Arts Brain Connect Marketing

文化、自然、人間の生活の本質を見つめます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宇宙人と呼ばれる人たち

2006-01-16 21:48:02 | 街づくり

佐賀市から南西へ20数キロ行った有明海沿いに鹿島市がある。長崎街道沿いに古い街並みが残っているということで先般訪れたが、そこで宇宙人的人物に出会った。
名刺には国交大臣、厚生大臣顕彰、国・マイスター・現代の名工認定とあり、腕利きの板金工のようである。風の噂では古い建物を必死で残そうとしている名物お爺さんがいるということであったのだが、先般お会いすることが出来て街をご案内頂いた。
峰松工業代表の峰松昭次郎さん、64歳であり、肥前浜宿保存会で有志を募り街並み保存活動を続けておられ、その熱い想いを語ってくれた。元禄年間からの酒蔵が建ち並び、クラッシックコンサートが時折開催されている700人収容の酒蔵も残っている。
一方海に近い地区では船頭や鍛冶屋の茅葺屋根の家並みが辛うじて残っており、峰松さんはこれらの街並みを残そうと孤軍奮闘している。というのは町の人たちはなかなかこれら古民家の価値に気付かず、峰松さんは地元では正に宇宙人的存在になっている。
以前に全国の街おこしの成功事例を見聞する機会があったが、そこで共通していたのは当初当事者は”宇宙人”呼ばわりされていたことである。「あの人は一体何をやっているのだろう」と冷たい視線で周囲から見られている。価値あるものが街にあっても、そこに住んでいる人たちにはその価値が見えないことはよくあることである。外の人には見えるものが、中の人には見えないのである。
宇宙人呼ばわりされても、周囲から冷たい視線で見られても、街を良くしようという熱い想いを持ち続けることによって成功が訪れた事例は多い。
陰ながら峰松さんを応援して、肥前浜宿の古き街並みを残したいものである。
                          

コメント

明日から何を食べますか?

2006-01-15 10:52:01 | 心とからだの健康

古巣の東京国際フォーラムで開催中の「ニッポン食育フェア」が多くの人で賑わっていた。
この催事は回を重ねる毎に出展者、来場者が増え、それだけ食育即ち我が国の食の現状と将来への関心が高まってきていることを示していると言えよう。全国各地の昔からの知恵である発酵食品や手づくり食品が数多く体験出来、その豊富さを再認識させられる。
”ニッポンみそ汁カフェ”は例年の如く長蛇の列であった。概して政府や大企業のコーナーが関心を呼ばないのは何故であろうか。
昼食は隣の東京ビルにオープンした”野の葡萄”に出かけた。このレストランはバイキング形式の健康料理を標榜するもので、福岡イムズに出店以来大評判となり出店依頼が絶えないようである。原型を発案したのは熊本の”ティア”の元岡社長であり、こちらも全国各地で話題を呼んでいる。このような”地産地消”型のレストランが今後益々増えることが予想され、街づくり、村おこしへの貢献が期待される。
食育フェアでは、佐賀市主催の「開明の道を編む」に参加或いは来場した方々とも顔を合わせることが出来、全国各地の方々との交流の場としても今後の発展を期待したい。

コメント

日本古来の神秘の中で。

2005-12-21 23:37:40 | 心とからだの健康
先週の17日(金)は奈良の春日大社若宮おん祭の中に居た。12年前にご縁が出来て、永いこと気がかりであったお祭だが、ようやくこの度念願がかなった。
18日の午前零時に若宮神が本殿を出られて、お旅所の行宮へ向われ、我々もその後を黙々と歩を進めた。参道の灯りはすべて消され、本来自らの手も見えない暗闇の中を神秘的に、厳かに移られるのであるが、当日は満月で些か戸惑いを感じた。やはり日本古来からのこの類のお祭は旧暦新月の真っ暗闇の中でなければならない。
若宮神が移られた後、神前に海川山野の品々が献じられ、神楽が奏され、巫女の舞う光景はさながら平安絵巻を見るが如きであった。
寒気が身に沁みる深夜のお祭であり、初めの頃は雲ひとつ無い月夜であったが、午前2時頃には雪がちらつき、ご一緒した雪女を自称する俳人黛まどかさんの神力は絶大なるものであった。
科学万能のこの時代に、このようなお祭には目で接するだけになりつつあるが、そこには本来込められている意味が多々あり、それらを心で接して感得することが求められる21世紀である。

