二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

何か、本当かな。

2018年10月18日 13時49分48秒 | ニ言瓦版
この記事、何か、もっと、話し合うか、
会話すればいい。
年代は、同じ。

いろいろ、話が、飲み会でもすればいい。
この記事だと。



「織田裕二(50)と坂上忍(51)の因縁バトルが勃発と話題だ。戦場はフジテレビ。月9ドラマ「SUITS/スーツ」がオンエア中の主演俳優、平日お昼の帯番組「バイキング」の司会。ともに局の顔のようなポジションだけに、関係者は冷や汗ダラダラだというのだが、どういうわけか。

 発売中の女性自身によると、バトルの火ぶたは1日に生放送された「FNS番組対抗オールスター秋の祭典」のスタジオで切られた。

 総合司会の坂上がひな壇に座る織田に「皆さん、フジテレビに織田裕二が帰って来ましたよ~」と呼びかけると、苦笑いを浮かべつつも両手を振る織田。それに対して坂上は「この番組に織田が出てくれるってなって、スタッフ全員びびっちゃってる」と発言。さらに「東京ラブストーリー」以来27年ぶりに共演中の鈴木保奈美(52)について「どうなんですか」などと、しきりに問いかけたのだ。ドラマの宣伝に関わる質問以外はNGとなっていたらしく織田は憤慨。口をへの字にして黙り込み、放送終了後、所属事務所を通じて坂上との共演NGを局に通達したというのである。

 坂上としてはかつて映画で共演歴もあり、自身の方が役者としてはキャリアが長く“先輩”だという意識があったのだろう。だが、織田は生放送中に何度も呼び捨てにされ、面白くなかったに違いない。スポーツ紙芸能デスクが言う。

「織田さんはプライドが高く神経質で、芸能関係者は織田さんと仕事をする際、腫れ物に触るような接し方をするという話は聞いたことがあります。ものまねタレントの山本高広さんが織田さんをネタに『キターーッ』とやって受けていたとき、織田さんの事務所が『人格権、肖像権、ひいて名誉を侵害し違法な不法行為となる可能性が極めて高い』と各局に通達し、これがネタ潰しだと話題になったこともありましたからね」

 織田と坂上。ともに1967年生まれの同世代には、もともと因縁があるという。織田裕二主演で91年に公開された映画「就職戦線異状なし」で初共演した際、子役出身の坂上が先輩風を吹かせ、なれなれしくしたのがそもそものはじまりなのだとか。織田と同じ神奈川県出身の芸能関係者はこう言う。

「彼は私立のマンモス校桐蔭学園出身なのですが、高校時代にバスの扉を壊したとか、校則が厳しく、頭髪検査もあるのに、金髪にしていたといった『不良伝説』があったりします。87年に東映『湘南爆走族』のオーディションを勝ち抜いてデビューした際は、不良少年の役柄と本人をだぶらせて見た後輩たちもいたはずです」

 良く言えば、熱く、真面目。撮影現場では、共演者が先輩であろうと、演技や演出についてもの申すことも辞さない織田。対する坂上も芸能生活が長く、先輩後輩の筋目やスタッフの対応、挨拶などには人一倍厳しいことで知られている。

 ドラマの宣伝で出演したバラエティーなのだからと受け流さずに怒る織田も狭量といえば狭量だが、生放送であえて呼び捨てにして“マウンティング”を仕掛けた坂上も不遜で大人げないのは確か。そんな2人の共演が二度とないのもまた確かだろう。」



勿体ないことだ。
50歳で、問われるは、中年、老年になっていくには、いい人材、育てるのが、今後だろうに。

話していれば、同年は、問われる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« これも、 | トップ | 無理なことかもしれない。経... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニ言瓦版」カテゴリの最新記事