デラシネ(deracine)

阪神タイガース・NOAH・BUCK-TICK・酒場・鉄道など

10月14日、大井競馬場にて。西島まどかさん。

2015-10-20 21:41:59 | 競馬
さる10月14日、TCK大井競馬場で行われた「ハイセイコー記念」に関するイベントに、
我らが西島まどかさんが出演するというので、仕事の後、ナイター開催中(トゥインクルレース)の大井競馬場へ行ってきました。
その時の模様を軽くレポートします。
西島まどかさんは競馬番組や、最近はNHKBS「スポーツ酒場語り亭」、BSTBS「夕焼け酒場」などに出演されています。


当日はモノレールの大井競馬場前駅から歩いて行きましたが、北門までの間は馬房の匂いがしましたね。
道が暗い、駅からの階段が急な上に立派ではない、このあたりは改善してほしい・・・

駅から3分ぐらいで北門へ着いて100円で入場券を買いますが、この時点で既に19:00、残り4レースぐらいです。
でもサラリーマンなど中心に、多くのお客さんが入っていきましたね。

↓北門。京急立会川駅方面が正門ってことになるのかなあ。


大井競馬場はおそらく15年ぶり2度目。前の会社の上司に連れてきてもらって以来ですね。その時のことはあまり覚えていませんが、
指定席で見てたらお客さん同士のトラブルがあったのを今思い出しました(笑)
↓パドック。右側にパネルがありますが、今年は斎藤工と剛力彩芽がCMに出ています。


さて私のお目当ては西島さん。競馬はほとんどやらずに西島さん。
この日は19:10からのハイセイコー記念予想トークショーとして登場。競馬場内のイベントステージの上に出走表が。


そして西島さんが登場するのですが、生ではWINS汐留などで見たことがありますけど、結構前です。ひさしぶりの生まどか。
しかし、開始前に写真撮影は禁止、とのアナウンスがあったので、こりゃ写真はダメかあ、と諦めていたのですが、
始まると皆さん撮っているし、スタッフも止めてない!なので黙認状態なのでしょう、写真は撮りました。
つうかtwitterにもUPしましたが、特に問題はなかったですね。
↓最初は遠めに控えめに私も撮っていました。お客さんはそんなに多くなく、あっさり2列目。ただ、相手の柏木集保さんを見ながらのトークなので、こっちはあまり顔が向きませんでしたorz


少しズーム。西島さん痩せましたね。そして細い。折れそう。顔もかなりシャープになりました。でも美しい。そして美脚。


もう少しズーム。柏木さんのハイセイコーにまつわるトークも面白かった!柏木さんも大好き。UHFの「中央競馬ワイド中継」ずっと見てましたからね。


正面見た時2枚。手に持ってるのはハイセイコーが弥生賞に出た時の競馬新聞のコピー。抽選会の賞品に付くとのこと。


あまりに美しい・・・



↓これは柏木さんが「おっとっと、パンツ見えますよ」って言ってる、のではなく机の上の物が風で飛びそうになったとき。
ちなみにヒザが見えるスカートでしたが、危険なシーンはありませんでした。(そりゃそうだ。チッ・・・)


トークショーは20分ほどで終了。面白かったし、美しさを堪能しました。
この後、ハイセイコー記念の表彰式のプレゼンターもやるので、まだ帰れません。
なので競馬場を見て歩きます。

これはハイセイコーの銅像。競馬史上初のアイドルホースはここ大井競馬の出身。そこから中央へ移りスターになります。
競馬を、暗めのギャンブルだったのを大衆化させた立役者の1つがハイセイコー、競馬を女性にまで広めたのが武豊とオグリキャップ。



観覧席に出てみます。夜の競馬場は異様な雰囲気でテンションが上がりました。写真ではお客さんチラホラ、に見えますが結構いましたよ。
イベントしたり照明が輝いたりしていますが、結構「鉄火場」「地方競馬」の雰囲気も場内では多く見かけました。


↓画質が悪くわかりにくいですがイルミネーションが輝いています。ただこれはレースの時には消えます。


大井はグルメも充実、晩御飯に「もつ煮込み丼」を食べましたが、ちゃんとした本物の使い捨てでない丼で出てきて、しかも超旨かった。
甘みがあって、タクアンに紅ショウガもついてきて。ビールが進みました。また食べたい。画像なしです(笑)

さていよいよメインレース、ハイセイコー記念。2歳馬によるマイル戦です。美しいお姉さんたちが登場しての生ファンファーレ!!
後ろのゴール版でわかるように、今年は地方競馬の祭典JCBが11・3大井競馬場にて行われます。剛力彩芽も来場します!


