが少ないとかなったら…と思ったら丸藤にはとんでもない量の紙テープが(笑)
4人が紙テープの海に埋もれてました(画像なし)
内容はこの4人でいい試合にならないわけがなく…
ただタイトルもかからない、ストーリーがあるわけでもないお祭りマッチであったのも確か。
なので観客も良い意味でリラックスして楽しめていたと思います。中邑は特に見る機会がないので、
その動き、クネクネ、ヒザ、蹴りにイヤァオ!と楽しませてもらいました。
KENTAと中邑は初遭遇。
刺激的でしたが、やや噛み合わない面も前半ではありましたね。それでもこの2人の持つオーラは半端ない。
蹴りの応酬、KENTAのコーナー串刺しが決まれば、中邑もコーナーへ腹ばいに置いてからのヒザ!
そして中盤まで丸藤の15周年ってことを忘れてるんじゃないか、という攻防が繰り広げられますが、
序盤は丸藤とKENTA、丸藤と杉浦で極上の攻防があったのですよ。
そして終盤は杉浦と丸藤の一騎打ち状態に。でも丸藤と中邑の連係はあまりなかったような…
丸藤が不知火、トラースキックなどで攻め込めば杉浦もスピアー、アンクルと攻める。
しかし最後はなんと杉浦が丸藤を抱え上げたかと思ったら前方回転の水車落としのような格好で叩き付け、
そのまま両足持ってフォール!!
これが、おそらくリングでは初公開の「米満リフト」。これでカウント3。主役が負けた!!場内唖然!!
ただ、米満リフトがそれなりに説得力があったため、勿体無いとまではならず。
勝った杉浦は中邑がやるロープ持って思いっきり後ろに反るポーズ!!
20分、極上の攻防、極上のお祭りマッチでした。


トータルでは非常に満足しましたね。何より観客が満員ってのがよかった。
最後に丸藤がマイクで締めました。
NOAHは翌日25日も横浜で大会でした。私は行けなかったけど…
KENTAがTMDKに負け、またしても王者が負ける展開に。
あまり王者には負けてほしくないんですけどね。

それはともかく、次回は2週間後9・7ディファ有明大会です。
ちなみに9・8W-1旗揚げ戦も行くことになりました。

また、プロレスを楽しみたいと思います。
(あ、8・18DDT両国国技館の感想もまだだ…)


プロレス ブログランキングへ

8・24プロレスリング・ノア後楽園ホール大会観戦記。(1)感想と写真。

2013-08-25 23:43:48 | プロレス
24日土曜日、プロレスリングNOAH後楽園ホール大会行ってきました!
丸藤正道15周年記念大会です。

とにかくお客さんが多く、ここまで入ったのは5・12方舟新章以来じゃないか、と思いましたね。
いや、リングサイドの椅子の置き方を見ればそれ以上かも…バルコニー(立ち見)も珍しく開放していました。
もちろん新日本勢、大日本勢といった選手が上がり、外部の力も借りての動員ですが、
(特に新日本は8・11のG1以後しばらくお休みのためかファン結構いましたね)
いずれにしても満員で丸藤の15周年記念を祝いました。

そして大会は全体的に雰囲気よく、
勝彦-ヨネが両者KOという決着で雰囲気悪かった以外は、
全体的にいい雰囲気で大会が進み、熊野&原田の大奮闘、
ジュニアタッグではマイバッハSUWAJr.がついにマスクを脱ぎ捨てて奮闘、
GHCタッグではTMDKが大日本コンビとの激戦を制して防衛。

メインでは丸藤の15周年を良い意味でそっちのけにして、
KENTAと中邑、杉浦と中邑が激しくやりあい、丸藤は溜めに溜めて出た後半で大活躍、
しかし最後はなんと杉浦の米満リフトの前に3カウント、主役が敗れるという大波乱で幕、
そういう大会でした。

中邑真輔の久々の登場が華を添え、
丸藤同様赤と黒のコントラスト同士ってのが良かったです。
そしてNOAHファンの中邑歓迎っぷりがすごかった。
中邑はやはり新日本のトップ格。持ってるオーラがすごいです。
また上がる日はあるのでしょうか。

丸藤はKENTAや杉浦と極上の攻防を見せましたが、とにかくコンディションがいいのでしょうね。
気持ちが乗っているのがよくわかります。
ただ最後まさか負けるとは…杉浦の新技も良かったけどね。

とにかく、満足度が高い、いい大会でした!!


試合の細かい感想は改めて書きます。
後は写真をUPして今日はおしまいです。

第一試合前に丸藤の挨拶と花束贈呈。社長、恩師、山田邦子さんなどから。


大会パンフレット。キン肉マンのゆでたまごが描いたイラストも。裏にもあります。


丸藤の横断幕。普段はあまりないんですが(笑)


熊野の大奮闘、原田の豪快なジャーマンで後楽園が大爆発した第3試合。
熊野の丸め込み、切り返しだけはかなりの域にある。そして原田熊野はGHCジュニアタッグに挑戦表明。


セミのGHCタッグ。TMDKvs佐々木石川。奇をてらわない純粋なチカラの対決で沸きました。


試合後恒例のTMDKのエプロン座り。シェインがトロフィーにキスしているところが撮れました。


王者、KENTA登場。画質悪くて表情見えません。どこに投げるか、アピールを求めてました。


主役、丸藤に合わせて中邑もオーバーマスク。ツノが悪魔将軍のよう…カッコよかった。


KENTAの逆エビでカットに入る中邑。ネクストはあるのか?見たいぞ!!


