デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

土田世紀が亡くなりました。

2012-04-27 21:43:39 | weblog
漫画家の土田世紀が亡くなりました。
大好きな漫画家でした。
43歳、あまりに早すぎる。ひとことで言えば、ショックです。

同郷・秋田の人だと知ったのは土田氏の漫画を読むようになってから以降で、
何よりその漫画が面白かったので好きになりました。

大学生の頃にビッグコミックスピリッツを買うようになりましたが、
その時に代表作『編集王』が連載されていて、衝撃を受けました。

『編集王』のマンボ好塚篇は漫画史に残る名作と言ってもいいでしょう。
実は編集王は最近文庫版でまとめ買いして、毎日のように読んでいたんです。それだけに…
漫画業界の裏を丁寧かつ激しく描いた、傑作でした。

その後映画化もされた『同じ月を見ている』でまた感動し、
ホストの世界を描いてドラマ化もされた『ギラギラ』もよく読みました。

それ以降は私は土田氏の漫画をほとんど読んでいませんが、
上記代表作以外にも短編でも面白いものは数多く、『水の中の月』『鯱』とかも名作です。
全体的に比較的アウトローな、ヤクザやギャンブル、麻雀などの世界が多いですが、すべて熱い作品ばかり。

でも私が一番好きなのは作家・宮本輝の小説を漫画化した『春の夢』です。
『死に様は生き様なんだ』というフレーズに衝撃を覚えました。
名作です。


秋田出身(生まれは県南、高校はタイガースにもいた藤田太陽と同じ新屋高校)で秋田とおぼしき風景もよく出てくるほか、
東北関連の場面や登場人物、言葉なども出てきます。
特に編集王、同じ月を見ているでは、宮沢賢治の詩が効果的に使われています。
同じ月を見ているのラストは「雨ニモ負ケズ」が使われていて、涙無しでは読めません。

とにかく熱い、そして泥臭い作品が多かったと思います。
悪く言えば「クサイ」んだけど、それを熱さに変えてしまえる作風。
私の心には非常に響くものがありました。

最近の作品を読んでいなかったので、今後読んでいきたいと思います。
ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

平野が決めた!雨中の延長戦で歓喜のサヨナラ!!

2012-04-26 22:03:12 | 阪神Tigers
サ・ヨ・ナ・ラ!!

サヨナラを迎えるにはいろんな気持ちの時があるけど、
今日は「みんな頑張ったんだ、どうか勝たせてあげたい」だった。

安藤の9回10奪三振の「完封」ピッチング、
球児、榎田の同点延長での踏ん張り、
そして鳥谷の好プレーが大きかった。

雨中の試合、さらに敵は強敵サファテ。
厳しい中で、どうか勝たせてあげたいファンの気持ち、
そしてどうにか勝ってやろうという選手とベンチ。

サヨナラ後の選手たちの喜び、スタンドの大歓声、
見ていて非常に気持ちのいいものでした。

そしてそのサヨナラを作り出したのは平野。
ここで打たなきゃ男じゃない!!
あんたは男だ!!

代走で出ていた俊介の激走も良かった~
マートンの当たりを岩本がエラーという幸運もあったが、
相手のミスに付け込むのが強いチームの基本。

それができて接戦を取れているタイガース、
これからの戦いも楽しみです。

さて明後日からは東京ドーム、ナゴヤドーム、甲子園で9連戦。
巨人、中日、巨人というなんか歪なカード編成。
シーズン序盤のヤマ場的な感じですが、今日の流れを大事に、1つ1ついきましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

久保と平野の活躍で快勝!昨日のことは忘れた!!

2012-04-25 21:42:16 | 阪神Tigers
タイガースは昨日のイヤな負けをあっさり1日で振り払いました。
立役者はほぼ完璧な投球だった久保。
低めによくコントロールされていましたね。
というか広島打線があれは非力すぎやしないか…
栗原は出場すらしていないし…

しかしその久保を守りで平野や鳥谷が助けました。
最近の二遊間は神がかっていますね。
新井も最近は捕球送球とも無難です。大丈夫でしょう。

打つほうは平野が3安打猛打賞。
初回にブラゼル、金本が打ってくれたことで昨日の流れを断てましたね。
5回は城島、平野で中押しができたし。
新井さんは下手すりゃ2併殺かもしれなかったし。
小宮山も2安打という奇跡を起こすし(笑)

いい試合でした。榎田、ジェンで完封リレーのおまけ付き。
明日は安藤。また期待しましょう。

しかし…久保と平野って平野のほうが先輩なのか…
全然そう見えないぞ(笑)

NOAH「グローバル・タッグリーグ」いよいよ終盤戦!

