三日坊主日記

本を読んだり、映画を見たり、インチキ宗教を考えたり、死刑や厳罰化を危惧したり、そしてそのことを日記にまとめてみたり。

再審請求と冤罪

2018年04月08日 | 死刑

裁判官だった原田國男氏が『裁判の非情と人情』で死刑について書いています。

私がかかわった死刑囚の死刑が執行されたと後日報道で知ると、心からその冥福を祈る。被害者遺族の方々からすれば、被害者の冥福こそ祈るべきで、死刑囚の冥福を祈るなどけしからんと思われるであろう。死刑の言渡しは、正当な刑罰の適用であって、国家による殺人などではないということはよくわかるが、やはり、心情としては、殺人そのものである。法律上許されるとはいっても、殺害行為には違いはない。
目の前にいる被告人の、首に脈打つ血管を絞めることになるのかと思うと、気持ちが重くなるのも事実である。言渡しの前の晩は、よく眠れないことがある。

そして、このように言い切ります。

自信たっぷりの死刑判決など本来ないのである。

ところが、死刑執行後の法務大臣のコメントはいつも自信たっぷりのように感じられます。

2017年7月13日、西川正勝死刑囚が再審請求中だったにもかかわらず死刑を執行されたことについて、安田好弘氏がフォーラム90の集会で話をしています。(「フォーラム90」Vol.154「死刑が緩和される方向に向けて」)

金田法務大臣「法務大臣臨時記者会見の概要」

一般論として、仮に再審請求の手続中はすべて執行命令を発しない取扱いとした場合には、死刑確定者が再審請求を繰り返す限り、永久に死刑執行をなしえないということになり、刑事裁判の実現を期することは不可能となるものといわなければなりません。したがって死刑確定者が再審請求中であったとしても、当然に棄却されることを予想せざるをえないような場合は、死刑の執行を命ずることもやむを得ないと考えています。


1999年、小野照男死刑囚が再審請求中の執行があった。参議院法務委員会での質問に対する臼井法務大臣の答弁もほぼ一緒。

もし再審請求の手続き中はすべて執行命令を発しない取り扱いをするものということであるならば、死刑確定者が再審請求を繰り返す限り、永久に刑の執行をなしえないというということになりまして、刑事裁判の実現を期するということは不可能になるものと言わなければならないところでございます。従いまして、死刑確定者が再審請求中であったと致しましても、当然、棄却されることを予想せざるをえないような場合におきましては、執行を命ずることもやむを得ないと考えております。

法務官僚の作文が17年後にも生きている。
つまり、死刑執行は政治家が決断しているのではなく、法務官僚が行っており、執行の説明さえも彼らが考え、大臣が記者会見で話す言葉さえも用意している。

「再審請求中に執行できないならば永久にできない」
「再審が棄却されることが明らかな場合は執行できる」

三権分立のもと、再審は裁判所だけが判断することになっているのであり、行政が判断することは許されていない。
なのに、再審が認められるかどうかを法務大臣、あるいは法務官僚が判断して執行するのは越権行為である。

免田栄さんの再審は第6次再審で認められた。
赤堀政夫さんは第4次再審。
奥西勝さんは第7次再審でいったん再審開始決定が出ている。
徳島ラジオ商事件は第6次再審。
こういうことが再審の実態で、再審請求を繰り返さないと再審は実現できない。
にもかかわらず、法務省は「理由もなく繰り返す」と非難している。

原田國男氏は「それにつけても、最近不思議だと思うことがある」と、冤罪事件についてこのような疑問を呈しています。

氷見事件、足利事件、東電OL殺害事件において再審が認められて、被告人はいずれも無罪となり、真犯人が別に存在することまで明らかになった。
ところが、裁判所は知らん顔を決め込んでいる。
法務検察と裁判所において、再発防止策を具体的に検討したふしはない。

