二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

7.3%は、酷い。廃止かいい、害だ、庶民には、何か、27時間だ。

2018年09月12日 14時38分16秒 | ニ言瓦版
いろいろ、問題かあるのか、問われるは、なんで、あんなテレビ、放送したのか、録画で、
何が、27時間。
酷い視聴率だ。

7.3%は、深夜放送か。



「 今月8~9日にかけて放送されたフジテレビ系『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』の番組平均視聴率が7.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。これは過去最低だった2016年の7.7%を下回り、歴代最低記録。瞬間最高視聴率はアニメ『サザエさん』放送中に記録した9日午後6時56分の15.4%だった。
 そもそも放送前から「惨敗確実」とささやかれていただけに、この結果は想定の範囲内。メインの通し企画として、現代まで日本人が何を食べてきたのかバカリズムがフリップを用いて発表する「にほん人食堂」や、各都道府県のコーナー企画「FNS対抗! メシの祭典」が2日とも放送されたが、MCのビートたけしが下ネタを連発するだけ。たけしのサブいギャグを“笑わなければいけない”雰囲気も、視聴者は見ていてつらかったようだ。
 それでも、たけしは来年以降もヤル気満々。理由は高額ギャラで、フジテレビ関係者によると「1本(1億円)はいっている」という。一方で、たけしほどの大物になれば、お金に困ることはなく、自らの名誉をなげうってまでギャラに固執する必要もないように思うのだが……。
「もともと、たけしさんはお金に頓着ない人。それが週刊誌で再三報じられている愛人女性と付き合いだしてから変わった。これまで一度も尋ねてこなかったギャラを聞いてきたり、金額に対して注文をつけるようになった。どうも愛人女性の意向が働いているようだ」(スポーツ紙記者)
 今春明らかになった「オフィス北野」のお家騒動も、たけしを師と仰ぐ「軍団」が結束して、同社の森昌行社長に責任をなすりつけたが「核心は、愛人女性がたけしさんをコントロールしていること。しかしそこに矛先が向かうと、たけしさんがおかしくなる。軍団は長年の付き合いからそれを察知して、別の問題に話をすり替えた」(同)という。
 現在も背後にいるのは愛人女性で、たけしの仕事にも多大な影響力を及ぼしているという。
「彼女の考えはわかりやすく『ギャラが良ければやる。悪かったらオファーは受けない』というもの。『27時間テレビ』は、その最たる例でしょう。こうなると困るのは、薄謝で知られる雑誌や新聞などの紙媒体。今年に入り、たけしサイドからギャラの見直しを迫られているメディアもあるそうです」(事情通)
“殿”のご乱心は、いつまで続くのか……?」



出演者も、昔と、昔の映像と、何を放送したのか。
現場の中継、地震、洪水、の中継の放送のが、よかった。

『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』私物化の番組だった。


サザエさんだけが見ている。
結局、ちびまる子ちゃん、サザエさん、ワンビース、ゲゲゲの鬼太郎に、27時間、放送のが、人は、見る。
でも考えると、サザエさん、ちびまる子ちゃん、ワンビースで、他は、見ないのが、一番の庶民。


再放送でも、アニメしか、見る価値がない。

なぜ、ちびまる子ちゃんの追悼番組でも、24時間でも、すれば、もっと、見ていた。
フジテレビのアニメは、世界で、見られている。

15.4%のサザエさんも、本当は、ちびまる子ちゃんの泣ける、話があれば、
もっと、視聴率と、見てない世代に、広告になるものだった。


『FNS27時間テレビ』廃止がいい。
芸能人の食わす番組では、残るのは、何一つない。


北海道の地震現場と、関空の現場と、洪水の現場のライブカメラの中継のか、まだ、いい。

スマホ、中継のできる時代、生放送する現場が、できないテレビは、
廃止がいい。
地上波の意味がない。



コメント

日体大は、深刻だ。体育の先生は、管理か、調べることかもしれない。

2018年09月12日 14時03分35秒 | ニ言瓦版
「当然。
今まで、ばれなかったのがおかしい。
やはり、同じ事して、成功したのが、大学でも、したのか。



「日体大は12日、パワハラ報道のあった陸上競技部駅伝ブロックの渡辺正昭駅伝監督(55)を解任することを発表した。

 広報課によると、学友会などによる部員5人、元部員1人への聞き取り調査の結果、「足を蹴る」「胸ぐらをつかむ」といった暴力行為が複数報告された。言葉の暴力や人格を否定するような発言に相当する言動も報告され、渡辺監督も認めたが、パワハラに該当するとの認識を持っていなかったという。