レースは勝てば2歳統一G1(JRA・地方)の全日本2歳優駿への優先出走権が手に入るとあって、他地区の強豪も参戦。
激しいレースになりましたがトロヴァオ号が優勝。人気が薄いのが2着か3着に来て私は的中せず・・・


そしてお待ちかねの表彰式。20:20過ぎに始まりました。まずは我らが西島まどかさん登場!!馬の着ぐるみも歓迎!!


美しい脚。そして挨拶。大井にはよく来ている、向こうのスタンドで飲み食いしながら買ってます、とのお話。今度一緒に是非。(←不可能)


関係者の登壇を待ちます。後ろには賞品や花束を渡す係りの美しいお姉さんたち。


勝利騎手インタビュー。を見詰めるまどかさん。この本田騎手はあまり多くを語らない人でしたが、最後の直線は気迫あふれる追い込みでした。


花束を渡します。バックショットも美しい。なお馬主は中央競馬でもお馴染みのキャロットファーム。生産も中央でも最強のノーザンファーム。それだけ見れば中央でもG1取れそうなイメージ(笑)


みんな揃って記念撮影。


騎手とツーショット、と思いきや、馬の着ぐるみも加わって、騎手はさぞかし無念であっただろう。てか牡馬のほう、寄りすぎだ!!


ということで大井競馬場と西島まどかさんを楽しんできました。
競馬はほぼやめましたが、夜の競馬場はいいですね、仕事帰りでビールもうまい。
職場からも小1時間、帰宅も45分ぐらいで、便利がいいです。また来ようと思います。

それにしても・・・美しかったです。西島さんお疲れさまでした。

2014有馬記念。最後に笑え。

2014-12-28 00:18:09 | 競馬
今年も有馬記念がやってまいりました。
去年はオルフェーヴルとウインバリアシオンで取ったっけ。

今年、記憶が正しければここまでG1が当たっていないはずです私。
なので、もう有馬記念は買いたい馬を買う。そう決めました。
というか原点に立ち返ってね。
自分が初めて有馬記念を当てた時、3歳のグラスワンダーが勝ったときでした。
それから、有馬は3歳のレースだと思っています。

◎ワンアンドオンリー。3歳だから、そして長距離のヨコテンが怖い。調子落ちはない。
○ゴールドシップ。凱旋門の後はここに絞ったのがいい。普通に走れば勝てる。
▲フェノーメノ。唯一の関東馬。中山だって走る。ステゴ産駒は押さえたい。
△ジャスタウェイ。中山に勝ちがあるのは大きい。引退すんの?しないの?
△エピファネイア。JCのあの強さを見せられたら外せない。
☆爆穴はヴィルシーナ以外にない。単騎先行ができそう。ローテも抜群。

さあ、有馬記念を楽しみましょう。

競馬予想記事はこれで最後です。今までありがとうございました。


11月30日、東京競馬場でジャパンカップを生観戦!!

2014-12-01 22:48:47 | 競馬
11月も終わりの30日は昼過ぎから府中の東京競馬場へ行き、
ジャパンカップ(JC)を見てきました。

行こうかどうしようか迷っていましたが、
「これで今年の府中も終わりだよな・・・」と思い、天気もまあまあで、行くぞと南武線へ。


競馬場、混んでましたね。
府中は何度も行ってますが、ダービー、JCは初めて。
入場券を買いに行ったらなぜか自販機はクローズ、で手売りだけ。
ところがその手売り窓口で記念入場券が全ての人に渡されていました。ありがたい。


自分が今まで見たうちで一番大きいレースは2008年の天皇賞・秋、ウオッカvsダイワスカーレットの時かな。
でもこの日は15時現在の入場者数がJCの前に発表されてなんと10万人!!