結局、裁判所が最終的に再審無罪を確定させたのであるから、自浄作用は、まさに、正常に働いており、問題はないという見方がされているのかもしれない。しかし、それも弁護団等の多大な尽力があったからこそ、実現したのである。


冤罪について法曹にはこんな考えがあるそうです。
・冤罪は存在しない。再審にしろ、通常の裁判にしろ、無罪となったのであるから、裁判所の判断は、最終的に正しかった。裁判所が無罪としている事件は、その意味で、冤罪とはいえない。
・冤罪とされる事件の多くは、判断が分かれ、微妙なものであって、被告人が真犯人である可能性は残っているから、冤罪とはいいきれない。
・冤罪が生じるのは、刑事裁判制度の不可避の現象であって、これを少なくすべきなのは、当然であっても、制度自体を廃止できない以上、限界がある。
・我が国はこれまで無実の者を死刑にした例はない。
・冤罪は、死刑に特有なことではなく、あらゆる犯罪に起こりうることだから、冤罪を理由に死刑を廃止すべきだというなら、他の刑罰も廃止すべきではないか。

そもそも、我が国の刑訴法学者の多くは、冤罪不存在論か冤罪不可避論に立ち、冤罪問題について、実に冷淡であり、これは世界的にみても特異な傾向であろうと、原田國男氏は言います。

一般国民は、冤罪事件といえば、強盗殺人や殺人で、しょせん、裁判官が判断することであり、自分には関係がないと考えてきたであろう。

たしかに、国民の多くは冤罪問題についてさほど関心があるようには思えません。
冤罪事件があれば、最高裁や法務省に抗議デモがあってよさそうなものです。

平川宗信氏は「国民に主権意識がなさすぎます」と断じます。
主権者として、自分たちが死刑を存置し、自分たちが殺しているのだという自覚がない。
主権者意識がないという根底には、社会を支え、国を支えている個人という意識がない。

私は、死刑囚の首にかかっている縄は、その端が一億本余に分かれていて、私たち一人一人がその端を引っ張っているのだという話をします。(「フォーラム90」Vol.150)


鎌仲ひとみ氏の話の中に「あなたの家のコンセントの先は原発につながっている」ということがありましたが、死刑も原発も私と無関係な事柄ではないわけです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 高橋昌一郎『反オカルト論』 | トップ | 平安時代の結婚 »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
狼なんか怖くない/丸の内サディスティック (万年中年)
2018-04-14 02:03:05
 >平川宗信氏は「国民に主権意識がなさすぎます」と断じます。主権者として、自分たちが死刑を存置し、自分たちが殺しているのだという自覚がない。

 丸の内の三菱重工本社ビルを爆破。たまたまその近くを歩いていて死傷した人たちに対して「“狼”の爆弾に依り、爆死し、あるいは負傷した人間は、『同じ労働者』でも『無関係の一般市民』でもない。彼らは、日帝中枢に寄生し、植民地主義に参画し、植民地人民の血で肥え太る植民者である。」とうそぶいた東アジア反日武装戦線。

https://bitter-magazine.net/archives/2463

 我々と同じ考えを持って行動をおこさないものは、我々から抹殺されても文句は言えないとのお言葉。
 死刑廃止にせよ、反原発にせよ、こういった昔の左翼の発想のにおいがしてなりません。表面的な主張としては、「いのちがだいじ!」とはいうものの、狼さんのように赤づきんちゃんを食べたりしないのかしらん。
同感 (円)
2018-04-14 09:42:48
これはその通りだと思います。
だからといって、死刑や原発が必要だということではありませんよ。
教訓Ⅴ  (万年中年)
2018-04-15 02:19:14
 死刑廃止派の人がいうことばに、なぜそんな事件を起こしたのか後の教訓にすべきだから死刑にせずに生きててもらうのがよい云々というのがあります。
 なるほどと思うのですが、例えば狼さんたちはどういう風に「転向」したのだろうかと思います。オウムの人たちも自分たちの意見に同調しないひとたちをポアして当然という論理にからめとられたのですから、教訓として死刑廃止論者が思想を鍛えてるのかと思いきや、
「私は、死刑囚の首にかかっている縄は、その端が一億本余に分かれていて、私たち一人一人がその端を引っ張っているのだという話をします。」なんですから。
 私の母は知的障害と書きましたが、彼女が死刑制度について知ってることはほぼなく、深く考えたこともないようですし、殺人事件を描いたドラマや時代劇を見てもらす感想からするに「勧善懲悪」なんだろうと思います。
 で、こういう「無知」なるひとびとはフォーラム90のひとからみて主権者意識のない「罪人」なんでしょうね。このような語り口はずっと耳にするものですが、つくづく、そんな母をもった私は不憫であります。
無知の涙 (万年中年)
2018-04-19 10:31:25
 永山則夫という有名な死刑囚の著書に『無知の涙』というのがありましたが、 
 http://urx.mobi/JCNp

