二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

考えさせられる

2017年04月24日 04時32分00秒 | ニ言瓦版
この事件、記事は、考えさせられる。
結婚、再婚。
その後の死別。
子供の面倒。




「交際中のホストから3万円を脅し取ろうとして逮捕されたタレントのANRIこと坂口杏里(26)が、21日釈放された。駆け付けた報道陣には無言で、頭を2度下げ車に乗り込んだ。気になるのは今後のことだ。果たして、どっぷりはまり込んだ“ホスト通い”をやめることができるのか。

 母で女優の坂口良子は2013年に亡くなっているが、義父でプロゴルファーの尾崎健夫は健在だ。尾崎と杏里の関係は良好だったが、坂口の死を境に悪化したといわれている。最近発売された女性誌「婦人公論」のインタビューでも、杏里は「おじさん(尾崎)とは、母の死を巡り確執が生まれていた」「おじさんが現れてママを取られた」「だんだん憎しみが湧いてきて、(坂口の入院先の)病院でおじさんを蹴飛ばしていました」などと語っている。

■義父・尾崎健夫氏とは音信不通

「尾崎と坂口さんが付き合い始めたのは1998年ごろ。杏里は7歳でした。ママを尾崎に取られたと思った杏里は当時、尾崎にかなりつらく当たったらしい。それでも、徐々に関係は改善し、2012年に2人が結婚した際には、披露宴で杏里が尾崎のことを『お父さん』と初めて呼んだことで話題になった。しかし、尾崎が坂口さんの病を隠していたことから、2人に再び“確執”が生まれたんです。その後、杏里はホストにはまり、AV女優に転身。転がり落ちていってしまった」(女性誌記者)

 杏里がAV出演した後、週刊誌から直撃された尾崎は「最近は連絡を取っていないんです……」と絶句した。どうやら、音信不通だったようだ。ホストに行くためのカネを、友人たちにも無心していたという杏里。周囲に支えてくれる人はいるのか。」



普通の娘であれば、違いのかもしれない。
難しいことだ。

どんな風になるのか。

しかし、ホストとは、金儲けには、いいが、最後は、犯罪にかかわるか、警察に訴えるか。
いろいろ、風俗の商売、水商売は、いろいろ、あるのかもしれない。

覚悟と、金と、縁切りは、大切なことかもしれない。

女性も、男も、恋愛を商売するのは、覚悟が必要かもしれない。


老後の前に、再婚か。
色々再婚、結婚、離婚は、晩年は、
子供で、苦労するのかもしれない。

結婚は、したが、その晩年は、子供に苦労。
再婚したものは、連れ子に苦労するのが、晩年かもしれない。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知らなかった。一人でも、 | トップ | 残す仕事。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事