デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

ブラゼル決めた!執念のサヨナラでパの首位ロッテを降す!!

2012-05-31 22:29:06 | 阪神Tigers
サヨナラの1時間ほど前、整体院には私の悲鳴が響いていたが、
それから1時間後、私の部屋には私の歓喜の声が響いておりました。

藤岡に投げ負けなかったスタンリッジ、
それをリードした上に先制1号まで出した藤井。
筒井、球児も勝ち越しを許さず、勝負の9回裏。

薮田が先頭に四球出した時点でいけそうな雰囲気があったけど、
マートンが見事に三遊間を抜いた。
あれが大きかった。ヘタ打てばゲッツーなんて可能性もあったから。

関本のゴロは惜しまれるが、決めたのはブラゼル。
大振りも目立つが、ここぞの場面ではうまくミートする技術もある。
うまく抜けてくれてサヨナラ。意外や意外、来日初サヨナラだった!!

ネクストには新井も用意していたけど、
新井に今サヨナラの場面は酷だと思っていた。
もし凡退しようものならさらに彼を追い込む。
もちろん復活のチャンスを与えるって考えもあるけど。

しかしこれで今週2度目のサヨナラ!!
特にパリーグの首位ロッテに9-9、そしてサヨナラと、
負けなかった、食らいついたのは大きい。

この調子で北海道でも、仙台でも暴れてきてください。
しかし仙台の楽天戦は土日にならないなあ…
一度観にいきたいんだけど…

6点差追いついて9-9のドロー。頑張りました。

2012-05-30 22:13:08 | 阪神Tigers
最初に途中経過を見たときに1-0で勝っている、
まあ今日は岩田にグライシンガーで投手戦かと思って、
次に見たら1-7とかではぁ!?って感じだったが、
(このあたりで帰宅)
テレビつけたら藤井のタイムリーで2-7。

ここで眠いため一旦戦線離脱。
てかこれは今日は厳しいぞと思ってたのもあって。

起きたら何がどうしたか7-9。
そしてそれから8回の同点劇、9回のサヨナラ逃しを見たってわけです。


…誰に何の報告だよ。


しかし甲子園の盛り上がりが凄まじかったね。
ああいう試合を見たい。長くなってしまったけど。

6点差を追いついたのは良かった。
でも8回9回と一気にいけたはず。
9回表は球児まで出した、勝ちたかったなあ。

特に8回、9回にヒットを打てなかった鳥谷、
無安打に終わったブラゼル、新井。
そこに1本出ていれば…

新井は当たり自体は悪くないように見えるけど、結果が出ないと。

しかし素晴らしい総力戦でした。
9回の1死からでもバントをした、監督の采配いいですね。
方向性がちゃんと見えていれば、いつか光は射します。

今日は良い引き分けってことにしましょう。
選手は頑張りました。

「亀戸ぎょうざ」を食べてきました。

2012-05-29 22:43:03 | グルメ関連
今日は仕事で亀戸へ。
亀戸といえば何といっても「亀戸ぎょうざ」。

初めて食べてきました。画像はありません(笑)

亀戸の本店はコの字型のカウンターと、小上がりが4つぐらい。
小さいお店です。飲食店が多いあたりの小さい路地にあります。

そして、メニューは餃子のみ。
支店?ではいろいろメニューがある店もあるようですが、
ここは餃子だけ。

なので、店に入っての注文は飲み物だけになります。
お酒の人もいれば、水の人もいます。
お酒はビール、日本酒、中国酒(老酒とか)があります。

餃子は1枚に5個。そしてそれをまず1人2枚食べるのがルールです。
と言っても同時に2枚出てくるのではありません。
1枚食べて、頃合を見計らってもう1枚出てきます。
餃子は円形の皿に出てきます。よくある楕円じゃありません。
値段は1枚250円。それが2枚は必須ですから、最低500円から。


1個1個は小さく、一般的な餃子(冷凍食品とかのサイズ)より1回り小さめ。
それが外側がカリッと焼かれ、中は野菜のシャキシャキ感が強く、
よく言われる「ジューシー」とか「肉汁がどうの」ってのはありません。
つまり非常に軽いので、かなり量は食べられます。
それでいて非常に味わい深い。
餃子とは本来こういう物だったのではないだろうか?
と思いました。

