デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

丸藤IWGPJr防衛/グロリアス「ノア」優勝/朝青龍とマスコミ

2010-01-31 21:21:25 | プロレス
なんか、「来週のサザエさんは」みたいなタイトルですな。

昨日30日の新日本後楽園大会にて、IWGPジュニア王者の丸藤が、
新日本のプリンス・デヴィットを降して初防衛に成功しました。
デヴィットは昨年末のJカップの決勝でも当たっており、再戦となったわけですが、結果は同じでした。
そして次の挑戦者にはどうやら金本が名乗りを上げた模様。
金本はライガー同様新日本ジュニアの象徴ですし、
さすがにこれ以上の新日本の敗北は許されないと思っての行動でしょう。

なんといっても丸藤はJカップから、ライガー、田口、デヴィット、ドームでタイガー、そしてまたデヴィットと、
新日本のジュニアを引っ張る選手に5連勝。
これではさすがにNOAHジュニアに差をつけられっぱなしですから、
金本には新日本の会社、ファンからも大きな期待のかかるところでしょう。

とはいえ、Jカップでは金本を降して準決勝に上がった田口を、丸藤は降しているので、
実力的には今は、丸藤の方が上と見れますが、
金本はNOAHにはあまりいない蹴りの使い手。またベテランのうまさも持っており、かなり厄介だとは思います。
私は金本は昔は好きじゃなかったですが、最近は結構いいと思っています。大谷は今でも大嫌い。
なので、この試合、日程と場所がうまいこと合えば、観に行きたいですね。

-----

さて、その「ノア」の名前が入った競走馬、グロリアスノアが、
今日の東京競馬メイン根岸ステークスで見事優勝!
鞍上も小林騎手が重賞初制覇ということで、人馬そしてNOAHファン共々忘れられないレースとなりました。
私は昨日土曜の競馬で大敗を喫したため、今日はあまりやる気はなかったのですが、
残高200円で2点だけ買おうと思って選んだうちの1点が実は、
このグロリアスノアと1番人気で2着になったサマーウインドの組み合わせ(馬連)でした。
結果100円が59.6倍ついたので5960円になりました。
グロリアスノアは休み明けが嫌われたか16頭中の11番人気でしたね。

まだ4歳、これから先が楽しみです。ちょっとうまくハマった感はありますが、
東京ではこれで全戦連対。府中短距離ダートでは相当やれそうです。
ちなみに、この馬誕生日は4月17日。私と同じです。
ノアとつく馬は他にもいますが、以前万馬券ゲットを手伝ってくれた「ノアウイニング」は現役。ただ、こちらは今は振るわず…
まあでもよかったです。NOAHの競馬ファンといえば小橋。喜んでいるでしょうか。

サマーウインドはやはり1400は長いのか?
それともケイアイテンジンと競りすぎたか?
まあでも前にいる馬がほとんど崩れた中で2着に粘りましたからね、成長次第では面白い馬になりそうです。
でもやっぱり武豊は逃げ・先行馬で勝てるイメージがない。
今日圧勝でもしようものならGⅠフェブラリーでは人気になりそうでしたが、
これでエスポーワールシチーでほぼ決まり、かな?

-----

さて、お騒がせ横綱朝青龍。
まあ、ことの成り行きは我々は見ている以外にできないのですが、
マスコミもどう書いたらいいか、結構苦慮している感じがします。
つまり、朝青龍ほど好き嫌いが真っ二つに分かれる人もそうそういないと思うんです。
ですから、擁護派とアンチ、両方に気を使わないといけない。
今のマスコミは書きたいことを書くのではなく、読んでもらえそうな記事を書くだけになり、
また権力に擦り寄るか逆らうかのどっちかしか選択できない状態。
で、朝青龍は好みが2つに分かれますから、どうしたらいいかわからないんだと思います。
特にネットを中心に若い世代には比較的アンチヒーローとして、また実際に強い相撲取りとして人気があると思うんですけど、
一定の年齢以上の、「相撲は日本の国技じゃ!」って思って外国人の活躍を苦々しく思っている人たちには人気がない。
どっちがいい悪いではありませんが、そういう横綱ですね。

ただ、1つ気になるのは、やはり朝青龍も人ですからね、喜怒哀楽はあると思うんですよ。
かつて横綱貴乃花(理事選立候補中!)が、マスコミに私生活までも探られるようなえげつない取材を受け、怒ったこともありましたが、
やはりそういった面でも横綱のストレスになっている部分はあるのかもしれません。
どういう経緯で朝青龍が手を出すに至ったのかも一般の人たちはわかりません。
堪忍袋が切れやすい人はいますが、実はとんでもない侮辱を受けたとかだったら?

