デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

“猛虎の要”矢野、感動の引退セレモニー。20年お疲れ様。

2010-09-30 22:31:24 | 阪神Tigers
タイガースの矢野が引退しました。
引退セレモニーをじっと見ていましたが、
「人柄」ですね。人柄。それが彼は体全体から滲み出る。
いるだけで信頼できる、安堵できる、安らげる。
そういう「人柄」を持った人ですよ。

そして感動の挨拶。
いつもヒーローインタビューが立派と思っていましたが、
今日の挨拶は後世まで語り継がれるものでしょう。

「感謝、感謝、感謝」

感謝しているのは我々です。
誰よりファンに愛された選手でした。


タイガースが2003年、2005年と優勝でき、
上位争いができるチームになった要因はいろいろありますが、
矢野がいなければ絶対に無理でした。

「要」である正捕手がいかに重要かを教えてくれました。
投手力を引き出す捕手の存在、これがタイガース躍進につながり、
さらにチャンスで点が取れる打者として、存在感抜群でした。

そしてタイガース史上屈指のファン人気。人柄ですね。
悪く言う人はタイガースファンであるなしに関わらず見た記憶がありません。
ファンに愛され、かつタイガースに「守り勝つ野球」も持ち込み、
大いに、大いに貢献した矢野選手でした。
ありがとうございます。

また、会いましょう。
今日は引退の胴上げでしたが、次は監督としての胴上げですよ!!



試合のことはいいでしょう。
優勝が無くなったわけでもないのに、
悲壮感漂わせるな。選手もファンも。
矢野を出してあげるべきだった?この期に及んで真弓批判?
90敗の最下位相手に、矢野を出してあげれる展開にできなかった「チーム」が悪い。
それだけの話。

9月29日(水)のつぶやき

2010-09-30 02:00:45 | twitter
15:25 from www.movatwi.jp
@toraho そうです!つい最近までこの時期は「お家芸」の記憶ばっか(笑) この時期に笑ったり怒ったりできるのは幸せです RT @toraho: こちらもです。この時期そわそわできるのもある意味幸せです。めいっぱいそわそわしましょう
18:12 from www.movatwi.jp
ブラゼル外し… ケガでないといいけど てか悪いブラは「打てない走れない守れない」だからね 無条件で使い続ける理由もない 代わりの5番さんはよくわからんが…
18:14 from www.movatwi.jp
頑張れ、能見 頑張れ、タイガース 8連勝だけ、って至極明快な形になったんだ、やるしかないのよ
21:40 from web
@YossyNJPWLOVE それはうれしいのだが 何か讀賣より上とかさらにはヤクルトより上が確定したと勘違いしてるのがいそうだ いや、最後には一番上にいるからいいんだけど…^^v RT とりあえず読売4連覇は阻止したぞ!
22:07 from goo
讀賣最終戦を逆転勝利!必死のパッチで頑張りましょう。 #goo_abeshin1976 http://bit.ly/awav1b
by abeshin1976 on Twitter

讀賣最終戦を逆転勝利!必死のパッチで頑張りましょう。

2010-09-29 21:42:02 | 阪神Tigers
この大事な大事な時期に、
こういうしっかりした野球ができるようになったというのは、
本当にうれしいですね。

讀賣を苦しみながらも降し、
どうにか踏みとどまりました。
戦いは続けることができます。
その、うれしさ。
それを今タイガースファンはかみ締めているんじゃないですか。
一番は選手だけど。

今日はテレビつけたら金本がヒット。
それから虎不孝な私は風呂に入るも、
上がったら8回久保田がマウンド。
しかしまあ、久保田は一体どうなっちゃったんですかね。
顔見ても別人のように堂々としている。
球児も今日は球威があってよかった。
能見のピッチングや3回の逆転劇は見れなかったけど、
久しぶりの関本の「必死のパッチ」(本家は矢野)は聞けた!!

