三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

菊池聡『予言の心理学』(1)

2005年12月21日 | あやしい教え・考え

菊池聡『予言の心理学』を読み直した。
名著だと思う。

菊池聡氏は認知心理学者である。
予言はなぜ当たるのか、なぜ予言を信じるのか、そのことについて心理学の観点から具体的な事例をあげて説明している。
予言を信じる心理は、インチキ宗教・サギ商法・迷信などにはまってしまう心理と共通していると思う。

予言はなぜ当たるように思うのか。
1 はずれた予言は誰も覚えていないが、当たった予言は忘れない。
いい予言よりも悪い予言のほうが多いが、悪い予言がはずれて文句を言う人はいないから。

2 あいまいな言い方をする。
「悲惨な出来事が起こる」というように。
後づけで解釈すれば当たったように感じる。
この法則を応用して、たとえば芸能人が結婚した時に「いつか破局がおとずれる」と予言をすれば、はずれることはない。
破局が離婚か死別か、あるいは別の何かとは言わないし、日時を限定していない。

これは手かざしで病気が治ると信じるのと同じで、手かざしで治ったことは忘れず、誰彼となく吹聴する。
もっとも、手かざしで本当に治ったのかどうかはわからない。
治ったような気がしただけなのか、自然に治ったのか、別の原因で治ったのか。
治らなかったら、「信心が足りない」「神があなたに試練を与えた」などと言えばいい。
ということで、予言がはずれたから予言なんてあり得ない、とは言えない。
同じように、インチキ宗教をインチキだ、サギだと証明するのは難しい。

もうじき終末がおとずれ、ほとんどの人間は死んでしまう、しかし信者だけは終末を生き延びるという終末思想も予言の一つである。
終末が来て人類は滅亡するぞと脅す(ムチ)、そして信者だけは生き残る、もしくは天国に生まれると救いを与える(アメ)。
アメとムチの使い分けはインチキ宗教、悪徳商法の手である。
霊感商法も「先祖が迷っているからよくないことがある」(ムチ)と、「この壺を買えば先祖が成仏する」(アメ)という予言する。
「先祖が迷っている」というのはウソだし、ましてや「よくないことがある」こととは無関係だと、私は断言する。
しかし、証明することはたぶんできない。

高橋紳吾先生の話。

仕掛けたほうが詐欺だと告白しなければ、詐欺罪は成立しないというのをご存じでしょうか。
詐欺を仕掛けたほうが、これは本当に悪霊が憑いていると信じ切っている場合には詐欺にならないという、非常に複雑な問題がありまして、詐欺と認定されたのは足裏診断と満願寺の霊視商法だけなんです。

ということで、霊感商法をサギとして捕まえることはできないそうだ。
悩ましい問題である。

もっとも、アメとムチが短絡的に悪だと考えてはならないと菊池聡氏は言う。
たとえば、子供に「悪いことをすれば地獄に堕ちる」と恐怖心をあおり、「善行を積んで、神を信じれば天国に行ける」と安心と希望を与えることで、善い人になっていく。
あるいは、「しっかり勉強しないと、浪人するぞ」と言って、やる気を引き出すのも同じである。
ということで、脅して(ムチ)救いを与える(アメ)ことがいいか悪いかは単純には決められないそうだ。
ちょっとひっかかる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 満足した豚は悪い物語か | トップ | ジャン=フランソワ・プリオ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自由な信仰と信仰の自由 (プロジェクト卍)
2005-12-22 10:43:06
 でも私思うに、サギやカルトということを考えるに内容もさることながら、治療者と患者、教祖(宗教者)と信者の「関係」がどうなっているかということが大事だと思います。

 傍から見ていれば、そんなアホな話しに引っかかる方がどうかしてると思います。けれどこの先生はダメと思って、他所へ行く選択の自由が保証されていれば良いのですが。



 例えば、私の知人が末期ガンなのですが、他の人がしきりに、のじま医院を勧めます。本人は乗り気ではありませんが、一縷の望みを託すのは、周りの人の情でもあります。

 http://www.nojimaiin.com/p06.html

 

