デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

BUCK-TICK日本武道館ライブ行ってきた!

2012-12-30 00:15:54 | 音楽
年末恒例!BUCK-TICK日本武道館ライブで今年のライブ納めしてきました。

最高でしたよ。
何も言うことなし!!
やっぱりBUCK-TICKって、ライブっていいなあ、ってもうそれだけ。

楽しかった…唄い踊り狂い、燃え尽きました。

改めてレポしますが、
今までの自分が行った武道館ライブでは一番だったかも。

ツアー最終日で、アンコールが気になってましたが、
2回ってのはツアーと変わらなかったけど、なんと…!

今年もいろいろあったけど、最後に最高のライブが見れて良かった~
BUCK-TICKさん、本当にありがとう。


さて、明日は帰省します。

サザンのあの曲を…

2012-12-27 23:18:04 | 音楽
サザンオールスターズに『おいしいね~傑作物語』って曲があります。
シングル『みんなのうた』のB面なのですが、
アルバムではベストの『すいか』と『HAPPY!』にだけ収録されている、
隠れた?名曲です。

メロディもいいのですが、歌詞に出てくる「産業ロック」って言葉が大好きです。
やや自虐的に唄っているような感じがしますね。

この曲が昔から好きだったのですが、最近耳の中でよく鳴っています(笑)。
YouTubeにでもないかな~と思って探してみたら、ありませんでした。

でも、その途中でこんなのを見つけてしまいました。


ミス・ブランニュー・デイ WINK


レアな映像ですね~
どうもNHKっぽい雰囲気。
そして途中が端折られている上、「濡れたムード」が「濡れたヒール」と歌われています。
さっちんが間違えたか?意図的にそうしたのか?謎ですが。

サビもハモってるように見せて2人はユニゾンで歌っています。
それにしても意外なものを見つけてしまいました。

他にも何か面白いのはないだろうか…

音楽評論もどき~たむらぱん『wordwide』~

2012-12-26 23:48:15 | 音楽
「インチキ音楽評論」改め「音楽評論もどき」のお時間がやってまいりました。
「インチキ音楽評論」だと、「インチキな音楽を」評論してるように見えてしまう…
そういうクレーム?はなかったけど(笑)

で、自分の記事はとても評論とは呼べない真似事なので「音楽評論もどき」としました。

今回はたむらぱんの最新アルバム『wordwide』です。
10月24日の発売ですからもう2ヶ月経った…

その発売時の記事でも載せた、アルバムの写真です。


これが初回限定A盤で5周年記念ライブのDVD入り。
B盤はMV集のDVD入り。通常版はCDのみです。


アルバムは全12曲。前作『mitaina』から9ヶ月という短いスパンでのリリースですが、
今作はいろんな面を見せてくれたと思います。

曲順
1. new world
2. おしごと
3. でんわ
4. ぼくの
5. はだし
6. ST
7. ふれる
8. 直球
9. ヘニョリータ
10. ポーズ
11. 知らない
12. でもない feat. Shing02


アルバムのタイトル通り、広がる言葉の世界を楽しむことができますが、
曲に関して率直に言えばちょっと落差が激しいかな、って感じがします。
ライブもあったので結構聴きこんだのですが、印象に残らないのも多く…
でもずっと聴いていきたい曲もあり…前作もそんな感じでしたけど(笑)

シングル『new world』はずいぶん前にできたような印象がありますね。たむらぱん定番の応援ソングです。
『おしごと』はQUEENの『ボヘミアンラプソディー』を彷彿とさせます。前アルバムの『ファイト』みたいに難解。
これは歌詞より曲が印象的です。口ずさめる。「おっしーごとしなさいしなさい…」

『でんわ』は発売前にライブで聴いた曲。ノリがいいし「言葉」がストレートに伝わります。
この曲とラスト『でもない』だけはアレンジにたむらさん以外の人が入っています。

『ぼくの』も発売前にアコースティックライブでしたか、聴きました。
スケールの大きい曲です。名曲です。誰に向けてのメッセージなのか…映画で使われたようですが映像とはどう絡んだのか、
気になりますが、「今日、恋をはじめます」なんてのは自分が見るジャンルじゃない(笑)

『はだし』は渋谷AXのライブでもやらなかったし、あまり印象のない曲その1。力が抜けてていい曲なんですが。
次の『ST』はいいですね。"ST"とは何か?たむらぱんマネージャーのライナーノーツでも読んでください。
でもこれもライブで聴けなかったな…故郷を持つ人なら共感できる部分が強いのでは…勿論持たない人でも…

『ふれる』も最初は印象がなかった曲。でも聴き込んでいって好きになった。サビがいい。
爽やかなラブソングって感じです。
『直球』はライブの本編最後に持ってきた曲ですが自分はあまり。印象がない曲その2です。
『ヘニョリータ』はtvk「sakusaku」でおなじみ。ライブでもおなじみ。明るくてノリがいい!

