blog版 カードのお告げ=阿部ヒロの『近未来案内所』=

星座別今週の運勢は毎週日曜日更新。twitterでお知らせします。
対面鑑定のお申し込みはWebサイトへ。

お盆

2006-07-12 19:10:16 | 霊と作法
■盆(ぼん)■
1)仏教行事の『盂蘭盆会(うらぼんえ)』の略称。
2)本来は、古代日本に伝わる精霊祭(しょうりょうさい)という祖先の霊を信仰する御霊まつりが原型。
3)『盆と正月が一緒に来たよう』というと、賑やかで嬉しいことが重なるというたとえ。

____
◇期間:旧暦7月13日~7月16日、一般にはこれを新暦にスライドさせて行なうが、月遅れで行なう地方も多い。
◇準備:仏壇仏具の掃除、墓参り、粗霊(ご先祖さまの霊)へのお供物として、その土地の産物、故人の好物などを用意する。
◇本番:●花をしつらえる(盆花)。ここに祖霊が降り立つといわれる。いわゆる滑走路。
    ●盆だなを作る。ここでご先祖の霊をもてなす。屋外に作る場合と、室内(仏壇前、床の間、奥座敷)に作る場合がある。毎年新調する。スーパーなどにこの時期出るお盆のお供物パックや、茄子やキュウリでつくる馬や牛はここに飾る。
    ●迎え火をたく:13日の夕刻、家の前でオガラを燃やす。この光をたよりに祖霊はやってくる。海なら灯台、陸ならランドマーク。廻り灯籠や盆提灯もこの迎え火のひとつ。
    ●盆踊り:帰ってきた祖霊を歓迎する喜びを表現した踊り。古くは正装して輪を作り『南無阿弥陀仏』を唱えながら回ったとされる。そこに、全体の音頭をとるものが現れ、手振りが加わり、地方色が加わって、各地の民謡踊りに発達。右回りでおどるか左回りかは論議の別れるところ。
    ●送り火を焚き、精霊流しをする:最終日16日に、祖霊があの世に返るための案内の火を灯す。(京都の大文字焼きも、このひとつ)地方によっては、お供物を大小の船に乗せて川に流すこともある。
___
*新盆(にいぼん)*
かつて、過去1年以内の死者は、その魂(霊)がまだ荒々しいと信じられていた。現在でもそういう死者を出した家は特に盆棚なども丁寧につくり、迎え火には白張りの盆提灯をかける場合が多い。
コメント

厄年と厄落とし

2006-05-24 14:34:47 | 霊と作法
『私は前厄らしいのです。お祓いとかしなくてはならないのでしょうか…』
先日も、友人に聞かれたばかりです。
『家を買う予定なんですが、厄年なんです。大丈夫でしょうか?』と
相談された事もあります。
逆に芸能界では、『役(厄)がつく』から縁起が良い、と歓迎するそうです。

厄年の由来は陰陽道からですが、
生理的観点から言うと、体調が著しく変化しやすい年齢にあたります。
また、厄年に男女の別があるのは、
出産という生理条件が大きくかかわっているためです。

厄年は大人のものと思われていますが、子どもにも『厄年』があるんですよ。

昔は子どもはみな『7歳までは神様からの預り子』とされていました。
子どもがみな神懸かりというのではなく、
いつ神様のところに呼び戻されても不思議ではない、という意味です。
それほど、子どもの出生生存率は低いものでした。
ワクチンも、抗生物質もなく、小児医療などという言葉もない時代です。
だから、3歳まで無事に生きてくれた、5歳まで、7歳まで…と、
健康で育ってくれたことを感謝して、お祝いをしたのでした。
その名残が現在も『七五三』として年中行事になっています。

昔の人は経験から、人が生きる節目というか、健康上の変化を知っていたんですね。

また、30代以降の厄年は、特に社会人として責任ある立場に立たせられる時期でもあります。
男女雇用機会均等法の施行により、以前より女性も役職に就く機会が増えました。
そういう意味では、厄年の後半は男女の区別は、徐々になくなるかもしれません。

これまでの健康を感謝し、自分を喚起させる意味で、
ご縁の神社や仏閣にお詣りされるのは良い事だと思います。
ご祈祷をしてもらう事で,安心と同時に気が引き締まると言った人がいましたが、
これこそまさに『厄落とし』の根本ではないでしょうか?
知り合いの女性は、厄年に一念発起して『乳がん検診』を受けました。
これも『厄落とし』のひとつです。

身を慎みなさい、というのも『何かしてはいけない』のではなく、
『何かする責任のある立場になったのだから、慎重に』と解釈する方がよいでしょう。
さらに個々の生活に合わせて考えると、厄年の厄落としも選択肢はひろがると思います。




コメント (2)

パワーストーンチャームのリフレッシュ法

2006-04-24 16:57:45 | 霊と作法
パワーストーンの目的は、石そのものの持つ本来の力と身につける人の持つ潜在能力がシンクロして、プラスエネルギーを増やすことです。お互いのパワーがうまく循環するためには、人間だけでなく、石にも休憩が必要です。この石を休憩させる事を『浄化(リフレッシュメント)』といいます。