タレはカラシの乗った小皿が出てきますが、
カウンターには一般的な醤油、ラー油、酢があるので、
それらを自分で好きにアレンジはできます。
私はこのカラシが気に入りました。
安いチューブに入ったようなカラシじゃなく、それ自体がうまい。
カラシ醤油で結構食べ、あとはラー油、醤油でもいただきました。

2枚食べ終わる頃、店員さんが「もう1枚いく?」と聞いてきます。
もちろん自分からもう1枚、と言ってもいいようです。
2枚食べた以降は、注文は1枚単位でできます。
私は3枚で終了。でも隣にいた70歳は超えてる老婦人も3枚でした。
皿にまだ残っているうちに次のがきたら、残っているほうは次の皿に乗せ、
皿を積み重ねます。


基本的に出てくるのが早く、メニューも餃子しかないわけですから、
長居をするような店ではないと思います。
でも、食べてるうちにうまくて楽しくなってきました。

ぶっちゃけたことを言ってしまえば、
これは他の餃子と比べてどうの、という物ではないと思います。
肉などをたくさん使った、もっと濃厚な餃子は他にあるでしょう。

でもこれは亀戸餃子。これはこういうものなのですね。
最後はおいしくて楽しくて、笑ってしまいました。10分も居なかったと思うけど。


そして、店員のおば…おねえさんたちの対応が良かった。
良かった、というかこういう専門店・人気店にありがちな偉そうな感じがゼロ。
淡々と、それでいてしっかりと仕事をされていました。

また行きたいですね。
何人かで行っても楽しいでしょうし、1人でも、女性1人でも問題ないです。
美味しくて、楽しい店でした。

2012ダービー回顧。岩田、男泣き。

2012-05-27 23:52:40 | 競馬
ダービー回顧。
そりゃあ確かに◎は的中でしたよ。
でも単勝など買いませんから…

単勝1億買っていれば8億5000万円になっていたんだなあ…

ディープブリランテ、そして岩田おめでとう。
岩田の涙、ターフで馬の背中で大いに男泣き。
感動した。それをじっと受け止めるブリランテ。

嬉しかったのだろう…あんなに泣いて、さらに脱帽して観客席に頭を下げる騎手は、そういない。
直線の岩田独特の「踊るように追う」姿はいつも以上に激しかった。

ファインプレーは審議がなかったのと、JRAの写真判定の早さ。
判定は確かに際どかったが、かといって時間を要するものではなかったのは確かだけど、
結構早く、岩田がターフにいる間に出してくれた。

前にいけば有利、これは誰もがわかっているけど、
きさらぎ賞や皐月賞のワールドエース、
共同通信杯や皐月賞のゴールドシップを見れば差す力もありそうに見える。
でも、差しは届かなかった。特に内田ゴールドは後ろ過ぎないか。
2頭揃って最速上がりを使ったんだけどね。牽制しあったようにも見えた。

フェノーメノは青葉賞組を軽視してしまった自分のミス。圧勝してたのに。
でも関東馬の連対があってよかった。それも関東の総大将蛯名で。

トーセンホマレボシはウィリアムズの積極的な騎乗の賜物。
池江厩舎2頭出しは人気薄が上位に。格言通りだね。
案外だったのは個人的にスピルバーグ、人気からすればヒストリカル。

しかし馬券が取れなかったのは痛い。
ホエールキャプチャの時もヒモが抜けた。
まだまだです。来週は安田記念です。

東西鉄道会社決戦は阪神が西武にサヨナラ!能見12Kで3連勝!!