2012-04-23 21:47:09 | プロレス
プロレスリングNOAH「グローバル・タッグリーグ」はツアー10戦のうち7戦を終えいよいよ終盤。
各チーム残り2戦ないし3戦。

現在の得点は
◇秋山準&齋藤彰俊…8点、失点2。残り健介組、丸藤組。
◇森嶋猛&中嶋勝彦…7点、失点3。残り潮崎組、大谷組。
◇佐々木健介&宮原健斗…7点、失点3。残り秋山組、潮崎組。
◇丸藤正道&モハメドヨネ…6点、失点2。残り大谷組、カバナ組、秋山組。
◇大谷晋二郎&橋本大地…4点、失点4。残り丸藤組、バッハ組、森嶋組。
◇潮崎豪&本田多聞…2点、失点6。残りカバナ組、森嶋組、健介組。
◇エディ・エドワーズ&コルト・カバナ…2点、失点6。残り潮崎組、丸藤組、バッハ組。
◇高山善廣&マイバッハ谷口…知らん。


まずここまで引き分けが1試合だけなのがいい。どうも昨今はNOAHでもそうだけど、
引き分けは点数調整に見えてしまう。優勝候補の序盤でのつまづきとか。
今後も引き分けは激闘の末、なら仕方ないが盛り上げ、点数調整、ではやめてほしい。

気に入らないのはマイバッハ組。暴れて反則負けを繰り返すのは理解できない。
そんなことしなくてもいいのに。てか組んでる高山はそれでいいのか!?
意味がわからないことはやめてほしいもの。

さて優勝戦線は秋山組がリード。公式戦はあと連戦がなく、スケジュール的に楽。
もちろん残りが健介組、丸藤組と楽じゃないが…それでも頂点には最も近いか。てか頂点に立て。
逆転候補トップは森嶋組。いわゆる「自力優勝」がない状態だが、相手は楽。
これで11点まで行けば優勝の可能性は高い。取りこぼさないでいけるかどうか。
健介組も7点だが秋山組戦がある。そこを取れるかどうか、取れれば逆転もある。

丸藤組も相手関係は秋山組戦以外は楽に見えるが、上記3チームと違って3試合残っている。
ここがどう出るか。カバナ組あたりで星を落としそうな予感。残れば後楽園ホールはメインか。

残り4チームの中では大谷組は全勝で10点はある。でもさすがに相手が…
他は優勝はまずないが、潮崎と多聞は期待はずれだったか。エディもちょっと残念だけど秋山組に勝った。
しかし潮崎はGHC巻いた男として意地を見せて欲しい。森嶋組、健介組相手で優勝戦線をかき回すか。

いずれにしてもあと3つ、29日後楽園ホールは行けませんが熱い試合を見せてください。



鎌倉、湘南へ6時間の小旅行。

2012-04-22 23:15:13 | weblog
プチ旅行にいってきました。
予定のない土日、家にいたら身体がなまってしまうどころか、競馬やって外しまくるだろうと、
今日はビッグレースもないし、思い切って鎌倉方面に行ってきました。

天気は曇り、夕方から雨の予報でしたが、意外と早く降りだす誤算も。
鎌倉までは最寄の武蔵小杉から横須賀線で40分程度。近い。
しかも鎌倉好きなのに、ここに住み始めてからは2回目かな?全然行ってない…

昼12時過ぎに家を出て、一路鎌倉へ。
しかし途中の大船に停まったところで「湘南モノレールはお乗換えです」のアナウンス。
鎌倉へ、と言っても実は鎌倉と湘南の海を見たかったので、江ノ島方面へも行く予定だった。
そこで横須賀線を降りて、はじめての湘南モノレールへ。
鉄道好きとしてはこれが一番のハイライトだったか(笑)