一般的に実行しやすい浄化法の主なものは、次の5つ。

1.流水浴/最もポピュラーな方法。水道水で数秒洗い流す。そのあとは、軟らかい布で水気をとり、日光あるいは月光浴。
<水晶(クリスタルクォーツ)、オブシディアン、ガーネット、トルマリンなど>

2.日光浴/朝日に10~30分あてる。太陽がなくても、午前中の光ならば大丈夫。ただし、透明水晶は、レンズの役割をして発火する危険があるので要注意。
<水晶(クリスタルクォーツ)、ルビー、マラカイト、サンストーン、など。>

3.月光浴/満月が最も効果があるとされるが、新月から満月までの月光あるいは夜気の中に、30分ほど置く。
<水晶(クリスタルクォーツ)、アメシスト、エメラルド、カルサイト、シトリン、ハウライト、ムーンストーン、ラリマー、ロードナイト、など>

4.水晶、塩(水)浴/強い邪気を帯びた場合に適しているといわれる。
水晶のクラスター(塊)のそば、あるいは上に、半日置いておく。<水晶(クリスタルクォーツ)、サルファー、デザートローズ、ターコイズ、トパーズ、ラピスラズリなど>
水洗い可能な石ならば、塩水に一晩つけておく。水に弱い石の場合は、盛り塩の上に白い和紙や自然素材の布を掛けてその上に石をおいてもよい。<コーラル、タイガーアイ、ブルレースアゲート、ラピスラズリなど>

5.植物浴/観葉植物や生花のそばに、石を置く。どんな石にも適している。

パワーストーンといわれるのもののほとんどは鉱石ですから、特に神経質になる事もないのですが、お守りとして多用される機会が多い、アゲート、ジャスパー、オニクス、カーネリアンは、その結晶の性質上、日光の当てたり水に濡れたりを繰り返すと、変色しやすくなります。これを了承の上、リフレッシュをしてあげましょう。当然、宝石としての価値が高い石については、浄化の際に別途注意が必要になります。また、ブレスなどのアクセサリーは、パーツにゴムやワイヤーを使用します。これらは永久にもつものではありません。定期的に点検をし、緩んだり弱っていそうなら、早めに修理に出すなどの対処が必要です。

ご不明の点は遠慮なく、お問い合わせ下さい。

コメント

春彼岸

2006-03-06 22:40:47 | 霊と作法
まもなく3月21日の春分。仏教ではこの日をお彼岸の中日(なかび/ちゅうにち)にして、お墓参りをします。

仏教では西方浄土といって、天国は西にあると信じられています。秋の秋分と同じくこの日は、太陽が真西に沈むので、その地(天国)が最も現世に近づき、なくなった人たちの魂が里帰りしやすくなるのだと、伝えられているのです。
お墓参りをするのは、そこに戻ってくるご先祖様を含め、亡くなった近しい人の魂を迎えにいく儀式のひとつでした。

よく『ご先祖様を大切にしましょう』とか『ご先祖様に顔向けができない』とか言いますが、どうしてご先祖様なのでしょう?
家はそんなに立派な家柄ではないから、ご先祖なんて‥‥という人もいます。家は長男じゃないからとか、女兄弟なので、ご先祖様参りはしない、という人もいます。

でも、考えてみてください。そういうあなたも木の股から産まれて来たわけではないでしょう。
法律の話をしているわけではありません。あなたを産んだ『母』と産ませた『父』も、それぞれの『母』と『父』がいたはずです。こうしてあなたの過去にさかのぼると、そこには膨大な数の『母』と『父』が並ぶことになり、その誰ひとり欠けても、今のあなたは存在しない事になります。

『ご先祖様を敬う』というのは、言い換えると『ご先祖様に感謝すること』であるというのは、そういう理由です。
大勢いるご先祖の誰かが生前関わった人の子孫が、実は自分のパートナーだったとか、親友だったとか、そういう関わりがあることも珍しくはありません。

そんな事を想像しながら、今年のお彼岸には、ご家庭のあるいは縁のあるお墓にお参りをしてみてはいかがでしょうか?


コメント

お札の納め方

2006-02-06 12:57:27 | 霊と作法
阿部様、お久しぶりです
もしよろしければ教えて頂きたい事があるんですが・・・
子供が昨年七五三でお札を頂いてきました、3才です
今、子供部屋にお奉りしてあるんですが、次回の7才の時に神社にお返しすればよいのでしょうか
その次の7才の時に頂いたのはどうすれば???
もしよろしければお札の取り扱い等の事を教えて頂けませんか、宜しくお願い致します。


先月、もりかさんから、こんなコメントが寄せられました。コメントでバックしようと思ったのですが、この件については他からも問い合わせがありましたので、ブログでアップすることにします。