もちろん横綱にはそういったストレスや、周囲の雑音にも負けない強い精神力が必要ではあります。
理由はどうあれ、手を出したこと、そのことは絶対に許されたものでもありません。
ただ、擁護派だろうがアンチだろうが、マスコミの書き方ひとつで事件へのイメージを持ってしまうわけですから、
マスコミには十分考えた報道をしてもらいたいなあと思います。
もはやマスコミは倫理もへったくれもなく、誤報も絶対に認めず、部数売るためなら何でもやる連中に成り下がっていますが、
どうか事の次第を公平に伝え、自分たちの書き方一つでは世間の印象が全然違ってくるんだと、
そういう認識ぐらいは持ってもらいたいと思います。

府中引越し計画その後/府中メイン。

2010-01-30 23:43:12 | 競馬
先日、府中が気に入ったという記事を書きまして、
とりあえず家賃とか電車時間とかを調べてみましたが、
家賃はまあ、条件次第ではそれなりに安い。少なくとも現在の居住地よりは安い。
ただ、最大の問題は通勤電車。
府中→新宿の京王線は朝のラッシュ時は最短でも40分かかる。
そうなると、どうやら現在より10分以上通勤時間が延びてしまう(アパート-駅間が同じとして)。
これはちょっと辛い。いや、朝早く起きるのが面倒とかではなく、
朝7:30からやってるtvkの「sakusaku」がほとんど見れないうちに出発することになる。
現在はまあ、全部は見れないけど8割方見てから家を出ている。

新宿→府中は、夕方の時間帯でも準特急で22分で到着できる。
それが朝、通勤時は最速でも40分。朝は電車もラッシュになるから、あまり速達タイプは出せないのはわかるが…
それを知って一気に萎えた。熱しやすく冷めやすい性格のせいもあるけど。

それともう1つ理由がある。
今の住んでるところ、(まあすぐわかっちゃうので書きますが)武蔵小杉に、
3月13日、JR横須賀線・湘南新宿ラインの新駅が開業します。
そうすると、今の職場付近の駅まで乗り換え無し、また乗り換えしたとしてもJRだけ、
で行くことができるんですね。
当然東京駅に行く際もそれでいいわけで。
まあ東急東横線よりは本数も少ないし、駅までは数分ですがJRのほうが時間がかかるので、
どっちを使うかは未定ですけど、そういうルートもできる。

さらにさらに、東急東横線は2年後ぐらいを目処に、渋谷で地下鉄副都心線との直通運転を予定しています。
そうなると、さらに現在の職場に近い駅に1本で行けることになり、とても通勤が楽になる。
というわけで、現在の武蔵小杉を離れるメリットは特になく、
むしろ利便性が向上するのでずっと住み続けたほうがいいということになります。
まあ現在の安い給料で、今のアパートの家賃は苦しいし、4月にまた契約更新があるから、
更新料払わないといけないんですが。
ちなみに、府中・東京競馬場には武蔵小杉からもJR南武線で1本です。

そんなわけで府中に移るのは見合わせようという結論です。

-----

さてその府中での競馬が今日からスタート。2010年の東京競馬が開幕です。
東京新聞杯は…うーん…アブソリュートを信頼しすぎた…
てか、レッド、アブ、トライのどれかだとは思ったが、レッド→トライは買ってなかった…

気を取り直して明日は根岸S。
ここでまたダート界の新星が重賞ゲットのチャンス。
サマーウインドは地方時代も含めてダート5戦全勝。しかも条件戦とはいえ1200でケタ違いの圧勝を連発。
ところが今回は1400で騎手は武。あえて不安点を挙げれば3走前に同じ1400・武で少しだけ苦戦していること。
武は逃げ・先行馬は決してうまくないと思うが…
それでも斤量は56に下がるわけであっさりまで十分あるが…
でも1400なら走れば全て馬券になっているケイアイテンジン、ワイルドワンダー、グリフィンゲート、スーニ他が黙っていない。
特にJBCスプリントを3歳で制したスーニには期待したい。え?58㌔?今知った…
まあでも川田が追いまくってくれるでしょ。
グロリアスノアも参戦。ノアファンとしては応援馬券でも買いたいが、
休養明けでどうか。ただ府中ダートは3戦3連対。期待しましょう。

