O's Note

いつまで続くか、この駄文

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

爪に火をともす

2008-07-25 23:59:59 | 多分駄文
 「爪に火をともすような生活をしてきたんだ。それに比べれば今は・・・。」
 爪に火をともすという表現は、身近なところで何度も聞いてきたので、その意味するところは、肌に沁みついています。
 で、昨日、ちょっとお金を使う用向きがあって、その支払いを終えて帰宅途中で、ふと思いついた言葉が「爪に火をともす」でした。
 
 ところで、ちょっと大袈裟ですが、清水の舞台から飛び降りるような感覚でお金を使うという場合、それは具体的にはいくらぐらいでしょうか。
 考え方としては、ストックを増やす支出ではなく、フローとしての支出です。
 小生の場合、これが驚くほど小さい金額だなと実感しました。
 よくいえば吝嗇、悪くいえばケチってところでしょうな。(苦笑)
 小心者でもありますが。

 あ、そういえば、中国では「小心地滑」という言葉をよく見かけました。「足元ご注意」という意味でしょうか。小心は日本語と正反対なんですね(って、今日の話題と関係ないですね)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 通信簿 | トップ | 1科目終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

多分駄文」カテゴリの最新記事