『ポーズ』も印象がないな…『ナクナイ』あたりに入れておけばよかったのでは。
てかこのアルバム全体に言えますがサビのメロディーやノリはいいんですけど、そこまでが…ってのが少し。

『知らない』とラスト『でもない』で不思議な余韻を残して終わるのですが、
この曲はよい意味でのたむらぱん節全開です。最後の「繰り返すって何?繰り返しって何?」。
常に哲学っていうか物事をいろんな面から捉えて考える、それを貸しにするたむらぱんの真骨頂です。

『でもない』は楽曲としては新境地を開いたと思います。歌詞も深い。
サビのファルセットが美しい、「あ、あ、あ、あ」が切ない美しい。
shing02さんというラッパーも起用しました。最近はスタイルが出来上がった感じがしますが、
元々色々とチャレンジするのがたむらぱんでした。
ライブでヴァイオリン弾いたこともあったし。CM曲、川崎市応援曲を作ったことも。
そんなチャレンジ精神と楽曲と歌詞の良さが遺憾なく出た名曲で終わりです。
ライブではラップ抜きでした。その音源もどっかで欲しい。


以上12曲。評論もどきでした。
やっぱり曲ごとの落差がどうしてもありますが、総じて良いアルバムでした。
神アルバムと呼んでいい『ノウニウノウン』が過去にありますから、どうしても基準が高くなりますが、
『mitaina』もこの『wordwide』も素敵なアルバムです。


さて、来年はどんな活動を見せてくれるでしょうか…
ライブ、もっとやってほしいなあ…

1月6日KARA@東京ドームが取れた。

2012-12-25 22:59:03 | 音楽
1月6日18:00から東京ドームで行われるKARAのライブのチケットがやっと手に入りました。
"チケットぴあ"の「機材設置プラン確定に伴う特別受付」です。

ファンクラブには入ってないし、先行予約には悉く外れ、
一般発売では当然のように無理、それが今回やっと当たりました。
チケット価格が高いので(8800円)、ヤフオクはできるだけ使いたくなかったので、
ギリギリ滑り込みセーフって感じです。



てか、三次プレオーダーまでやったってことは売れ行きの面でどうだったのでしょう…?
今回の特別受付?で大量に当選者を出してたりして。
そこらへんは完全なブラックボックスですからね、どうしようもないんですが。

でもチケット販売会社のネットでの売り方は疑問が多すぎます。
今回のような一般発売終了後の追加販売も、いろんなアーティストで行われており、
当たっておきながらケチつけるのも変ですが、本当にプレオーダーや一般でガッチリ売り切ってるかなあ?
と疑問が沸いてしまいます。
プレオーダーで落とされたからどうしても恨んでしまうんですが(笑)

さらにチケット定価を大きく上回る支払額。
上記画像の下は切れてて見えませんが、定価8800円にさらに800円以上「システム利用料」だの「手数料」がかかります。
これもね…じゃあ最初から定価にしてくれよと。
にしても8800円…高いですね。それだけの価値があるライブにしてほしい…


とはいえ!
文句言ってる場合じゃないな、ライブにいけるんだから。

おそらく日本での活動を反映させたステージで、日本語曲中心でしょう…
でも一度は見ておきたかったのでよしとします。
願わくば『Lupin』と『STEP』は原語で聴きたい…


韓流ブームが終わったとか巷では言われていますが、自分はその他韓国人にはあまり興味がなく、
KARAだけを聴いていますが、おそらくライブは自分にとっては最初で最後でしょう。
存分にドームライブを楽しんできたいと思います。


そしてこれによって1月6日はなんと!
12:00からNOAH後楽園ホール、
15:00ぐらい?からWINS後楽園で競馬(メインはシンザン記念。金杯は5日)、
そして18:00から東京ドームでKARAライブと、
後楽園周辺で遊びまくることになります。

こんなことでいいのか、もう30代もあと数年なのに。

でも新年早々、楽しみですね。

12・24NOAHディファ有明大会観戦記。今年最後のNOAH。

2012-12-24 23:07:37 | プロレス
NOAHクリスマス興行2日目もいってきました。昨日については1つ前の記事をご覧ください。
今日は対戦カードがファン抽選で決まる大会。
その抽選から見たくて結構早めに会場に着いたのですが(14:20ぐらい)、
既に抽選は終わっており…開始までのんびりビール飲んで待ってました。


カードは抽選で決まった割には意外と意味ありげなものばかりになり、
メインぐらいでしょうか、ちょっとガッカリなカードになったのは。

観客は、個人的な感想ですが昨日のほうが入っていた感じはしますが、
今日も満員発表には十分足りるもの。北側で見てましたがやや空きもあったので、
超満員ではないにせよ、南側は昨日と同じようにフルサイズで使用、十分な入りでした。

ちなみに、自分が撮ったのもそうですが、NOAHの会場の写真は結構人気があるみたいですね。
観客の入り具合を知りたい人に。
ただ、開始前だろうが直後だろうが、(後から埋まってもお構いなしで)空席が見えれば「ガラガラじゃん」
と言って喜ぶのもいるみたいですから、
会場写真は載せる側は十分に気をつけて載せるべきです。(てか最初から満席ならいいんだけどw)
現に自分がtwitterでUPした写真でアクセス上位にあるのが、
NOAHの後楽園で入りが悪かった時の写真です。その時は確かに最後まで悪かったけど。

