二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

楽しみ

2017年12月07日 13時29分29秒 | ニ言瓦版
来年の正月は、楽しみ。
視聴率、凄いかもしれない。


「2016年8月に公開され、大ヒットした劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)が、18年1月3日にテレビ朝日系で地上波初放送されることが7日、明らかになった。新海監督は「地上波のゴールデンタイムに自分の作った映画を見ていただけるなんて、これまで想像したことがありませんでした」と話し、「皆さんがこの作品をどんなふうに見てくださるのか、少し緊張も感じます」とメッセージを寄せている。


 さらに「新年の放送では同じ時間に何十万人、何百万人の人が見るので、いろいろな感情が同じ瞬間に起きる……。そんなにも多くの人と作品を共に楽しむのは、繰り返し映画を見た方にとっても初めての経験だと思うので、“同時代感”“リアルタイム感”みたいなものを楽しんでいただければ。僕もそれを楽しみたいと思います」とコメントしている。
 「君の名は。」は、1000年ぶりとなる彗星(すいせい)の来訪を1カ月後に控えた日本を舞台に、山深い田舎町に暮らす女子高生・三葉と東京で暮らす男子高生の瀧が入れ替わってしまう……というストーリー。番組は1月3日午後9時から放送。」


テレビ朝日。
正月から、視聴率いいのかもしれない。
期待できるか、それとも、大したことでない視聴率か。
コメント

立派だ。

2017年12月07日 04時00分11秒 | ニ言瓦版
面白い。
処分して、消えたのが、また、復活。
東芝も、こうすればいいのだ。
経営者の首と、できる人材を幹部。



「東証は7日、シャープ株式の上場先を市場2部から1部に変更した。
2016年8月の2部降格後、約1年4カ月でのスピード復帰となった。
シャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下でコスト削減など経営改善を進め、再建にめどを付けた。
1部復帰で信用力を得て、今後は成長路線への転換を急ぐ。」



台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業は、凄いことだ。
日本の経営者では、できない。
結局、有名大学の天下りの組織、経営の知らない、官僚の天下り。
大学で、経営、知らないものが、いや実際の経営を知らないものが、
幹部になると、倒産。
経営のいろは、知っているものがすると、復活。


日本の企業は、バカな経営者が多いのかもしれない。
あんなに、発明、開発している企業が、それは、復活するものだ。

バカな経営者の育成が、日本の有名大学の欠点かもしれない。

それか、経営の経験のあるものが、官僚になるのが、日本の国は、必要かもしれない。
東芝も、シャープ、ソニー、パナソニックのように、できるのか、
経営者の総入れ替えができないと、復活は、無理。

世界に売れる商品が、シャープにある。
スマホも、電子レンジも、他も。
台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業も、今に、本店は、シャープになるかもしれない。
コメント

考えると、普通なのか、どんな内容。

2017年12月07日 02時52分42秒 | ニ言瓦版
面白い。
何があったのか。
解除。



「ハロー!プロジェクトの女性6人組アイドルグループ、こぶしファクトリーの田口夏実(17)が、グループから脱退したことが6日、分かった。所属事務所が同日夜、公式ホームページで発表した。事務所は田口との専属マネジメント契約を解除したことも明かした。

 公式サイトでは、契約解除に至った経緯について「ここ数か月の本人の行動や出来事について、本人及びご両親とも話をしました。そのうえで、こぶしファクトリー、並びにハロー!プロジェクトのメンバーとして自覚と責任を欠くものであったと判断し、途中解約に至りました」と説明。「メンバー5人と話し合い、全員、前を向いて活動していく、という意志を確認することができました。彼女達がもっと前に進めるように、スタッフ一丸となってサポートしていきますので今後ともこぶしファクトリーへの、変わらぬ応援のほど、よろしくお願い致します」と呼びかけた。」



