ふくろう日記・別室

日々の備忘録です。

豆苗その他いろいろ

2019-06-29 00:07:56 | Dairy

マーケットで豆苗を買って、すべてを切り取ってお料理しましたが、

その袋に「水につけておくと新しい豆苗が再び伸びてきます。」と書いてありました。

一回目はお肉と炒めて、2回目はさっと茹でて蒸し鶏サラダにしました。

この画像は、2回目の豆苗です。目下、3回目に挑戦中です。

美味しそうなブルーベリー。

柿の赤ちゃん。

大好きなネジバナ。

病人との生活は、どこにも出掛けられない。近所をぶらぶらして。

 

 

コメント

ネジバナ咲きました。

2019-06-14 20:46:10 | Dairy

毎年ネジバナが咲く場所があって、そこが5月に徹底的な草刈りが行われて、

心配していましたが、今年も姿をみせてくれました。野花は強い!

おまけ。黄色い花。キンシバイ。

コマツヨイグサ。

夫の散歩(歩行訓練とも云う。)のお伴をしながら、花の名前を教えてあげる。

コメント

宵月

2019-06-14 00:19:19 | Dairy

夫の退院後のお薬を頂くために、診療所へ。

道すがら、コノテガシワに出会う。

梅雨の季節の貴重な晴れ間。夜の月がきれい。(13日の夜、撮影)

コメント

どこかで春が ♬

2019-02-17 21:04:00 | Dairy

どこかで春が - クラウン少女合唱団

春はそこまで来ていました。

白梅

オオイヌノフグリ。

姫踊子草

ハコベ。(多分。)枯れ野にあらわれました。

コメント

赤トンボ

2018-10-19 20:55:38 | Dairy
秋の朝の訪問者。頻繫に訪れてくれる。
洗濯物を干すタイミングで出会う。
「おはようございます。」ベランダにて。





コメント

夏の終わり・イロイロ・・・・・

2018-08-18 21:54:19 | Dairy


毎朝、毎夕、蝉時雨の日々です。
「み~~ん み~~ん」が響き渡ります。
夜になっても、暗い空いっぱいにと感じるほどに、蝉時雨が満ちています。

「お~しんつくつく」の声がまだ聴かれない。
祖母の教えであった「ツクツクボウシが鳴いたら秋ですよ。」という説を信じてきましたが、
今年はどうなることやら……。

今日だけは、わずかに涼しい日でしたが。

病人をかかえると、自由がない。心身ともに疲れる。
誰にも言えないから黙っている。
言われた方だって、返事に困るだろうし。

その日々のなかで、唯一私を前向きにしているのは、
自分の4冊目の詩集出版の準備中であること。
初校が済んで、再校を月曜日に送る予定です。
いよいよ、近づいてきます。
(病人の入院騒ぎで、去年の予定が一年遅れましたが……。)

それにしても、我が家の病人は、私が病人になるかもしれないという想像力は皆無。
それだけ、辛いのだろうけれど、こっちもかなり辛いのだ。
コメント