みらい総合教室~相模原市緑区☆相原☆橋本☆二本松☆当麻田☆城山方面~

☆英語教室☆そろばん教室☆橋本駅からバス10分二本松バス停徒歩1分☆相模原市立相原小学校正門向い☆

☆LSA(学習支援員)2021養成講座by認定NPO法人EDGE_7月18日(日)開講☆

2021-06-03 20:08:04 | お知らせ

皆さんこんにちは。ニコニコ

 

今日も相模原市は爽やかな一日でした。音譜

 

さて、今日は文字の読み書きにおいて少しお話をしたいと思います。

 

皆さん、こちら↓の文字を読んで理解できますでしょうか?

 

「にねさとへづらこるかとさづのなやであよべのほどわ」

 

これは、私が先日、ディスレクシアの講座に参加した時に例として見せて頂いた文になります。

私は全く何が書いてあるのか読み取れませんでした。

 

実は、実際に文字を読む前に、下記の文字に入れ替えて読んで下さいと予め伝えられていましたあせる

 

あ⇄お   

か⇄や

さ⇄き

た⇄に

は⇄ほ

 

い⇄こ

く⇄へ

し⇄つ

ね⇄ぬ

わ⇄れ

 

それでも私は全く読めませんでした。

これを見てとても衝撃を受けました。

短い文でもこのように頭がグチャグチャになるのですから、これよりも長い文となると相当大変です。

 

文字の読み書きが苦手な人は常に文字がこのように見えていると言うことなのですよね。

 
ディスレクシアの割合は、欧米では人口の10〜15%、日本では5〜8%いるそうです。
日本語はひらがなから始まり、カタカナ、漢字と増えていく(途中アルファベットも加わる)ので、アルファベットだけの英語に比べると実際に読み書き能力に困難を抱えていることに気付きにくいそうです。

 

今回参加ました認定NPO法人EDGEの講座では、当事者の方々が生の声を伝えてくださるのでとても勉強になります。

そのEDGEが、7月18日(日)より、LSA(学習支援員)2021養成講座(本コース)を開講されます。

読み書きのご指導をされている先生方、是非、この機会に読み書きが困難な生徒さんに相応しい指導法を学んでみませんか。

講座は入門コース、本コース、そして定期セミナー会もあります。

 

詳細は、是非こちらをご覧下さい。

下差し

 

 


この記事についてブログを書く
« 土曜勉強会スタート☆ | トップ | 小学校の算数ドリルの宿題 »
最新の画像もっと見る