また、いろいろあるのかもしれない。

まともな組織なのかもしれない。


相撲界と違う。
相撲も、
あの宴会も、処分しないのか。
あの学校は、問題だろう。
コメント

イタチごっこかも。

2017年12月07日 02時40分29秒 | ニ言瓦版
この会長になり、厳しいことだ。
事件が、ばれると、それは、五輪の出場は、夏も、冬も、無理だろう。

相撲協会も、五輪、見習ってほしい。
事件があると、それは、処分と、出場の停止は、その国、その部屋。



「ロシア・オリンピック委員会(ROC)のジューコフ会長は五日、個人資格などでの平昌(ピョンチャン)冬季五輪へのロシア選手参加可否について選手も出席した会合で最終決定すると述べた。会合は十二日開催の見通し。地元メディアなどが伝えた。組織的ドーピングを否定してきたロシアは反発しており、レベジェフ下院副議長は「五輪を完全にボイコットすべきだ」と訴えた。 
 ロシアの国家意思を決めるプーチン大統領がどう反応するかが焦点だ。
 ジューコフ氏はスイス・ローザンヌで行われた国際オリンピック委員会(IOC)の理事会後、ROCの資格停止処分を巡り記者団に「潔白な選手が五輪に個人資格で参加できるのは肯定的な面。参加しても国旗と国歌を使用できないのが否定的な面だ」と発言。「選手の利益が最大限に考慮された決定かと言えば、そうだ」とも語った。
 五日のIOC処分に対してスポーツ仲裁裁判所に提訴するかは明言を避ける一方、最近のIOC再調査を受け永久追放処分となった全ての選手が提訴する方針だと明らかにした。
 IOCは国旗使用を認めない処分をしたが、プーチン氏は十一月に国旗を使用できないことは「ロシアへの侮辱」と述べている。ただペスコフ大統領報道官は今月四日の時点でボイコットを「検討していない」と述べた。
 ムトコ副首相が五輪から永久追放処分を受けたことは、ロシアにとって想定外で衝撃だったとみられる。国営ニュース専門テレビ「ロシア24」などを傘下に収める全ロシア国営テレビ・ラジオ放送会社は五日、ロシア選手団が参加しない五輪の中継放送をしないと発表した。
◆世界が注目 メディア集結
 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)が五日の理事会後にロシア選手団の平昌五輪派遣禁止を発表した記者会見には、注目の高さを示すように、世界中のメディアが集まった。百九十五人の取材申請があり、IOC関係者は「理事会後の記者会見としては史上最多ではないか」と話した。
 会見ではバッハ会長が「前例のない事態に対し、適切な処分を与えた」と語り、重大さを強調。理事会ではロシア・オリンピック委員会(ROC)のジューコフ会長から謝罪の言葉があったという。一方で「ロシアにも潔白な選手はいる。彼らは将来、よりクリーンなスポーツ界をつくるための橋を懸けてくれる存在」と、配慮も示した。
 記者会見が始まる前から、ロシアメディアは緊迫感を漂わせた表情だった。ロシア人記者からの質問も相次ぎ、胸に五輪マークと「NO RUSSIA NO GAMES」(ロシアがいない五輪などない)と書かれたTシャツを着た記者の姿もあった。理事会が行われたIOC本部前では、ロシア国旗を持った女性の姿も見られた。」



ドーピング問題、組織、国でするのは、酷い話。

最近、薬物の事件も多い。

スポーツは、一度、検査することが必要かもしれない。
まあ、試合の度にしていることだろう。


相撲も、管理しているのか、どうも、暴行事件と、異常な横綱。
検査することも、必要かもしれない。

検査の技術の進化と、ばれない、薬の開発か。
コメント

解らない、管理者の首がいい。

2017年12月07日 02時16分56秒 | ニ言瓦版
この相撲協会は、可笑しい。
なんで、診断書がいるのか。
頭の怪我で、それも、先月である。
手足の怪我ではない。

診断するも、検査するも、他と違う。
頭の後遺症は、交通事故の頭の怪我と、同じだろう。



「日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇多賀竜)は5日、元横綱日馬富士に暴行を受けて冬巡業を休場している平幕貴ノ岩に関し、休場に必要な診断書を提出するように師匠の貴乃花親方(元横綱)に要請した。
 鏡山部長は東京都江東区の貴乃花部屋を訪れたが、貴乃花親方は不在。電話も通じず、文書をポストに入れた。「(同親方から連絡は)何でも書面でと言われている。そういうものに応えるのが相撲道じゃないのか。ルールなんだから」と困惑した様子だった。
 貴ノ岩は11月の九州場所を全休した際も「脳振とう、左前頭部裂傷」などと記された診断書提出が通常より遅れ、同場所2日目に出した。巡業部長の貴乃花親方は問題への対応などで冬巡業に不参加。5日も報道陣に無言を貫いた。
 また協会広報部は、貴乃花親方が八角理事長(元横綱北勝海)に問題発覚前から連絡していたとの一部報道に対し「完全に事実とは異なる」と発表。同親方から事前に協会執行部や事務方に報告や連絡、相談をした事実は「一切ありません」とした。」


力士から役員、親方、協会、常識しらないのか。
よくよく、考えて、頭の怪我は、縫ったのだ。

怪我、信用してないのか。
診断書は、何を意味するのか。
事件から何カ月たった。
一カ月経過しないと、脳の復活、後遺症が、解らないだろう。

前回、診断書を出した、医者、病院に、聞いているのか、そして、
なんで、本場所でもない、巡業で、解らない行為。
暇なのか。
鏡山危機管理部長は、首がいい。
そもそも、協会の管理が必要のかもしれない。


相撲協会は、常識がない。
なぜ、貴乃花親方の批判と、犯罪したのは、犯罪した部屋の問題だろう。
管理する部屋の親方の解雇が本当だろう。

たって、暴力振った部屋は、解散だろう。
それか、親方の首。
なぜ、巡業にこの事件の関係者を出すのかも不思議。
横綱なしで巡業が、本当だろう。

犯罪した、団体は、なぜ、処分しないのか。
不思議。
引退で済むのか。
犯罪だ。

怪我の治療費、など、民事で、争うこともある。

よくよく、考えると、よく、巡業が出るものだ。



コメント