終了後。敗れてヒザをつく丸藤。


中邑と何やら話す丸藤。呼ぶには苦労があったと思う(笑)


最後締めのマイク。みんなへの感謝と、もうケガはしない宣言と、もう一度トップに立つ宣言でした。



プロレス ブログランキングへ

タイガース、中日を3タテ!4連勝でいざ東京ドームへ!!

2013-08-25 23:11:01 | 阪神Tigers
中日にナゴヤドームで3連勝なんていつ以来でしょうね。

今日は全く見れていませんが、序盤で早々に勝負を決めたようです。
前回7点差を追いつかれた元となったメッセンジャーだけに心配はありましたが、
9点取ってしまえば…

結局9-4で勝利、新井貴浩さんはそのうち5打点の大暴れ!!
日高が戻ってきたんですね。これもいい材料です。

これで4連勝。
というか。
土曜日はNOAH後楽園ホール大会のため、中盤までしか見れませんでしたが、
てっきり0-1で負けたものだと思っていたら、NOAHの大会後にようやく4-1で勝ってたことに気づきました。
よく勝ちましたね。0-1だと中日は絶対勝てるスコアなんですが。


前に「タイガースが勝ち続ければ、優勝のチャンスは1回ぐらいはあるのではないか」
と書きましたが、今がその状況かもしれません。

そして火曜日からは東京ドームで巨人3連戦。
ゲーム差とか考えたいけど、まず1つ1つ勝つことですね。

阪神タイガース ブログランキングへ

明日は!ノア後楽園ホール大会、丸藤15周年記念!!

2013-08-23 23:14:29 | プロレス
明日8月24日は18:00から後楽園ホールにて、
プロレスリングNOAH、「丸藤正道デビュー15周年記念大会」が行われます。

そしてメインに登場する丸藤はなんと、新日本プロレスの中邑真輔と組みます。
相手はKENTA&杉浦。
現在のNOAH3強に新日本のトップの1人、中邑が入る超刺激的カード。

中邑と言えば度々NOAHには上がってますね。10周年大会での潮崎戦とかが記憶に新しい。
でも久々の登場。
新日本はジュニアや小島永田、裕二郎やGHCタッグのベルトを巻いた矢野飯塚などが参戦をしてきましたが、
中邑、棚橋、オカダといった現在のトップを張るレスラーの登場は久しくありませんでした。
(棚橋は小橋引退試合には出たけど)
でもそのうちの一人中邑が登場、当日はGHCジュニア王者、ライガータイガーも登場するので、
新日本ファンも多く後楽園に訪れることが予想されます。
後楽園は超満員になるでしょう。


さて丸藤はもう15年にもなるのか、というのが率直な感想。
自分が学生時代、日本武道館でデビュー直後の丸藤を見て、その躍動感に驚いたものでした。
まだヒョロヒョロでしたけど…今やNOAHをリング内外で引っ張る軸の1つです。
相手は向き合えば激闘間違いなしのKENTA杉浦。楽しみです。
中邑との連係はあるのか。不知火ャァオ!(←?)に期待。

とにかく、ケガだけはないようにお願いします。
丸藤はいつもそう思いますね。王者KENTAがケガしているだけに・・・

そして中邑とKENTAの遭遇も刺激的。中邑と杉浦は何度かやっていますが。
丸藤15周年の名の下に、楽しみなカードが組まれました。


その他セミではGHCタッグ王者、マイキー&シェインのTMDKに大日本の石川&佐々木が挑戦。
TMDKの優位は動かないでしょうが、大日本組の熱いファイトはGTLや先日のディファで実証済み。
GHCシングルへと野望を広げるTMDKの2人も、ここはまず落ち着いてタッグ屋としてのチカラを見せてほしい。
仲が悪いと大日コンビに足元を掬われかねない・・・


その前にはGHCジュニアタッグ。ライガータイガーに挑戦は玄藩&マイバッハSUWAJr.。
Jrはマスク脱ぐくらいの覚悟でやってほしい。大きなチャンスが巡ってきた。
玄藩はいつものキャラクターでいいけど、王者の壁は厚いだろうね…


その前のシングル、ヨネvs中嶋は、中嶋のBRAVE入団への試練マッチか。
中嶋はここで実績を作りたい。ヨネを踏み台にして、3強に割って入るぐらいじゃないと。

第3試合はNOAHジュニア対決。原田が石森への次の挑戦者になり得るかどうか…
さらにはエリック兄弟も久しぶりに来日。これまでは実績も内容もイマイチだったけど、
ブラバド兄弟のように戦っていくうちに良くなってきた例もある。
(てかブラバド兄弟また呼んでよ・・・)
なんと言ってもNOAH所属選手。頑張ってほしい。小川&彰俊が相手。

マイバッハは第1試合でカイザーと対戦。BRAVE入りを勧誘されているが果たして・・・?


