デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

日米野球。

2006-10-31 22:43:16 | weblog
スポーツから政治・経済・芸能、いろいろ書きたいことが多すぎて困ってます。
ただ今日はちょっと簡単に。
日米野球の問題です。問題、というのはファン投票や監督推薦で選ばれたのに辞退する人が後を断たないことです。
とにかく日本を代表するような選手が次々辞退していきます。我がタイガースでは藤川がファン投票での選出でしたが辞退しました。
これは非常に残念なことです。というか、辞退する選手側にもそれなりに言い分があって辞退するんでしょうから、仕方ない部分はありますが、要は日米野球というものの意味合いが薄れてきている、権威がなくなってきているのだと思います。
辞退した選手はそれまでのシーズンを(多少故障は抱えながらも)戦ってきた人たちです。最初っからケガ人を狙って選んでいたわけではありません。でも、辞退する選手はつまり、「シーズンは戦った。ケガを押しても戦った。でも日米野球はケガを治したいから出ない。」と言いたいわけです。ハッキリいってしまうと、日米野球には「出たくない」んだな、ということでしょう。シーズンはちゃんと試合していたんですから。それから1ヶ月足らずで行われる試合には出られないハズがありません。ですから出たくないわけです。
わがままな選手が増えたもんだな、と思う反面、日米野球は特に出る価値のあるものではなくなってきてるのかもしれません。アメリカがどういう選手を送り込むのかわかりませんが、選手からすれば出たからといって何か名誉になる、あるいは勉強になるそういう場だとはならなくなってきたのでしょう。もはや日米野球は強いアメリカに日本が挑戦するような図式でもなくなりました。シーズン後ですからどれだけ真剣勝負になるかも疑問です。そろそろ見直しの時期なのかもしれません。

武道館観戦記。

2006-10-30 22:33:03 | プロレス
10・29NOAH日本武道館大会の観戦記です。

まず、昨日も書きましたが、メインのGHCヘビー級選手権、王者丸藤正道-挑戦者KENTAの1戦、これは最高でした。1月に敗れている丸藤がリベンジ戦としてKENTAを指名して行われたわけですが、その1月の時よりもさらに熱い試合となりました。
序盤から激しい動きとなりましたが、場外を使い始めたあたりから一気に盛り上がります。特に丸藤の場外・鉄柵超えケプラーダは自分もノドを鉄柵に打ってしまう一撃。自分のリスクも省みない攻撃でした。で、この時KENTAは眉間あたりから流血。それもまた試合に熱を加えました。そして中盤あたりからはKENTAが押します。血で染まった顔には鬼気迫るものがありました。特に花道からジャーマンを狙うあたりの顔が自分の席からよく見えたんですが、この試合を何が何でも取るんだ、という凄い表情を見せてました。で花道やエプロンでの技の掛け合いはKENTAが制し、場外へのファルコンアロー。会場からは悲鳴に似た歓声が上がりました。このあたりから私の心臓もドキドキしっぱなし、もう興奮が止まりませんでした。完全に2人の構築する世界に引きずりこまれ、「次はどうなるんだ、何が出てくるんだ」というワクワク感でいっぱいになります。
さて中盤からKENTAは一気に勝負をかけますが、丸藤もなかなか攻めきらせません。華麗な技が目立つ丸藤ですが、受けや守りに入った時の強さも大したものです。特にKENTAの必殺技、go2sleepになかなかいかせなかったのはさすが。逆にKENTAがそれを決めた時は勝ったか?と思ってしまいましたが。
最後10分ぐらいはどちらに試合がいってもおかしくない状況。蹴りで勝利を狙うKENTAでしたが、丸藤も蹴りで対抗、さらにコーナー上での攻防も見ごたえ十分。特に最上段からのKENTAのタイガースープレックスが決まった時は丸藤が壊れたかと思いました。しかし何をされても死ななかった丸藤が最後は不知火・改から新技・リストクラッチ式フイッシャーマンズドライバーにつないで勝利。1発の重みが勝敗を分けましたかね。
この2人は試合を通じてとにかく「動き」があるから面白い、そして我々の想像を超えることをやってのけるから驚きが大きくなります。昨日の試合は肉体的にも極限までいった試合でしたが、2人の頭脳も極限までいったのではないでしょうか。
正直、今のプロレス界でこの2人の攻防を超えるプロレスは見られないと思います。ヘビーの重厚なぶつかりあいとはまた違って、動きまくって相手の技を読みまくって時には受けまくって試合を作り上げていく。まさに「奏でる」プロレスとでも言いましょうか、あの2人だからこそ出来上がる試合でした。
ジュニアの2人がヘビー級の選手権試合をすることには批判的な意見もあります。が、あの2人にとって舞台はそれほど意味があるものではないと思います。どういう試合をするか、どうやって観客を魅了するか。それがあの2人にとって大事なのかもしれません。今後のNOAHの切り札的カードになっていくでしょう。あの90年代全日本の三沢-川田のような意味を持つ試合に育っていくでしょうね。
ただ、昨日テレビでも見ましたが、やはり昨日の試合は現場で見たほうがよかったと思います。テレビでは今ひとつ迫力が伝わりませんでした。ヘビーの試合ならいいんでしょうが、どうしても「軽さ」は否めませんからね、「動き」を堪能したいならやはり会場で見るのがいいと思いました。