ただ、この試合は讀賣の4連覇を阻止した、それもあるけど、
上位チームとの対戦が終わった試合であり、それでもなお自力優勝の可能性を持ってるってことで、
気を抜いてはいけないが少しホッとできた勝利だと思います。

でも、明日からも「まず1つ」。それだけです。
甲子園ラストは勝利で飾らないと。気分よくロードへ行こう。

ブラゼル外れましたね。代打でもなかった。
ケガとかでなければいいのですが、最近はさっぱりでしたからね。
個人的にも外すべきとは思ってました。何かとありましたし。
だからこそ負けられなかったので、良かったですね。


にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

9月28日(火)のつぶやき

2010-09-29 02:00:57 | twitter
10:37 from www.movatwi.jp
RT スポーツ紙の記事を読むときの大原則。「野球の試合がない日の翌日は気をつけろ」関係者、球団幹部、情報筋=記者の脳内、の可能性が高く、記事の信憑性はほとんどない。売上部数を増やすための作文であることが多い。得意になって引用するとバカだと思われる #hanshin #tigers
10:54 from www.movatwi.jp
@toranokizuna 実際こんなもん 去年は西武の赤田のトレード話でも飛ばしがあった RT スポニチ「お詫びと訂正」:阿部投手・水田内野手を来季の戦力外構想としましたが誤りでした。 両選手・阪神球団にご迷惑をおかけしました。おわびして訂正します。
19:17 from www.movatwi.jp
ああ、仕事が忙しくて他のことには気が回らないや… 甲子園…といったら春のセンバツ。母校が秋の秋田県大会制したから、出てほしいなあ
20:59 from goo
ありがとうございます。 #goo_abeshin1976 http://bit.ly/acUHNH
21:53 from web
『ザワさん』ネタ切れかなあ…
by abeshin1976 on Twitter

9月27日(月)のつぶやき

2010-09-28 02:00:53 | twitter
14:13 from www.movatwi.jp
@ken_anima マジか!あわわわわわ… えーと、えーと @abeshin1976 すげぇ!ヤフーニュースに @abeshin1976さんのブログ記事が掲載!http://p.tl/X3nV
14:30 from www.movatwi.jp
@ken_anima まさかYahoo!トップから2クリックで入れるとは思わなんだ カネ… RT @abeshin1976 すげぇ!ヤフーニュースに @abeshin1976さんのブログ記事が掲載!http://p.tl/X3nV
14:53 from www.movatwi.jp
でもなんかああいう書き方をされると、さらにイメージダウンのような… 人気落ちてるものはさらに蹴落とす時代だからねえ… 「ノア杉浦 少ない観客に危機感」
20:11 from web
横典騎手、意識はあって会話は大丈夫とか。かなり重い症状名が出てたけど…頸髄損傷に頭蓋骨骨折。。。てか「頸髄」って文字を見たのは人生2度目 前回は去年の6・13
21:29 from goo
NOAH9・26日本武道館大会観戦記(2)その他の試合。長文。画像も。 #goo_abeshin1976 http://bit.ly/9wjw7T
21:45 from web
@YossyNJPWLOVE 「ノア」って名前は何かで見たが、苗字つけて考えなかった。面白い。ちなみにダルビッシュの弟はKENTAとかいう名前で俳優やってるね RT @abeshin1976 杉浦太陽と辻ちゃんの娘の名前は杉浦ノアといいます。本当どうでもいいことですが。
21:48 from web (Re: @fukuhiro_fh
@fukuhiro_fh ありがとうございます。ただ、逆に言えばNOAH関係の記事を書く人が少ないってことでしょうかね。マスコミの記事でいいのが無いから使われたような。 RT @abeshin1976 そうだったんですか・・・私も2度目です
21:50 from web (Re: @Moonsault_Press
@Moonsault_Press ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。杉浦の言葉はある意味タブーです。でもそれを破ってこその価値ですね。RT はじめまして。yahoo!Newsからblog拝見しました。Noahはこの数年で歴史を作ってきたエース級が次々と怪我で、
22:22 from goo
9・26NOAH日本武道館観戦記(3)っていうか番外編。 #goo_abeshin1976 http://bit.ly/bkQOL0
by abeshin1976 on Twitter

9・26NOAH日本武道館観戦記(3)っていうか番外編。

2010-09-27 22:22:39 | プロレス
さて、昨日upの観戦記(1)がなんと、Yahoo!のニュース記事の中に載ってしまった、という事態が発生しました。
↓これがその、杉浦の発言と写真、そしてなぜか私のブログ記事へのリンクです。
真ん中あたり。デラシネ、って文字が。。。