これだけの人を一度に集められるスポーツイベントはやっぱり競馬だけ。




最近はネットでの投票が多くなっていますが、この日の豪華メンバー、やはり生で、って人が多かったのでしょうね。
盛り上がりも凄まじく、興奮しました。
レース途中までは(笑)

レースについてはノーコメント。エピファネイア、そして騎手スミヨン。見事でした。
折り合いに苦労してるなと思ったら、4角あたりでピタリと折り合っていい位置に。
そして目の覚めるような抜け出しと末脚。圧勝でした。
私が推したハープスター、デニムアンドルビーは不発。直線入って、2頭が並んで外に持ち出した時は、思わず叫びましたが・・・
つうか馬よりもスクリーンばかり見てた気が。
2、3着はジャスタウェイ、スピルバーグと、終わってみれば今年G1を制している牡馬。
結局強い馬の強いレースだったということですね。
土曜の雨の影響か馬場状態もいまひとつだったようで、その分切れ味を身上とする牝馬には厳しかったか。
(ノーコメントの割に長くなった・笑)

↓スタート前の様子。15:00ぐらいから雲が厚くなって、天気がよいとは言えないJCでした。見ていたのはゴール前300メートルぐらいの地点。


スタート直後。眼前を走り抜けていきます。やっぱり生観戦はいいですね。



帰りは電車が混むのでゆっくり帰ろうと思い、まずJCの表彰式を見て、
その後寒くなってきたのでスタンド席からワールドスーパージョッキーシリーズの表彰式を眺めてました。
WSJSは日本人の天下だったようですが、JCでは外国人のスミヨンにやられましたね・・・

JC表彰式にはNYヤンキース・田中将大投手、そして台湾人女優のリン・チーリン様が登場。

リン・チーリン(林志玲)はこのJCのスポンサーであった時計メーカー「LONGINES(ロンジン)」のイメージキャラも務めておられるので登場。
あまりの美しさに参りました。JCよりもそっちのほうが思い出として・・・
え?あれで40歳なの?!年上?!(JC前日の29日が誕生日だった)


写真をいくつか。っていうか、写真のピントが全部、手前の群集のほうに合ってしまってるんだ・・・
ロンジンのデジタル大時計。これは東京9R、キャピタルステークスの時のタイム。


表彰式。右から5番目に田中マー君投手。競馬好きとしても有名ですね。その3人左がリン・チーリン様。


JC優勝騎手スミヨンとリン・チーリン様の記念撮影。わかりにくい・・


最後にもう1度ロンジンのデジタル大時計。JCの勝ちタイムです。手前コース上には吹奏楽団の皆さん。
外国の競馬でも大レースには大きなスポンサーがつきますね。日本でもどんどんやるべき。




さて、これで私の今年の競馬場生観戦も終了です。今年はあと関東では中山開催だけですが、中山はちょっと遠いので・・・
今年は府中と福島とで計4、5回行きましたかね。競馬からは徐々にフェードアウトしようと思っていますが、
やっぱり生観戦の迫力は捨てがたい。競馬は面白い。馬券もね、当たれば楽しいし。


そんなJC観戦でしたが、行ってよかったです。
帰りは府中本町駅への通路が混んでましたけどね・・・でも電車もあまり待つことなく乗れて。
疲れたけど競馬場へ行くと結構歩くのでいい運動にもなりました。オッサンかよ。オッサンだよ。


そして、このブログでの競馬予想ですが、
あとは年末の有馬記念の予想を書いて(12/27予定)、あと予想記事は終了にします。来年以降もです。
理由:あまりに当たらないから


12月はG1も有馬以外に3つぐらいありますけど、有馬だけにします。
もちろん競馬は続けていきますし、全国の競馬場も巡りたいので、生観戦は記事にするかもしれませんが、
予想記事はあと1回だけ。その有馬記念、大いに盛り上がってほしい。有力馬の陣営の皆さん、パスするんじゃないよ!
このJCも有力馬がこぞって参戦して盛り上がりましたからね。
競馬を盛り上げるのはファンももちろんだけど、馬がいないと始まらないですよ。
関係者の努力に期待します。

