二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

ネズミ、読み書く、今は、スマホ。

2019年01月14日 03時33分04秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「鼠が塩を引く
(ねずみがしおをひく)」

ネズミが、少しずつ塩を引いていっても塩の量に
大きな変化がないのですぐには目立たないが、
それも積もり積もればいつの間にか大きな量になる、
という意味から、
小さなことも積もれば大きなことになるたとえ。
また、少しずつ減少するとか、びくびくしながら隠れてことを行う、
という意味もある。


勝手な解釈
商売も、物事も、些細なことが富、物事が、得る。
税金も、物事も、安い、目立たないことで、後々、
利が、巨大になる。

税金が、高いと、国から、庶民は、消える。
安い、税金と、些細な生活だと、金は、勝手に、残る。
国が繁栄するのは、税金が、安く、24時間、働く場所があれば、
国は、繁栄する。

先生、医者が増えれば、医療は、安く。
薬が、効能が安い薬がでれば、高い薬は、もともと、高すぎるから、
売れない。
安い値段で、売れていれば、永遠に、売れる。
オロナインがいい例、正露丸がいい例。
==========

名言、珍言。

「目に一丁字無し
 (めにいっていじなし)」


[目に一丁字無し]
一丁字とは一個の文字のこと。
全く字を知らず読み書きができないことのたとえ。


勝手な解釈
知らない、見ない、読まないとは、人生の恥か、
無知の人生。
人は、知るより、辛いは、見る、書く、無知より、
生活に、淘汰される。

知らないものは、本当、無知なのは、問われる。
今は、スマホを知らないのが、読み書きのできない、人かもしれない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 3 恩と、罪。 | トップ | 面白かった。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名言、珍言。」カテゴリの最新記事