 11日に渡辺監督から辞任願が提出されたが、陸上競技部は「学生指導の適性に欠ける」などと判断、部長名で解任することを決定した。学生3大駅伝の初戦・出雲駅伝(10月8日)まで1か月を切っているが、後任は決まっていないという。

 渡辺監督は1993年に豊川工高に赴任したが13年に体罰騒動で退職。愛知県教育委員会の調査によると、豊川工高陸上部の渡辺監督(当時)による体罰は08~12年度に33件あり、停職4か月の懲戒処分とした。一方で強豪校に育て上げた実績を評価した同校PTA関係者から指導継続を求める約3万8000人分の署名が集められた。日体荏原高の保健体育教諭を経て、15年から母校・日体大の駅伝部を指導。箱根駅伝では就任後3年連続でシード権を獲得していた。」



この大学は、問われる。
育成。

医大も、不正と、いろいろ事件があった。

日体大も、パワハラは、勘違いしているのかもしれない。
教え方、知らないのか、暴力の教え方しか、知らないのかもしれない。


同じこと、繰り返すのは、最近の事件。

反省して、直すは、無理なのかもしれない。
今の大学、高校、の育成では。
コメント

考えると。

2018年09月12日 08時54分51秒 | ニ言瓦版
癌は、深刻だ。

「国立がん研究センターは12日、がんと診断された人が3年後に生存している割合を示す「3年生存率」を初めて公表した。全てのがんの平均は71・3%。膵臓(すいぞう)がんは15・1%と差があり、治しにくいがんについて、新たな治療法の効果を5年を待たずに評価できるようになると期待されている。

 全国のがん拠点病院や国立病院機構などの330施設のうち、生存率を9割以上把握できている268施設のデータを解析。2011年にがんと診断された約30万人を追跡、ほかの死因を除き調整してまとめた。

 対象者は70歳代が最も多く、約9万7千人(32%)、次いで60歳代が約8万8千人(29%)。手術や内視鏡によってがんを切除した人の生存率は88%だった。部位別に見ると、膵臓が15・1%、肺49・4%、食道52・0%、肝臓53・6%。胃74・3%、大腸が78・1%、乳房(女性のみ)95・2%だった。」


長生きするのは、癌も、三年生存率、「平均は71・3%。膵臓(すいぞう)がんは15・1%」。


いろいろ、ある。

食生活の統計、取ってほしいものだ、何が好きか、そして、癌になったのは。
問われる。

テレビでは、納豆と酢で、食うかな。
長生きは。
コメント

人生は、晩年は、経験が問われるか。

2018年09月12日 08時41分39秒 | ニ言瓦版
一つの例か。
ソフトバンクから、巨人は、最後は。
何か、人生の縮図。




「巨人・杉内俊哉投手(37)が今季限りで現役を引退することが11日、分かった。05年に沢村賞を獲得するなど、現役2位となる通算142勝をマークし一時代を築いた左腕だが、15年オフに手術した右股関節に加え、近年は左肩痛にも苦しめられた。17年間の現役生活を回想し、スポニチ本紙に独占手記を寄稿。背番号18のユニホームを脱ぎ、近日中に都内ホテルで会見を行う。



 17年間のプロ野球人生に別れを告げるときがきました。これまでの僕の野球人生に関わってくださったすべての方々に感謝しています。そして、どんなときでもたくさんのご声援をくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました。折れそうな心を、何度も支えてくれました。

 引退の理由は体です。もう、限界でした。ホークス時代に痛め、じわじわと悪化していった右の股関節に、それをかばいながら投げていたことで左肩にも痛みが出ました。15年途中に1軍を離れてから、約3年間、1軍のマウンドを目指してきましたが、上がることはできませんでした。

 昨年のオフには、球団として支配下登録から外し育成選手として契約する選択肢もあったと思います。それでも、僕の背番号18への強いこだわりを理解し、支配下登録のままで復活することを待ち続けてくれました。周囲からの批判もあったと思います。マウンドで恩返しすることができず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 ホークスと巨人、2チーム、2つのリーグでプレーすることができました。両チームで日本一を達成しましたし、数多くの思い出があります。たくさんの出会いにも恵まれました。ホークスでは王貞治監督(現ソフトバンク球団会長)の下で一緒に戦うことができました。巨人に移籍することを電話で報告した際に「巨人の野球を勉強してきなさい。頑張って」と快く送り出してくださった言葉は、今でも耳に残っています。