2014ジャパンカップ。日本馬は豪華。

2014-11-29 23:49:11 | 競馬
ジャパンカップです。
外国馬は申し訳程度に3頭参戦。来年から賞金額が上がるようだけど、
どうなんだろう、JCの魅力はもう外国馬にはないのではなかろうか・・・
騎手はよく来る時代になったけど・・・

それに対して日本馬は豪華なメンバー。
これは楽しみです。しかし馬券になるのは3頭のみ。
JCは5歳の連対や勝利もあるにせよ、やはり3歳か4歳、そして近年の傾向は牝馬強し。
となれば軸としてはもう、この1点しかない。
◎ハープスター
○デニムアンドルビー

斤量差のぶんハープを上位としたが、デニムも昨年ハナ差で2着の実績がある。
ハープは調教が良くなかったことが気がかりだが・・・川田の意地をここで見せてほしい。
デニムは天皇賞を叩きに使った。相変わらずの末脚はあるので、そこに期待。

▲はジェンティルドンナ。5歳牝馬の秋である分割り引いたが、候補に変わりはない。

牝馬3頭による決着が濃厚とみる。
ただし、イスラボニータ、フェノーメノは押さえたい。
今年のダービー馬ワンアンドオンリーは当然怖いのだが、菊花賞から1ヶ月、どれだけ状態が維持されているか。

エピファネイアはスミヨンになって、距離も伸びて当然怖い。しかしこのJCの舞台でどこまで我慢できるか。
外国馬ならアイヴァンホウ。久々に斤量理論を持ち出すが、60キロ背負って2400のドイツG1を勝っている。
タイムは全くダメだが、57キロなら羽根が生えたように感じるのではないだろうか。

牝馬以外の、名前挙げた馬たちは3連系買うときの押さえに。

爆穴なら唯一確実に逃げると思われるサトノシュレンしかいない。鉄砲実績もある。

良いJCを。

2014エリザベス女王杯。

2014-11-15 21:40:59 | 競馬
女王杯は過去何度か当たってるけど、相性がよくないレースには変わりない。
ほとんどのレースの相性がよくありませんけどね(笑)

簡単にいきましょう。
常識的にはヌーヴォレコルト、ショウナンパンドラ、ラキシスの三つ巴に、
前哨戦勝ったディアデラマドレ、牡馬相手に好走のアロマティコあたりが絡む形。
まあ、その5頭で書いた順に◎○▲△△でいいと思うんだけど、
それではつまらないので、
先行が予想されるヴィルシーナとブランネージュ、その後ろにホエールキャプチャと前の馬、
さらにルメールが乗るキャトルフィーユ、ここで復活レッドリヴェール、
こんな感じでどうだろうか。

有力馬が軒並み同じような位置取りになりそうなのに対してこの5頭は前のほうにいける。
というわけでこの5頭のBOX。三連複でいいでしょう。

問題はメイショウマンボなんだけど、京都でこその馬が前走京都で大敗ってのはどうも・・・
これであとスマートレイアーとかに勝たれたらお手上げ。でもさすがに追い込み馬の外枠はキツイ。

一応しるしは、
◎ヴィルシーナ
○キャトルフィーユ
▲ブランネージュ
△ホエールキャプチャ
△レッドリヴェール

以上。穴狙いです。
やる気がないので(笑)

爆穴☆はフーラブライド。酒井って買わないと来るから。

2014天皇賞・秋

2014-11-02 00:18:10 | 競馬
天皇賞・秋です。
いま、JRAのCM「G1Story」で2008年の天皇賞・秋を取り上げていますが、
あれから6年経つんですね。
あの時は東京競馬場で生観戦。
最高に興奮したレースでした。あれ以上の興奮は競馬では味わっていませんね。
ウオッカとダイワスカーレットの対決、2頭の馬単往復を持っていた自分には最高でした。
正直、競馬は外れると、どんな名勝負でも興奮しません。

秋天はそのレースを最後にたぶん当たっていませんね。

今年はG1馬も6頭集結、その他も面白い馬たちが多いですが、
正直勝ち負けになりそうなのは5頭ぐらいです。
というか、有力馬はどれもこれも一長一短。
その中から、
◎デニムアンドルビー…府中が似合う馬。最も崩れる危険性がない。充実の4歳秋。調教も良かった。
○ジェンティルドンナ…終わったのか、それとも得意の府中で復活するのか。戸崎がやってくれよう。
▲スピルバーグ…ローテ的には最も好感が持てる。今年もまだ3戦目。
△あとは横一線。実力的には申し分ないが、
エピファネイア、フェノーメノは久々、イスラボニータは外枠でルメールがテン乗り、というリスクがある。
あとカレンビラックヒルが怖い。逃げそうな馬がこの馬だけ。スイスイ行かれると・・・