※見るツールによっては見えにくいかもしれません。

まず、素直にこれはうれしいですね。
たぶんまだYahoo!にはあるはずで…
ただこれは、私が何かしたのではなく、勝手にYahoo!側?が私の記事を載せただけ。
当然連絡もないし、お金ももらってません。いらないけど。
また、何かに引用されるというのはおそらくこのブログがいろんな意味でフリーだからでしょう。
実際他にもいろいろ使われてるし…
ちなみにお気づきでしょうが、これはYahoo!ブログではありません。gooです。
私はそもそも、Yahoo!ニュースの一部コメント欄があまりに無法地帯、異常状態だったので、
少し前に検索サイトをgoogleにしたんですが(苦笑)

てか、他のマスコミがあまり報じないのかなと思ったり、
杉浦の発言をフィーチャーした記事が少ないのかな、とか思ったりしましたが…

あと、日中の数時間だけだったでしょうが、この杉浦の発言はYahoo!のトップページにモロにあったので、
そのためかこちらへ飛んできた方も多いはずです。
でも、正直あのトップの書き方だと、減ったということばかりがクローズアップされてしまっているので、
悪い影響が無ければいいなあと思ったのが第一。試合内容が第一であるべきなんですが。。。
まあ、実際減ってるのは確かなんですが、NOAHに批判的な人はそれに勢いを得てさらに批判強めるかもしれませんし。
個人的には今の時代は人気が落ちてるものをさらに追い落とす時代ですから、
これで観客動員が上向くとはあまり思えませんが…。

それでもあの発言はある意味タブーを破り、また実際危機感が見えないNOAHのフロントや選手への強烈な問いであったと思います。
だからそれを聞いて、選手、団体、そしてファンがどう思うか、ですね。
さらにその言葉と同じぐらい強烈だったメインの内容。
それを見てから、あの言葉をかみ締めて欲しいですね。

新日本の中邑真輔は対戦後言いましたね。「彼は吐き出してるよ」って。


にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

NOAH9・26日本武道館大会観戦記(2)その他の試合。長文。画像も。

2010-09-27 21:29:51 | プロレス
さて、NOAH武道館観戦記その2ですが、
試合以外の部分を先に。
客席区分の変更がありましたが、何よりも目についたのは北側は1階席2階席を完全につぶしたこと。
それほど殺風景でもないですが、やはりガランとしているのは寂しい。アリーナも小さくなっているし…
また、外の売店もいつもの3分の1の規模。効率的な運営は企業としては当然だけど、やっぱりうわ、って思いますね。
それと、これは私の完全なリサーチ不足であり、情け無い限りなのが、
やはりYFC招待券はあり、その入り口もあったということ。YFCのwebサイトには情報は無かったのですが…
どこでどうやって招待券を入手するのか…日テレとか、スポンサーとかの関係者なのかなあ。
その人たちは2階A席に入り、そのため2階上部がギッシリに。
(私のいた2階S席は6~8割の入り。1階席、アリーナは8~9割)
招待券についての私の考え方は過去記事でも探して読んでいただけるといいのですが、
たとえタダ券であっても、興味のないものには行かないと思いますけどね。

演出はメインで入場曲に合わせて選手の映像をスクリーンで流してました。これは良かった。
ただ、スクリーンを北側に2枚置いて、メインの入場前か?別々の映像が流れたけどあれは席によっては見えづらい。
ジュニア選手権ではKENTA入場時に、ゲート前に立ったKENTAに下から数色の光を当てるという演出も。かっこええ!
そして、演出ではないけど、GHCタイトル管理委員長がジョー樋口さんから、永源遥さんに。
「ジョー」コールはもうできないかな?てか永源の認定書、少し言葉が削られていた。後で写真を。

長くなりました。
本題の試合、セミ以降戻る感じで一気に行きます。
セミはGHCタッグ選手権。高山・佐野-健介・中嶋勝彦。
この試合はもう勝彦がどれだけやるか、その1点。
果たして勝彦は頑張りました。高山にも臆することなく蹴りを入れ、ジャーマンも決めた。
その頑張りに王者組がカットに入るとブーイングという事態も。
それでも残念だったのは、一瞬も「これはひょっとして健介組が取るんじゃね?」という雰囲気にならなかったこと。
勝彦の善戦、これがいい意味でも悪い意味でも、全てでした。
最後は抵抗する勝彦を高山が完璧なジャーマンでピン。健介のサポートもやや足りなかったかも。
でも試合後、キャンバスを拳で何度も叩いて悔しがる勝彦を見て、
多くの人が「コイツは絶対将来トップになれる」と思ったのではないでしょうか。

