未来えいごそろばん教室~mpi English Schools相原校 ~橋本☆相原☆二本松☆当麻田☆城山方面~

☆英語教室☆そろばん教室☆橋本駅からバス10分二本松バス停徒歩1分☆相模原市立相原小学校正門向い☆

☆i-test Part2☆

2013-07-13 08:10:58 | 日記

今週、早速 i-test を子供達と試してみました。

新しいものだったからか、皆、とっても集中して合計6枚やりきりました。

子供は新しもの好きですね~。

それにしてもこの i-test 、すごいです!!

計6種目(かけ算、わり算、みとり算、かけ暗算、わり暗算、みとり暗算)あるのですが、そろばんに比べて暗算のテストのレベルが高い! と感じたら、このテストの目的がなんとなく分かってきました。

私は、そろばんを習う最終目的は、暗算力をいかに広げるかだと思っております。

学校の勉強や試験等で、簡単な計算問題はそろばんで身に付いた暗算力でこなせると思います。

しかし、小数点の問題や文章問題、大きな数や単位を合わせる問題となると、なかなか直ぐに答えが出せなかったり間違った答えを記入してしまったりします。

本当は出せる正解もちょっとしたミスで不正解になってしまうことほどもったいないことはありません。

そろばんがあれば直ぐに出る答えもそろばんが無ければ出せないといったこともありえます。

この i-test は、これまでそういったそろばんが無ければ答えが出ない、或いは正しい答えが出せないような問題を実際暗算でスラスラ正しい答えが出せるようになる力を養う訓練に最適だと思います。

そろばんを習うことによって、暗算力の他たくさんの力(本当にたくさん!)が伴ってついてきますが、せっかく身に付いた“そろばんの珠が頭に浮かぶ”このイメージは本当に独特で、そろばんでしか身に付きません。

是非、この“そろばんの珠”のイメージをどんどん広げて、実用化できる力をつけていって頂きたいと思います。そして、是非その力を次の目標に繋げて頂きたいと心より願っております。

 

さて、この i-test は種目別の試験になっていて、自分が希望する種目だけ受験できます。

当教室でも今月中には本格的に i-test の練習に入り、秋頃から当教室での受験をスタートしたいと考えています。