そんな楽しみな大会は明日18:00後楽園ホールで!!
夏の最後に、丸藤の15周年を祝いたいと思います。


プロレス ブログランキングへ

6回に一挙5点で逆転勝利!ボイヤーに勝ちがついた!!

2013-08-23 22:34:54 | 阪神Tigers
鬼門と呼ばれたナゴヤドームも昔の話か、それともたまたまか。
タイガース、ナゴヤドーム3連勝です。

昨日雨で中止のおかげで、いい休養になりましたかね。

先発は鶴。2発ホームランを浴びましたが、
前回の再現はならなかったけど、先発としてやっていくならやっぱり先制点はあげてはいけない。

タイガースには幻の先制点?があったようですが、
審判の誤審については助けられる場合もあるので何も言わない。
ただ、抗議を受けた後の取り合わない態度だけはやめてくれ。
あの審判の態度はさすがにひどい。
アナタは全国の人にその姿を見られている自覚はありますか?
アナタの家族が見たらどう思いますか?
人間だから間違いはある。でも審判の人は、そこだけは考えてほしい。


そして和田監督は退場。
しかしそんなゴタゴタを打ち消したのが6回の逆転劇。
よく打ちました。福留に良太。中日出身ですね・・・
最近実績ができつつある清水、俊介も続き、一挙5点。

7回にも桧山のタイムリーで2点追加。
終わってみれば13安打で7点で快勝です。

中日も10安打しましたがタイガースのリリーフが踏ん張りました。
なんとボイヤーが初勝利。前回変わった姿を見せたので今日も見たかったな・・・
5点差で松田を投入したことは、疑問。
使われ過ぎ。いくら圧倒したい試合だったとはいえね。それにしてもランナー出した後、三者三振ですか。
松田はすごいね。


これで60勝到達、貯金15。
他は他として、タイガースは1つ1つ勝つ以外にありません。
明日も頑張って!!


阪神タイガース ブログランキングへ

このブログの人気記事。

2013-08-22 23:56:34 | weblog

このブログの人気記事TOP10





ケータイからご覧の人、見づらくてごめんなさい。
今日現在の人気ランキングです。

相変わらずウシジマくんが不動の強さです。
そして防火・防災講習の記事も絶大な人気を誇りますね。
酒場放浪記ごっこも2つがランクインです。

BUCK-TICKの記事もいつも何かがトップ10にいます。
珍しいのは「ぎなた読み」について書いたのが10位に来てること。

記事数もtwitterまとめ投稿を別にすれば3000近くなってきました。
2005年1月に始めたのでもう9年目になるんですね。

今後もご愛顧ください。明日は8・24NOAH後楽園ホール「丸藤15周年記念興行」の見どころと、
タイガースの勝利について書きたいと思います。てか書かせて(笑)


マートンの2打席連続弾!加藤4年ぶりの勝利!!

2013-08-21 22:27:49 | 阪神Tigers
タイガース、昨日悪夢の7点差逆転負けから、今日は終盤に粘りを見せて勝利です。

昨日のような負けを引きずらないのが今季のいいところですが、
もっといいところを多く出してるのが上にはいるわけで・・・
今日は負けたようですが。

そもそも今日は横浜スタジアムで生観戦の予定でした。
しかし最近急激に忙しくなり、観戦行けず。
その鬱憤を晴らしてくれる勝利でしたね。

3-0とリードするも追いつかれ、今日の天気のごとく暗雲が漂いますが、
7回の加藤が好投で横浜打線を抑えたのが始まりでした。
ここらで私も帰宅、テレビ観戦となります。

8回、マートンのホームランでいきなり勝ち越し!!
さらに良太、西岡とタイムリー二塁打が続いて一挙4点。
横浜の林が悪すぎたけどとにかくよく打ちました。

8回裏は松田。4点差で?と思ったけど横浜戦なら仕方ないか。
あまり使いすぎないでほしいけど。でも見事な投球で三者凡退。

9回はまたもやマートン2打席連続ホームラン!!
これで勝利は確実。8回といい、思い切ってホームラン狙ったスイングが当たりました。
神様、仏様、マートン様。

9回裏は何か人が変わったように攻撃的な投球を見せたボイヤー。
二軍で生まれ変わったのか?締めて勝利。戦力になると大きいなあ。

そして加藤に4年ぶりの勝利がつきました!
しかも前所属の横浜から。おめでとう。苦労人が報われるのはいいものですね。


読売とのゲーム差とかはどうでもいいです。
ただ、タイガースが勝ち続けること。そうすれば最後に1チャンスだけ、来そうな気はしています。
希望に過ぎませんが…

明日は能見でなおさら落とせない。
また勝ちましょう。