大船から懸垂式(ぶら下がり式)のモノレールに乗車。湘南江ノ島まで300円…
そういえばこの路線経営不安だったか、事故だったか起こしてたよな…とか思いつつ乗る(実際は事故)。
さらに途中の湘南深沢という駅で乗客の大半が降りてしまい、大丈夫か?!と思いつつ乗る。
懸垂式で下に何もない、また住宅街や山の中を縫うように走り、
しかも結構なスピードが出るため、スリルはあった。トンネル入った時はゾクゾク。
しかし十数分であっさり終点に到着。普段見れない世界が見れました。

モノレールの車輌先頭部。色は2、3あった。3両編成、バスみたいな中身。


終点湘南江ノ島。江ノ島は駅が3つバラバラになってるねえ。モノレール、江ノ電、小田急。
でも一番観光地色が弱いのがモノレール。でも乗ってて楽しかった~



そこから江ノ電江ノ島駅へ。江ノ島は今回はパス。
江ノ電にはシスターが2人乗っていました。何やらサザンの歌詞の世界を思い出します。


3駅先の七里ヶ浜で降りて、海岸へ。
写真は七里ヶ浜出たばかりの江ノ電。天気が悪くて…


そして七里ヶ浜~稲村ガ崎を海を眺めたり、砂浜を歩いたり。砂浜は足に来るね。
稲村ガ崎でポツポツ雨。でも海を見たかった念願は達成。波の音を聞いて、遠くを眺めて、精神を落ち着けました。

こんな案内も。地震来て津波来たらイチコロのエリアです。


七里ヶ浜駅付近の海岸。奥に見えるのが江ノ島。


奥に見える黒い点々はサーファーの方々です。サーファー多かったけど波は穏やかでした。


クルマ多かったです。見えにくいですが右に車の行列が見えます。


稲村ガ崎周辺。


そして稲村ガ崎から再び江ノ電で鎌倉へ。何かのシーズンでもないのに江ノ電は混んでる…
鎌倉では一目散に鶴岡八幡宮へ。好きなんですねここ。




お参りをして、お守りも買ってきました。
あいにく雨だったので、もう駅と鶴岡八幡宮の往復だけ。
小町通りは歩きましたけどね。京都歩いてると、何気ないところまで京都だ、と思いましたが、
鎌倉もそんな感じです。何気ないところまで鎌倉。天気のいい日、花の季節にまた来たい。
鎌倉ビール、湘南ビールとかも飲みたいですね。

後は時間もまだあったので横須賀線で久里浜へ。何もなし。商店街もシャッター通り。
久里浜は滞在40分程度。京急久里浜がすぐ近くでした。つなげられないものか。


途中横須賀を通りますが、さすが軍港、こんな軍艦がたくさん泊まっていました。
なかなか普段見られないものです。今度は横須賀も攻めてみよう。


以上、午後の6時間だけのプチ旅行でしたが、結構歩いていい運動になりました。
また、こんな近くにこんないいところがあったなんて。
考えてみれば特に飲み食いしてない。時間も12:30に家を出て18:40の帰宅でちょうど6時間ぐらい。
今回は一人でしたが、今度は誰かと来よう。アテは親ぐらいか(笑)

宇宙戦艦大和6打点!城島4打点!九州男児の活躍で大勝!!

2012-04-22 20:19:44 | 阪神Tigers
昨日おととい悔しい負けのタイガース、横浜相手にまさかの3タテは許されない。
そんな中今日はまたしても日曜日の岩田。開幕以来3連敗中。

でも今日は大勝でした!!
見てないのであまり書きませんが、
打順組み換え、城島先発、ブラゼル…は守らずレフト鳥谷&大和(笑)の攻撃的オーダー。
マートン1番平野2番はやや不発も鳥谷、新井がチャンスを作り、

なんと大和が3安打(二塁打、三塁打、三塁打)6打点の大当たり!!
宇宙戦艦ヤマトが暴れまくりました!!
城島も負けじと4打点!九州男児2人で10点!!