セミ前ではNOAHジュニア頂上決戦、GHCジュニアシングル、金丸-KENTA。
予想していた荒れた展開もなく、平柳の介入も無く、ひたすらお互いの意地をぶつけ合う展開に。
そしてこの両者はタイプこそ違えど、触れただけで傷つくような刃を持っている。
金丸は出刃包丁でKENTAはナイフって感じだけど。(←何が言いたい)
だから攻防の1つ1つが研ぎ澄まされたものに。
特にKENTAは場外へのフットスタンプで大ダメージを与え、金丸も負けじとディープインパクト、ムーンサルトプレス。
KENTAは決して動きで負けていなかったが、金丸の受けの力の前に決定打無し。
go2sleepも選手権では1発で仕留められなくなった…
そして明暗を分けたのがトップロープ上での攻防。中盤までは両者バンバン決めたが…
ところが終盤はKENTAがタイガースープレックスを狙ったができず、逆に金丸がフィニッシュ前のブレーンバスター。
それをすぐさま起き上がるKENTA、ところが間髪入れず金丸のラリアット!垂直落下ブレーンバスター、タッチアウト。
有明での丸藤戦そのまんまの疾風怒濤のフィニッシュ。KENTAの肩は上がりませんでした。
これで金丸は約2ヶ月で丸藤、KENTAを撃破。NOAHジュニアの頂点は俺だと、結果で示してみせました。
本当に凄いレスラーになった。決して派手ではない。アピールも必要以上にない。
まさに実力だけでトップに立つレスラー。
杉浦同様、このレスラーは当分負ける気がしません。


第6試合はバイソンとヨネのシングル。何か生まれるのかな…という期待もあったけど、これはフィニッシュが驚愕。
花道の攻防からバイソンがなんと奈落式バイソンテニエル!!ヨネ動けずレフェリーストップ。
バイソンが花道と水平にBテニエルの体勢に入ってから、90度方向を変えて奈落を向いた時の場内の悲鳴!!

第5試合は鼓太郎-青木。この2人のシングルもあまり無いなあ…
個人的にはやや凡戦の部類だけど、終わってから良く考えて見ると、鼓太郎は青木の技を全て受け切って見せた。
1つも逃げなかったんじゃないかな。それでいて最後はブルーディスティニー、エルボー乱れ打ち、タイガードライバー。
まさに“三沢イズム”そのままの鼓太郎。ただ、タイガードライバーは持ち上げてから一旦止めるだけに威力を感じる。
青木はやっぱり何か足りない。NOAHサイトには一切の情報がないけど土曜日IGFに出て勝ってますね。

第4試合はボビー・フィッシュ・小川-石森・マルビン。
ジュニアらしい展開の中、やはり石森・マルビン組は好調。連係ミスもあったけど、危なげなし。
ボビーが最後いい感じで攻め込むも、マルビンが切り返して勝利。
小川もジュニアの最前線に戻ってくるNOAHジュニア、正直面子はヘビーより揃っている。

第3試合は雅央-吉江。
地方でも何度かやってるようで鉄板カードになりつつあるのか?雅央のやられっぷりと吉江の腹。
これが楽しめるプロレスですよ。吉江としてはこの扱いは不本意かもしれないけど、
うまく順応していると思う。いろんな引き出しを持つレスラーなら、NOAHファンは受け入れるでしょう。
第2試合は谷口-宮原。宮原は身長があるから、やっぱりヘビーがいいよ。8割がた攻めていた。
ただ、谷口もさすがにこのクラスでは敵ではない。ジャーマン1発で終了。
第1試合は田上・志賀・平柳の師弟トリオに健介オフィス若手軍。
梶原は見る度に驚きを与える選手になったと思う。起田にはいつも書いてるけど、チャンスをあげたい。