最後まで埋まらない会場もありますから、それは不入りだと言われても当然ですが、
開始前や開始直後の写真を何の説明もなく不用意に載せるのは、どこかの誰かを喜ばせるだけ…
SNSやブログでプロレスのことを書くようになって、そこを非常に学びました。

何も不入りなのを隠せとか、不入りなのを入ってるように見せろと言うのではありません。
断片的な情報でも空席が写れば、とにかく叩きたい側からすれば美味しい材料なので、
情報を提供する側が気をつけなくてはならないと思いました。



それはさておき試合。軽く振り返ります。

第1試合でいきなりMr.クリスマスv-青木。
いずれもNOAHを離れます。さらに師弟関係にあるこの2人のシングル。感慨深いものがありました。
青木は2005年のクリスマスデビュー組。あれから7年です。
X'masはお菓子を投げ入れ、青木は何と5枚もTシャツを重ね着して投げ入れ。
X'masはなんとガウンをその場のジャンケン大会でプレゼント。最後にはマスクまで。
試合はじっくりとしたレスリングを見せ、最後は腕ひしぎをクリスマスが丸め込み。
終了後マスクを取って正体を秋山と晒し(笑)、12年間の感謝を述べて退場。
お疲れ様でした。この日、昨日を見る限りではまだまだやれると思うのですが…

試合前。白をベースにして赤と緑をあしらったマスクです。


試合後。



第2試合で鼓太郎-平柳。
これが試合としては非常に面白かった。鼓太郎が受けまくっていたからかな。
でも玄藩の成長もしっかり見えた試合でした。技の的確さとタイミングだけは平柳はいいですね。
鼓太郎がエルボー、タイガードライバーで勝利、そして玄藩に声をかけて最後は肩組んで退場。
今はチームは違うけど、鼓太郎がヒール転向した際のパートナーが玄藩でした。悪いことしまくってましたね。

敗れた玄藩に声をかける鼓太郎。


そして握手。


そして一緒に退場。


鼓太郎は女性人気も高いので、NOAHとしては痛手ですね。
前の席の女性が鼓太郎ファンで、玄藩のツバが決まる度に悲しそうな声を上げてました。


ちなみに私の席のすぐ隣は、幕1枚隔ててどうやら勝者のコメントスペースになってたようで、
試合に勝った選手のコメントがナマで聞こえました。


第3試合は潮崎-石森。
ジュニアとヘビーの同世代?対決、石森の気迫が伝わってきましたね。
潮崎はいつも通りのファイトとはいかず、最後は勝ったけど昨日のダメージが大きいか?
入場にマラカスのような形したお菓子?を配ってました。
石森は腰が相当悪い。それでもそれを感じさせないファイト。年明けにはGHCジュニア奪回の仕事が待ってる。
潮崎は四方に礼をして、花道でも礼をして。男女問わずファンが多いから、これもNOAHは痛い。


第4試合ではリッキー-中嶋。
去年の11月末の有明コロシアムでの死闘がよみがえ…らず、っていうか、
開始前にリッキーが「蹴り、禁止!」と中嶋の蹴り禁止を要求。
すると中嶋は「俺から蹴りを取ったら何も残んないぞ!」と妙な?反論。
しかし受け入れる代わりに「リッキーの飛び技禁止」を要求。そんな試合になりました。
これは面白かったですね。一連の動きで選手も客もわかっているだけに、蹴り、飛びが禁止されてると却ってスリリング。
でも下手な大技に頼らず、丸め込みなど動きで魅せた両者。最後は中嶋の丸め込み。
しかもリッキーが被っていたマスクをレフェリーにかぶせて急所蹴りから、といううまさ。
割とシリアスな試合が3つ続いた後にこれはよかった。

クリスマス用マスクかぶって試合のリッキー。



休憩後第5試合では、KENTA&小川&ヨネvs小峠&マイバッハ&宮原という、
軍団ごちゃまぜ6人タッグ。これが面白さ大爆発!!
KENTAとヨネで不穏になりそうなもののそれがなく、むしろマイバッハと他2人がモメるケースが。
マイバッハがKENTAへの攻撃をするのかどうかが焦点でしたが、結構両者やりあってました。
小川のマイバッハへのマスク剥ぎをKENTAが阻止する場面も。
しかし終盤、また「さすまた」を持ち出したマイバッハはKENTAをトップコーナーから投げ飛ばす!
それでも負けなかったKENTAが小峠を降しましたが、その時場外ではヨネがさすまたでマイバッハ捕獲!
他にも見どころたくさん、いやー、心から楽しい試合でした。マイバッハも少しずつ進化してまますね。

