あべまつ行脚

ひたすら美しいものに導かれ、心写りを仕舞う玉手箱

川村美術館の庭園散歩 

2010-07-03 22:31:26 | 遊山
佐倉駅に着いて、シャトルバスに乗り込み、
早速入館チケットを手にして入った瞬間、

なんてところでしょう!!

ここは一体どこでしょう??

日本にいることを忘れさせてくれる景色が飛び込んできました。

ご存じの方もおいででしょうけれど、
丁度紫陽花が見頃の緑がとても美しい時期でしたので、
是非ご覧ください。

ご紹介の画像はフランク・ステラの作品
まるでジブリのセットのよう~!と騒いでしまいました。

画像はこちらから 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 暑中見舞い画像 その4 ・... | トップ | ジョセフ・コーネル×高橋睦郎... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行きました (森生)
2010-07-05 09:04:15
毎日 拝見しており 勉強になります
川村記念美術館は数年前の今頃 友人たちと行きました
内部も周辺の庭園も 素晴らかったです
ただ お写真のオブジェには 皆 少し引けましたが
佐倉城址にある国立歴史博物館も良かったですよ
森生 さま (あべまつ)
2010-07-06 23:50:43
こんばんは。

コメントありがとうございます。
毎日ご覧頂く上に勉強になるとはなんと恐縮な
恥ずかしくも嬉しい限りでございます。

この日はひたすら川村美術館に埋没し、
力尽きましたが、歴博も訪ねたいと思っています。
色んな所があるので、じっとしていてはもったいないですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。