あべちゃんの写楽生活

撮ることが楽しいのか、楽しいから撮るのか

はじめて画像データーが壊れた

2017年12月03日 01時00分00秒 | 写真

  

私のカメラで使っているメディアは、コンパクト・フラッシュだ。

キャノンの中級機以上のカメラでは、いまだにこんなにでかく高価な

メディアを採用している。

たぶん、大きいとメモリーコントロールチップを内蔵できるので、

転送速度を早くできるのだと思う。

  

今まで数年に一度新品に交換しているのだが、今回はじめて

ソフトで確認したら壊れている画像データーがあった。

しかもカメラから転送して、オリジナルを削除した後だから焦った。

幸い重要なファイルではなかったようだ。安心した。

  

そこで考えられる原因は4つ。

○カメラが書き込む際に壊れた。

○メモリーの壊れたセルに書き込んだ。

○PCに読み込む際に壊れた。

○ソフトが読み込む際に壊した。

  

2つ目以外は、修理に出すか、OS、ソフトのアップデートを待つしか無い。

自分にできるのは、メモリーの健康診断だけだ。

そこでコンパクト・フラッシュを検査するソフトを使ってみた。

ChkFlshというソフトだ。日本語対応で無料だ。

興味のある人はググってみてください。

その結果、問題なし

読み込み速度はラベルの表示通り90MB/s出ているようだ。

さすが、金ラベル。

  

こんな私でも一応、ちゃんと転送できてるか、毎回確認している。

市川ラボラトリー様には申し訳ないのだが、SILKYPIXのバグ

ではないかと思われるのだが・・・

どっちにしろ、今回の件で、ちゃんとソフトに表示されるまで、

オリジナルは削除してはならない、ということを学んだ。

  

おまけの記事になるが、近頃はフラッシュメディアが安価大容量になり、

「よっしゃあ、これでいっぱい保存できるぜ」と

喜んでいる人も多いと思う。

デジカメのデーターを保存する分には問題ないのだが、HD、4Kあたりの

ビデオデーターを保存する際に、問題になることがある。

それは、フラッシュメディアはFAT32でフォーマットされているものが

けっこうあるのだ。

FAT32は1ファイル4GB以上のファウルは仕様上、保存できない。

HD、4Kあたりの長時間の画像データーは、これを超える

可能性があるのだ。

また、撮影した運動会の映像をメディアに入れてママ友に貸す、と

いうこともできないのだ。

そこで、4GB以上のファイルに対応しているexFATとというフォーマットに

変更する必要がある。

「それなら、NTFSじゃね?」という方がいるかもしれないが、

それはHDDのフォーマットで、一般的にはフラッシュメディア用に

開発されたexFATを使う。

ただし、Windows Vista以降のPC、一部の映像機器でのみ対応する。

自分の機器の説明書を読んでください。

  

私はバッファローのUSBメモリーを使っているので、バッファローのサイトから

専用のソフトをダウンロードして実行。無料ソフトだ。

ほんの数秒で終了。

フリーソフトもあるはずなので、興味のある方はググってみてください。

  

本当のおまけ

  

今日はガストで生姜焼き定食。

肉が・・・・かたい。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 撮影した写真を見て、ガクッ... | トップ | イタリア料理 カプリチョーザ »

コメントを投稿