試合は以上です。
おお、今日23時からG+で放送があるじゃないか。
全9試合、NOAHとしては長めの3時間半の興行でした。
それにしても最近は、ヘビーでは杉浦が秋山と潮崎、ジュニアでは金丸が丸藤とKENTAと、
いずれもベルト移動が(いろんな意味で)あってもおかしくない相手に、防衛成功。
良い意味で裏切ってくれます。特に今回はKENTA、潮崎と女性ファンの人気抜群の2人が取ってもおかしくなかった。
ちなみに後楽園ホールは今女性ファンが多くて黄色い声援が凄いですよ。
思えばやや最近のGHC王者はやや短命の傾向があった。
それがこの2人はほぼ1年の長期政権。ベルト巻く資格のある選手、巻いて欲しい選手、団体的にも巻いて欲しい選手、
いろいろいると思うけど、この欠場者が多い中では、むしろ絶対王者の安定政権がいいのかなと思う。
このヘビーとジュニア、この2人のシングル王者は、どこに出しても恥ずかしくないですね。

あとはジュニアリーグ戦のチームが発表に。なんと10チーム。2ブロック制。
注目はやはりザ・グレートサスケ、そしてディック東郷。
ただ、如何せん大物の隣にはあまり有名ではないレスラー。東郷のヤス・ウラノってDDTでは有名だけど…
なので、武道館でのチーム発表の際も、爆発的なサプライズはなし。サスケのパートナー、剣舞って誰…
となると、優勝はやっぱり鼓太郎・小川かなあ。このあたりはまたいずれ。

最後に写真を。
まずは…GHCタイトル管理委員長、永源。


永源。


永源。

三度もリングに上がったのは永源だけだよー。

メインの試合前の両者。多聞がセコンドに。


終了後、抱き合う2人。そして感動のマイクだった杉浦。左は菅谷アナウンサー。



最後は記念撮影。この後リングサイドのファンにベルトを触らせてから退場。皆に認められるチャンピオンです!
NOAHは杉浦の時代になりました。


にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

NOAH9・26日本武道館大会観戦記(1)死闘のメイン。

2010-09-26 23:59:42 | プロレス
NOAH9・26日本武道館大会観戦記です。

細かいことは置いておくとして、
あまりの激闘のメイン、そして勝利した杉浦の感動のマイク。
これでもう胸がいっぱいです。
観戦された方はとてつもない感激を覚えたのではないでしょうか。

杉浦のマイク(要旨)はこうです。最後メッセージを、と言われてマイクを握って、
「今日、久しぶりに武道館に帰ってきましたが…
三沢さんのいない武道館は物足りませんか。
小橋さん、秋山さんのいない武道館は物足りませんか!
僕は伝えようとして頑張っています。
これからも武道館でも、田舎の小さい会場でも、
伝えられるように頑張っていきます。よろしくお願いします」


というもの。(たぶん少し言葉が足りませんが、耳に残る記憶だけを頼りに書いてますので。)

この言葉は強烈でした。
全盛期より減りに減った観客。
スター選手がいない現状。
それでも杉浦はメインで潮崎ととんでもない試合をやって見せた。
その想いを思いっきりマイクにぶつけたのでしょう。
3月の武道館でも、「空席の多い武道館を満員にしたい」ってマイクをした杉浦ですが、
己への自負と、それが観客動員に結びつかない不満、いらだち、
それを全てぶつけ、また、
「三沢、小橋、秋山に負けてないだろ?」という強烈な観客への問い。
これをマイクでやったわけです。

四天王以降、あらゆる選手が苦しんできた、
「三沢、小橋、秋山」という存在の壁。
これで5度目の防衛を果たした杉浦が、その壁を壊す作業にかかっています。
でも、それらレジェンドとも呼べるレスラーに劣るところは1つもありません。
いい試合でした。

