三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

「東京拘置所・衛生夫が語った「死刑囚」それぞれの独居房 第二弾」1

2013年07月31日 | 死刑

「死刑囚」や「東京拘置所」で検索すると、なぜか「週刊新潮」2月7号に載った「衛生夫が初めて語った! 東京拘置所「死刑囚」30人それぞれの独居房」を紹介した拙ブログの記事が上位に来る。

死刑囚の世話をした元衛生夫(受刑者)が見聞した死刑確定囚について語っているのだが、本当に衛生夫だったのかは疑問である。
というのも、宮前一明さんについてこんなことを言っているからである。
「再審請求をしており、提出書類が3つ必要なのですが、彼はそれをわざと1通ずつ出す。そうすると裁判所から、〝書類が足りません。いつまでに提出してください〟と通知が来る。それを無視していると、もう少し強い調子で催促する通知が来ます。それでも無視すると、今度は〝このまま出さないと請求を取り消します〟という強い勧告がくる。そこで、彼はようやく2通目の書類を提出するのです」

知人の話だと、宮前一明さんに来た手紙の内容を衛生夫が知ることはあり得ないし、刑務官が衛生夫に教えることもないという。
衛生夫ではなく、刑務官が小遣い稼ぎで「週刊新潮」に情報を売ったのではないかという気がする。

「東京拘置所・衛生夫が語った「死刑囚」それぞれの独居房 第二弾」は「週刊新潮」7月25日号掲載。

この衛生夫は前回とは別の人物だそうだ。
この記事を見て、衛生夫経験者が金目当てに新潮社を続々と訪れ、あることないこと吹聴するだろうと思う。

「私は数年にわたって死刑囚の食事の配膳やフロアの掃除、身の回りの世話を行い、生身の彼らと接してきました」

最初に袴田巌さんについて語っている。
「その老人は、わずか4畳の独房をいつもヨボヨボと歩いていました。関節はうまく曲がらず、身体を傾けながら、30分でも1時間でも、声を発することなく、表情を変えるワケでもなく、同じところを行ったり来たり……。まるで動物園の熊のよう」

認知症のような症状がしばしば見てとれたそうだ。

「放っておくと、水を無制限に飲んでしまうので、洗面台の水が止められていました。また、便器の水を飲んでしまったこともあったそうで、夜はトイレにも水を流せないようになってしまっています。さらに、自分の名前も書けません。死刑囚は、買いたいものを「願箋」という紙に書いて僕らに出すのですが、袴田さんはその名前の欄に「大王神界~」などと、漢字をお経のようにズラッと書くのです。欄をはみ出してもお構いなしで、紙一杯に書く。しかも、毎回〝名前〟は変わるのです」

ええっと驚く話で、いくら死刑囚だからといって、この扱いはひどすぎる。
袴田巌さんは拘禁反応だと言われているおり、おまけに認知症かもしれない。
それなのに、東京拘置所は治療もせずに放っているわけである。

造田博さんもひどい状態に置かれている。
「罪と向き合わない点においては、「池袋通り魔殺人事件」の造田博死刑囚も同様であった」として、次のように語っている。
「造田は何もしゃべらず、下を向いて一日を過ごしています。〝お茶要りますか?〟と聞いても、やや間を置いて手でバッテンの合図をするくらいで、私は彼の声を一度も聞いたことがありません。また、汚くてどうしようもない人間で、シャツも洗濯しないから、白いシャツが真っ黄色になってしまっているんです。トイレも絶対に流さないので、房は臭くて仕方がない。一言で言えば〝廃人〟同然の人物で、扱いにくさでは、フロアで屈指でした」
〝廃人〟同然の人物に「罪と向き合わない」と責めているわけで、衛生夫の語りに記者の偏見が混じっているのがわかる。

造田博さんは事件の前から統合失調症を発症していたらしい。
犯行の2年前にこんな手紙を前に外務省などに送っている。
「日本人のほとんどは小汚いものです。この小汚い者達は歌舞伎町で、人間でなくなっても、動物でなくなっても、生物でなくなっても、存在しなくなっても、レイプし続け、暴行をし続けると言っています。
存在、物質、動物が有する根本の権利、そして基本的人権を剥奪する能力を個人がもつべきです。
この小汚い者達には剥奪する必要があります。
国連のプレジデントに届けて下さい。
Hiroshi Zota  造田博」
98年6月、造田博さんはアメリカのポートランドに行くが、日本領事館に保護された時は錯乱状態だったという。

保健所で殺された犬の仇討ちのために元厚生事務次官宅を襲撃した小泉毅さんにしても、精神的に何らかの問題を抱えているかもしれない。


山本譲治氏(元国会議員)の講演を聴いて驚いたのが、重篤な統合失調症の人は心神喪失とされて罪には問われないはずなのに、そんな人たちが刑務所に少なからずいること。

軽微な事件では責任能力を争う裁判はほとんどないそうだ。
というのも、国選弁護人の報酬は6万円、精神鑑定は20万円もかかる。
裁判官も審理が長くなることを嫌い迅速にすませようとする。
それで、精神病院を退院したばかりの人がワンカップを1本万引きして、実刑判決になる。

裁判所は造田博さんたちが統合失調症であることはわかっていても、心神喪失で無罪にしたくなくて死刑判決を出したんだろうが、死刑囚が精神障害や心神喪失状態にある場合は死刑の執行できない。(もっとも、精神病の死刑囚も執行しているのだが)

