デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

ダービー回顧。久々的中/虎引き分け。

2009-05-31 21:01:18 | 競馬
ダービーはロジユニヴァースが勝利。
的中したのも当然うれしいんですが、やはり横山ノリ騎手の15回目でのダービー制覇に感動しました。
ウイニングランでの脱帽、そして礼。インタビューでの安堵の表情。
もちろん自分が馬券的中したからこそなんですけど、ノリ騎手が勝って本当によかったです。

雨は予想以上に強く、馬場が極悪の状態。
とはいえ、皐月賞1・2番人気馬が惨敗から復活のワンツー、
3着も重賞勝ちのあるアントニオ。4着も府中大好きナカヤマフェスタ。
決して意外な結果とは言えないものでした。
確かに先行有利、切れ味勝負の馬には分が悪いのは確かでしたが、
それはないだろうという結果にならなかったのはさすがダービー。

ロジユニは期待通りに先行、リーチザクラウンも自身が一番力を発揮できるスローでの逃げ。
確かにハマった感は強いですが、実力あるからこその先行なだれ込みでした。
最後アントニオがリーチに迫ったときは焦りに焦りましたが、なんとか逃げ切り、
馬単78倍をゲットできました。

アンライバルドは馬場も不利でしたけど、最初からしばらくかかってましたね。
気性面が悪いほうに出てしまいました。
雨じゃなかったら勝っていた、と思う人もいるかもしれませんが、
どんな環境でも結果を出せるのが一流馬。そういう意味では彼はまだこれからなのかもしれません。

案外だったのがセイウンワンダー。見どころなし。
アプレザンレーヴも何であんなに支持されたのかがわからない。
ゴールデンチケットには一瞬だけ夢を見させてもらいましたけどね。そう簡単にはいきませんでした。

個人的にダービー的中は久々だと思います。
(応援馬券としてウオッカの単複を買ったことはありましたが)
たぶんジャンポケ-ダンツフレーム以来じゃないですかね。
この調子で(と思って買った目黒記念は外しましたが)、
春のGⅠシリーズもあと少し、また当てていきたいです。
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

-----

タイガースは引き分け。
どうにか金本で負けを免れた感じ。
パ首位日ハムに負けなかったからよかったのか…勝てる試合を落としたのか…
能見は点を取ってもらった後に取られてはいけない。
打線も7回以外毎回の17安打で見事に12残塁。
連打も少ないと点になりませんなあ。
狩野のリードもちょっと行き詰っている感じ。
打撃がいいので(今日も3安打)、DHあるときは狩野をDHにして、
たまには清水でも捕手で使ってみましょうよ。
悪かった5月も終わり、6月からまた巻き返していきましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

第76回東京優駿[日本ダービー]。

2009-05-30 20:12:10 | 競馬
何だ今日の日ハム戦の解説。誰かわかんないけど、2人で好き勝手しゃべって。
少し黙れ。
パリーグの試合ではよくわからん解説者が多い。去年は確か若菜あたりに憤慨した。
もう2点取られたし。後は音声消して見る。坪井を見れたのはよかった。

それはさておき、いよいよ日本ダービー。
3歳若駒たちの総決算レース。
それほど考える時間はありませんでしたし、毎年恒例の「ダービー出走全馬コメント」もできませんでした。
しかも、ステップレースの皐月賞、NHKマイル、青葉賞、プリンシパルS、いずれもそんなに詳しくは見ていないんです。
信じられるのはもはや勘?
さらに東京は今週雨ばかり。明日も強くはないにせよ雨の可能性が。馬場は緩くなっているはずです。

さて予想。有力馬の欠点を先に言うのはあまり好きなやり方ではないんですが、
アンライバルドには一抹の不安があります。
大外枠は気になりませんし、父も兄もダービー馬。
ですが、勝った皐月賞が問題。直線坂の前で一気に伸び、突き抜けた瞬間は、どんだけ差がつくんだと思ったら、
ゴール手前では案外伸びず(もちろん人馬とも抑えたとも見れるが)、勢いだけなら2着3着馬のほうが優勢。
事実、上がり最速はトライアンフマーチに譲りました。
つまり、そこから見えたアンライバルドの真の姿は、「2000が限界ではないか」というもの。
切れ味があるのは認めるけど、それを持続できるのかどうなのか。
さらに馬体重がデビューから変わっていない。調教後馬体重もあまり変わらず。輸送でさらに減るようならいよいよ怪しい。
つまり、府中2400を乗り切れるかどうか、非常に怪しいということです。一瞬の脚だけでは、府中の直線は勝てません。
とはいえ基礎能力の違いはあるので、○より下には評価は下げられません。

