世界平和の祈りと人類即神也と

五井先生の「世界平和の祈り」と、昌美先生の「人類即神也の印」を実践しています。日々、思ったことを書いています。

11月22日は・・・

2019年11月22日 06時12分53秒 | 日記
本日、11月22日は、いい夫婦の日。
いえいえ、五井先生が今生において肉体人間として生を受けられた日です。
1916年(大正5年)の11月22日に誕生された五井先生。

普通の人が無事に生まれたときでも、霊界ではお祝いの行事が催されるとか。
1916年11月22日は、霊界も神界も大宇宙も「大騒ぎ」だったのかもしれませんね。


今朝早く、東京エリアでは小さな地震がありました。
地震で思い出したこと・・・イエス様が十字架に張り付けになってこの世を去られたときには、大地震が起きたとか。天の怒り(=警告)が当時の地球人類にもたらされたのかもしれません。
イエス様が誕生されたときには、ベツレヘムの星が三博士に誕生を知らせたという話も有名です。


きっと、五井先生誕生のときにも、何らかの御印が現されたのかもしれません。
今生において五井先生にご縁を頂いたとき、すでに五井先生は御帰神されたあとでした。当時は、千葉県の市川市にあった聖ヶ丘道場に何度か通ったりもしました。
残りの人生、どのようなことが待ち受けているのか分かりませんが、最後の最後まで「祈り人」としての使命は果たして参ります。
そして、本日は、今生において肉体人間として誕生された五井先生と、それを実現された霊界・神界・大宇宙である神様に感謝を申し上げます。


守護霊様・守護神様・昌美先生・五井先生ありがとうございます。
コメント   この記事についてブログを書く
« 流れに身を任せる | トップ | あちらに帰ったら・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事