2012-05-27 21:26:20 | 阪神Tigers
タイガース3連勝。
もう、西部劇、いや西武の自滅劇を見る試合だったけど、
ちゃんと打つべき人が打って、エースが抑えるという試合でもあった。


見逃せないのは犠打が4つも決まっていたところ。
昨日浅井が2打席連続犠打失敗をやらかしたが、今日はキッチリ決めた。
それが3回の1点を結果的に生み、9回のサヨナラを生んだ。


7安打打ち、6四死球もらい、4つもエラーしてもらって、
得点が悪送球とホームランとサヨナラ押し出し死球ってのがどうにもアレで、
タイムリー欠乏症は変わらないが…特に新井!
ブラの3安打、1ホームランは明るい材料なんだけどね。


しかし西武はヤバい。エラーも多いが、
9回はパスボールの上にバント進塁を許してから敬遠。
そこで投手交代だが、あれでは最後に出てきた投手が気の毒だ。

サヨナラ押し出し死球で、ヒーローインタビューの関本も微妙な表情だったけど、
「必死のパッチ」も出た。
当たってでも点にしようと、ホームベースに近づいていた姿勢、これですよ。


しかし今日は能見でしょう。
初回の乱調はいただけない(今後立ち上がりが課題の投手、って思われてしまう…)が、
それ以降は変化球キレキレの12奪三振。本来の姿でした。
終わってみれば四死球0、124球の完投勝利。これで今後ノッていけるのでは。
でも何でヒーローインタビューに出さなかったんだろ…出たくなかったのかな。

明日も月曜ながら甲子園で西武戦。
借金だ、貯金だよりも、大型連勝が欲しい。
確実に取りましょう。

2012東京優駿。ダービー馬の称号はどの馬に。

2012-05-26 21:50:58 | 競馬
※長文です。◎○▲の印が出るまでの文章は飛ばしたほうがいいでしょう(笑)

賭け事はやる人もやらない人もいるが、
そこから生まれた言葉や文化は、我々の生活に根付いたものも多い。

「ボンクラ」は「盆(=賭場)」に「暗」い人が語源であったとされる。
「シカト」は花札の「鹿に紅葉」(十点の札)の鹿が、そっぽを向いている絵であることから、
相手を無視することを、鹿(の)十(点)=「シカト」は相手を無視する、の意味になった。

このあたりは「日本人の知らない日本語」の受け売りですが(笑)

今日の新聞1ページを使ったJRAの広告は明治の偉人たちが競馬と深く関わっていたことを示していた。
伊藤博文、岩崎弥之助、大隈重信、尾崎行雄、西郷従道、松方正義。

しかし、現在そのギャンブル、とりわけ公営ギャンブルの地位は大きく揺らいでいる。
不況でお金を使わない、趣味・レジャーの多様化。
競馬自体の魅力云々を言う人もいるが、それは見てない人が「見なくなった理由」にしているだけ。
必ず離れた原因が競馬以外にもある。もちろん、競馬界側に責任がないとは言わない。

同じことはプロレスでも言える。
上の文章の「競馬」を「プロレス」にそっくり換えてもいい。
時代はそう流れた。

しかし、ギャンブルは我々の生活とも絡みあう。
おそらくJRAが解散して競馬が一切無くなれば、どれだけの人が職を失うか。
競馬は国庫にお金も納付している。被災地に支援もしている。

ギャンブルは依存になりやすい。お金が集まる所ではよくないことも起こる。
素晴らしいことだからみんなやりましょう、などと言う気はない。
それでもギャンブルが1つの産業として成り立っている以上、
ギャンブルが生み出すお金、雇用を無視してはならず、
文化があり、ドラマがあり、興奮、感動がある。それは忘れてはいけない。


カジノを日本でも合法化するかどうかは国会レベルの話になろうとしている。
自民党や大阪の橋下、石原都知事はOKの方針。民主党は反対も多いようだ。
地方で場外馬券場(舟券、車券なども同じ)を作ろうとすると反対運動が起きることが多い。
これはギャンブルをただの賭博と見るか、産業と見るかで話は変わってくる。

私はギャンブルは産業であると思う。文化であると思う。
もちろん限度を守って賭け、自分の稼ぎからなけなしの金でやるのが正しい。
ギャンブル産業は厳しくなる一方だ。それでも、これは守り育てなくてはいけない産業である。
この国では、競馬以外に数十万人が同時に参加するイベントはない。
日本ダービー当日、東京競馬場には主催者発表で10万人以上が集まるが、
10万人もの人々が一堂に会する場所はそこしかない。