アプレザンレーヴが2番人気。ただ、さっき青葉賞VTRを見てたけど、ダービーで期待できるようなものではなかった。
スローを中団から差し切った内容は良いが、直線でモタつく姿からは有力馬らしさは見えず。タイムも平凡。
毎日杯負けたことで青葉賞がメイチの状態だった可能性もある。府中が合うのは理解できるが、△まで。

ロジユニヴァースを見直したい。東スポではやたら印が少ないが今3番人気。皆巻き返しに期待。
こちらも父ネオユニ。再び1枠1番を引いて、ノリ横山も腹をくくるでしょう。
そう、逃げるのです。腹くくって逃げた時のノリの強さを知らない人はいません。
雨で渋る馬場は、圧勝の弥生賞を思い出す。もちろん逃げなくてもいいんですけどね。雨ならむしろ最内がいいのかも。
そして何より皐月賞は調整に失敗してマイナス10㌔。ところが今回は調教後514㌔。抜かりなし。
関東馬Vの期待も込めて◎。

○はアンライで、▲には雨でも切れるセイウンワンダー。グラスワンダーが3歳時万全でも出られなかったダービー。
息子が父をダービー馬の父にします。岩田、内田と有力馬に乗る騎手に育ててもらったワンダーが、逆転で恩返し。

☆は超絶爆穴ゴールデンチケット。ダート勝ちしかないが、毎日杯含め芝2着3回。
皐月後、地方交流で勝ってダービー滑り込み。しかもそこで3歳ダート最強のスーニに土をつけた実力。
キンカメ×サンデーのダービーサイヤー配合もこの馬だけ。川田騎手、森厩舎。匂う。

△は上記アプレザン、トライアンフマーチは人気になって幸四郎がどうなのか。一応押さえる。
リーチザクラウン、ブレイクランアウトは1度の大敗で見限れるような馬ではない。
ちょっと印が多くなったけど、それだけ迷っているということです。ナカヤマフェスタ、シェーンヴァルトも府中向きで怖いが…
◎から馬単勝負。

そして、最近なんとなく始めたのが「1-2-3馬券」。
騎手の名前に注目。今回は角田晃「一」・福永祐「一」・北村友「一」→藤田伸「二」→「三」浦皇成。
これで3連単を買う。幸四郎は4着というわけです。(←?)

さあ、ダービーを楽しみましょう。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

長澤まさみカルピス画像。

2009-05-30 01:27:16 | IDOL
このブログ、金曜日は定休日になってしまってますね。
今日は築地で寿司を食った後、渋谷で飲んでさっき帰宅。

で、その渋谷駅で、ついに見れました。
長澤まさみのカルピスの広告。
↓こちら↓
http://www.calpis.co.jp/royal/gallery.html

美しいです。メイクとかいろいろあるんでしょうが、
やはり素材が良いのでしょう。顔はやはり大きいが
6月3日で22歳。そろそろいいんじゃないですか。(←何がだよ)

ヒントでピントのあの人。

2009-05-28 23:03:45 | 阪神Tigers
ドームで、帰りの電車で、
タイガースの勝利を祈ってましたが、見事に負けてしまいました。
昨日の良い試合を今日につなげられない。今年のタイガースが弱いわけです。
3回6回8回と、もっともっと点が取れる状況で結局2点。
特に8回は狩野痛恨の併殺打。見てないけど甲子園が猛烈なため息に包まれたはずです。
打線も一時期よりは取れるようにはなっても4点が限界。
安藤も投手を含む6番以降の下位打線に打たれまくり。これでは…
なんかね、こう、救世主というか、ムードを変えてくれるのはいませんかね。
ブラゼルもいいけど、誰か飛び出してこないかな。今日ドームで讀賣見てたけど、若手が躍動してましたよ。
虎2軍は強いんだ、もっともっと若手を登用してもいいはずです。

-----

私の生まれた秋田県では私が高校生になる1992年まで、民放が2局しかなかったので(フジ系と日テレ系)、
テレ朝の番組というのは基本的に見ることができなかったのですが、何種類かは放映され、
テレ朝やTBSなどの番組は東京などでの放送時間とは大幅に異なる日時で流れていました。
(例えばブームとなったTBS『高校教師』『ずっとあなたが好きだった』は深夜12時頃の放送でした)
そのフジ・日テレ系以外でも一番楽しみだったのは、テレ朝系の『クイズ・ヒントでピント』。
私の記憶が正しければ、私の実家の方では日曜昼12:30とかぐらいにやっていたはずです。
小さいころはよく見ていました。

