三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

香山リカ「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」3

2007年03月29日 | あやしい教え・考え

「スピリチュアルにハマる人、ハマらない人」の第5章「スピリチュアルちょい批判」は必読である。

  批判その1
スピリチュアルが説く「すべてのできごとは偶然ではなく必然」「あなたが生まれたのには意味がある」「あなたの役割は前世から決まっていた」というメッセージはオウム真理教と同じである。
しかし、スピリチュアルにはまっている人にはその自覚はない。
なぜか。
「それは、彼らの中には、自分がいま夢中になっているスピリチュアルが、オウム真理教のような危険なカルトや怪しげな新興宗教と実は地続きなのだ、という連続性の感覚が極めて乏しいからだ」

すなわち、スピリチュアルにハマる人は、カルトにもハマりやすい。

  批判その2
自分、特に自分のマイナス面を見ない。
幅広いものの見方、自分に対する批判的な眼を持たない。

ものわすれの深刻な人が増えているそうだ。
「外傷体験とも言えないほどの〝ちょっとしたイヤなこと〟で簡単に心の統合が崩れ、そのイヤなできごとの前後の記憶を意識から切り離してしまうのだろう。
その様子を見ていると、この人たちは〝イヤなことできごと〟に直面し、落ち込んだり腹を立てたり反省したりする手間よりも、それを心から切り離して、考えないようにしてしまうほうがずっと簡単でラクなのでそうしてるのではないか、と思えるほどだ」

「(ものわすれは)いまの世の中をあまり考え込まずにすいすいと泳いでいくための、ひとつの“生活の知恵”なのである」

今の人は「自分の負の部分が認められない」「自我が脆弱になっている」そうで、犯罪者にやたら厳しい風潮も自分の弱さを犯罪者に投影しているのかいなと思う。

すなわち、スピリチュアルにハマる人が増えたら、一億総白痴化になってしまう。

  批判その3
「問題は社会にある」と言われてもピンとこないが、「問題は前世にある」と言われるとストンと腑に落ちる、と香山リカは言う。
社会へのプロテストがはやらなくなったんだなと、あらためて思う。
自分を棚に上げて「世の中が悪い」と言うのも問題だが、「自分の思いを変えればいい」とすべてを自分の心の問題とし、社会を見る目を失うことは、権力にとって都合がいい。

すなわち、スピリチュアルにハマる人は、権力の言いなりになる。

  批判その4
「科学的正当性、科学的根拠に対するハードルの低下が、社会の中で起きている」
たとえそれがウソであっても、それでみんなが幸せになるならいいじゃないか、ということで、真実かどうかは問題にならない。
たとえば、ニセ科学、ニセ健康法・ニセ健康食品でも「何らかの効果があるなら、それが心理的効果でも本物の薬効でも、どちらでもいいじゃないか」ということらしい。
あるいは、相手が言ってほしいと思っていることを言うのが霊媒師、占い師なのだが、それはわかっていても、だまされてもいい、いい気持ちにさせてくれたら、というわけだ。
つまりは難しいことは考えたくないわけで、「自分自身の頭や心で考えずに、その答えを誰かに求めようとする」

すなわち、スピリチュアルにハマる人は、悪徳商法にもひっかかりやすい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香山リカ「スピリチュアルに... | トップ | ルワンダの虐殺 1 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弱点 (京都8月2日)
2007-03-30 16:16:27
どういう状況・言葉・物・場所・ブランドに自分が弱いのか?もあると思います。
愛や幸せ・感動という言葉には、うさんくさい響きが漂いつつも、少なからず反応してしまいますね。
また、物事に少し自信のある時もハマりやすいのかも知れません。

更に、結婚や出産は伴侶の状況で、幸せ感や利益が左右されやすい面もありますので、スピリチュアルと合いやすいと思います。

不安 (円)
2007-03-30 21:11:33
今が満たされていなかったり、自分が何となくイヤだったりする人のほうが多いと思いますよ。
納豆ダイエットだって、こうしたら願い(やせたい)がかないますよ、ということですからね。

今、テレビでイジメのことをやってまして、子どもを守るのは親しかいない、過保護だろうと何だろうと子どもを守らないといけない、と言ってる人がいました。
話が極端なんですよね。
こういう人はちょっと不安を与えられると、すぐはまってしまうだろうなと思いました。
公立はイジメがある、学力が低い、といった不安感を親たちが与えられているため、受験産業、教育産業がはやっているわけです。
だましのテクニックは単純なんですけどね。
怪しさ倍増 (京都8月2日)
2007-04-01 13:28:49
<話が極端なんですよね。