京都・京都牝馬Sはクラウンプリンセスでどうにかなりませんか。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ  にほんブログ村 競馬ブログへ

これはうまい!「カキのチーズ焼き」。

2010-01-28 21:21:32 | グルメ関連
写真つきの投稿が続きますが、
今日は飲みに行った某居酒屋で食った料理。食いかけの写真で申し訳ないです。
品名は「カキのチーズ焼き」というもの。
似たような名前のものは食ったことがあり、おそらくカキにチーズをかけてグラタン風に焼いたものだろう、
そんなことを勝手に考えてましたが、よい意味で裏切られました。

まず、カキは衣をつけてから揚げにしてある。
それを鉄板にのせ、そこにさらにエノキ茸を乗せてから、上にチーズをかけて焼いてある。
これがなんとも言えず、食感、風味、香りが素晴らしく、
カキ、エノキ、チーズ、これがえもいわれぬハーモニーを奏で、
さらにタバスコまで出してくれるからピリリと引き締まって…!
ビールとよく合う。カキも4つぐらい入っていて満足。しかもこれで400円。
養○の瀧のくせにやるじゃねえか…
うまかった!
今年はこればっか食うぞ!
あえて言うならあと10秒早く焼きを止めてほしかったかな。
しかし、養老の○はあなどれない。
飾らない感じがいいですね。

府中はいいなあ

2010-01-27 21:10:22 | weblog
まあ、今日も仕事で府中に来たわけですが、
ここはいいですね。気に入りました。

まず、新宿に京王線の準特急だと25分ぐらいで行ける(朝はわからないが…)。
また、街が割と静か。夜しか来てないし、ごくごく一部しか見てないけど。
さらに競馬場はあるし、多摩川競艇も近い。電車の路線も多いし。
勿論良くないところもあるんだろうけど、ここは住みたくなりました。
駅近くに大きな神社があるのもいいね。
家賃相場が安いと助かるのだが。

写真はさっきなんとなく撮った府中本町駅のホーム。
手前側が南武線で、奥の少し高いところが武蔵野線ホーム。
電車が停まっているのがわかりますかね。
でも南武線は本数が少ないよ…快速とかもないし。
自宅まで各駅停車の旅です。

プラネタリウム。

2010-01-26 21:04:08 | 夢日記
昨日は夜にスゴい夢を見た。
なぜか仙台にいる設定なんだけど、夜空の星が目の前で大迫力で見える。
巨大プラネタリウムの中にいるとでも言うのか…
でも明らかに外だったし、駅か何かを探して山道を歩いていた。
でも本当に大迫力で美しくて。

なんでそんな夢を?と思ってよく考えたら、
最近はやたら星とか宇宙に興味を持っている状態なのと、
テレビのCMで池袋サンシャインのプラネタリウムで平原綾香の歌と宇宙のコラボがナントカカントカってやってるのを見たので、
ああそれかと。

プラネタリウムは行きたいなあ。てか会社は池袋なんだからすぐいけるんだよな…夜やってるのかな。
サンシャインのプラネタリウムは中学の修学旅行で行ってみんなで寝た覚えがあるよ。
あと私のいた小学校にもプラネタリウムがあった。1回しか見せてもらえなかったけど。
星とか宇宙、これから趣味になりそうなジャンルです。


あ、写真はさっき仕事で行って、帰りの電車に乗った府中本町駅。
なんだかよくわかんない写真だけど、よく見ると「東京競馬場臨時出口」って横断幕が見えます。
ここから専用通路をしばらく歩くと競馬場。
今週末からはここ府中で競馬が開催されます。
行きたいけど寒いよな~

漫画の話。

2010-01-25 21:48:45 | weblog
少し前にこのブログで、スピリッツ連載の『闇金ウシジマくん』が、
生活保護の人っつうかホームレスを食い物にする話を描いている、ということを書きましたが、
なぜか年明けからはその話がパッタリ。1話をそれとは関係ない、闇金から金を借りる人間模様を描いて、
それ以降2回は主人公ウシジマの中学時代の話。