そして、私が小さい頃は女性軍のキャプテンであったのが中島梓さんでした。
髪が長く、お世辞にも美しいという印象はなかった方でしたが、
おそらく私が「この人は作家という職業の人なんだ」と初めて認識した人だと思います。
その後降板、再登板があり、栗本薫さんと改名し、いつしか番組自体が秋田では終わっていました。
(その後テレ朝系放送局が開設され、ヒントでピントも再び見れましたが、キャプテンは代わっていました)

本というものを全く読まない私にとって、作家という職業の人は全く興味がないので、
中島梓・栗本薫さんは私にとってヒントでピントの人なんです。
そしてその番組は私の小さい頃の思い出として一生記憶に残り、
中島・栗本さんも他の出演者の方と共に、一生記憶に残る人になるでしょう。
今頃は天国で司会の土居まさるさん、おっかさん(小林千登勢さん)と再会してるのでしょうね。
ご冥福をお祈りいたします。合掌。

7回今岡が点火!逆転で快心の勝利!球児圧巻の三者三振!!

2009-05-27 21:44:10 | 阪神Tigers
まず私の今日一番?の感想。
「えらくストライクゾーンの広い球審だこと」 
どっちに有利ということもなかったけど、特に低目を取ってましたねえ。

それにしても今日は快心、痛快、最高の勝利です。
昨年日本一、さらに宿敵石井一先発の西武に逆転勝ち。
7回集中打、下柳好投に球児の三者連続三振。たまらない勝利です。

そして、何よりも、
生え抜き選手が大活躍でしたよ!!
終わってみればヒットは全て生え抜き選手。
移籍選手も多いタイガースですが、やっぱり生え抜きにも頑張ってほしい。

7回は火をつけたのが「眠れる虎」今岡。ヘッドスライディング2塁打。やはりみんな今岡が好き。
狩野送って代打桧山が今季初タイムリーで同点。
さらに赤星のバントで石井一をまさにノックアウト。
関本のタイムリーで逆転。関本はやっぱり外せない。最高の脇役です。
鳥谷がヒットで続き、ここまで生え抜き選手のみで活躍。
移籍組も負けられないと金本押し出し、新井犠飛。
打者9人4点の最高のラッキーセブンでした。F1セブンじゃないよ。

投げるほうは下柳。3回以外走者を出し、決して良く見えなかったのですが、
また、投手に打たれたのはいただけないけど、ベテランらしく試合を作りました。
先日の完封もそうだけど、下さんが抑えれば打線がどうにかしてくれます。

アッチも好投、そして9回は球児。
ランナー2人出し、無視1・2塁。多くのファンに昨日の悪夢が甦ります。
やっぱりダメなのか。球児はどうしたんだ。
ところが。
そっから何かが乗り移ったのか、逆に憑き物が取れたのか、
まさにのストレート。
圧巻の三者連続空振り三振。
本当に凄かった。これが、藤川球児。堪能しました。

これで昨日の嫌な負けを1日で振り払い、交流戦5割に。
特に西武に、石井一に勝ったというのが大きかったですよ。
やはり西武は強いですからね。
このいい流れで明日も勝ちたい。生え抜きも、移籍選手もみんな虎。全員で勝ちましょう。

<追記>
今日はCSで見てたけど、後から気づいたがNHKBSでもやってたんですね。
でも解説が解説としては3流の鈴木K氏。CSで見てよかった。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

私の見てないところで追いつかれ、勝ち越され。

2009-05-26 22:00:10 | 阪神Tigers
今日は19時過ぎに家に着いたので、
それからテレビつけてみたら2-1。葛城が逆転タイムリーだったと。
そのまま江草の好投や、まこちゃんの三振なんかを見ているうちに、
今日予定の整体に行く時間。20:20~21:00家を空け、ケータイも見れない状況に。
そんで整体終わってケータイ見たら2-2。
さらに家についてテレビ見たら2-3。

がっくりですよ!!

毎日頑張っている救援陣を責めたくはないし、打てなかった打線も悪いんだけど、
それでも今日はさすがにジェフと球児は責められて仕方ない。
1点しかリードはないが、その1点を守ってきたのが、ジェフであり球児であるはず。
それを守れないのなら、抑えとして用はなさない。
本調子でないのはわかるが、守護神であるなら1点でも守ってくれ。
打線も打てなかったが、じゃあ何点あればリリーフを果たせるのか。
1点でも守ることが役目です。
2人の投球はほとんど見てないからあとやめますけどね。

でもまあ打線も逆転後がなかったなあ。毎回走者で11残塁。バント失敗もあった。
まだまだだなあという感じがします。
でも、まだまだとか、チーム状態が云々と言ってる間に、もうすぐ5月も終わるんですよ。
シーズンを9月一杯までとしたら、もうすぐ3分の1終わるんです。
そのあたりもうちょっと考えてほしいですね。
負けたのに長く書いちゃった。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

久保の移籍後初勝利は新井が呼んだ!逆転3ランで虎連勝!!

