Log Book

日々の日記など

Bunkamura 『ルドルフ2世の驚異の世界展』

2018-01-13 | 美術館・博物館
晴れ!
そして、寒い!
からっからに乾燥している土曜日は、
渋谷のBunkamuraで開催されている『ルドルフ2世の驚異の世界展』に
行って来ました。

本当は、もうちょっと早く行くつもりだったのですが、
眠くて、途中でコーヒーを補給していたので、
現地到着は11:00a.m.頃。
混んでいるとは思いませんでしたが、予想以上の空き具合。
ガラガラとは言いませんが、ここまで空いているとは。

ルドルフ2世と言えば、以前、『アルチンボルド展』で、
《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》の事を
知ったので、そのイメージだったのですが、
今回の展示は、そういう絵画だけではありませんでした。

今回の展覧会は、ルドルフ2世が集めた様々な品々が展示された
“クンストカンマー”と呼ばれるコレクションルームにあった(と思われる)
数々の品々の他、各種の芸術作品など、ルドルフ2世のコレクション展なのでした。

なぜ“コレクションルームにあった(と思われる)”と書いたのかと言うと、
ルドルフ2世亡き後、神聖ローマ帝国で巻き起こった30年戦争の際、
そのコレクションが散逸してしまったため。
なので、今回の展示品も、なぜかスウェーデンのスコークロステル城の
収蔵になっていたりするものが結構あるんですよねぇ。

それと、改めて認識したのが、ルドルフ2世の頃、
神聖ローマ帝国の帝都が、ウィーンからプラハに移されていたと言う事。
いや、盲点でした。
って言うか、あまり気にしていませんでした。
そうかぁ、プラハも面白い街なんですね。

でも今回の見どころは、やっぱりジュゼッペ・アルチンボルドの
《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》でしょうねぇ。
この作品も、スコークロステル城収蔵です。

そして今回映画監督にして現代美術家のフィリップ・ハースによる、
アルチンボルドの《四季》シリーズの3D立体模型が展示されていました。
会場内、基本的に撮影禁止なのですが、この作品は、
展覧会の最後に展示されていて、この付近だけ撮影OKだったので、
パチリ。


それぞれアップにしてみると、
フィリップ・ハース《冬》(模型、アルチンボルトに基づく)

アルチンボルトの《冬》は、横から描かれているので、
横からの写真は、こちら。

左右が逆ですが。

フィリップ・ハース《秋》(模型、アルチンボルトに基づく)

これも横から見てみると、

後頭部当たりのぶどうも表現されています。
3D模型なので、当たり前ですが。

フィリップ・ハース《夏》(模型、アルチンボルトに基づく)

これだけ、横からの写真は無し。
だって、右も左も作品があって、撮れなかったんです( ノД`)シクシク…

フィリップ・ハース《春》(模型、アルチンボルトに基づく)

これも、アルチンボルトの作品と同様に横から撮ってみると、

残念ながら、左右が絵画と逆ですが。

あと、これらにインスパイアされたのか、
フィリップ・ハース自身の作品もありました。

フィリップ・ハース《コロッサス:巨象》(模型)

横から見ると、

意外に下あごが出ていますね(笑)

そうそう。
今回の音声ガイドは、TEAM NACSの安田顕さん。
もちろん借りました。
中々お上手でした。
声色を使い分けると言う様な、事はありませんでしたが。

空いていて、ゆっくりと見ることが出来て、中々良かったです。










名称神聖ローマ皇帝
ルドルフ2世の驚異の世界展
http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_rudolf/
会期2018/1/6(土)-3/11(日)
会場Bunkamura ザ・ミュージアム
当日観覧料一般1600円、大学生・高校生1000円、中学生・小学生700円
開館時間10:00~19:00
毎週金・土曜日は、10:00~21:00
※何れも入館は閉館時刻の30分まで
休館日1/16(火)、2/13(火)
巡回展終了[福岡展]2017年11月3日(金・祝)~12月24日(日) 福岡市博物館
[滋賀(守山)展] 2018年3月21日(水・祝)~5月27日(日) 佐川美術館
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UMAMI BURGER

2018-01-13 | グルメ
今日のランチは、umami burger。

13時過ぎに行ってみました。
店内の待ち行列が、それ程でも無く
「ラッキー🤞」と思ったら、
向かいの空き店舗の中に長蛇の列🙀。
店員に聞いたところ、
「何とも言えないけど、30分位の待ち」
と言う事だったので、待ってみました。

私が待っている間にも、
先頭に居たのに痺れを切らして離脱する人も。
女子が多く見えるので、長尻かもなぁって感じですね。
って言うか、私の後ろに並んだ人で、
数分も待たずに離脱する人も居ました。
でも、並ぶ人の方が多く、行列は長くなる一方。

ちなみに、向かい側は、
セントグレース大聖堂と言う教会⛪️?なので、
結婚式💒👰🤵に来たっぽい人が、
記念撮影したりと、うろうろして居ました。
でも、教会前で案内しているのは、
いかにも結婚式場の係っぽい人たちなんですよねぇ。
よくわかりません。
どっかのウェディングプラン会社の
教会プランとかでしょうか?

そして、待った結果ですが、店員の予想通り、
30分くらいかな。
待ち時間の長さは良かったのですが、
待っていた空き店舗には椅子も無いし、
暖房も無いし、老体には・・・
まぁ、屋内だったのが唯一の救いかな。
屋外よりは、良かったです。
今日は寒いしね。

発注は、umami burger1380円。
焼き方は、オススメのミディアムレア。
サイドには、thin fries(half)300円で、
ソースはオススメのガーリックアイオリ。
umami coffee450円。
税別総額2130円で、税込だと2300円。
うーん🤔
トランプバーガー🍔の時より高い。

コーヒー☕️は直ぐに登場。

umami coffeeと言う割には、極めて普通です。
ドトールの方が美味いかも😋。

一個一個出てきます(苦笑)
シンフライ登場。

某大手ハンバーガーチェーンよりも、
ポテトは細いですね。
だから、thinなのでしょう。

ポテト到着から程なく、真打、うまみバーガー登場。


結構、ビーフパティが分厚いです。

ビーフパティの上に見えるのが、
たぶんパルメザンフリコです。

生まれて初めて、ナイフとフォーク🍴で
ハンバーガー🍔を食べます。
食べズラいです。

中の構造物の固さがバラバラなので、
当然、キレイにきれません。
上記のパルメザンフリコがパリパリで、
素直にナイフが入らないんですよねぇ。
結局バラバラになってしまいました。

感想ですが、
美味いか、不味いかと聞かれれば、
美味いですが、2300円の価値は無しですね。
言う程“うま味”は感じないし。
2回目は無いかな。
値段が高すぎるよ。

-----
UMAMI BURGER 青山店
東京都港区北青山3-15-5 ポルトフィーノ 1F
03-6452-6951
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1月12日(金)のつぶやき

2018-01-13 | つぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加