容子の部屋

日記を思いつくままに綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高島礼子、視線「独」り占め…ハンブルク日本映画祭・・・

2007年05月20日 06時07分13秒 | その他

 

 

 

            着物姿で公式上映に出席した高島礼子

第8回ハンブルク日本映画祭のオープニング上映作「バルトの楽園」が公式上映され・・・女優の高島礼子さんが、ストレイト劇場に出席したそうです・・・

レッドカーペットをドイツの高倉健似のブルーノ・ガンツ氏とそろって会場入りしたそうで余計注目されたのかも・・・

ここでドイツっ子"や海外メディアにまで高島礼子さんはサイン攻めにあうなど大人気だったそうです・・国際映画祭への初参加で海外進出も初めてとの事で・・このような催にも高島さんは意欲を見せていたそうです。

このハンブルグは 、ドイツの第2の都市として知られる港町で日本の企業も多くここに集まってます・・・

このハンブルグの映画祭は、カンヌ映画祭などと比較すれば規模も歴史も比べものにならないくらい小さいけど・・ここにも映画をこよなく愛する人々が多く集まったようです。

 高島さんが出演した、「バルトの楽園」は、第1次世界大戦後の徳島・鳴門市を舞台に「第九」がドイツ人捕虜により、初演奏に至るまでを描いたもので・・出目昌伸監督で主演は松平健さんが主役でその妻役を高島さんは演じきったそうです・・・

この作品ではブルーノ・ガンツ氏とも共演しているそうですが・・・日本の出演者を代表して現地入りした、高島さんは海外の映画祭参加は初めてとの事なそうです・・・

 上映に先立っての海外メディアの記者会見では、髪をアップにまとめ、レトロ調デザインの着物姿で登場しました。

「彼女は20代の日本ナンバーワン女優です」と東映・岡田裕介社長に紹介され・・・思わず苦笑し、「本当は40代です。グーテン モルゲン(こんにちは)、ダンケ シェーン(ありがとうございます)」とドイツ語をまじえてあいさつし、地元記者の好感触を得たようです。

 約500人を集めた公式上映は早々に入場券は完売したとかで・・・そのためレッドカーペットでガンツにエスコートされて入場した高島さんは、若者だけでなく、取材中の現地カメラマンまで「日本留学時からのファンで映画もドラマも知っているそうです。そして・・・すごく美人」と仕事そっちのけでサインをせがまれる一幕もあったとか・・・

最近は、日本人俳優も海外進出が相次いでおりますが・・・高島さんは主演映画「極道の妻たち」シリーズが香港や中国、韓国に"輸出"されているようで「これらの国を旅行した時、見知らぬ人に声を掛けられてうれしかったといってます・・ 

高島さんは今後もっと積極的に自分を売り込んで、日本映画だけではなく・・海外の作品にも出演したら・・・と思います。

高島さんは改めて・・映画はその国々の文化だと思ったそうで、「言葉の壁を乗り越えて、機会があれば海外の作品にもどんどん出てみたい」と言っております。

初めてのドイツは、高島の女優人生でも大いに刺激を受ける貴重な機会となったようです。

 ハンブルク日本映画祭について・・・・ 公益法人日本メディアと呼ばれる映画を中心とした日独文化交流の促進を図る団体が主催し、今年で第8回目との事です。日本領事館、ハンブルク州政府との共催で同地での日本月間の一環として20日まで中島貞夫監督特集など邦画約40本が上映されてました・・・

                 欧州鉄道の旅

(スポーツ報知記事引用)

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 弾丸列車「1か月検診」、備品... | トップ | 洞爺湖サミット 会場のホテ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良い映画でした (シルバニア)
2007-05-20 22:13:36
バルトの楽園は派手さはありませんでしたが、良い作品でした。地元がひどい描かれようで、少々不満なところもありましたが・・・。レンタルもされていると思いますので、ぜひどうぞ。
Unknown (容子)
2007-05-20 23:38:27
シルバニアさま

私はこれも見ておりませんが・・・日本の実力派の女優が評価される事はうれしいです。

この女優さんの着物姿は女性の色気が感じられ、美人ではないけど、魅力的ですもの・・・
今後色んな作品に挑戦して欲しい一人です。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事