これは産業であり、文化なのだ。


第79回、東京優駿(日本ダービー)。いよいよ明日15:40、スタートである。


とかなんとかエラそうな前段の文章を書いたが、最近競馬がまーったくあたりませんので、
予想は簡単にね。

◎ディープブリランテ
○ゴールドシップ
▲ワールドエース
△スピルバーグ
△アルフレード

買い方は5頭の3連単BOXとかだと上位人気で決まったら損か?
◎⇔○▲の馬単、あとは3連複BOXとか。

皐月賞の勝ち負けを分けたのはコース取りの差。
勝利への王道を走って皐月賞の必勝法、先に抜け出したブリランテ岩田は正しかった。
ただ、ゴールドシップが他の馬が皆馬場の良い外に出したのに対し、
イチかバチかで内を掬い、他の馬よりロスなく直線に入ったのが勝敗を分けた。
ワールドエースは出遅れてほぼ最後方からの直線一気が「たまたまハマった」2着。

ならば今回はディープブリランテ、コース状況は皐月とは違う今回、
直線極めてガチンコの勝負ができる。これなら東京で重賞1着と2着の実績がある。
ゴールドシップは後ろのワールドエースが気になる。
ゼロスがエタンダールがスローで逃げ、前々につけるブリランテがそんな1、2番人気を尻目に抜け出す。
もちろん、皐月賞1、2着馬の実力はオッズからも明らか。上記以外の印はあり得ない。

藤沢調教師が横典とのコンビで送り出すスピルバーグが怖い。
「青葉賞の予定もあったがそれを使うとダメージが残ってダービーは無理なので」、
プリンシパルSにしたとの記事を読んで、ダービーへの執念、それに応えた馬がすごい。
ただ、過去10年20頭の連対馬全てが重賞勝ちアリとのことで…
アルフレードは大外枠が悲しいが、二歳王者の意地、武豊の意地が見たい。

っていうかね、そういうデータ持ち出すと、
過去10年の連対馬20頭のうち、馬番1~3番が8頭も来てるのね。半分の9番枠以内に限れば実に15頭!!
ブリランテさん、そこんところご理解の上、スタートしたらサッと前へ。

他に勝たれたらごめんなさい。ヒストリカルは2ヶ月の休み明けではダービーは勝てない。

恒例、☆爆穴は16番人気トリップ。昨年末のラジオNIKKEI賞1番人気でね。そこまではクラシックの主役だったよ。
皐月賞はスタート不利で競馬してない。実力通りっていうか、真っ直ぐ走ればそこそこやれる。そこそこかよ。


以上、長くなりました。良いダービーを。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ  にほんブログ村 競馬ブログへ

2012日本ダービー出走全馬コメント。

2012-05-25 22:48:53 | 競馬
第79回日本ダービー。

今年は天気に泣いた日も多かった競馬も、
ダービーはどうやら天気は大丈夫そう。
昨年は雨の中。オルフェーヴルが二冠達成したけど、
今年はどうだろう。
先日のオークスも非常に早いタイムが出ていた。
2400という距離で、馬の本当の底力が試されるレースになりそうである。

どうでもいい話をすれば、
誰が作った格言か自分は知らないけど、
「ダービーは運のいい馬が勝つ」という言葉、
あれはおそらく負けた人が腹いせに言ったのが広まったのだろうと思う。

もちろん、関係者にとってダービー馬の関係者になることは最高の名誉。
それはどんな幸運よりも素晴らしい幸運。

しかし、勝った馬は強いから勝てる。
運のいい馬が勝てるレースなどではない。
ゴルフの「ホールインワン出したら皆にごちそうしないといけない」
っていう周囲の嫉妬心みたいなものが生みだした言葉なんじゃないのかな。