そして、これはどうしても書きたいのですが、昨日の試合を見て、もう迷わないことにしました。プロレスが最高です。
最近、大仁田議員絡みの裁判でプロレスにはシナリオが云々という話が出たり、巨大掲示板ではプロレスを見てもいないような連中が勝手な書き込みをしています。腹の立つことも多いのですが、これからはもう胸を張って言えます。
「プロレスは最高である」と。
丸藤-KENTAの試合は見た自分に自信を持たせてくれました。ありがとう。
プロレスを好きで本当に良かった。そういう自分に誇りを持たせてくれる試合でした。


さて、メイン以外の試合は特に書くことがありません、というかハッキリ言ってひどかったです。メインに救われましたが、カネを払って見る価値があるのは数試合だけでした。
特にひどかったのはセミ。三沢・小川・鈴木組に高山・佐野・杉浦組という6人タッグ。武道館のセミが地方でも見られそうな6人タッグという時点で十分おかしいのに、内容まで最悪でした。まるでやる気が見られない。三沢組は鈴木が捕まっても見てるだけ。三沢・小川絡みの試合はもはやカネを払って見るものではありません。試合時間だけがダラダラと長く、攻防に何のメリハリもなく、時間と共にどんどん会場は盛り下がっていきます。三沢はこの現状をどう捉えているのでしょうか。昨日NOAHを初めて見た人はとてもつまらない団体に思えたはずです。メインがなければ私もあとNOAHは見なくてもいいや、と思っていたことでしょう。正直、三沢には失望しかけています。危機感を持ってもらいたいものです。
そして、その他でも残念なことが。全試合を通して一番元気良く見えたのが第1試合に出た最年長の百田だったのです。NOAHには若手も中堅もいますが、一番声を出して頑張っていたのは百田でした。特に若手は声が全く出ていない。折角の武道館で何やってんだ、って感じでした。他は潮崎がちょっと良かったくらいですかね。第2試合のジュニア4人のタッグ戦も期待はずれ、第6試合の秋山・橋組と森嶋・ヨネ組のタッグトーナメント出場権争奪マッチも全くの期待ハズレ。
とにかく観客の雰囲気がメインを待ちきれないというのもあって、他の試合への反応が悪かったのも確かですが、それにしてもメイン以外は話になりませんでした。
観客も7~8割の入り。間違ってもNOAHの発表した15000人超満員ではありません。アリーナ席でも空席がチラホラ見えましたからね。カードが弱かったからでしょう。満員ならもっともっとメインも盛り上がっていたのに、残念です。今まで何度もNOAH観戦記を書いてきました。NOAHをベタ褒めの記事も多かったと思います。が、昨日はメインはともかく、それ以外は地方・武道館含めて最低の興行でした。このままではNOAHはまずいです。丸藤-KENTAを乱発するわけにはいきません。他の選手がもっともっと頑張らないと。大好きなNOAHだからこそ、あえて厳しいことを書きましたが、今後の改善を期待したいと思います。

10・29NOAH武道館。最高。

2006-10-29 22:11:41 | プロレス
予定通りNOAH日本武道館大会、観戦して来ました。
メインのGHCヘビー級選手権、
丸藤正道-KENTA。
とてつもなく素晴らしい試合を見ました。

今日は言葉になりません。明日その他諸々含めて改めて観戦記を書こうと思います。
ただただ、感動しました。プロレスの面白さを存分に味わいました。
興奮がなかなか冷めません。プロレスを好きでよかったです。
今日(日付は明日)即日放送でNOAH中継は丸藤-KENTAをやります。
もし、見れる方は見て下さい。深夜ですので、ビデオに録ってでも見て下さい。
そこには想像を絶する世界があります。
2人の奏でた35分34秒。あまりに凄かった。