簡単に振り返ると、序盤はやや静かな展開も、
杉浦のネックスクリューなどからペースが上がり、
潮崎はチョップで攻め込むも、杉浦もエルボーで応戦。
特に潮崎はこの日チョップには必要以上にこだわっていなかった感もある。
それでもケサ切りなどは何度も決め、そのたびに気持ちをぶつけていました。
非常にゴツゴツした戦いでしたね。
潮崎は勿論、アンクルホールドもある杉浦も、関節技は一切なし。
潮崎は中盤、掟破りのオリンピック予選スラムを敢行。
気持ちでは決して負けていなかった潮崎、王者を凌駕する場面も度々どころではありませんでした。
試合を分けたのが「喉元へのパンチ」。
張り手合戦から潮崎が使い、杉浦はダメージ。それを機に一気に潮崎が攻め込む。
ラリアットもいい流れで決まり、豪腕を幾度となく振るってからゴーフラッシャー。
これが完璧に決まるもカウント2。
ただ、流れはどう見ても潮崎。やはり時代は彼のものになるのか?
そして中邑戦でも見せた、新技へトライ。ところが杉浦がこれを踏ん張る。
ならばと潮崎は再度ゴーフラッシャーへトライ。これで決まりだ!という潮崎の表情、これで決まりだな、という場内の雰囲気。
ところが逆に持ち上げたのは杉浦!これが絶妙なタイミングだったため、場内は「マジかよ!!」と騒然。
珍しい杉浦の垂直落下式ブレーンバスター。形勢逆転。
それでも潮崎も粘る粘る。もう場内は熱気なんてものではない興奮。
意地と意地をぶつけ合う張り合いから、今度は杉浦がパンチ。
GHCタイトル戦でパンチは記憶にない…でもそこまでやらないと勝てないのか…
もう技とか受けとかそんなレベルではない。
さらにはスタミナ十分の杉浦が、潮崎に馬乗りになってエルボーの雨。10発以上?
同じ光景をかつて三沢-杉浦で見ていますよ!
これで潮崎はグロッキー。こんな試合、子供には見せらんねえ…ってぐらい熾烈なものに。
もう潮崎はフラフラ。それでも彼も、立ち上がる。
四天王時代、特に小橋がロープにしがみついて立ち上がる様子が蘇る。
それでも非情な杉浦。死闘への断は、オリンピック予選スラム。
あまりに激しすぎる試合は28分を超える試合になりました。

それにしても、中盤以降のぶつかり合い、カウント2.9で返しあう姿、
こいつらなぜ立てるんだ、打てるんだ、そんな状況で観客は興奮の坩堝に。
いいプロレスを見ました。これがプロレスです。
どこの誰にも真似できない。
多くの人に見てもらいたい。
心からそう思える、今年の私のベストバウトでした。

それ以外の試合、写真等は明日以降で。


にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

9月26日(日)のつぶやき

2010-09-26 23:59:41 | twitter
00:53 from web
明日、いやもう今日か NOAH日本武道館大会(16:30)です。 話題も人気も観客数も下降してますが、やってることは凄い。是非皆様、足をお運びください。 #noah #prowrestling  
02:49 from goo
やっと見つけた 秋山準「Shadow Explosion(歌入り)」 #goo_abeshin1976 http://bit.ly/bZ4K2k
13:59 from www.movatwi.jp
ノア武道館へ向かってるなう その前に馬、そして会議(笑) いい大会になりますよう
16:30 from Keitai Mail
ノア武道館。客は多くありませんね。なかなか厳しそうです。ただ、リングの上ではきっと熱い闘いがあります。期待しましょう。
17:58 from www.movatwi.jp
ノア武道館休憩なう、そこそこ入りました。右前に取材のカメラ(写真)。もっともっと頑張ってほしい。さあ、後半戦。メインへの力を皆で蓄めてる感じ。
http://photozou.jp/photo/show/730019/50902630
20:20 from www.movatwi.jp
@YossyNJPWLOVEパンフ開きながら撮ったらなぜかw RT @abeshin1976 なぜ志賀が
20:49 from www.movatwi.jp
ノア武道館終了。メインの杉浦貴ー潮崎豪、私が見た中では、今年のべストバウト。
こんなに興奮したのも、久しぶり。素晴らしい試合、そして試合後のマイク。杉浦は本当に強い、立派な王者。潮崎も頑張った。今のノアでは一番の内容の試合。また、いい試合を見せてください。詳しくはブログで。
20:53 from www.movatwi.jp
@kemuspo ソフバン的には移動距離が短いチームがよかろうと思いますが(笑) RT ソフトバンク優勝決定!今年こそ日シリに帰って来てください。
21:41 from web
@toraho なんかできそうな気がしてきました!発想の転換ですね いいほーに考えましょう RT @toraho 8連勝と考えるから難しい。4連勝して1回負けて4連勝ならありそう。
23:45 from goo
NOAH9・26日本武道館大会観戦記(1)死闘のメイン。 #goo_abeshin1976 http://blog.goo.ne.jp/abeshin1976/e/86a32a09e3a17801f80e7102d139567b
by abeshin1976 on Twitter