KENTA2枚。暗いです。カッコよく見えるよう編集したつもりなんですが。




試合後にはKENTAがマイク。2013年へ向けて、ファンへ活躍を誓いました。


セミではGHCタッグ王者組、丸藤&杉浦vs彰俊&金丸が実現。
退団組へはただじゃおかないと言ってた杉浦。退団する金丸がいる…
しかしクリスマスといえば彰俊の変装。今年はスギちゃんならぬアキちゃん。
面白かったのですが、杉浦としてはやりづからかったか。
それでも実力ある4人のため、ちゃんとした試合に。特に金丸と丸藤、金丸と杉浦の攻防は、
ジュニア戦線では何度もやってきただけあって、見ごたえ十分でした。最後は杉浦がフランケン。
試合としても十分楽しめるものでしたよ。


メインは森嶋-梶原。よりによって梶原が当たるとは…
実力差は歴然、会場も盛り上がりに欠けたものの、梶原頑張りました。
森嶋の巨体を幾度と無く崩し、ムーンサルトも決め、メインの重責は果たしました。
そういえばこれもタケシvsサトシ。森嶋のバックドロップが火を吹きました。

体格差が…


試合後握手。森嶋は王者として2012年のNOAHを締めました。



終了後、森嶋がマイクを持って、
「僕は僕なりにやる気元気でNOAHを盛り上げてきた。旗揚げの時は第1試合だったが、
これからは僕たちの世代でNOAHを引っ張っていく」と宣言。
さらに練習生の熊野君のプレデビューも発表。1月6日後楽園ホールのバトルロイヤルです。
熊野君をリングに上げ、挨拶させていました。それから例のやる気元気…で締め。


熊野君は身体は大きくありませんが、レスリングの経験があり、なんと言っても「ひとし」という名で「準」と書く!!
さらに広島という三沢最後の地の出身。また、馬場猪木鶴田など、名前に動物名が入るレスラーは大成します。
夏ぐらいからずっといたのでデビューまだかなと思ってましたがいよいよです。
最初はセコンドの動きもぎこちなかったっけ。

正式にデビューすればNOAHとしては実に2005年の青木や谷口以来。
7年余りの間が空きました。でも、やっと新人がデビューできそうです。
いろいろあったNOAHの暗い1年の最後に、明るい話題を提供してくれたのはよかったですね。
まずは無事デビューしてほしい。


終了後は田上社長の一言挨拶の後、
恒例クリスマス企画ビデオ…は今年は特になく(23日のリッキー&クレイジー浅草紀行はあったが)、
G+製作と思われる、NOAHの2012年プレイバックが。いろんな、いろんな場面が。
年初はまだ小橋がリングにいたんだよね…
それが終わると新春1・6後楽園ホールの全カード発表。雅央が出る!!そしてメインで森嶋-KENTA。

そして今日もたっぷり見せてもらった割には18時より前の終了。
とにかく楽しい、面白い年内最終興行でした。
暗い話、悪い話題、そんなことばかりのNOAHの1年でしたが、
最後に明るく笑って終えられたような気がします。

退団する選手の今後の活躍と、いつの日かNOAHに戻ってくることを祈り、
来年またNOAHでいい試合が見られることを祈ります。
これで今年のプロレス観戦は終了です。

来年は上記1.6…の前に1・4新日本東京ドーム、行きます。


プロレス ブログランキングへ

12・23NOAHディファ有明大会観戦記。

2012-12-24 01:17:04 | プロレス
プロレスリング・NOAHディファ有明大会観戦記です。
23&24日恒例のクリスマス興行、いつもはいろいろと趣向を凝らした大会になるのですが、
今回は退団する者5人も含め、全8試合全てシングル、セミで杉浦-潮崎、メインで秋山-丸藤が組まれました。

観客は満員。自分の隣は空いてたので超はつけませんが(笑)、
ディファをフルサイズで使用し、久々にギッシリ入ったディファを見ました。
曜日にも恵まれましたね。平日クリスマスの場合もあるので…
私はディファでの観戦自体が久しぶりですね。


ちなみに私は(日付変わってますから)今日24日も観戦予定。
まずは23日の模様を簡単に振り返ります。

第1試合では小峠-金丸。
金丸も退団するが、フリーとして活動していく意向。技術はあるが華がない。
ただ、大きなケガの経験もなく、丈夫だからずっと続けられるでしょう。
小峠は試合中「今日は金丸超えるぞ!」と宣言するも、得意の丸め込み以外は見せ場なし。
最後はタッチアウト。小峠はNOAHでやっていくなら、やはりスープレックスは使えないと。

第2試合で小川-青木。小川のテーマ曲は昔の(NOAH旗揚げ当初)を使っている。カッコいい。
小川のシングル自体が久々に見る。小川の足攻め、青木の腕攻め。玄人もうなる一戦。
(ちなみに、この試合中に有馬記念のスタートが。ケータイとリング見ながらでした・笑)
青木も会場人気は高かっただけに、退団はやはり残念。小川が攻められながら丸め込んで勝利。
青木はケガの問題もあると言う。膝が常に悪いように思うが?どこで使ってもらえるかな。


