二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

本当に、常識がない。批判も、証拠があるのか。悪口。

2016年09月18日 02時46分49秒 | ニ言瓦版
CNNのニュースみていると、笑いたい。
本当に、大統領候補か。
どこかの朝鮮半島にある、国のように、批判することに似ている。



「ワシントン(CNN) 米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は16日、オバマ大統領は米国生まれだとついに認めた。トランプ氏は5年前、オバマ氏が米国で生まれたことを疑問視する運動を展開し、国政進出の足がかりとしていたが、従来の主張を転換した。オバマ氏は1961年に米領ハワイで生まれている。
トランプ氏は首都ワシントンのペンシルベニア通りに建設された新ホテルのお披露目を兼ねた集会に参加。集会の最後で、「オバマ大統領は米国で生まれた。以上」などと短く述べた。トランプ氏は事前に記者会見を開く意向を示していたが、報道陣の質問には答えなかった。
ただ、この問題はすぐには収束しそうにない。トランプ氏は、オバマ氏の出生地を疑問視する「バーサー運動」絡みの論争を始めたのは民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官だとする批判を継続している。
クリントン氏は同日、トランプ氏の発言に先立ち、オバマ氏が米国生まれだと認めるだけでは十分でなく、トランプ氏は謝罪をする必要があると指摘した。
トランプ氏はバーサー運動を主導したことに関し謝罪していない。また、見解が変わった理由についても説明しなかった。オバマ氏は同日、ホワイトハウスで報道陣に対し、「自分の出生地については自信を持っていた」と冗談交じりに述べた。
トランプ氏は15日、米紙ワシントン・ポストとのインタビューで、オバマ氏が米国生まれであることを認める準備はまだできていないと発言。これを受け、バーサー運動をめぐる論争が激化していた。トランプ陣営はこの数時間後、広報担当者の話として、トランプ氏はオバマ氏が米国生まれであると認めるに至ったと述べていた。」



常識がない、本当に、生まれのこと、いうのは、
逆に、怪しいものだ。
オバマ氏は、アメリカ人である。
そうでないと、8年の大統領いられるか。

逆に

何か、あるのかもしれない。
ドナルド・トランプ氏に。


何か、日本の政党と、似ている気がして、
この記事。

生まれたのは、何処で、それが、何処の国民か、問われる。
比較すると、
日本人、アメリカ人、国籍は、問題というのが、記事に見える。
民進党の党首も、問題に見える。

国籍が問われる、党首であると、感じる。
台湾国籍か、日本国籍が、解らないのが、党首では、誰が、信じるのか、
公約。

民進党の党首選挙は、誤魔化しがあるのではないか。
国籍が、2つのある人は、党首選挙に出たのは、問題にならないのか、
不思議でならない。

国籍問題は、刑罰を厳しくすることも、必要かも知れない。
海外から、資金、得て、売国奴が、いるかもしれない、
日本。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 下がるものだ。それは | トップ | 売り込み、営業の成果だろうな。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事