問題点を何でもかんでも、早く解決しようと思ってしまうのもありますね。
昨日の江原と嵐の特番でも、ゲストの臨床心理士が、

「江原さんのカウンセリングは素晴らしい。私達が何 ヶ月かかるのを、短時間で解決した」

と、誉めていましたが、うーん、臨床心理士や精神科医でも早期解決が流行っているんでしょうか。それより、こういう人達がこんな番組出ていて良いのかと・・・
お前も見ているじゃないか、と言われたら、そうなんですが。
でも、霊視する前に、相談者の家の見取り図のフリップを嵐のメンバーがスタジオで見せていたのは笑いました。事前調査がバレバレです。
私もなれるかも (円)
2007-04-01 20:59:35
ゲストの臨床心理士さん、どういう心理療法をする方なんでしょうね。
ひょっとしたら前世療法かも。
ウィキペディアの「臨床心理士」の項を見ると、民間の資格なんですね。
そうありがたがるほどのものでもないような気がしました。
話は前後しますが・・・・ (京都8月2日)
2007-04-03 20:32:54
<話が極端なんですよね

私も、一部の問題点を見て、その全体がダメだと思ってしまったり、1つの事を見て、どうせ同じだろうと思ったり・・・・・
郵政民営化の問題でも、公務員は恵まれている・・・
と言う単純な思い込みもありました。

<だましのテクニックは単純なんですけどね。

反対に自分が、人をだまさないとも限りませんね。




陰謀論 (円)
2007-04-04 16:03:05
>郵政民営化の問題でも、公務員は恵まれている・・・と言う単純な思い込みもありました。

ある人の意見だと、石炭鉱山の閉鎖や国鉄民営化など、結局のところは組合つぶしだと言ってました。
また、別な人は、民営化にすることでおいしいところを自分たちがいただくのが目的だったのが、外資系がとってしまった、という話でした。
なるほどね、と感心しましたが、感心するような話じゃないですね。


>反対に自分が、人をだまさないとも限りませんね。

子どもに対して、「勉強しないとあんな人になるぞ」なんてのも脅しとアメですよね。
江原さんの霊視・・ (愚遊)
2007-04-07 22:35:55
 遅まきながらの質問・・失礼します。
 私のテレビを見ての感想ですけど・・
テレビのバラエテー番組ですから多少の「やらせ」は常識化しているわけですね。
 「江原氏が何を言ってもいいという了解を得ての番組なんでしょう。」からそれに対して外野でとやかく言っても無視されるだけのことだと思います。
 しかし、敢えて言えば親鸞聖人の教に縁あるものが「江原さんの霊視」にコメントをしたり取り上げること自体が宿善の縁ある人に対し不正な行為になりはしないでしょうか。
 「霊魂」のことは私が一番解っているんだと「お山の大将になっているのが江原さんですね。」
 真でないものを取り上げて何が見えてくるのでしょうか?
 
 

いろんなものが見えてきます (円)
2007-04-08 20:05:00
>テレビのバラエテー番組ですから多少の「やらせ」は常識化しているわけですね。
 「江原氏が何を言ってもいいという了解を得ての番組なんでしょう。」からそれに対して外野でとやかく言っても無視されるだけのことだと思います。

私があれこれ言ってもテレビ局や江原啓之は何とも思わないでしょうね。

>しかし、敢えて言えば親鸞聖人の教に縁あるものが「江原さんの霊視」にコメントをしたり取り上げること自体が宿善の縁ある人に対し不正な行為になりはしないでしょうか。

どういう意味かわかりませんが。

>真でないものを取り上げて何が見えてくるのでしょうか?

江原啓之のような人が言っていることが真であると信じている人がいます。
そういう人たちに間違いだよと伝えることができたらいいなと考えています。
それと、何が真でないかを考えることによって、真が浮き彫りにされてくると思います。
いろんなものが見えてきます (愚遊)
2007-04-09 10:22:33

>そういう人たちに間違いだよと伝えることができたらいいなと考えています。
それと、何が真でないかを考えることによって、真が浮き彫りにされてくると思います。
 
 同感です。


ミクロとマクロ (万次)
2007-08-22 01:24:58
 権力についてですが。まあ、権力というと国家権力。軍隊や警察を使って、物理的(ハード)に民衆を支配するということがひとつありますが。

 常識や良識や世論といったもので、個人の判断を誘導するといったソフトな支配もあります。

 http://www.axis-cafe.net/weblog/t-ohya/archives/000323.html

 私自身は従来の「国家が悪い!」「男が悪い!」「資本主義が悪い!」式の議論があんまりスキではないのです。国家に属する側でなくとも、男であったりするし。また女性であったとしても資本家であったりもするし。

 関係は、相手によって違ってくるんではないでしょうか。

コメントを投稿

あやしい教え・考え」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

ジェームス・スキナー―名言集 (名言集@成功者たちの告白)
力を与えてくれる成功者たちの名言を集めています。よろしくお願いします。