第3試合で鼓太郎-石森。これがあったから今日は来た。しかし20分だったとは…
鼓太郎の腹へのエルボーが火を吹き、石森に何かを叩き込んでいるようにも見えた。
石森は華麗な技で対抗するが、鼓太郎が1枚上。しかし決定打を出させず、エルボーも耐え抜いた。
ひたすら走り続けた20分、期待を裏切らない内容に満足。観客もドローに不満無し。
試合後は二人で「もう1回」のジェスチャー。またいつか、どこかで。
そういえば石森は鉄柱超えトペを敢行。すごいなあ。彼が客を呼べるようになればいいのだが…

第3試合前。画質が悪いです、ごめんなさい。


第4試合はヨネvsマイバッハ。この2人が頑張らないとNOAHは本当に困るぞ。
マイバッハは先の両国で使った「さすまた」をまた持ち込む。終盤レフェリーへの誤爆を誘って、
レフェリーダウンの間に使用。だいぶ堂に入ってきた。コーナーにヨネをさすまたで担ぎ上げ、
トップから投げ下ろした!!相手を押さえるだけでは痛くないはずだが、こういう使用法があったとは。
事実上これでヨネKO。最後はマイバッハボム。
勝ってうれしいさすまたマイバッハ。


休憩の前にクリスマス興行恒例のビデオ。今回はこのタイミングなのね。
内容はリッキーとクレイジーの浅草紀行。日本語ペラペラで面白い。
浅草の人たちがクレイジーを見て名前を思い出すのがなぜかメインに据えられていたような…
最後に両国に来て、ここでベルト獲った、今後も頑張りますと宣言して終わり。
すごく楽しいVTRでした。長さも丁度いい。


第5試合に森嶋と玄藩。玄藩がほぼ真っ向勝負。4分と持たず玉砕。
てか、玄藩の表情が心なしか浮かない。金丸とベルト、獲りたかったよね…

第6試合でKENTA登場。相変わらずの人気。

しかしリッキーが奇襲を仕掛けるて攻める攻める。かつては抗争を繰り広げた両者。
リッキーもGHCJrタッグ巻いてる意地がある。それが爆発し、短時間で好勝負に。
go2sleepを2度に渡って切り返すなどリッキーが素晴らしかった。最後はKENTAが蹴りとg2sで決めるも、
リッキーここにあり、を遺憾なく見せ付けた試合。KENTAはベルト奪取をポーズで約束。


セミでは杉浦-潮崎。

両者…特に杉浦から発せられる気迫が凄まじい。ゴング直後の顔面パンチで潮崎ダウン。
とにかく蹴り、ヒザ、エルボー、それ以外も全体を通して杉浦の攻めが厳しかった。
ただじゃおかない、その言葉通り。本気で潰しにかかった感じ。それでいてただの遺恨マッチにせず、
試合として成立させているからすごい。中盤は潮崎のペース。豪腕も3度ぐらい決まった。
しかし杉浦は潮崎に決定打を出させず、逆に何度もヒザを叩き込み、ジャーマン、ドラゴンも決める。
最後はマウントからエルボーを潮崎が動けなくなるまで叩き込み、場内は「もういいじゃん…」の雰囲気。
レフェリーが身体を張って止めると、引きずり起こしてオリンピック予選スラム。
厳しい、厳しい試合でした。潮崎へ厳しさを叩き込んでいた、「最後の教育」にも見えましたね。
退場時、潮崎に背を向けて2度ほど手を振った杉浦。潮崎は最後テーマ曲がかかって退場。
潮崎は…もっともっと成長しないと。どこで何をするにしても。


メインは秋山-丸藤。写真から。

入場時、リング中央で待ち構える秋山、歩み寄る丸藤。




激闘の後、リングに座り込んで言葉を交わす両者。握手もしていた。


退場する秋山に跪いて礼をする丸藤。(これも画質悪いな…)


レスラーにしかできない会話を、試合で、試合後にリングでしていました。
秋山と丸藤に確執はあったのかもしれないけど、秋山は以前から丸藤をレスラーとしては認めていました。
NOAHの今後を託したのでしょう。
試合は秋山の非情な膝攻め、足4の字が続き、エクスプロイダーも出し、
丸藤は不知火、飛び膝蹴りなどで応戦するも全体的に秋山が試合を支配。
最後は絶妙なタイミングでスタンディングのフロントネックに捕えると、丸藤も粘るものの、
丸藤が秋山を持ち上げようとしたところ、秋山がこらえたため、着地してさらに締まってしまい、
レフェリーが急いで試合をストップ。丸藤が締め落とされました。最後まで厳しい秋山でした。

秋山は動いてナンボのプロレスをするため、やはり体調が悪いままではダメなのでしょう。
とはいえ引退はしない以上、どこかで上がるだろうし、上がってほしい。
最後この日唯一のマイクだった丸藤が、
「秋山、俺は勝ち逃げは許さない。何か月後でも何年後でも、お前が試合をしたくなるようなリングにして、ここで待ってる」
という主旨のメッセージ。

