二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

サウジアラビアの皇太子は、問題だろう。首になるのは、時間の問題。

2018年10月17日 06時44分30秒 | ニ言瓦版
そうなのか、トランプ大統領だから、信用できない。
不思議な事件、


「アメリカのトランプ大統領は、サウジアラビアの皇太子と電話で会談し、サウジアラビアを批判してきたジャーナリストが殺害された疑惑について、皇太子が関与を否定したと強調するとともに、サウジアラビア政府がすぐに真相を明らかにするという見通しを示しました。
サウジアラビア人ジャーナリストのジャマル・カショギ氏が、トルコにあるサウジアラビア総領事館で殺害された疑惑については、サウジアラビアのムハンマド皇太子が関与した疑いが指摘されています。

これについて、アメリカのトランプ大統領は16日、ツイッターで、ムハンマド皇太子と電話で会談したことを明らかにしたうえで、「彼は総領事館で何があったか全く知らなかった」として、ムハンマド皇太子が関与を否定したと強調しました。

そのうえで、「もう捜査を始めたと言うのですぐに結果がわかるだろう」と投稿し、サウジアラビア政府がすぐに真相を明らかにするという見通しを示しました。

アメリカの複数のメディアは「サウジアラビア政府が『カショギ氏は何者かが尋問した際に誤って死亡させた』と説明する可能性がある」と報じるなど、これ以上、事態が悪化しないよう幕引きを図っているのではないかという見方を伝えています。

また、トランプ大統領もこれまで、「ならず者が関与した可能性がある」と述べるなど、サウジアラビアの王室をかばうような発言を繰り返し、武器の売却など経済的な結びつきが強いサウジアラビアとの関係悪化は避けたい思惑もうかがえます。」



サウジアラビアは、大変だろう。
一人のジャーナリストを消えた、殺されたか、で。
誰が、指示したか。

サウジアラビアの国王も、大変だろう。
皇太子は、何人もいる、新しい、皇太子と、交換だろうか。

このまま、世界で、恥さらしになると、石油も、売れない。
サウジアラビアに行くと、殺される国になる。


深刻な国。

ジャーナリストを殺さないで、いたら、問題ないことだろうに。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 知らない人かもしれない。 | トップ | オセロの優勝者と、新旧。いい話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事