二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

どうなるか。

2017年06月02日 01時47分43秒 | ニ言瓦版
凄い、だんだん、少しずく、変わっていく。
自民党の離党も、今頃と、批判もある。
これも、ゆっくり、ゆっくり。

策謀か、詐取か。
問題は、自民党は、これで、支持率が、都は、消えることかもしれない。




「東京都の小池百合子知事は1日の記者会見で、党籍が残っていた自民党に同日離党届を提出したと明らかにした。小池知事は「地域政党ではあるが、今日(自身が率いる)都民ファーストの会の代表に就任する。しっかり先頭に立っていきたい。私の意志を示した」と説明した。

 都民ファーストの会は1日夕に都内で総決起大会を開き、小池氏が代表に就く。都議選投開票日まで2日で1カ月と迫る中、自民と決別して対立姿勢を鮮明にした形だ。

 小池氏は、事前に自民党の二階俊博幹事長に離党届提出の意向を伝え、二階氏からは「頑張ってください」と声を掛けられたとも明かした。

 小池氏は、昨年夏の都知事選に出馬する際に進退伺を提出していたが、自民党籍が残ったままになっていた。」




いずれ、政党が、増えることかもしれない。
自民党の一党独裁の時代から、まだ、連立の時代。

酷い人材が、自民党にいれば、淘汰される。
政権と、淘汰かもしれない。
民主党政治の酷さ、安倍内閣の酷さも、だんだん、露骨。

問題は、都議選で、どこまで、新しい新党が、取るか。
それが、後々、衆議院解散のとき、どうなるか。
一つ例。

不正していれば、バレ、破滅。
正しいことしていれば、総理大臣の目もある。

人は、豊洲市場、五輪の誘致・建築で、知る、酷い利権の政治。
どんなに、企業のポロ儲けしたか。
ソレが、議員の政治資金になっている。

天下りもそう。

天下り、忖度も、すべて、官僚の維持。
東京都に住んでいる、人は、面白い。
投票は、何処に、入れるか。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 回転寿司か。 | トップ | どこまで、勝てるか。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事