そして終了。15:00からたっぷり見た感じの割には18:00前に終了でした。
これでお腹いっぱいになっちゃったなあ…24日は楽しいNOAH、になると思います。
でもカードは抽選で決まるから、また杉浦と離脱組が戦う可能性も…
さてどんな試合が待っていますやら。


プロレス ブログランキングへ

2012有馬記念。いよいよ有馬記念。

2012-12-23 01:43:57 | 競馬
いよいよ有馬記念です。
昨年、「3歳馬の1番人気には厳しい結果が待っている」と書いて、
オルフェーヴルを本命にしなかったのですが、
ナリタブライアン以来の3歳馬1番人気勝利。いずれも三冠馬。

さて今年はゴールドシップが3歳馬にして1番人気。ご存知二冠馬。
押し出された主役、昨日は◎を打ってしまったが取捨に迷う。
押し出されたとはいえ、この馬の実力が一番評価されていることには間違いない。
内田が腹括って自分の競馬に徹すれば、勝利はついてくる。
なのでこっちも腹括った。二冠でも何でも構わない。好きな馬を買うのが有馬。


○には昨日より変更してエイシンフラッシュ。昨日切ってますが…
やはり中山でのデムーロは怖い。切れない。ただもう秋4戦目。ゴールドとはその差。
でも去年の2着馬。オルフェがいないならこの馬が押し出されてもいのだが…


昨日○のルーラーシップを△に下げる。やはり本質的に2500は長い。
AJCCを勝っているがあれは2200、しかも相手はナカヤマナイトしかおらず…
その後日経賞(有馬と同舞台)で、得意の不良馬場なのに3着に負けている。

▲には予定通りルルーシュ。
父親ゼンノロブロイは有馬のレコードホルダー。あのレースは大好き。
その仔が今回のメンバー中2500のタイムが最速。府中がいいのは承知の上だが、勢いを買う。
単複しこたま買うのも面白い。

△には上記ルーラーシップ、当然スミヨンのスカイディグニティ。3歳は押さえたい。
ナカヤマナイトには距離の壁があるが突破できれば連はある。
ビートブッラックの逃げは怖い。誰も競らないなら見せ場以上も。

ダイワファルコン、オーシャンブルーはやはり距離。
それならメンバー中最多の25003勝を誇る老雄ネヴァブションを☆爆穴に。
土曜中山メインで人気薄を3着に持ってきたカツハルが不気味。

以上です。昨日の印より変更があることをお詫びいたします。
買い方は◎⇔○▲の馬単。◎→△☆の馬単。


泣いても笑っても2012年ラストGⅠ。
楽しんでください。泣いて笑ってください。


競馬 ブログランキングへ

2012有馬記念出走全馬コメント。

2012-12-21 23:52:53 | 競馬
恒例、出走全馬コメントです。ダービーと有馬。年に2度のお楽しみ。
(楽しみにしている人なんているのか?)

ちなみに明日からは3連休の予定が土曜仕事。夜は予定があるし…
日曜&月曜はNOAH@ディファ有明大会へ連闘となりましたし、
どのタイミングで有馬の予想を書く&買うのだろう?

それはさておき今年は16頭。オルフェーヴルには逃げられましたが、
多士済々のメンバーが揃いました。G1馬も7頭ですか。騎手も日本人、外国人のトップが集結。
ずばらしいレースを期待しましょう。メンバーはこの16頭です。
カッコ内の数字は枠番です。


(1)ローズキングダム…ていうか、サンデーレーシングがルーラーシップを勝たせるためにオルフェ休ませたんじゃ?
この馬はサンデーRの中では馬主不孝な仔。ただ、岩田ですからね。騎手だけは侮れない。

(2)エイシンフラッシュ…去年2着でね、騎手が天皇賞勝った時のデムーロでしょ。怖いんですよ。
軸に出来ないけど最も怖い。ただ、本質的に中山の2500と短い直線は合わないでしょう。


(3)スカイディグニティ…全く菊花賞2着の印象がない馬。最近の菊2着の馬たちのその後がアレで…
でもスミヨンが内から忍び寄って来そうな…ブライアンズタイムで中山もOK。古馬との力関係だけかな。

(4)アーネストリー…我がヒーロー、グラスワンダーの仔ですからね、有馬勝ってほしいなあ。
福永もここまで落ちたか。先行馬にはビートブラックもいるし、苦しいですね。


(5)ネヴァブション…9歳だけど元気一杯だし、カツハルは最近穴騎手として面白いし。侮れないですよ。買わないけど。

(6)オーシャンブルー…なぜか今年から有馬の前哨戦になった金鯱賞勝ち。ルメールだし、かなり注意したい馬。


(7)ダイワファルコン…中山に適性がある上、雨の影響が残って馬場が渋れば…さらに北村宏の積極策で上位は十分ある。

(8)トレイルブレイザー…アメリカ遠征帰りですね。武もこの馬と勝ちたいだろうね。


(9)ルーラーシップ…昨年オルフェが勝った9番枠。国内ではずっとGⅠ勝てないキャラなのか。でも時は来た。
秋2戦での物凄い脚で3着3着、その影響がどれだけあるか。サンデーRとしても勝たせたいだろう。
ついに国内GⅠ奪取なるかどうか。でもスタート遅れて後方待機、末脚届かずって気もするんですよねえ。