 巨人では長嶋茂雄終身名誉監督に投球を見ていただくことができました。移籍1年目のキャンプでブルペン投球を視察し「その背番号(18)でチームを引っ張ってくれ」と声を掛けてくださいました。体を触られ、声を掛けてくださったときには鳥肌が立ちました。日本球界の象徴である「ON」の下で野球をできたことは、僕の人生の誇りです。

 印象深いゲームは2つあります。ホークス時代の2010年9月25日に札幌ドームでダルビッシュと投げ合い、1―0で完封勝利を収めた試合。直前までふがいない投球が続いていたため、試合後に感極まって泣いてしまいました。そして巨人時代の2012年5月30日、交流戦の楽天戦で田中将大と投げ合い、東京ドームでノーヒットノーランを達成した試合です。両方の試合で素晴らしい投手と投げ合い、勝つことができたので、達成感は大きかったです。

 最後になりますが、家族がいなければ、ここまで続けることはできなかったと思います。改めて「ありがとう」と感謝の思いを伝えたいです。子供には、もう一度、マウンドで投げる姿を見せてあげたかったですが、次の夢、目標に向かっていく父親の姿を見せることができればいいなと思っています。」




考えると、日本の球界しか知らないのも、問題かもしれない。
松坂投手、岩隈久志投手、世代。
経験は、彼らのがいいかもしれない。

今に、コーチ、監督になるが、高校、大学の監督もできるかもしれない。

人生は、経験だろうな。

===========

この記事、思い出す。

「東京六大学野球の早大の次期監督に決まった小宮山悟氏(52)が6日、東京・新宿区の同大で記者会見し、「受け継がれてきた一球入魂の精神を守り、早稲田で4年間やってよかったという選手を輩出していけるようにしたい」と抱負を語った。任期は来年1月1日から4年間の予定。
 スクールカラーのエンジを基調としたネクタイを締めた小宮山氏は「正式に(監督の)打診があったのは初めて。青天の霹靂(へきれき)。まだ準備不足だと思う」と慎重に言葉を選んだ。高橋広監督(63)が指揮する秋季リーグ戦が8日に開幕する目前とあり、新チームになるまで構想などは明示しない方針だ。2浪して入学した早大でエース兼主将、プロ野球で通算117勝、さらにメジャーリーグも経験。プロでの指導歴はないが「ある程度のレベルでプレーしていた自負がある」と話した。
 「プロとアマチュアは違う。アマチュアの指導者は、技術的に伸びればいい、だけではなく、教育者でなければいけない」と持論を述べた小宮山氏。体育教員の資格を持ち、早大大学院でも学んでおり、会見後には「ひげ、そるよ。教育者でないと」と、新たな顔で指導者として臨む意志も示した。 」



大学で、学ぶは、必要なことだ。
将来の大学の監督か、大学院、教授もなるか。
スポーツの経営、運動のことが、できるのかしれない。


人生は、野球は、大学で、学ぶことかもしれない。
コメント

厳しい世界。

2018年09月12日 08時25分39秒 | ニ言瓦版
投手は、賞味期限があるのかもしれない。
でも、一年で、首か。
厳しいことだ。




「マリナーズは11日(日本時間12日)、岩隈久志投手(37)が今季限りで退団すると発表した。
岩隈は昨秋に右肩手術を受け、今季はマイナー契約からメジャー復帰を目指していた。


 岩隈は2012年、楽天から海外FA権を行使してマリナーズに加入。1年目の後半戦から先発ローテ入りし、翌年から2年連続で2桁勝利を挙げた。16年にはメジャー自己最多となる16勝をマーク。昨年9月に右肩手術を受けて今季はマイナー契約からスタートし、8月には傘下1Aの試合で術後初の実戦登板を果たしていた。」



今後、どこに行くのか。

テスト受けて、受かる制度で、入ると、大したとではない。
でも、日本から、苦労なく、メジャーで、成功して、今度は、お払い箱。

厳しいことだ。
でも、当たり前かもしれない。

酷い球団を選ぶと、こうかもしれない。

最後は、アメリカで、監督、コーチまで、するも、人望だろうな。

ワタリガニみたく、いろいろ球団、渡り歩くも、年齢からすると、齢。


人生は、問われる、最後は、人脈かもしれない。
コメント