2009-05-25 21:27:52 | 阪神Tigers
久保の移籍後初勝利の味は必要以上に味わい深いものになりましたね。
9回裏はあまりにも刺激的なスパイスでした。
球児は球威は抜群なんだけど、コントロールが悪かった。
久保も「ホッとした」と言ってましたが、私も葛城が捕球した瞬間も心底ホッとしました。

久保は打線の援護がなかったのもあるけど、やはり先に点をあげては勝てない。
何故ロッテが出したかと思うぐらい素晴らしい投手なんですけど、微妙に詰めが甘い感じがします。
でも今日は6回どうにか2点でこらえたのが、新井の逆転3ランを呼びました。
これを契機に先発の柱として、勝っていってもらいたいですね。

6回は久保に勝たせる執念でしたね。
1・2番が出てクリーンアップが返す野球の基本。
金本、新井で4点でした。特に新井は今季1番の仕事なんじゃないですか。
ブラゼルが来るということで、逆に今のレギュラー陣に刺激があるんじゃないですかね。
ところでブラゼルは何番でどこを守らせる気なんだろう。
でもその影響を一番受けるであろう葛城が今日スタメンでヒットに好守。
競争はいいことです。

球児はやや心配ですが、ストレートは来ているので、
あとは制球の微調整でしょうね。でも球児が安心させてくれないと。

さてこれで連勝。交流戦になって息を吹き返しつつあると思いたい。
3連勝して、日本一西武に挑みましょうよ。

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

オークス回顧。ブエナ2冠。

2009-05-24 21:25:09 | weblog
タイガースは雨天ノーゲーム。
雷鳴ってましたね~
まあでも今日の福原の状態からすれば、流れてよかったのかもしれません。
ロッテ小林も良かったですからね。
前向きにとらえましょう。

さてオークス。
ブエナビスタが最後差し切り桜花賞とあわせて2冠を達成しました。

正直、私はブエナの圧勝だと思っていたのですが、
最後4コーナーからゴール前まではヒヤヒヤものでしたね。
桜花賞同様、内に入れるのか外に出すのか騎手が迷ったようで、
外に出したはいいが今の府中は外はあまり伸びない。
それが結果着差がつかなかった原因でしょうけど、ゴール寸前の逆転という、
私の想定とは違ったレースになりました。
それでも上がりはただ1頭異次元の33秒6。伸びないはずの外でこれですからね。
距離の不安は安藤騎手が見事に折り合って解決。母ビワハイジが1600まででしか勝ってないことや、
そもそもこの馬もこれまで1600までしか勝ってないことを理由に、もたないのではとも思う人もいましたが、全然問題なかったですね。

というか2着レッドディザイアが最高の競馬しましたよ。
桜花賞といい、今回といいブエナを追い詰めた実力、実は彼女も希代の名牝なのかもしれません。
距離も全然大丈夫でしたね。ブエナさえいなければ、彼女が牝馬三冠だったでしょうね。
というか、あまりに頭の悪い2ちゃんねるの競馬板の馬鹿住人たちは、ハナ差しかつかなかったから弱いとか書いて、
何があっても叩くしか知らない猿みたいな頭脳を披露してますが、
レッドも強いんですよ。ブエナが弱いんじゃない。レベルが低いわけでもない。

結局馬券は馬単にしましたが、一番上がって5.0倍。これならまあいいかなと思ったら、
配当は4.4倍。憤慨。雨が降った影響もオッズにはあまり関係がなかったようです。でも3連単はやめて正解でした。
的中したからまあよかったと思いましょう。少しプラスにもなったし。
着順と人気もほぼ似通っており、実力がそのまま反映されたレースでした。
3着まで桜花賞と一緒なんて珍しいですね。

ブエナは凱旋門を目指すようなことが言われてますが、
秋にどこかでウオッカと対決しませんかね。最高に盛り上がりますよ。
ジャパンカップとかなら可能性あるかな。見たい。

さて次はダービー。
皐月賞3強は明暗がハッキリしてしまいましたが、府中2400になったことでどうなるのか。
さらにそれらを脅かす勢力は出てくるのか。
一週間、また悩みたいと思います。

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