(10)ダークシャドウ…好き。でも距離と中山が無理。以上。


(11)トゥザグローリー…一度迷走状態に入ると抜け出せないんですよね。JCダート使ってみたけど…買いづらいなあ…

(12)オウケンブルースリ…良かったときがあっただけにね。この状態はつらいね。田辺で新味出るかな。


(13)ゴールドシップ…主役登場です。菊花賞から直行、中山のGⅠ勝ちもあり、もはや勝利を疑う余地はない。
内田騎手とのコンビも完成の域にきた。オルフェーヴルがいない今、今年の二冠馬がきっちり実力を見せ付ける。
古馬との力関係がどうか、だけだと思うなあ。今年の3歳勢も一時の勢いはなくなってきた感じがするだけに。

(14)ビートブラック…この馬は使い続けて調子を上げるタイプ、秋3戦目なら十分面白い。有馬は逃げ馬にチャンスがある。
全然伏兵なんかじゃないと思うんだけど、そりゃ枠は内のほうがよかったよね。


(15)ナカヤマナイト…中山5戦5連対。名前の通り中山の鬼。伸び盛りの4歳秋。柴田ヨシトミ先生。
買える要素たっぷりだけど、2500はちと長いのではなかろうか。

(16)ルルーシュ…ジャパンカップを飛ばしてここに来たのはよかたですけどね、この馬は中山がどうか、だけです。
でもいわゆる上がり馬、面白いのが出てきましたよ。横典先生、絶対に秘策がある。


以上、16頭でした。
現時点での予想は、
◎ゴールドシップ
○ルーラーシップ
▲ルルーシュ
△スカイディグニティ
△ダイワファルコン
△ナカヤマナイト

☆爆穴アーネストリー。福永、破れかぶれの大逃げ打ってみてよ。


競馬 ブログランキングへ

NOAH、5選手の契約に関して発表。

2012-12-20 00:35:42 | プロレス
プロレスリング・NOAHは今日、来年の契約について交渉中であった、
秋山準・金丸義信・鈴木鼓太郎・潮崎豪・青木篤志の5名の選手の退団を発表しました。
12・9両国を前に表面化した退団騒動は、結局5名の退団で決着しました。


田上社長の会見では、理由がそれぞれ語られました。(NOAH公式サイトと「プロレス格闘技DX」から)
秋山は体調面を考慮して、休みたいと。
潮崎と鼓太郎と青木はNOAHにいては外のやりたい人とできないから(青木はケガもあるようです)、
金丸はボディケアのインストラクターの資格を取っており、そちらへ進みたい、
簡単に言えばそういう理由になります。

このように発表されましたが、
田上社長の会見では、円満退団であり、今後必要であれば参戦オファーを出す、とのこと、
また私が文言から感じたニュアンスは、
秋山と金丸はNOAHへの批判めいたものはなく、あくまでも個人の事情である、
潮崎・鼓太郎・青木についてはNOAHの中にいてはやりたいことができない、悪く言えばNOAH批判です。
良く言えばもっと可能性を追求したい、ということでしょう。


この件は特に秋山という常に過激な発言をしてきた選手が筆頭にいるため、
どうしても裏の事情、派閥争い、体制争い、そういったものを感じざるを得ません。
実際その側面はあるでしょう。建前と本音、裏と表は当然にある話だと思います。
しかし、当事者からは逆にドロドロした話は出てこずに、今日の発表になりました。
(もちろん試合後のコメントとかで団体への不満や批判はあったけど)


悪く言えばいくらでも悪く言えるので、そう言う人もいるでしょう。
そもそもNOAHが順風満帆で客もギッシリ、お金もガッポリ、なら辞めたでしょうか。
選手が減って、また新人も育たず、カードがマンネリ化する中では潮崎らの主張も一理ありますから、
やはり団体としての「力」が無くなっていった、5人はそこに見切りをつけた、
それは間違いないと思います。
だから、アンチNOAHでもNOAHファンでも悪く言う人は言える。それは理解できます。
今年から悪いイメージがつく話も出ていましたしね。


ただ、秋山と金丸についてはフリーでやっていくようで、
彼らはNOAHに上がる可能性も高いと私は見ています。
潮崎と鼓太郎、青木はどうでしょう。他団体へいくのかフリーなのかはわかりませんが、
NOAHとは疎遠になりそうな気配がしています。


そしてたまたまなのか、5人退団の引き金になったのかはわかりませんが、
小橋建太の引退も重なりました。ですからNOAHを離れるのは6人になります。
小橋のことは今日発売の週刊プロレスのインタビューが詳しいので、
そちらを読んで頂ければと思いますが、やはり身体がもう無理だったようです。
小橋が元気ならまた違っていたのかもしれません。それは推測ですが。


