ふくろう日記・別室

日々の備忘録です。

ぞうきん  まど・みちお

2013-05-14 21:52:27 | Poem


雨の日に帰ってくると
玄関でぞうきんが待っていてくれる
ぞうきんでございます
という したしげな顔で
自分でなりたくてなったのでもないのに

ついこの間までは
シャツでございます という顔で
私に着られていた
まるで私の
ひふででもあるかのように やさしく
自分でそうなりたかったのでもないのに

たぶん もともとは
アメリカか どこかで
風と太陽にほほえんでいたワタの花が

そのうちに
灰でございます という顔で灰になり
無いのでございます という顔で
無くなっているのかしら
私たちとのこんな思い出もいっしょに
自分ではなんにも知らないでいるうちに

ぞうきんよ!



(まど・みちお全詩集・1993年5月・第8刷・理論社刊)より。

 
(初出・まど・みちお詩集4 物のうた・1974年・銀河社刊)

(1982年・かど書房より再刊・1部改稿)



寝る前になんとなく読んでいて、思わずはじけるように笑った!
2度3度読んでも、同じテンションで笑いがはじける。
……ということは、これはわたくしにとって名詩です。

自分ではなんにも知らないでいるうちに

ぞうきんよ!


たしかにそうかもしれない。

我が家では、着古したシャツやタオルやシーツなどは、適当な大きさに切ってから、
ガスレンジの汚れ、調理後のフライパンの油取り、あるいは使い捨てのぞうきんにする。
ティッシュペーパーやキッチンペーパーの節約になる。
まどさんのおうちのつつましい生活の風景が、こちらにも繋がってくる。

ましてや、夫の着古したシャツを切っているわたくしを、夫は「鋏を持った魔女」を見る眼で見るのである(笑)。
まどさんも「ぞうきん」になったシャツを見て、魔法使いの存在を感じたかしら?
コメント   この記事についてブログを書く
« 小津安二郎 - 大人の見る繪本... | トップ | 岡真史詩集 ぼくは12歳 (... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Poem」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事