城島はやはり4打席必要だと思う。代打向きではない。守備の兼ね合いがあるけど、
これで良い意味で使いどころに困る。
ブラゼルレフトはやっぱり無謀だと思うが…でもライトってわけにもいかないし。

大和は柴田とのレギュラー争い、それがいい結果を生んでいる。
打力にやや難があったけど、打つほうでアピールできてよかった。
左右の使い分けでいくのかもしれないけど、
競わせてどちらかに固定するのが個人的に希望。俊介は何をしている。

いずれにしても12安打11点、横浜で雨が降る前にヒットの雨を降らせました。

先発岩田は見てないけど…まあ勝ちがついてよかったよ。これで乗ってほしい。
スタンリッジが2軍落ち、ジェンカイウンが上がったけど、さて今後どうするか。

連敗は2で止めた、さあこれからです。
しばらく連勝がないので、甲子園戻ってまずは2連勝といきましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

過去の記憶シリーズ(1)「野球」

2012-04-22 00:17:14 | 過去の記憶
ふつうの人より記憶力には自信があると勝手に思ってる自分だが、
年齢もここまで来ると忘れてしまうことも多い。

どうにかして過去のいろいろな記憶を残せないかと思っているが、
できるだけブログに書き残しておくことぐらいしかできないものも多い。
だから今後はそれを少しずつやっていきます。

書き方は例えば「野球」「食べ物」「音楽」「鉄道」「親戚」「プロレス」とか何かキーワードを設定して、
それに沿ってざっくばらんに書いていくのが一番手っ取り早いのかなと思う。

そんな感じで今後不定期に過去の記憶シリーズを書いていこうと思います。特に小さい頃の思い出をメインに。
初回は「野球」でいきましょうか。

・自分がタイガースのファンになったのは、野球帽を買ってもらう時に、自分でタイガースのを選んだから。
洋服屋で買っってもらったが、タイガースのだけが安く売っていた(ように見えただけかも)ので、
当時家に金はないという親の教えに過剰反応していたため、それを選んだ。5歳ぐらいだったか。
また、「阪神」と自分の「シンスケ」という名前に同じ音があってさらに好きになった。

・1982年か83年に、地元の野球場(鹿角市城山球場=現・楽天イーグルスかなやまスタジアム鹿角)で、
プロ野球二軍、イースタンリーグの西武-巨人が行われ、父親と共に観戦。
西武がホームで、圧倒的に巨人ファンが多いのに巨人のグッズが売ってない事態に。
試合で覚えているのは巨人の先発がなんとあの槙原。球がとにかく速かった。てかプロ選手見たのはそれが初。
試合は2-2の引き分け。その他については全く選手も含めて覚えていない。父親と2人、という点では野球観戦はそれが最初で最後。
おそらくその後同地では二軍戦ですら行われていないような気が…

・小さい頃はよく自宅玄関前の庭で、石ころを並べてホームと一~三塁、ファウルラインを作って、
家の壁に向かってボールを投げていた。なぜかアンダースローで。タイガースにいた巨大メガネの大町とかのマネで。

・小学校1年あたりの夏のラジオ体操の後、町内対抗野球のための練習を上級生がやるのについていたが、
5年生ぐらいの野球部に入ってるある先輩か少し野球の基本を教えてもらった。
しかも、その時「相互キャッチボール」、つまりボールだけを持ち、お互いにトスのような形で投げ合ってすぐ取る、
っていうもの。あれは何だったのだろう。

・野球中継はよく見ていたが、小さい頃覚えているのが、町内の親睦会とかで行ったホテルで試合見てたら、
確か広島-阪神で、掛布のホームランを追いかけた広島のライトの選手がフェンスに激突してしばらく動けなかったこと。


・自分で記憶は全くないが、小さい頃自分は高校野球に影響されて「二松学舎に行く」と言っていたらしい。
おそらく1980年、1982年センバツに出た時のことだろうと思う。1982年は準優勝。
それから20数年経って、入ったわけではないが、二松学舎大学付属高校の建物はナマで見ることはできた。