-----

競馬・天皇賞は本命・対抗が逆でハズレ。ダイワメジャーをもっと信頼していれば…。△を打ったスウィフトカレントが2着にきていただけになおさら惜しまれます。メジャーは強い競馬しましたね。先行押し切りですか、自分で競馬作って勝ちきれるのは大したもんです。距離もベストでした。2着はスウィフトっていうか2着大好き横山典先生でした。たまたまなんでしょうけどね、こうも2着が続くとある意味こわいですね。最後よく切れました。アドマイヤムーンもいい末脚を見せてくれましたが、ちょっと馬群をさばくのに時間かかりましたかね。スイープは嫌な予感的中でした。東京は合わないようですね。でもいいレースでしたよ。

天皇賞・秋。

2006-10-28 22:55:52 | 競馬
天皇賞です。正直、あまり相性のいいレースではありません。
今回も非常に難解だと思います。特にスイープトウショウの扱いに困っています。実績的には一番ですが、東京では勝った事がないという点や、休み明けいきなり勝った反動はないのか、など心配な点もあり、信頼しきれません。ダンスインザムードも距離が微妙に引っかかります。コスモバルクは使い詰めとそれぞれ上位人気馬には不安点が多いのも事実なんです。
そこで今回の予想なんですが、以下のようになりました。
◎アドマイヤムーン…切れ味勝負ならこの馬。札幌記念を勝ち、成長もうかがえる。2000までなら信頼でき、不安は斤量くらい。ディープ回避で乗れることになった武が持ってくる。
○ダイワメジャー…前走で左回りにメドがついたのは大きい。あまり好きな馬ではないが、このメンバーなら勝ち負けはありそう。
▲スイープトウショウ…実績は文句ないが…上に書いたとおりの不安点があることからこの評価。あっさり勝つこともありそうだけど。
☆サクラメガワンダー…なんとなく好きなんですよね。グラスの子だし。前走もそれほど差はなく、一発大駆けがあってもいい馬。
△ダンスインザムード…勝ちはなくても連対まではありそうな気が。
△スウィフトカレント…横典先生、また2着か。
△アサクサデンエン…人気がない時に激走しそう。

馬単で。バルクは切ります。頑張ってほしいけど。

あさってはNOAH武道館。

2006-10-27 22:08:28 | プロレス
NOAHの10・29日本武道館大会が迫ってきました。
すでにチケットも押さえ、当日の観戦が楽しみなんですが、
今回は完全にメインのカード1本に絞ってきましtね。
メインはGHC「ヘビー級」選手権。
カードは王者・丸藤正道に挑戦者・KENTA。どちらも「ジュニア」のウエィトの選手です。それがヘビー級選手権を戦う、前代未聞の試合になりました。
で、その他のカードはこれといったものはなく、普段の地方興行と大して変わりないものとなりました。
これはちょっとと残念でして、NOAH武道館は今やプロレス界の一つのブランドです。もちろん丸藤-KENTAの試合は1月に続き最高の試合をやってくれるのは間違いないんですが。それ以外のカードに興味をそそられるものが全く無い、というのはおかしいと思います。選手の数が増えた今、所属選手を全員出すためには6人タッグとかを連発しなければいけなくなっていますが、武道館というビッグマッチで、果たしてそれが必要でしょうか?若手は多少試合に出さなくてもいいと思います。その上で魅力的なカードを2つ3つ用意する、その方が客も楽しめると思うんですよね。
もちろんどんな形であれ、NOAHでは最高のプロレスを楽しめますが、武道館という年に数回しかない晴れ舞台、お祭り的要素はあっても構わないと思います。今後の武道館のマッチメイク、もう少し配慮してほしいな、と思いますね。

-----

それと明日の競馬、京都11レースGⅡ「スワンステークス」では何と。我らがネイティヴハートとステキシンスケクンが共に出走、直接対決です!!
ネイティヴは知ってたんですが、まさかシンスケクンも出るとは!どんなレースになるのか、そして2頭の勝敗のゆくえは?楽しみですね!!

日本ハムが4連勝で日本一に!!

2006-10-26 22:39:25 | weblog
日本シリーズは日本ハムが一気に4連勝で制し、見事日本一の座を勝ち取りました!!
おめでとう日本ハム!おめでとう札幌!
素晴らしいチームが素晴らしい勝利、感動しました!