強い馬が勝つのがダービー。
過去の勝ち馬見ても、ケガして走れなくなったのを除けば、
それぞれその後もちゃんと活躍している。運がいいだけならそんなことはない。


前置きが長くなったけど、本題のダービー出走全馬コメントです。数字は馬番です。

(1)スピルバーグ…素質はすごいと思うんだけど、3月頭まで500万すら勝てなかった馬がね。重賞で連すらないのは。
でも藤沢厩舎に横典で、何があっても不思議ない。

(2)ヒストリカル…毎日杯勝ち馬って嫌いなんですよね。なぜか。買う気がないので勝たれては困る1頭。逆に言えば勝ちもありそう。

(3)ゼロス…逃げ一手しかないのであれば、常軌を逸した大逃げをしてほしい。複勝買って楽しむのも手です。

(4)ジャスタウェイ…NHKマイルカップではこいつを◎にしたっけな。意外にもハーツクライ産駒はこの馬だけ。頑張れ秋山。

(5)ベールドインパクト…特にこれといってないですね。京都新聞杯組は軽視の方向で…

(6)ゴールドシップ…皐月賞の勝利のようにはいかないと思うが、それでも今年3戦目のローテ、府中で共同通信杯を勝ってるのは、
非常に大きなアドバンテージ。二冠達成の確率は極めて高いのかもしれない。
ただ、皐月賞とダービーはコースが違う。中山でできたレースは府中で出来るとは限らない。あとは内パク騎手次第だろう。

(7)コスモオオゾラ…穴党期待の星だと思います。でもチョイ足りない、のがこの馬です。雨でも降れば…

(8)ワールドエース…前々日1番人気。ダービー取りに来た雰囲気が漂いますね。またあの勝負服か、になるのでしょうか。
2400なら多少出遅れていいし、直線も長いから慌てる必要もなく差し脚を伸ばせる。あとは福永次第。
あとはゴールドシップに比べてやはり府中走ってないのがね。でも、ここで勝てば凱旋門賞ですよ。

(9)エタンダール…実は青葉賞見てないんですよね。10番人気だったんですか。松岡が逃げを狙うかもしれませんね。

(10)ディープブリランテ…やはりこの馬ですね。現時点では◎を打ちたい筆頭です。岩田が競馬を教えて6戦目。
ダービーでこそ、の馬だと思う。あまり早く仕掛けないでじっくり溜めて爆発させれば…

(11)フェノーメノ…関東馬の大将ですね。府中3戦3勝、唯一の2400勝利馬。ステイゴールド産駒。決して穴馬じゃない実力。
まあ、サンデーR3頭出しで何となくワールドエース勝たせるために走りそうだけど(←おい)

(12)トリップ…旅に出よう!!皐月賞12着で見限るのは早いと思うんだけど、やっぱ見限る。

(13)クラレント…過去10年のダービー連対馬20頭は全て重賞勝ち経験あり。この馬もそこは満たしている。
小牧はスマイルジャック12番人気を2着に持ってきた実績がある。

(14)トーセンホマレボシ…今日のスポーツ紙、2つぐらい見出しがこれだったな。ウィリアムズだし、池江厩舎だし。

(15)ブライトライン…頑張れフジキセキの仔。

(16)モンストール…最低人気はこいつか、と思ったが違った。

(17)グランデッツア…何で池添なんだろう…秋山でいいじゃない。ダービー連覇、ってのを話題にしたかったのか?
もちろん底力はある。しかし、皐月でこそ、の馬だったと思っています。

(18)アルフレード…実はこの馬がこのダービー最大の惑星だと思っています。GⅠ馬です。武です。
朝日杯を勝ち、NHKマイル2着でマイラーのイメージが強いけど、そもそも長い距離に適性があるないではなく、走ってない。
シンボリKにサンデーなら長いところもいけるはず。今年3戦目。決して低評価が正しい馬だとは思わない。


以上です。明日は印を打ちます。
皐月賞組でチカラどおりに決まりそうな気がしてきました。


にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ  にほんブログ村 競馬ブログへ

マートンとスタンの助っ人パワーで連勝!

2012-05-25 21:53:22 | 阪神Tigers
タイガース、連勝です!!
連勝は2週間ぶり。

しかも、先発が無失点で踏ん張り、
打線も先に点を取り、終盤一気に突き放して、
終わってみれば完封リレーで5-0の快勝。

いい感じだ…
特にスタンリッジ、マートンと、今季いまひとつ波に乗れてない2人で勝てたのは大きい。

注目は(ていうか自分が帰宅後見れたシーンだからだけど)、
8回、ちゃんとバントを決めてから鳥のタイムリー、
9回は相手のエラーに付け込んでタイムリー。
こういうのがちゃんとできていれば大丈夫です。


終わってみればソフトバンクを3安打完封リレー。
5割復帰まであと1つになりました。

明日は攝津ですから、そう簡単にはいかない。
だから安藤が踏ん張って、打線がまず1点を先に取ることですね。

これでどん底は抜け出したと思いたいなあ…
金本?代打専門でいいんじゃないの?