いずれにせよ、5人の退団は決定。非常に残念ですし、
残った選手が少ない状態では興行は打ててもカードに支障が出るでしょう。
小川が復帰というのはあるにせよ…あとずっといる練習生のデビューも待たれます。
それでも苦しいことには変わりありません。

でもそれぞれ…例えば秋山は自身のブログでも触れてましたが、
3月の横浜で「NOAHをもう一度旗揚げ当時の勢いのある団体に戻す」と言ったし、
潮崎は三沢の最後のパートナーとして、NOAHの未来であり運命の男だと誰もが認めるところです。
鼓太郎は三沢継承を打ち出しエルボーに磨きをかけ大きく成長しました。
特にその3人には、「それなのに、なぜ…」との思いがあります。


NOAHには近年何度も「これが底だな」と思わされることがありましたが、
まだ底があったとは…いよいよ本当に底なのか、まだ先があるのか。
今度こそ、底を打ったと、そして後年、あんなこともあったよなと笑って話せるときが来ればいいのですが…

小橋の件についてはまた改めます。
まずは23日と24日のディファ有明の大会、これに注目です。

リングの外がプロレスの大事な部分ではありません。
リングの中をまずは見て、応援するのがファンの務めですからね。


プロレス ブログランキングへ

年末つれづれ。

2012-12-18 22:23:57 | weblog
今年もあと2週間を切りました。
昨日あたりからカゼをひいています。会社には行ける程度の。
ノドをちょっとやってしまいました。加湿器、買わないとな…


今年、プロレスではあとNOAHのクリスマス興行@ディファ有明があります。
24日の年内最終戦はいろんなアレから観に行く予定にしていましたが、
ここにきて23日のカードが発表になり、秋山-丸藤、潮崎-杉浦という刺激的?なカードが組まれました。

さらに、その日は鼓太郎-石森というカードも。
いつも書いてますが、この2人はシングルでもタッグでも、とにかく面白い試合をします。
それは見たい。23日は有馬記念もあります(シャレじゃない)が…見たい。
23日は全国高校駅伝もあります。我が実家(秋田)の花輪高校が男女で出場。
実家から徒歩数分にある高校なんですが、母校じゃないんです。でも見たいですね。



そして28日で仕事が終わり、29日はBUCK-TICKライブ@日本武道館。
いわゆる「DAY IN QUESTION」ではなく、ツアー最終公演ですが、楽しみです。
BUCK-TICKの武道館にいくようになって4回目くらいですが、初の土曜開催。
武道館で燃え尽きて今年を終えたいと思います。
政治も、プロレスも、芸能界も、あちこちで解散、分裂、引退、退団、騒動が尽きませんが、
BUCK-TICKは25年間、ただの1度も活動休止はせず、メンバーチェンジもありません。
この安定感。「安定の○○」って一部で流行語になりましたが、まさに、

安定のBUCK-TICK。



政治では自民党が圧勝で政権返り咲き。
民主党はそもそも烏合の衆、選挙には勝てても政党としてやっていくことには無理がありました。
その点、自民(と公明の連立)政権では、良かれ悪かれ政党として機能するはずなので、
安定という点では最も信用できる党です。そこを選択した人も多かったのでは。

尤も、自民党も派閥がありますから、まとまっているとも言い難いですが…
私は民主党はおろか自民党にも投票はしていませんけど、
安倍晋三さんは名前の3分の2が同じなので期待しています。(←そこかよ)
とにかく、頑張ってもらいたい。それだけです。



最近は漫画『LIAR GAME』にハマっています。
ドラマ、そして映画で見て好きになりましたが、漫画で読んだことがなく、
こないだまとめ買いをして読んで、いま2周目です。とにかく難しいので、読み込まないといけません。
後付けでいろんな騙し、裏切り、密通が明らかになるところがあるのはアレですが、
ゲームの面白さ、駆け引きは読み応え抜群です。映画、ドラマよりノリが全然軽いので驚きましたが。
お金絡みのゲーム漫画といえば『カイジ』がありますが、あそこまで悲壮感はなく。

でもカイジの(主人公)カイジ、ライアーゲームのアキヤマ、あるいは闇金ウシジマくんの丑嶋、
ナニワ金融道の灰原、カバチタレ!の田村、そういうのが自分にとってのヒーローのような気がします。
『新ナニワ金融道』16巻は昨日届きました。面白いです。


先日は会社の忘年会で「TRFを踊って痩せよう」のDVDがクジ引きで当たりました。
いらない…(笑)
でもTRFの音楽は馴染みがありますからね、踊って痩せるのもいいかもしれませんね。
やはり来年も目標は「痩せる」「健康になる」ってことになりそうです。
忘年会は新宿でやりました。たくさん飲み食いして、最後はもう視点が定まらず。
でも翌日ほとんど二日酔いじゃなかったのはびっくり。疲れてただけか。



最後に…このブログは誰からも1円もお金はもらっておりません(笑) 

今年もあとすこし。頑張りましょう。