しかも、区切りのいいところで転換されたのではなく、
正直、いきなり変わったと言ってもいいレベル。
もちろん、そのホームレス云々の話に出てくるウシジマの幼馴染が、過去を知っているわけで、
いずれ出てくるだろうから、その伏線だということも言えるが、あまりにも唐突に話が転換された。

あくまでも推測にすぎないけど、これはたぶん「何かあった」のではと思う。
おそらくそういう話を載せてしまうとどこかから批判が来るとか、
そういう生活に困っている人を食い物にする事件が実際起きているので、
取材が難しいとか、模倣する人が出てくると問題になりかねないとか。
そんな気がするんですけどね。
まあ、今のウシジマの過去話も今日発売の号で2回目だけど、結構面白い。

あとスピリッツでは今週巻頭カラーだけど、『アイアム ア ヒーロー』ね。
もう、作者も何をやりたいのかわかんないんじゃないかな。
最初はちょっとおたく的で妄想?しやすい、気の弱い漫画家アシスタントの成長風景だなと思ったら、
話はどんどんおかしな方に行ってしまって、
それはそれでまだいいんだけど、最初の設定が全滅してしまっている。
だったら初回から3回ぐらいの話は要らなかったんじゃないの?
特に最初は何度か顔を出していた、主人公の妄想?の中に顔だけ出てくる矢島?とかいうのが、
その後全く出てきてない。
っていうか、こういう展開になるとあと出れないでしょ。

ボーイズオンザランもそうだったけど、どんどん話があさってに行っているのが私はどうも。
まあそれが作者・花沢の魅力なのかもしれないし、引き付ける力のある漫画は描いてると思うけど。

それよりやっぱ今は『高校球児ザワさん』ですよ。
前にも紹介したけど。コミックスも3巻が発売になりました。
ちょっと設定としては無理矢理なところもあるにはあるけど、非常に面白いです。

NOAH1・24後楽園ホール大会観戦記!大満足の興行!!

2010-01-24 23:00:33 | プロレス
今日はNOAH後楽園ホール大会でした。
日曜の12時という時間帯ですが、私は個人的に大賛成。
観戦後後楽園で競馬もできるし、まだ日は高いからゆっくり遊べる。
今日は先輩アミーゴ氏と一緒の観戦。観戦後は水道橋で一杯。そしたらなんと!(続きは最後のほうで)

さて、大会は今年1発目の後楽園、タッグリーグ決勝などいろんな要素もあってか超満員。
NOAHはあまりバルコニー立見は売らないんですが、そこも開放しました。
確かにいつも後楽園は満員なんですが、あんなにギッシリ入った後楽園も珍しい。
そして、大会は非常に素晴らしかったですね!!
欠場選手が多い中でも、出場選手がそれぞれ頑張ってました。
観客の雰囲気も良く、稀に見る良い大会だったと思います。1年前はKENTA-鼓太郎のシングルがメインだったなあ。

試合は全6試合。やはりこの時間帯の大会は時間的な制約があるのか、進行は早め早めで。
まず第1試合の前に、なんと雅央のテーマ曲が鳴り響く。大怪我で欠場中の雅央。
まさか、引退…?なんて思ったが、全く逆で復帰戦のアナウンス。2・6有明で雅央復帰!
マイクで感謝を述べていたのが雅央らしくて印象的。

第1試合では石森・マルビンが宮原・梶原という健介オフィス勢を一蹴。
梶原というのは何もできてないが…ただ、宮原はかなり芯が入ってきた印象。良い意味でふてぶてしくなった。
体もただ柔らかいだけだったのが、軸がしっかりあって、いい選手になってきてる。

第2試合は健介・小川-金丸・志賀。
ジュニアのシングルに向けて何か動きがあるかと思われたが、結果何もなし。
むしろ金丸と健介の攻防が一番面白かった。小川は挑戦しないのか。何なのか。
健介と小川のチームも久しぶり。小川が司令塔になっていたのが見てて面白かった。最後は小川が志賀を首固め。

第3試合では日本人vsガイジンの8人タッグ。
ヨネ、力皇、彰俊、平柳vsバイソン、キース、ヒーロー、カスタニョーリ。
これが半端なく面白かった!!
ガイジン4人組がノリノリで楽しそうで、特に4人並んでのビッグブーツは、今までのNOAHではあまりなかったもの。
しかもこの4人はいずれも長身!やっぱりプロレスにデカいカイジンは必要です。
日本人組は平柳ばかり。集中攻撃を浴びても奮闘したが、最後は合体技に沈む。
しかしこの試合は、本当に楽しかった。メジャー団体の、ヘビーの日本人vsガイジン。
昔の全日本が甦った感すらありましたね。またやってほしい!