コメント

新しき生き方家族との出会い

2005-12-10 12:18:00 | ライフスタイル

東京の大手広告代理店を辞めて佐賀市三瀬村に移り住んだ人がいるということを聞き前々から気にかかっていたが、先日縁あってお会いすることとなった。
小野寺睦・亜希さんの家族が住んでいるのは築後140年を経た古民家である。リタイアされた方かと思いきや37歳の働き盛りであり、家族も珠希(4才)・安珠(2才)ちゃん
との4人。屋号は「卵と竹炭 旅をする木」。福岡イムズ東京国際フォーラムで縁のある龍村仁監督の「地球交響曲」の星野道夫氏に感銘を受け、アラスカまで旅をしたとのことから同氏の著書名から名付けた。
写真は先日終了した第10回「開明の道を編む」にて写真展と「自然がくれた愛情ごはん」で参加された野中元・かるべけいこさんの家族のご主人が撮影したもの。南阿蘇の野中さんの家族を訪れ思いを共有されたとのこと。
鶏舎の中には800羽の鶏が自由気儘に暮らしている。全く臭いがせず元気の良さにここの卵が巷で評判なのが直ぐに分かった。福岡では社長自ら足を運んだ平尾のマキイで扱っているとのこと。
これらの繋がりを想うとき、これは決して
偶然の出会いではなく必然の出会いで繋がっており、21世紀の生き方や生活文化を想うとき、何か新しい動きが始まっていることを強く感じた。


 

コメント

「開明の道を編む」打ち上げ

2005-11-30 19:34:09 | 街づくり

昨日で「開明の道を編む」第10回が終了した。
初日風景で紹介したように若い人たちがこの催しに関心を持ち始めたことが日に日に感じられた。始めた5年前は確かにシニアの方々が多かったが、確実に時代の動きがこの方向に向かってきており、広い層に関心が広がってきていることが感じられた。
本ものは時間がかかるかもしれないが、必ず気付きが訪れる時が来るのではないだろうか。
片付けを終えて、老いも若きもホッとする旬菜台所「あ・うん」に集まってきたのが写真の面々である。中林女将も昼は「開明の道」に足を運び、夜は味にもうるさい我々のために手料理をつくってくれるのが、佐賀に足を運ぶ楽しみのひとつである。
語りは尽きないが、次の再会を約して全国それぞれの本拠に帰っていった。


コメント

「開明の道を編む」5日目 ウォン・ウィンツァン ピアノ・コンサート

2005-11-28 21:02:10 | 街づくり

昨晩は大正時代に建築されたレンガ造の旧古賀銀行にてウォン・ウィンツァン「本来の地球と子供たちへ」ピアノ・コンサートが催された。
思いのほかウッディな良い音が響きわたり、ウォン・ウィンツァンのメロディックな音色に会場を一杯埋めた人たちは心とからだをひととき彼に委ねた。
彼の人柄が滲み出たトークに微笑みも聞かれ、中国、日本の血が流れるアジアの音色には、何かホッとするものを感じさせてくれた。
この催しを通じて、子供の子供の子供たちへ彼からのメッセージをしっかり伝えて行
ゆかなければならない。

 