・小学校では4年生から部活動ができるので野球部に入ったが、4年生は指導者もなく、適当に毎日試合するだけ。
しかもやり方にルールはなく、みんなピッチャーやりたくて取り合いになる。それで今でも思い出すと腹が立つことがあった。
小学校時代一番の怒り。もう26年前の話だが、未だにその件、自分の腹を立たせたバカは思い出す。
絶対に許さないが、今はそいつよりおそらくいろんな面で上にいると思う。そいつの家庭環境に同情の余地もあったけどね。

・タイガースの1985年の優勝は意外なほど覚えていない。バックスクリーン3連発は自分の誕生日だけど。
日本シリーズは見たような…


こんなところです。私が小学生の頃は男の子はほとんどが野球帽を被っていました。
各球団の帽子がありましたが、結構球団は満遍なく広がっていましたね。巨人が多い、とかはなかった。
ただ、南海とロッテの帽子はほとんどいなかったのでは…特に南海はあの色が(笑)

選手として試合に出た小学校・中学校の頃の話はまた改めて。

マートンぼちぼちでんな3打点!和田采配的中で逆転勝ち!!

2012-04-19 21:37:04 | 阪神Tigers
昨日悔しい負けをしたタイガース、今日は逆転勝ちでした!!
首位をガッチリキープです。

接戦が多い今シーズンですが、それをしっかり取れているのがいいですね。
だから却って昨日のような試合は和田監督もファンも悔しい。
そして今日のような試合は非常に勝ててうれしい。
和田監督のインタビュー、いいですね。ありゃ人気でますよ。

今日の安藤は6回3失点。先頭を多く出して苦しいところも多かった。
でも勝ちがつくあたり運も味方にできました。
逆転するや安藤続投を一転、筒井にスイッチした采配も見事。
采配といえば7回、点にはならなかったが小宮山が出ると城島ではなく浅井にしてバント。
1点を大事にする野球の真髄を見た思いがします。

ただ、采配は上手くいってるときはいいけど、負けが込んでくると全て裏目になる。
そういう時に、和田監督の真価が問われるような気がしています。
疑問点は柴田を先発にしなかったこと。まだ左投手ならダメだという判断なのでしょうか?
そういう見方なら仕方ないけど、今の柴田なら左右関係なく使ってほしい。
下げるべきは左翼に1人いるじゃないの。


打つほうは、神様、仏様、マートン様!!
バレンティンの守備力の低さに助けられた?!とはいえ3打点。
逆転のタイムリーはマートンついに目覚めた証。
インタビューのカタコト関西弁も絶好調。

そして筒井、榎田、球児。今後はこれが1つの勝ちパターンになるのだろうね。
筒井はどうしたのか。不安定さが皆無。逆に榎田はピンチが今季多いような…
球児は今日のストレートは凄かった。
これで明日からは気分よく横浜戦。
お待ちしています。首位固めといきましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

メッセンジャー完封!優良ガイジンがヤクルト飲み干す!!

2012-04-17 21:47:47 | 阪神Tigers
メッセンジャー来日初完封!!
ブラゼル先制2ラン!!
マートン追撃2点タイムリー!!

そういう試合でした。日本人は何をしていた(笑)
優良外国人選手ばかりですよ、タイガースは。
他の球団のはいろんな話がありますが。


帰宅してテレビつけたらもう6回なんだもん。
メッセがあまりに見事でしたよ。
ヤクルトに前回打たれた鬱憤を晴らしました。

ブラゼルはその後の花火の前に大きな花火。
ホームラン打たないブラゼルは、ただのブラゼル。
マートンは今日彼らしい当たりを3本。いよいよ本調子か!?

てか先日平野とマートンがよくないと書いたら、
今日は2人とも猛打賞。うれしいですね。

そして今日は柴田がバント2つを決めた。
こういう野球ができるから首位にいるんだなあとしみじみ思う。

でも今日はメッセンジャー。
来日1年目は不安定だったけど、去年ブレイクし、今年も大車輪の活躍が期待されます。
100球で完封、チームに、中継ぎ陣に、試合時間にやさしいピッチングでした。
小宮山のリードも見事だったよ。またお願いします!!

