三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

佐藤大介「米国・死刑取材の現場からの報告」

2016年09月29日 | 死刑

佐藤大介「米国・死刑取材の現場からの報告」(「フォーラム90」vol.149)は、アメリカの死刑事情についての講演録です。

佐藤大介氏は共同通信の記者です。
テキサス州で死刑囚にインタビューしています。

テキサスの司法当局のHPには、死刑の情報が一定程度公開されている。

収容されている死刑囚の氏名など写真入りの細かい個別情報、死刑執行のこれからの予定、執行前の最期の言葉、執行に立ち会った人のリストなど。

HPから死刑囚のインタビューを申し込むと、すぐに返事が来た。
死刑囚の中から3人を選んで送ると、死刑囚本人がOKだから、何時に来てくれと、話が決まる。

佐藤大介氏がメディアの人間かどうかの確認はしない。
死刑執行当日のスケジュール、普段の生活も教えてくれる。
自分たちは公務員として仕事をしているから、公開するのは当たり前だという姿勢。
死刑囚と面会するに際して、ICレコーダーとカメラは持って入ってもいいし、撮影用のライトをセットすることもできる。

400人近い死刑囚の執行に立ち会ったマイケル・グラチェクという記者にも話を聞いています。

マイケル・グラチェク記者はたぶん死刑には賛成だということですが、「政府のやっていることを監視するのが我々の仕事なんだから、これは立ち会わなきゃいけないんですよ」と言っている。

日本では死刑囚や執行について基本的に情報公開はないということを話すと、「例えば、その死刑囚が本当に死んだって誰が証明できるの」と言われる。
日本では絞首刑だが、首が切れたり、のたうちまわるとかいったことはないという法務省の説明を、どうして鵜呑みにするのかと聞かれて、佐藤大介氏は返事ができない。
当局が発表したことを、どうしてそんなに無批判に受け入れるのか、どうしてジャーナリストは疑問をはさまないのか、佐藤大介氏は自省します。

カリフォルニアで死刑廃止運動をしている人にもインタビューしています。
彼らは、有権者に問いかけるべき課題というのは具体的でなくてはいけない、感情的ではなく合理的に説明していく必要がある。と強調する。
たとえば、仮釈放なしの終身刑を導入することで、カリフォルニアでは年に1億5千万ドルの費用を節約できるというデータを示す。
そして、そのお金で、被害者への支援をする、あるいは犯罪を生み出さないよう、貧困問題や格差の問題、教育の機会などにお金を使うべきではないかと主張する。

日本の死刑の問題点
・死刑囚の実態が見えない
佐藤大介氏がテキサス州で会った死刑囚は、いろんな人と会ったり、文通をすることで死刑の恐怖から耐えることができている、全く面会者がいない死刑囚は頭がおかしくなっていると言っています。
・執行基準が明らかではない
なぜその死刑囚が選ばれたのかがわからない。

死刑廃止とは法律を変えることだと佐藤大介氏は言っていて、そうかと思いました。
法律を作り、国会の法務委員会で法案が了承され、国会で可決されないと死刑廃止はできない。
そのためには国会議員への働きかけが必要だが、それがなされていない。
なるほど、そのとおりです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 山下博司『古代インドの思想... | トップ | 上杉聰『日本会議とは何か』 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (由比)
2016-10-06 07:28:35
容認できない日弁連の「死刑廃止」宣言 http://www.sankei.com/region/news/161006/rgn1610060053-n1.html
コメントありがとうございます (円)
2016-10-10 18:21:59
死刑制度に関する内閣府の世論調査は質問が「廃止すべき」と「やむを得ない」ですからおかしいです。
「やむを得ない」ではなく「存続すべき」とすべきです。
それに、終身刑を導入したらという質問だと、死刑に賛成する人はどっと減ります。
http://www.morino-ohisama.jp/blog/2015/02/post-81.html
このことを堀内さんはご存じないとは思えません。

また、冤罪について、「神ならぬ人間が行う裁判である以上、冤罪の可能性がゼロになることはあり得ない。死刑囚だけに冤罪があるわけではない。」と無茶なことを言っています。
自分が冤罪死刑囚になっても、仕方ないですませるのでしょうか。
Unknown (遂犯無罪)
2016-11-11 20:38:02
警察はカルテの保存期間5年から二年のタイムラグを付けた、しかし幸運にも開示元は機転を利かせて開示となった、
この虚偽告訴事件を証明する証拠が出なれば、民事裁判も起こせず再三の収監を繰り返していた。

法曹三者が意志一致しての弾圧事件 時系に二年のタイムラグ
http://www.suihanmuzai.com/index4/161110.jpg.html

コメントを投稿

死刑」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事