二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

先に、先に。

2016年10月25日 08時29分20秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。


「まことに小さな国が,開化期を迎えようとしている。

「小さな」といえば,明治初年の日本ほど小さな国はなかったであろう。
産業といえば農業しかなく,人材といえば三百年のあいだ読書階級で
あった旧士族しかなかった。
明治維新によって日本人は初めて近代的な「国家」というものを持った。
誰もが「国民」になった。
不慣れながら「国民」になった日本人たちは,日本史上の最初の体験
者として,その新鮮さに昂揚した。
この痛々しいばかりの昂揚が分からなければ,この段階の歴史は分か
らない。社会のどういう階層の,どういう家の子でも,ある一定の資格を
とるために必要な記憶力と根気さえあれば,博士にも,官吏にも,軍人
にも,教師にも成り得た。
この時代の明るさは,こういう楽天主義から来ている。

今から思えば,実に滑稽なことに,コメと絹の他に主要産業のない国家
の連中は,ヨーロッパ先進国と同じ海軍を持とうとした、陸軍も同様であ
る。財政の成り立つはずがない。が,ともかくも近代国家を作り上げよう
というのは,元々維新成立の大目的であったし,維新後の新国民の少
年のような希望であった。

この物語は,その小さな国がヨーロッパにおける最も古い大国の一つロ
シアと対決し,どのように振舞ったかという物語である。
主人公は,あるいはこの時代の小さな日本ということになるかもしれない
が,ともかく我々は3人の人物の跡を追わねばならない。
四国は,伊予松山に3人の男がいた。この古い城下町に生まれた秋山
真之は,日露戦争が起こるにあたって,勝利は不可能に近いと言われた
バルチック艦隊を滅ぼすに至る作戦を立て,それを実施した。
その兄の秋山好古は,日本の騎兵を育成し,史上最強の騎兵といわれる
コルサック師団を破るという奇跡を遂げた。
もう一人は,俳句短歌といった日本の古い短詩形に新風を入れて,その
中興の祖となった俳人・正岡子規である。
彼らは明治という時代人の体質で,前をのみを見つめながら歩く。
上って行く坂の上の青い天に,もし一朶(いちだ)の白い雲が輝いていると
すれば,それのみを見つめて,坂を上っていくであろう。」



司馬遼太郎、坂之上の雲、ドラマの冒頭。


勝手な解釈
貧しい日本なのだ、江戸時代の終わり、明治は。

人は、いつから、自由な平民になったのか、
日本は、明治維新で初めて、階級が消えた。
それ知らない。
貧しき者も、地位が上がれる。
そして、軍、得るのは、国、維持。
貧しき国が、生き残るには、よくよく、考えたこと。

いつから、自由の間違えているのか。
日本人の原点は、坂の上にある、雲を見たいために、
生きてる、学んで、改善して、行く。
日本人の原点は、欲ではなく、庶民の維持でもない、
先を見て、見たいために、犠牲になって、先を行くものに、託す。


不正も、私腹肥やすも、最後。
残るのは、託す、先を見る、日本人の投資。

戦前、明治維新の以後、どんな海外に投資したのか、問われる。
太平洋戦争以後、日本は、復興したが、その前に、日本の統治下にあった国は、
この70年、何をしていたと、問われる。
日本の支援も、あった、それでも、日本を軽視している国のある。


原点は、日本人は、先、先、行くしかない。

もっと、原点に人は、戻ることだろう。明治維新の貧しい日本。
船中八策の坂本龍馬の作った、理想の日本。

冒頭の文は、いい。
https://www.youtube.com/watch?v=sqhCtr15FQE
============

名言、珍言。

「船中八策

一、天下ノ政権ヲ朝廷ニ奉還セシメ、政令宜シク朝廷ヨリ出ヅベキ事。
一、上下議政局ヲ設ケ、議員ヲ置キテ万機ヲ参賛セシメ、万機宜シク公議ニ決スベキ事。
一、有材ノ公卿諸侯及ビ天下ノ人材ヲ顧問ニ備ヘ官爵ヲ賜ヒ、
宜シク従来有名無実ノ官ヲ除クベキ事。

一、外国ノ交際広ク公議ヲ採リ、新ニ至当ノ規約ヲ立ツベキ事。
一、古来ノ律令ヲ折衷シ、新ニ無窮ノ大典ヲ撰定スベキ事。
一、海軍宜シク拡張スベキ事。
一、御親兵ヲ置キ、帝都ヲ守衛セシムベキ事。
一、金銀物貨宜シク外国ト平均ノ法ヲ設クベキ事。
以上八策ハ方今天下ノ形勢ヲ察シ、之ヲ宇内万国ニ徴スルニ、
之ヲ捨テ他ニ済時ノ急務アルナシ。苟モ此数策ヲ断行セバ、
皇運ヲ挽回シ、国勢ヲ拡張シ、万国ト並行スルモ、亦敢テ難シトセズ。
伏テ願クハ公明正大ノ道理ニ基キ、一大英断ヲ以テ天下ト更始一新セン。」

坂本龍馬


公議政体論のもと、
大政奉還
上下両院の設置による議会政治
有能な人材の政治への登用
不平等条約の改定
憲法制定
海軍力の増強
御親兵の設置
金銀の交換レートの変更


勝手な解釈
身分制度、いろいろ、仕来りは、変えるには、大変な思考がいる。
考えるのは、なかなか難しい。
だが、日本の原点は、明治維新からかもしれない。

普通の国になるには、必要なこと。

忘れないことかもしれない。
日本に国の原点は、国。

龍馬伝の船中八策は、いい。
日本の原点。龍馬の語りは。

https://www.youtube.com/watch?v=LnWhe90s-7M
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« そうなのかもしれない。 | トップ | 男性を選ばない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

名言、珍言。」カテゴリの最新記事