第3試合終了後、お楽しみ抽選会。なんか急いで仲田龍がやっていて盛り上がらず。
まあでもそこはおまけですから。

第4試合で注目のシングル、秋山-丸藤。
30分必至、なんて昨日書いたけど、半分ぐらいで終了。
っていうか、いい試合だったとは思いますし、見所はいろいろあったんですけど、
これを後楽園でやってしまうと、どうにも緊迫感に欠ける。
やはりビッグマッチに相応しいカード、後楽園に相応しいカードってあると思う。
いろんな考えがあると思うけど、ある意味今のNOAHのトップどころのシングルなわけで、
これを後楽園で、しかも30分で、セミの前にやってしまうのは残念だった。
試合はやたら打撃で攻める丸藤、しのぐ秋山、という構図だったが、
実はこの試合、丸藤は1度も大技を成功させていない。不知火はエプロンのも含め3度未遂。
ポールシフトもこらえられ、あんなに空回り(技が決まらない、という意味で)する丸藤は珍しい。
光ったのは要所で決まる秋山のヒザ。秋山はヒザとエクスプロイダーとフロントネックぐらいしか出してない。
最後は圧巻。両者の激しい攻防の中で向かってきた丸藤にカウンターで強烈なヒザが入る!
観衆驚愕の一撃だったが、さらに秋山はすかさずスタンディングのフロントネック!!
ヒザで十分なダメージだった丸藤は抵抗すらできず、ただ落ち行くのみ。レフェリーが止めて終了。
本当に秋山の恐ろしさが見えた。
まあ、ここでNOAHヘビーが負けたらどうなるという意識もあったと思うが、事実上丸藤を完封。GHCシングルへ向けて再発進。
丸藤は動きは文句なかったが…てかトラースキックは何度も何度も秋山の顔面を捕えたが…
逆にそういう打撃技が秋山に火をつけてしまった。今後はまずジュニアに専念してほしい。

セミは森嶋・青木-真壁・本間。NOAHと新日本の対抗戦です。
新日本の観客も多く、真壁への声援もあったが、やはり彼らにはブーイングの嵐。
ただ、真壁組はヒールとは何かわかってますね。さんざん観客のヒート(稔じゃない)を買った上できっちり(?)反則負け。
青木が腕攻めで本間を追い込んだが、それを取り逃がしたのが痛かった。
森嶋は圧倒していたが、最終盤いなくなってたなあ。
でも、殺伐としててよかったです。でも実はそれほどでもなく、NOAHファンもブーイングを楽しんでました。

そしてメインはグローバルタッグリーグ優勝決定戦。
杉浦・谷口-高山・佐野。
焦点はたった1つ、谷口がどこまでやるか。
でも、その焦点が消えるほど凄まじかったのが高山・佐野組の攻撃。
谷口を長時間捕獲し、攻撃しまくる。意外とバリエーションも多い。
ソバットとヒザの連係も出た!
谷口は奮闘していたとは思うが、いかんせん何も観客に伝わらない。
やられっぷりが悪く、受けがうまい他の選手と比べてあまりに不恰好。
かといって攻撃も声が小さいし、畳み掛けられない。
パートナーの杉浦が手本となって攻撃をしているのに、一体何をしているのか、と言いたくなった。
もちろん高山佐野の攻撃は圧倒的だった。佐野最強説、なんて言われてるけどあまり冗談には聞こえない。
それぐらいとんでもない攻撃力でもって攻めており、杉浦ですらそれは止められなかった。高山も復調したなあ…
だから、決して谷口だけを責めるわけではないのだが、この試合の重さをもうちょっと理解していれば、
もう少し粘れたのではないかと思う。事実、このリーグ戦で森嶋、潮崎を降した必殺の右ハイがフィニッシュではない。
そういう部分からも彼がまだまだだということです。
しかし佐野は素晴らしかった。年齢も結構いってるが、まだまだできる。佐野を売り出さないといけないNOAHも苦しいが、
実力は十分備わっている。古巣・新日本とかの対抗戦にもいいんじゃない?
試合後のインタビューでは高山が「王者組に挑戦させてやるよ」という完全上から目線。
佐野の実直なコメントも素晴らしかった。佐野コールで最高に盛り上がった大会は幕を下ろしました。