コメント

仲間たち

2005-11-27 08:21:36 | 街づくり

陶づくりの石原稔久君は30才代になったばかりであるが、このところの活躍には目ざましいものを感じる。
作家としての参加だけではなく、企画にも加わって大忙しである。今回は旧福田家という大正時代に建った日本本来の家屋の中で若い世代の作家仲間たちとお客様をもてなしている。
日本、アジア、地球の本来の衣食住の生活文化という括りの中で、作家仲間たちやお客様と世界を共有することでどんどん変ってゆくのが楽しみである。

コメント

「開明の道を編む」初日風景

2005-11-23 16:26:09 | 街づくり
朝から30代前後の人たちや子供たちが大勢来場して、第10回目を迎えたこの催しの風景も大きく変化を見せ始めた。
ビデオに登場するほいあん堂のたまおきともこさん(右)といぶきみのりさん(左)は人気の若手作家である。
すぐ売り切れてしまう和菓子づくりと、布で遊んだものづくりをしている2人は「開明の道」から巣立ち活躍を始めたところである。
若い人たちや子供たちが本ものに接して、大きな気付きを体得してもらいたいと願っている。
コメント

新発想は何処から?

2005-11-14 11:25:46 | 新発想術

世の中を良くしよう、平和にしよう、地球環境問題を解決しようといった努力は世界中で様々な方法で行われているが、良くなるどころか益々深刻の度を増しているというのが識者の見方である。
先日も各界の科学者、経済学者の考え方を聞く機会があったが、何人かの方がアインシュタインの下記の言葉を引用されていた。

   “我々の直面する重要な問題は、その問題を作ったときと
                    
同じ考えのレベルで解決することはできない。“

その問題を作ったときと同じ考えでは「改善」はできたとしても、根本的な「解決」はできないということであろう。
先般「時代が求める新発想術」という演題で講演を依頼され、これまでの拙い経験談を披露したが、そもそもはこれまで行ってきたことに対して“どうのようにしてあのような発想が生まれたのですか?”という質問に答える講演であった。
一言で表すのは難しいが、解決の糸口はむしろ関係の無いところに転がっていると言える。ボルネオのジャングルの中で気づきがあったり、マレー半島の先住民族オランアスリと過ごすことによって気づかされたりしたものである。
来週23日から始まる佐賀市主催「開明の道を編む」も、地元の方々は何も無いところと謙遜されるのだが、様々な地球的課題を解決する宝の山が身近にあることを気づかせてくれる催しである。

コメント

薬はもう要らない!?!

2005-11-10 09:48:06 | 心とからだの健康

先月お伺いした四国村のオーナー加藤家の加藤秀樹氏とこのところお会いする機会が何度かあり、同氏が主宰するシンクタンク構想日本が毎月開催しているフォーラムの100回を機にその記録が今般出版された。
第3巻温故知新の中の「江戸に学ぶ発酵の不思議」を拝読させて頂き、アジアの風土に基づく発酵文化の奥の深さと素晴らしさを改めて認識させられた。
麹菌からつくる甘酒は天然薬品で、甘さの素は全部ブドウ糖であり、すべての天然ビタミンが合成ではなく天然吸収型で大量に入っているので、もし甘酒を点滴したら(?)一生何も食べなくても生きていけるとのこと。又甘酒には病気の治癒力や免疫力があることが解ってきたとのこと。
他に納豆パワー、味噌汁、漬物等の日本型の食の良さについて書かれているが、江戸時代の人々は食べものは薬とういう価値観を持っていたようだ。
かつて米国で暮らした時に、恐らく腸の長い日本人にとってパンや肉の食事が如何に体にきついかを実体験した者にとって、”千年も二千年も同じ気候風土で食べ物を培ってきた日本人には、それに適した肉体的、精神的な遺伝子が組み込まれています”という指摘には妙に納得させられた。
今月23日から佐賀市で始まる第10回「開明の道を編む」の主題は期せずして発酵文化であり、日本古来の先人の知恵をしっかり子供の子供の子供たちへ伝えていかなければならない。

コメント