お札は、『お返しする』ともいいますが、『納める』という言い方もあります。ここでは、『納める』に統一しますね。
七五三のお札も、安産祈願、交通安全祈願のお札も納め方は変わりません。
目安としては、1年経ったら、分けていただいた神社やお寺に納めます。

もちろん、もりかさんのように、
3歳の時にいただいたものを5歳のお祝いの時に、と考えられても、まちがいではありません。
大切なのは、子どもの健康で幸せな成長を願ってお参りされたのですから、
お子さんが元気に成長されたことに感謝をこめてお納めするのだ、という気持ちです。

阿部は学生時代、ある事を神社にお願いしました。いわゆる『願かけ』です。
お札もその時いただきました。
3年くらいかかったでしょうか?
おかげで、無事に願が叶い、なんとか感謝の気持ちを伝えたいと思いました。
必ず金品をおつけしなくてはならないというものではないのですが、
そのとき願がかなった事が本当に嬉しくて、
また自分が頑張れたのは多くの人たちのおかげだとも思っていましたので、
どうお礼を申していけば良いのか悩むほどでしたから。
せめて、総代として、願をかけた神社にささやかな気持ちを表したかったのです。

しかし、なにぶん学生の身。
アルバイトのお金で小さな日本酒の瓶をお持ちするのが精一杯でしたが、
当時の宮司さんは快く受け取ってくださいました。

また、引っ越しなどの家庭の事情で、お札のお奉りが難しくなってしまった場合も、
最寄りの神社やお寺に相談されると良いと思います。
大きな神社や、お寺では日を決めて『お焚きあげ』をしているところもあるようです。
ちなみに、お札、お守りには2種類あります。神社が分けてくれるものお寺が分けてくれるものです。
基本は、いただいたお札は、いただいた場所に納める。が、原則です。
神社のお札は神社に、お寺のお札はお寺に納めてくださいね。
コメント

お札の置き方

2006-01-11 16:11:35 | 霊と作法
以前、車の運転安全祈願をした方が、
いただいたお札を、大切にクローゼットにしまい込んでいた事がありました。
せっかくのご利益がこれでは届きません。これは運転される車の中へ。
運転中の視界を阻まないところにきちんと納めてくださいね。

というわけで、今回はお札の置き方に、ついてです。

神社でいただくお札は、いろいろあります。
この時期多いのは受験合格祈願のお札でしょうか?
勉強をする部屋のあるいは、西の方角にお奉りします。
適当な高さの棚があれば、その上を片付けて、
白い紙を敷いた上にお奉りしてさしあげれば、良いですね。
竃(かまど)の神様である荒神(こうじん)様は、キッチンに。
住まいの地域の氏神様のお札は、玄関のドアの上の壁。

新年あけて、節分前にいただく一陽来福(いちようらいふく)のお札は、
毎年、お奉りの方角が変わります。


歳徳神(としとくじん)という幸福の神様がやってくるという方角を
『恵方(えほう)』といいます。今年は南南東。
家族が集まるリビングの『恵方』に、お奉りしましょう。

何枚かのお札を一カ所でお奉りする場合の並べ方は、図を参考にしてください。


ところで、壁に直接お札をつける場合ですが、画鋲で留めるなんて絶対ダメです。

壁の材質や、賃貸条件にもよりますが、
お札の裏にポスター展示用の両面テープをつけて、とめます。
昔はご飯を少々をよく練って、それをノリ代わりにお札の後ろにつけ、壁に密着させていました。
これは自然素材ですから、壁を傷める事もありません。
少量なので、乾燥すればカビも生えません。力を入れればすぐにはがれます。
あまり凹凸のある壁だとむずかしいようですが、興味があれば、お試しください。

聞いた話ですが、神社によっては『お札立て』を分けているところも、あるそうです。
1500円前後で手に入るようなので、お近くの神社で見かけた方は、使用を考慮されるのも一案かと思います。
コメント (2)

お札の置き場所

2005-12-15 21:08:32 | 霊と作法
神社でいただいたお札をどこにおいたらいいか、迷った事はありませんか?

あ、お札は『買う』のではなく『いただく』といいます。神様とか、願い事は、お金で買えません。
支払う代金はお布施です。本来はいくらでも良いものでしたが、共通の基準値を設けるために金額を提示してあると考えてくださいね。
さて、そうして『いただいた』お札。しまっておくものでは有りません。
飾っておくものです。

お仏壇や、神棚のあるお家なら神棚に置くのはあたりまえなのですが、
最近お仏壇も神棚も有りませんというお家が少なくないのです。
基本は家の北あるいは西。お札の表は常に南から東に向ける事。
いただいた時に入れてもらった白い袋から出してください。
汚れるからと、ビニールにいれたりしてはいけません。その気持ちだけで充分です。

また、神様のお札をお仏壇にいれるのもNGです。
なぜなら、お仏壇では、基本的にご先祖様をお奉りします。
神様はその上で全てを見守るという立場ですから、お奉りするのは神棚で、
一般的に、神棚がお仏壇の上にあるのはそういう理由からです。


コメント (2)