というわけで、2008年の再現。牝馬ワンツーの再現があると思っています。

爆穴☆はラブイズブーシェ。今年初めての府中でいきなり2着。左回りが実はうまい。まだ5歳。

ディサイファ、マーティンボロあたりも怖いけど、伏兵の域を出ず、印は回せませんでした。
明日は天気はいいようです。興奮するようなレースを期待しましょう。


競馬 ブログランキングへ

2014菊花賞。ダービー馬か、それとも・・・

2014-10-26 00:50:02 | 競馬
過去10年の連対馬とか見ても、
当たった記憶が、ない。

とことん相性の悪いレースである。
なので予想は簡単に。

まー、ダービーから神戸新聞杯やセントライト記念の組か、
条件戦勝ちあがりの上がり馬の組か、ってところだけど
ダービー馬、神戸新聞杯も勝ったワンアンドオンリーに絶対的な強さはない。
並の馬では連勝はムリなのであっさりもあるだろうけど、2.9倍という微妙なオッズがワンアンドへの評価である。

◎は皐月賞1番人気2着、ダービー2番人気5着で涙を飲んだトゥザワールド。
セントライト記念2着はおそらく新潟や左回りがダメだったのか、いずれにせよ今度は京都。3戦3勝の庭。
ずっと乗り続けている川田が結果を出す。

○は敬意を表してワンアンドオンリー。ノリさんがどう乗るかにも注目。
▲はすっかり脇役どころか端役に成り下がったトーセンスターダム。しかしこの馬も京都無敗。1発がある。

△には神戸組からサウンズオブアース、ヴォルシェーヴ、ハギノハイブリッド、上がり馬からゴールドアクター。

☆爆穴にはダービー3着のマイネルフロストがなぜか13番人気・・・大知が1発やってくれよう。

基本的に夏以降2戦以内の馬から選んだ。菊花賞はスタミナ比べのレースとは思わないが、
やっぱり夏休んで1回使って、ってのが理想的。
その点、青葉賞の後早めに休んで夏に北海道で2戦2勝、2ヶ月休んで菊、というゴールドアクターは怖そう。
我らがグラスワンダー産駒のスクリーンヒーローが父、ってのもいい。先行もできる。
わーい、本命にしたくなってきた。



競馬 ブログランキングへ

2014スプリンターズステークス。

2014-10-04 22:50:25 | 競馬
秋のG1開幕戦。これから年末の有馬記念までビッグレースが続きます。
しかしこのレースは高齢馬が多い印象。

ならば3、4歳だけで馬券を組み立てたい。
◎コパノリチャード・・・G1馬です。高松宮記念を圧勝。それでまだ4歳。臨戦過程は気になりますが、あっさりがあってもいい。
○ローブティサージュ・・・G1馬がついに開花。久しぶりに秋山に手綱が戻り、爆発も大いにある。
▲レッドオーヴァル・・・これも夏に力つけた。元々素材は一級品。田辺の騎乗にも注目
△ベルカント・・・常識的には厳しい。それでも53キロ、武豊。これから伸びる3歳馬。1発がある。

3、4歳でいけばこの4頭。

あとはハクサンムーンの逃げ、グランプリボスの追い込みも当然警戒。
☆爆穴はハナズゴールを置いて他になし。豪州G1馬に登りつめた馬が日本のG1でも好走。唯一の外国人騎手。買うしかない。


競馬 ブログランキングへ



福島競馬場に行ってきました2014・夏。

2014-07-21 22:45:12 | 競馬
毎年夏恒例の福島競馬観戦に行ってきました。
今年は日帰りです。いつもなら観る前に泊まり、飲んで翌日競馬、ってパターンが多かったのですが、
今回は20日の朝早く東京を発ち、1レースから観て、終了後飲んで、新幹線で帰ってきました。