 また例えば、法輪功を中国政府はオウムと同じカルトだと言って弾圧していますが、



 http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/xjflg/t62971.htm



 中国政府自体が、大躍進やら文化大革命やら天安門事件でもだいぶ人命を奪ったことですし、法輪功の言い分も聞かなければと思います。国家に睨まれるとタイヘンです。

 http://www.minghui.jp/



 バラモン教から見れば、釈尊は異端でしょうし、ユダヤ教から見ればイエスも異端でしょう。上座部仏教から見れば、浄土教も異端でしょうし。寺檀関係も、江戸時代に比べれば緩やかですが。キリシタンを弾圧するために、信仰の自由を奪ったわけですから。
Unknown (円)
2005-12-22 17:31:14
鎌倉新仏教は今でこそ伝統教団ですが、宗祖のころは新興宗教でして、「あいつら何だ!」と言われていたわけです。

ですから、歴史が浅いからダメとは言えません。

じゃ、どこでインチキを見分けるかというと、やはり教え、内容がまず第一だと思います。

そして、教祖・教団と信者との関係。



>治療者と患者、教祖(宗教者)と信者の「関係」がどうなっているかということが大事だと思います。



高橋紳吾先生は、カルトの教祖は結局は人を支配したい、ということがカルトの特徴だと言われています。

そして、

「ほんとの宗教とは何かというと、それは信者のためにあるものです。それに対して、カルトというのは教祖のためにあって、いつも教祖の支配のもとに信者は置かれている。」



ですから、おっしゃるように「他所へ行く選択の自由が保証されていれば良い」ということになります。

しかし、いくらよそへ行く自由があっても、はまってしまったら、その自由を放棄してしまうのが我々です。

「自由からの逃走」ですね。

勧誘する人は「やめたくなったらいつでもやめれる」と言いますが、実際はそう簡単にはやめれないようです。



のじま先生の著書はすべて「たま出版」からですね。

「たま出版」の本は「トンデモ本の世界」に数多く紹介されています。

のじま先生の著書もぜひ「トンデモ本の世界」に取り上げてもらいたいものです。

それにしてもエネルギー療法というシロモノ、保険がきくのでしょうか。

去り行く人 離れられぬ人 (プロジェクト卍)
2005-12-23 11:49:20
 自分のもとを去ってしまう、恋人、配偶者。友だち。息子に娘。部下に生徒。あんな、インチキ教祖のどこがいいのよ!あんな、女ったらしのどこがいいんだ!って。

なんとか、ものとのサヤに収まらぬものかと思いつつ、あの手この手を尽くしてみたものの。。。

 

 人は孤独で、人を求めるからこそ、人を自分のもとに引き付けておきたいのかも知れませんね。

 

 で、自分がいなけりゃこの人はダメになると、おせっかい焼いてみたり焼かれてみたり。共依存ってやつですね。親に、彼氏に殴られながらも、当の相手をかばったり、離れなかったり、と。そこが人間の生き物の不思議なとこです。



 没落させられるものが、没落させるものを熱狂的に支持する、というのは(ナポレオン)ボナパルティズム。自由から逃走して、支配されたがる人です。ついこの間の選挙でも見られました。
共依存 (円)
2005-12-23 19:39:09
共依存というのがありますね。

私が何とかしなくてはこの人はダメになってしまう、ということが生き甲斐になってしまう。

これも自力ということなんでしょうか。

http://trauma.or.tv/1kouisho/6.html
弟子いちにんも持たず (プロジェクト卍)
2005-12-24 10:02:47
 親鸞さんは、ユニークな人だと思います。自分の元を去った弟子がいて、別の弟子が「あいつに与えたお聖教やら名号軸を取り返しましょう」と進言したにも

かかわらず、「まあ、いらなくなって山に捨てたとしてもそれを拾い、仏縁にする生き物もいることでしょうから、別にいいやん」なんてことを言う。



 でも、自分は名誉欲いっぱい。先生気取りでとても鼻持ちならないやつだと反省してる。ここんとこ面白いですねえ。
本心はいかに (円)
2005-12-24 12:04:46
親鸞さん、弟子への執着ばかりでなく、経典などのものに対する執着もあまりなかったのかもしれませんね。

そして、私だったら、わざわざあげたんだから大切にしてほしいと思いますが、自分のした行為に対する執着もないのかもしれない。



だけど、それでは立派すぎて困る気もします。

あのヤロウ、と思いつつ、そんな自分の執着心をよく知っていて、そして取り返す必要はないと言ったのなら面白いのですが。

コメントを投稿

あやしい教え・考え」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事