ということで、非常によかった、満足度の高い大会でした。
やっぱりプロレスはいいですね。NOAHも苦しいけど、こういう大会を見せられると、
また行こうという気になります。
でも一番衝撃的だったのは、後楽園のグッズ売り場の一角に、新日本のチケットを売るコーナーがあったこと。
そういう時代なんですかね…

で、終了後アミーゴ先輩と水道橋の居酒屋で飲んでいたら(冒頭の続き)、
なんと斎藤彰俊が来店!!どうやら関係者との打ち上げを行う様子。
私の席の後ろは通路で、すぐそばを通ったんですが、当然話しかけられず。
巨大なスーツケースと、さほど高くない身長が印象的でした。
ちなみにやたらプロレスファン率の高い居酒屋でした。普通のチェーン店なんですけど。
というわけで楽しい日曜の午後でしたよ。
競馬?ああ、どうでもいいや。

にほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

明日はNOAH後楽園/競馬は2重賞。

2010-01-24 01:11:00 | プロレス
明日はNOAH後楽園ホール大会。
タッグリーグ決勝は杉浦・谷口-高山・佐野。
どちらもリーグ戦無敗という戦績での決勝。
この面子ならかなりゴツゴツした戦いが見れそうではあるが、
いかんせん特に実績のない、また私が常々酷評している谷口が一枚落ちる。
でも!ここは逆にその谷口を浮上させるチャンスでもある。
ファンも会社も本人も、そう心得ているはず。
だから、明日は谷口の日になればいい。無理やりでも何でも、結果を残すことで、周囲の見る目は変わってくる。

他には真壁が登場し、森嶋とタッグながら対戦。
ブロディvs鶴田が21世紀に甦るか!?
あとは秋山-丸藤。かつてGHC選手権を武道館でやったこのカードが、後楽園で30分。
あの時はいい試合ではあったが正直印象が薄い。
明日はフルタイムドロー必至だが、タッグリーグに2人とも出ていない分、いい試合を期待したい。

-----

今日の競馬では中山菜の花賞、京都若駒Sと単勝1倍台の圧倒的人気の1番人気馬が敗退。
特に京都のルーラーシップにはガッカリ。
直線入ったところでスムーズにいけなかったのもあるが、どうも道中から動きが鈍い。
最後はよく追ったし、クラシックでもやれそうではあるが、
勝ったヒルノダムールに上がりで0.5差もつけられており今はあと一歩か。

勝ったヒルノダムールにもクラシック活躍の予感がビンビン。
なかなか面白そうなクラシック戦線ではあるが、皐月賞まではまだ3ヶ月ある。
じっくりと追いかけていきたい。

明日はAJCC。
まー、GⅠ馬が3頭いたりしてる割にはとてもGⅡとは呼べないレベル。
キャプテントゥーレもなんだかんだで怪しそう。58㌔は辛い。ルメールも昨秋以降はマジックが出てない。
1番人気になるのだろうが、極めて怪しい1番人気。この明け5歳世代のレベルの低さも気になる。
有馬最先着のマイネルキッツは59㌔、2200は4戦全着外、中山未勝利。1つも買える要素がない。

デルフォイは父もこのレースを勝っているし、新馬戦ではフォゲッタブル、アドマイヤメジャーを降している。
54㌔と恵まれた中山金杯が評価されすぎてる感はあるが、7ヶ月休養明けなのに積極的な競馬は良かった。
その再現ができれば、このメンバーなら突き抜ける可能性はある。
トウショウシロッコを本命にさっきまで考えていたが、よく見るとこの馬57㌔では7回走ってたった1度も連対がない。
中山は得意のイメージもあるが17回走って2勝しかしてないのも事実。あっても2着までだが、思い切って切る手もある。

ネヴァブションも58㌔ではややしんどいか。相手からは外せないが…
これなら中山では堅実なゴールデンダリア、単騎逃げのベルモントルパンでも勝負になる。

というわけで①→⑧⑥⑨④②。相手は期待度の高い順。

京都は平安S。何よりウォータクティクスの復調に期待したいが、
よくぞここまで、というぐらい逃げ先行馬が揃った中では、得意の形には持ち込みにくい。
ただ、藤田が無理にいかせないのであれば、それはそれで面白そう。強引にいかなくても勝機はある。
何としてもフェブラリーには出てほしい。
あとは先行勢を見ていけるダイシンオレンジ、単騎で楽にいければ当然アドバンスウェイ、
前走GⅠ3着ロールオブザダイス、
爆穴で1800に戻って面白そうなメイショウシャフト石橋守。

⑪→⑤⑨④⑥

明日の競馬!!