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

連敗止めた!交流戦初勝利!!

2012-05-23 22:25:22 | 阪神Tigers
交流戦初勝利。実に10日ぶりの勝利。
5連敗という数字以上に何か重い感じがしてたけど。

正直、オリックス投手陣の積み重ねた12四死球にも助けられたけど、
打線も11安打、タイムリーも6本飛び出しました。
相手のミスに付け込む、バントや進塁打をきっちりこなす、
そこらへんが出来ていたので、これは良い勝ち方でした。
序盤好調だったのはバントの成功率の高さもありましたからね。
打順組み換えとかそういう形も大事だけど、要は選手、ベンチの意識です。

マートンはこれで復活するといいんだけど。
打者みんなに言えるけど、一線級が出てきたら手も足も出ない、ってのはもう勘弁してくれ。

岩田は6回途中まで2失点だけど、3点リードになった直後に2アウトから走者出して被弾。
これでは正直…オリックスあたり相手ならこれでいいけど。
球数も元々多いとはいえ102球。次回はしっかり完投なり7回なり。

岩田の後はリードが増えても福ちゃん筒井榎田球児。
連敗を止め、明後日からは福岡。
今年のソフトバンクは去年のような圧倒的な強さはない。

てか去年は交流戦、ソフトバンクの無敗を止めたあたりから、
チームが良くなってきた。その後また失速したけどw
今年も今日、そして福岡を浮上のきっかけにしましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

落語「柳の家の三人会」@板橋区立文化会館

2012-05-22 23:35:24 | weblog
今日は仕事のあと、池袋に近い大山にある、
板橋区民文化センターで落語を聞いてきました。

柳の家の三人会ということで、柳家を代表する若手、
三三、喬太郎、花緑の三人の登場する会、
特に三三や喬太郎は前にも二人会を観にいきましたが、私はファンです。

その会が職場のある池袋から電車5分の大山であるということで、
平日ではありましたが、行ってきました。

会場は満席、私の席は1階席の最後列(涙
噺家さんの表情も落語を楽しむ重要な要素ですが、
私のメガネではイマイチ…
でも2時間余り、心から落語を堪能しました。


前座の若手は正直…でしたねえ。
テンポは悪くないんですが、修行に励んでください。

三人のうち最初は三三。
この人に限らず今日は三人とも少しスムーズさを欠く場面も。
急に寒くなったからかな?(笑)
でも面白さはハンパありません。演目は「ろくろっ首」。
ろくろ首の婿になる少しおつむの弱い男が繰り広げる世界です。
与太郎キャラのその男を三三が見事に演じます。


休憩後は喬太郎。
いつ見ても楽しい。愉快というのか。自分が楽しんでいるもの。
マナーの悪い客(不必要な拍手が多かった。注意されても拍手する。精神的に?な人だったと思う)がいても、
それをうまく取り込んでしまう深さ。
噺は「禁酒番屋」。多くの人が福岡市職員の外での飲酒禁止のニュースを思い浮かべたでしょう。
禁酒令が出たある藩で、藩士の屋敷に酒が入るのを取り締まる番屋で繰り広げられるやりとり。
喬太郎が番屋の役人の酔う様子を見事に演じ、場面の切り換えも絶妙のタイミング。
やっぱりこの人は面白いよ。


トリに花緑。
笑点やテレビ系ではないので、以前は「小さんの孫です」と言ってた時期もあったけど…
今回は枕でそれとなく言う程度。認識が広がってきたのか。
キレのいい語り口の人です。噺の中で大胆にアレンジを加えてましたね。
噺は「中村仲蔵」。少し長くなってしまいましたが、硬軟織り交ぜて楽しませました。
小さんのあの丸い顔、人懐っこい人柄とは違い、この人はシャープというか天才肌なところがあります。
それゆえか、個人的には微妙にとっつきにくい。でも若さを活かした噺の切れ味はさすがです。


以上、落語を楽しんできました。
次回は今のところ7月に1つ予定をしていますが、
これがなんと上記3人に三遊亭円楽(旧楽太郎)を加えた4人での会!!
楽しみで仕方ありません!!