往復ともピンチになるところがあったのですが(笑)
まず朝、横須賀線が線路に人立ち入りで遅れ、あと5分遅ければ予定の新幹線ダメでした。
帰りも福島から新幹線乗ったものの動かず、8分遅れで発車。
実は旅費節約のために、新幹線は宇都宮までにしてあと在来線で帰ったのですが、
宇都宮から自宅に在来線で帰るための宇都宮ラストに間に合わなくなるところでした。
(仮に新幹線が大きく遅れてもおそらく在来線は待ったと思うけど)

そんなアクシデント?もありましたが、
競馬は楽しく、快適でした。天気があまり良くなく(てかこれで3年連続晴れてない)、
でも逆に暑くないわけですから過ごしやすかったですね。雨も時折小雨になる程度。
さらにこの日は大学の後輩2人も福島に集合し、3人でワイワイと馬券を買い、観戦しました。
やはり何事も、1人もいいけど同行人がいるとそれはそれで楽しいものですね。

馬券成績もまずまず・・・と言いたいところですが午前良くて午後サッパリ、という状況。
尻すぼみになったので収支ほどの満足感はありませんでした(笑)
でも福島2レースでは馬単95倍をゲット、午後唯一良かった中京9Rでは三連複万馬券(107.2倍)でした。
福島では1,2,3,5レースで馬単的中でした。
函館記念やバーデンバーデンカップというメインを取れなかったのがなあ・・・

昼の休憩時間にはタレントの中村静香さんのトークショーも。短いものでしたが、
司会進行がなんと西のほうの競馬番組でMCをやっていた石山愛子さんでした。
そっちのほうが見れてうれしかったかも。おそらく新幹線で私と同じ車両にいたはずです。
席後方にオーラが違う人がいるなあと思ったら・・・


終了後は福島の飲み屋に移動し(焼き鳥の「吉鳥」というお店。満員でした)、後輩のうち1人と飲み、
その後は新幹線の時間までカラオケをするという流れ。
楽しい日曜になりました。
競馬場ではビールは2杯。安い分量は控えめ、量が少なめの分安い、というカンジ(笑)
昼はもちろん喜多方ラーメンを食べました。しょっぱかったです。


指定席でも観ましたが、後輩2人は指定席ではなかったので、
結構スタンドで見ることも多かったですね。あと、初めて内馬場(コースの内側のエリア)にも行きました。
毎年夏の恒例行事、来年も続けたいと思います。
福島復興支援、なんて大層な気持ちではありません。福島が好きなので行ってるのです。
街は私が見る限り、普通です。変わりありませんでした。

以下、写真です。

競馬場外観。福島駅からは一般のバスで行きます。


コース風景。平坦小回り、ってのが定説ですが僅かながら坂もあります。


ローカル競馬場の午前、ってカンジ。天気は時折陽も差しましたが、ほぼこの空でした。


ゴール方向。三春駒がゴール板に飾られていました。


馬が走ります。生は迫力が違います。応援にもチカラが入ります。


パドック。今回はあまり見ませんでした。


内馬場広場。ドイツフェスタもやってました。子供たちもたくさん遊んでいました。トンボがもう飛んでました。


メインのバーデンバーデンカップ。バーデンバーデンとはドイツの地名。レースは外しました。


以上です。

競馬 ブログランキングへ

2014宝塚記念。3強なんですか?

2014-06-28 23:02:34 | 競馬
ジェンテイル、ウイン、ゴールド、皆前走から、って点では乗り替わり。
ジェンテイルは天気が、ウインは距離が、ゴールドは精神面が、それぞれ引っ掛かる。
ウインの距離はまあ、何とかなると思うけど。

でもドリームレースなんだから、思い切っていきたい。
◎メイショウマンボの出番。雨だし。
○フェイムゲームは北村がそろそろ結果出す。

この2頭に人気上位の▲ゴールド、△ウイン、△ジェンテイルを相手とする。
さらに△デニムアンドルビー、△ヴェルデグリーンも加える。

爆穴☆はヴィルシーナ。逃げたら面白いかも。
ホッコーヴレーヴも不気味だか、このメンバーでは苦しいかな。

雨か晴れか、明日はどっちだ!?