2010-01-22 23:11:11 | 競馬
明日の競馬は土曜日ながら楽しみだ。
特に京都10Rでは若駒ステークス。
重賞でこそないが、過去にはアグネスゴールド、ディープインパクト、アンライバルドなどが勝ったレース。
今年も好メンバーがそろいました。
なんといっても出走10頭中、新馬勝ち馬が半分の5頭。
まずエアグルーヴの仔、父も絶好調キングカメハメハのルーラーシップ。ディープの再来との声まであるが…
ここをあっさりならば、かなりいけそうな気はする。勝ちタイムが不安な人も多いだろうが…
ヒルノダムールはラジオNIKKEI賞は期待を裏切り4着。それでもヴィクトワールに0.2なら今回は十分主役級。
ゴールスキーも大物感たっぷり。デビュー戦で降したのは先週の京成杯で4着のフラガラッハ。ゴールドアリュールの半弟。
さらにダノンスパシーバは2戦目京都2歳でVピサの0.3差3着。前走負けたのはフェアリーS1人気3着のテイラーバートン。相手がすごい。

たぶんこの4頭のどれかだとは思うが…あと、
エクセルサスは時計が平凡なのがどうか。NIKKEI杯は0.3差6着。差し比べになりそうなレースでどこまで。
むしろ怖いのは武豊、松田国厩舎、金子真人馬主と強い馬の条件がそろったビーチランデブー。
中京とはいえ2000の新馬戦で2着に0.9差。時計だけで見るなら一番。ただ、前走が負けすぎではある。
あとはファイブイーグルか。今回単騎逃げが濃厚。中段から後ろの馬が牽制しあうようなら、自分のペースで行って、川島が粘りこむ。

こんなところで。
中山はアレキサンドライトS。昨年カジノドライヴがまさかの参戦を果たしたレース。
あれから1年。カジノよ、今はどうしてる。
ここはロラパルーザに逆らう手はない。でも前走同級2着のマイディアサン、小回り得意連勝中のケイアイコンセプトも。

京都メインの羅生門Sはクイックリープ。羅生門といえば芥川龍之介。龍(竜)が名前につく和田が逃げる。
相手は当然3戦3勝ナムラタイタン。マハーバリプラムというのも見逃せない。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ  にほんブログ村 競馬ブログへ

蝶野が新日本退団だそうで。

2010-01-21 23:58:26 | プロレス
NOAH、今度は田上ね。
社長御自ら欠場ですか。
もう何とも思わないや。第一線の選手でもないし。
それよりも、開幕から欠場している伊藤のほうが気になる。
こっちは「体調不良」とあっただけで、NOAH公式では何もアナウンスがない。
というか冬はケガしやすいし、体調崩しやすいし、大変な時期なんですけどね。
まあ選手の皆さんには体調に気をつけて頑張ってほしいものです。
いっそのこと、全員欠場で興行中止とかないですかね。
いざとなれば私がリングに上がります。(←コラ)

それよりもプロレス関連では、
新日本の蝶野が退団とか。
まあたぶんケガのこととかもあって蝶野から申し出たんでしょう。
また、自分の価値を考えると、新日本という枠の中にはいれないんだと思います。
決裂とかトラブルとか悪い話ではないと思いますが、
超大物のフリーというのも今のプロレス界っぽいね。
去年も一時期はベルトに色気を見せていたけど、
そこの流れには今の新日本では入れないというのもあると思います。

でも新日本の会場に行けば、棚橋や中邑はもちろんだけど、
蝶野の人気というのも絶大なんですよね。
また、私はレスラーとしてはこれっぽっちも認めていませんが、
キャラクターという部分においては現役選手では比類なき存在だと思います。
だからCMとかで普通に使われるわけであって。
そこも使って芸能面もやっていこうということですかね。
ある程度勝算ないとあの年齢でフリーってのはできないですからね。