袴田巌さんが病気だとみんな知っているのだから入院治療すればいいのに、法務省は何もせずに病死するのを待っているわけである。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 最近読んだ小説 | トップ | 「東京拘置所・衛生夫が語っ... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
死刑廃止派 (白蓮)
2013-07-31 23:02:02
僕は死刑廃止論者なんですがこれらの死刑囚はまさに生き地獄です。
ある意味では死刑より残酷かも知れません。
とりあえず死刑になってしまえばこの地獄から解放されるわけですから。
それから改悛させてから殺すというシステムも意味が分かりません。
何の意味があるのか?
その方が死の恐怖が緩和されるからでしょうか?
あるいは遺族の感情のことと係るのか?
そのあたりはどう思われますか?
コメントありがとうございます (円)
2013-08-01 17:29:37
>改悛させてから殺すというシステム
これはどう考えても変ですよね。
拘置所側としては、おとなしく死んでほしい、暴れられたらイヤだ、ということがあると思います。
だけど独房に閉じ込めたら心情の安定が図れると、法務省の役人や拘置所長は本当に思っているのでしょうか。

遺族の感情ですが、本村洋さんは2007年6月28日の記者会見で「私は一度も反省をしていない被告人に死刑を課したいと言ったことはないと思います。彼が悔い改めて自ら犯した罪を反省して納得して胸を張って死刑を受け入れることに、私は意味があると思ってます」と言っています。
しかし、悔い改めたら許してあげましょうというのが普通の発想だと思うのですが。
反省したら執行されるんだったら反省なんかしないほうがいいということになりませんか。
尾形英紀死刑囚の考えはそれなりに筋が通っていると思います。
http://blog.goo.ne.jp/a1214/e/6a2f06eed055c7eed6cbc355bf6c88ba

白蓮さんのブログですが、インターネットエクスプローラーだと、「福島2012」の写真(?)が見えませんでした。
利便性 (白蓮)
2013-08-03 05:12:44
やはり処刑する側の利便性ということなんでしょうか?
だったら鎮静剤を投与してから塩化カリウムを注射して安楽死化させるとかいくらでも手立てはあると思います。
とにかく悪いことをやったんだから苦しみを与えて殺さなければならないというのが世論なんでしょうね。
また死刑囚の待遇がかつてより悪化しているという後進性にも驚きました。
あと死刑廃止論というのは猛烈な感情的な反発を招くことがほとんどなのでこのエントリーにも全く機械的な非難のコメントがつくかも知れませんね。


写真についてはネットというのは決して思い通りにはならないということで勘弁してください。
一連のお話 (となりのみよちゃん)
2013-08-03 09:36:02
真夏の怪談噺より、恐ろしい現実のお話です。

こういう状況を解決しようと、頑張っている団体は?どこかに、ないのかしら?
コメントありがとうございます (円)
2013-08-03 20:02:15
>白蓮さん
大阪パチンコ店放火殺人事件で、弁護側は絞首刑は残虐だから違憲だという主張をしましたが、地裁の判決は絞首刑は残虐ではないから合憲というものでした。
判決文は突っ込みどころ満載ですが、死刑の安楽死化についても唖然とすることを言ってます。
よろしければ↓をご覧下さい。
だったら、お前たち(裁判官)が準備して、執行して、後片付けもしろ、と言いたくなりますよね。
http://blog.goo.ne.jp/a1214/s/%C2%E7%BA%E5%A5%D1%A5%C1%A5%F3%A5%B3

>死刑廃止論というのは猛烈な感情的な反発を招く
おっしゃるとおりで、便所の落書きというか、パブロフの犬的というか、そういうコメントに悩まされたことがあります。
死刑廃止論は感情を刺激するのかもしれません。

>となりのみよちゃんさん
死刑廃止運動をしている会はたくさんありますが、東京だと「死刑廃止フォーラム90」や「そばの会」があります。
http://forum90.net/news/ibent/ibent.html
http://homepage2.nifty.com/sobanokai/
死刑廃止合宿が11月30日~12月1日に広島でありますよ。
その、そばだったのですね (となりのみよちゃん)
2013-08-04 10:13:11
歯茎、使わないですむレシピ、考えていたので、どうして、そばの会なのかなぁって、思ってしまいました。
おそばって、飲み込むのが、ツウらしく・・・

地道な運動が、実を結ぶこと、期待します。

この時期は、マスコミ、戦争関係の話題、多いですよね。
でも、時期が過ぎると、すぐに、忘れてしまい・・・

その、繰り返し・・・

地道に続けていくって、大変だと思います。

歯茎の調子、悪いのも、いつのまにか、おさまっていたら、治療するの、面倒になるってこと、ありませんか・・・

忘れてしまってもいいこと、いつも、気に留めなくてはならないこと、あると思います。
世論調査 (円)
2013-08-05 08:34:39
憲法改正に賛成の国会議員が84%、死刑に賛成の人が8割。
でも世論調査だと憲法改正賛成は半分です。
なんかおかしいですよね。

年をとると、あちこちが悪くなって、年のせいだと言われたら、それまでで。
日本もあちこちが悪くなって、それも年のせいでしょうか。
Unknown (Unknown)
2016-02-21 23:55:49
人殺しが抹殺されるのは当然。
犯罪者を擁護する連中もまた立派な罪人であり、この世から葬り去るべきである。
Unknownはやめてね (円)
2016-02-23 16:29:24
殺人事件の加害者の4割が家族です。
介護疲れによる殺人、母子心中など。
これもやはり死刑ですか。

たとえば袴田事件のように、証拠を捏造した警察、証拠を隠した検察は意図的に袴田さんを死刑にしたわけで、殺意があり、袴田さんが死刑になっていたら殺人です。
警察や検察の関係者も死刑にすべきですね。
Unknown (あ)
2018-09-18 00:49:59
「酷くも何ともない。小汚なく、終わっているのは造田をはじめとした死刑囚だ。」自業自得。治療など必要ない。犯罪者を擁護して悦に入っている暇があるなら、被害者とその遺族のことをおもえ。

コメントを投稿

死刑」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事