今日は先行される展開でしたが、なんとスクイズで追いつくと、セギノールが勝ち越し2ランを放ってリードを奪い、さらには「MVP」稲葉のホームランでダメ押し、4-1で中日を下しました。
今日のポイントは中日が再三先頭打者を出すのですが、それをダルビッシュがよく耐えて踏ん張ったことでしょう。ダルの好投が勝利を呼びましたね。守りから攻めに流れをうまく作ることができました。バント・スクイズといった小技の成功も見事でした。なんとなくですが、この4連勝、中日がやりたかった野球を日本ハムがやってしまった、という感じです。そしてハムには勢いがありましたね。札幌のファンの後押しもありましたが、そのファンのため、そして引退する新庄のため、いろんな点でハムの気持ちの方が勝っていた印象です。
対する中日は実力を出し切れないままハムの勢いに流されました。実力は上、でも短期決戦、流れをつかむことができませんでした。特に荒木の不調、福留・タイロンにもう一本が出なかったこと、それが残念でしたね。投手陣はよく頑張ったとおもうんですが。ただ、何でも中日には「シリーズで山本昌が投げて負けた後は勝てない」っていうジンクスがあるらしいのですが、それが図らずも実証されてしまいましたね。ポイントはやはり山本昌でした。
それにしても私の予想はアテになりません。去年も今年も競馬も外しっぱなしです(悲)。

以上、日本シリーズ雑感ですが(実は他にもいろいろ書きたいことはあるけど、それは胸にしまっておきます)、結果として第5戦で終わってしまい、やや見る側としても不完全燃焼でした。札幌で決まり、新庄が引退、というハッピーエンドではありましたが、もっともつれるシリーズを見たかったですね(阪神が出てないからそういうこと言えるんでしょうけど)。でもこの5試合はいずれも熱戦で試合としては面白かったです。
それにしてもこれで4年連続ですか?パの覇者が日本一になったの。セ・リーグ、しっかりしろ!と言いたい気持ちです。来年はシリーズの舞台に阪神が立ち、そして日本一に輝くことを願って、終わりにします。

日本ハム王手!!

2006-10-25 23:25:13 | weblog
日本シリーズ第4戦はまたしても日本ハムが取り、3勝1敗。これで日本一に王手をかけました。
今日は両チームともチャンスが多く、勝負はそのチャンスを生かせたかどうか、でした。中日は2度もあった満塁のチャンスを逃したのが痛かったですね。っていうか、日本ハムが金村を(もちろん金村自身も)勝たせようとしてリリーフ陣が踏ん張ったと思います。問題を起こした金村をこの大舞台で勝たせたい、その気持ちが中日を上回る原動力になったんじゃないでしょうか。対して中日は札幌の雰囲気に飲まれているといえば大げさかもしれませんが、ハムの流れの中でもがいてる感じがします。特に荒木の不調は残念ですね。
さて、これで日本ハムにすればあと1つ勝てばいい状況になりました。しかももう1試合札幌でできるのは大きなアドバンテージです。完全に勢いに乗った今、明日の胴上げも有り得るでしょう。対して中日は明日の川上に全てを託すしかありません。ただ、明日勝てればナゴヤに戻れます。気分的には全く五分になります。明日が中日にとっては最も大事な試合になりました。セ王者の踏ん張りを見たいところです。
それにしても札幌ドームの日本ハムファンの応援はすごいですね。盛り上がりだけなら甲子園にもひけを取らないと思います。ああいうファンに支えられてるから、今のハムの強さがあるんでしょうね。キレイな球場ですし、一度行ってみたいですね。

-----


今日はZARDの15周年記念ベストアルバムの発売日。
買ってしまいました。ベストはあれこれと出してる人ですけど、15周年ということでDVDなんかもついて気合の入った作りになっています。新聞(朝日・讀賣)にも物凄い広告出しましたしね。ただ、今日渋谷のHMVで買ったんですが、あまりZARDのコーナーには人が寄っていませんでした。悪く言うつもりはありませんが、正直下降線を辿ってるアーティストであることは確かですからね、ベストといっても反応は鈍いかもしれません。
かく言う自分も「ある曲」が入っていなければ買っていなかったと思います。超好きな曲が入っていたので購入を決意した次第です。最近の曲は知らないのも多いのでこれからじっくり聴こうと思います。

私はドコモです。

2006-10-24 21:42:15 | weblog
日本シリーズ第3戦は日本ハムの勝利。1回裏に今まで当たりのなかった小笠原にタイムリーが出たのが大きかったですね。その後の武田&武田の投球も見事でした。中日は1回裏谷繁の野選が痛かった。ちょっと焦ってましたかね。朝倉はいい投球をしたんですが、打線に粘りがありませんでした。これで日本ハムが1つリード。札幌のファンが大きく味方してますね。短期決戦、全ての試合が大事なんですが、明日は本当に大事になりそうです。