実は首位攻防戦だった今日の試合、まずはヤクルト1本飲みました。
明日は甲子園でヤクルト2本目。おいしくいただきましょう。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

皐月賞反省/タイガース連敗/疲れてた

2012-04-15 22:36:39 | 競馬
※二本立てです。おんな酒場放浪記は1つ前です。

皐月賞はゴールドシップが優勝。
切った馬に勝たれてはもうどうしようもありません。
みんなが外、外に意識が向く中、内田騎手だけが4コーナーでイン、っていうか
馬場が割と荒れてないギリギリの部分からスルスル、
あっと言う間に先頭に躍り出て、外のいいところを通ったほかの馬を尻目に勝利。

で、内田騎手本人も言ってましたが、競馬ファンなら多くの人が気づいたでしょう。
あれはスノーフェアリーだと。
みんなが外に意識が向く中、内を突いて抜け出す。
イチかバチかの勝負かもしれませんが、勝負の世界ですから。
先週の岩田の追い出すタイミングといい、やはり騎手の腕は大事だなと。

ゴールドシップはそもそもダービー向き、
元々共同通信杯からの直行組は皐月では来ないと思って切りましたが、
これは三冠までも可能性はあるかもしれません。オルフェーヴルと同じ配合ですからね。
勝負服もさんざん見飽きた連中のものではなく、ファンも増えるでしょう。
内田騎手もこれで同じ馬ではありませんが牡馬三冠レースすべてて勝利。やっぱすごいわ。

我がグランデッツァは序盤から前につけられずイヤな予感そのまま。
直線も伸びるかと思ったら…馬場の問題もあったでしょうが、自分の競馬じゃなかったですね。
アダムスピークは前すぎた。ダントツの最下位でしたね。
ワールドエースは福永がどうこう言われてますが、2着ですから只者ではない。
ダービーではゴールドシップ、3着ディープブリランテと争うでしょう。


馬券は外れました。悔しいです。
でもいい競馬が見れました。


-----

タイガースは連敗。
内容がよくないですね。
土日とも自宅にいたので見れましたが、
土曜はスタンリッジが初回に大乱調。日曜は山本昌相手に手も足も出ず。
点差以上にワンサイド、という感じでした。

もちろん中日相手にそうそう簡単に勝てませんが、
打線が、チャンスで1本出ない、ホームランも出ないのが苦しい。
投手も先制されてしまって我慢ができない。
走塁死も多く、積極性はあっていいけど今後ギリギリの勝負の時にどうか。

とはいえ和田監督のバント多用の采配は悪くない。
選手がキッチリ役割を果たしているのは昨年までと違う。
あとは打つべき人が打てばいいだけなんですけどね。
負けた試合でも見せ場だけはありましたので。

岩田は援護がないのは気の毒だけど、先制されちゃいかんよ。
あと平野がちょっとどうでしょうか。マートンもよくない。
まあでも火曜日からしっかり修正してまた首位走りましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

-----


先週は火曜日あたりから体調不良に陥りました。
カゼをしっかり治してない、っていうのが一番なんですが、
食欲だけはしっかりあって(笑)
でも季節の変わり目、いつもやられてしまいます。

と同時に、今回は目の神経にどうやら疲れがたまったようで、
PCやケータイの画面を見ると辛くなってしまうことも。
月曜にUstreamであるライブをずっと見てたのが大きい。
月曜は会社でも細かい作業をPCで一日ずっとやっていたし。
それも体調不良の一因でありました。


今日目のツボ(後頭部、首)をマッサージしたら少しさっぱりしたのと、
夕方多摩川河川敷まで散歩して、遠くを見て目の改善をしました。
多摩川は寒いくらいでしたが、静かで、物思いに耽る…いや気持ちを休めるにはいいところです。
対岸から聞こえるトランペットの練習の音、
道をジョギングする人たちの音、
遠くに見える鉄道の鉄橋を渡る音。
それらに耳を傾けつつ、目を閉じたりそらを見上げたり、遠くの川の流れを見たり。

そんな時間が日々の生活には本当に必要です。
ちょっと仕事とPC、テレビで疲れていました。
リフレッシュもしながらやっていきたいと思います。
あと2週間で大型連休です。