-----

今日から携帯電話のナンバーポータビリティ制度が始まりました。
電話番号を変えなくても携帯電話会社を変えられるという制度ですが、
果たして使う人いるんですかね。
私は全く予定してませんし(ドコモです)、メルアドは変えなくてはならないなら絶対に会社を変えることは無いと思います。
電話よりもメールの方をよく使いますしね。
携帯各社(といっても3社ですが)はいろんなサービスを開発してしのぎを削っているようですが、私からすればあまり意味のある事のようには思えません。
これからどれだけの人がナンバーポータビリティを使うか分かりませんが、あまり大きなブームにはならないと思います。
それよりそろそろ機種変更したいですね。今のケータイ使い始めてから2年半になります。そろそろ新しいのが欲しくなってまいりました。
ドコモの903が出たらそちらにしようかと思っております。

佐藤さん。

2006-10-23 23:13:34 | weblog
前福島県知事を逮捕。

佐藤福島県前知事が逮捕されました。
福島県に4年住んでいた者としてはちょっと残念です。
真実はこれから明らかになるでしょうが、長く権力を(5期18年)持っていた方ですから、どこかに驕りがあったのかもしれません。
個人的には佐藤さんは良くも悪くもアクの強い、融通があまり利かないような、そんな印象がある人物です。
原子力発電所のプルサーマル計画に反対し、国からはあまり好かれていなかったかもしれません。
一番心に残っているのは、かつて「首都機能移転」が大きな話題になっていた頃、
首都機能を誘致したい県の知事が集められて移転に関する国の委員会で誘致についてPRをすることがあったのですが、当時の佐藤県知事もそれに出席していました(福島県は首都機能移転候補地に立候補して招致運動を進めていた)。その場で、佐藤知事はかなり自信満々なPRをしたらしく、国の委員の人から、
「(そんなに自信満々で話して)もし、万が一誘致ができなかったらどうなさるおつもりですか」みたいな質問を受けたんですね、そしたら佐藤知事は、

「万に一つも(失敗するとは)思っておりません!!」

と言い放ったんです。かなり強い口調で。
こりゃ相当スゴイ人だな~と思ったものです。あれから10年近く経ちますかね、首都機能移転の話はあっさり消えてしまい(小泉前首相の意向だと思われる)、佐藤知事の意欲もなくなってしまったようです。いい思い出です。

他にも書きたいことが1つあったんですけど、忘れちゃって思い出せないのでここまで。

菊花賞終わる。

2006-10-22 22:33:50 | 競馬
菊花賞、メイショウサムソンの3冠はならず、しかも勝ったのは8番人気のソングオブウインドという結果に終わりました。
アドマイヤメインが逃げるという展開でしたが、4番手あたりにいたサムソンが早めに1頭だけ抜け出してメインを捕まえにかかります。これが3冠へのプレッシャーなのでしょうかね、私にはちょっと焦って出たように見えました。類稀な勝負根性も1頭だけ抜け出したのでは発揮できません。結局4着。3冠は消えました。
勝ったソングオブウインドはいい馬なんですが大外枠を引いたので消しちゃったんですよね、後方待機から一気の末脚、見事でした。しかも上がり33秒5と一頭だけ次元の違う脚を使い(他は皆34秒台)、かのセイウンスカイをも上回るレコードで勝利。おめでとうございます。エルコンドルパサーの仔としては初GⅠですね。パサーの仔はいい馬が多いだけに亡くなったのが改めて惜しまれます。
2着ドリームパスポートはあの馬にとっては最高の競馬をしました。競馬に勝って勝負に負けたとでも言いましょうか。横山典騎手は4年連続2着。運がないんですかね。
我が本命フサイチジャンクは勝負どころで置いていかれて15着に大敗。春からの成長が無いのか距離の問題なのかわかりませんが、ちょっと今後が心配な成績です。騒がれた馬だけにこのまま終わってほしくないんですけど。

-----

日本シリーズは昨日中日、今日日本ハムが勝って1勝1敗。いずれも勝負どころは「1塁が空いている」場面での選択でした。昨日は歩かせて打たれた日本ハム、今日は歩かせないで打たれた中日。野球は難しいなあと改めて感じました。
それにしてもテレビ中継、昨日も今日も新庄ばっかり。引退するから仕方ないんでしょうけど、あれじゃあ日本シリーズじゃなくて新庄シリーズですよ。しかも解説陣やゲストも喋り過ぎ。それが気になりました。