 彼の支援者たちが差し入れた本を熱心に読んだ結果、「現代日本の大多数の民衆は無知である。がしかし、この民衆が現代ヨーロッパの人間性のあるひとびとのように無知でなくなるならば(略)王政制度の廃止もゆめまぼろしの空話ではなくなるであろう」と書いてます。

 うーん。1971年発表ということを考慮してもじつに発想が大時代的です。貧困によって学を身につけることができず成長し、社会的に不遇であったために事件を起こしたというのがだいたいの彼の軌跡ですが。そこから得た教訓とは、天皇制打倒や資本主義の廃絶を構想すること。
 あれから50年近くたった今。マスメディアの報道によって、凶悪犯罪が増えているだとか、凶悪犯罪の低年齢化などという間違った「体感治安の悪さ」が喧伝されているのですが、まあ殺人事件の被害者・加害者になる可能性よりは、ひったくりやオレオレ詐欺の加害者・被害者になる可能性のほうが高いということは種々の統計からみるとわかる。
 いまは政治学者ロバート・パットナムが提唱した社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)という考え方が、犯罪発生率の低下と関係しているというものですね。それは広島市立大学のかたが2008年に書かれたこの論文。 https://www.jstage.jst.go.jp/article/janpora/8/1/8_1_13/_pdf
 あるいは広島大学の先生が2011年に広島県警で話されたこの発表。
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/police/041-herasou-ura.html

 次のプレゼンを見ると、約三割の再犯者によって約六割の犯罪が行われていることがわかる。また出所時に帰る場所がないものの約六割は一年未満に再犯をおこす。また再犯時に約七割のものは無職であった。

 つまり、天皇制の廃止とか資本主義の廃絶よりは、職業に直結するような知識や技術の訓練、あるいは生活保護制度の利用や福祉施設への入所。依存症がもとでおこす犯罪については治療などの重要性が高いということである。
http://www8.cao.go.jp/youth/kenkyu/mondai/h29/k_2/pdf/s1.pdf

 パットナムは社会関係資本を、結合型と橋渡し型に分類している。特定の集団の内部での紐帯が結合型であるが、それは外部に対して排他性をもち、相互監視の息苦しさも伴う。
 宗教団体や新左翼というのは、この結合型にわけられると思うが、死刑廃止運動もこの結合型に近いなあと私は思う。

 ああ、やれやれ。
これもわかりません (円)
2018-04-22 17:53:49
申し訳ないのですが、どうしてそういう理屈になるのかよくわかりません。
死刑反対の主張がどうしてお母さんを主権者意識のない「罪人」扱いにするとか、遺族のかたの恐怖に加担していることになるんでしょうね。
『無知の涙』は難しくて、すぐに放り出した私ですから。
お許し下さい。
わたしもわかりません (万年中年)
2018-04-24 20:36:22
 >平川宗信氏は「国民に主権意識がなさすぎます」と断じます。主権者として、自分たちが死刑を存置し、自分たちが殺しているのだという自覚がない。
主権者意識がないという根底には、社会を支え、国を支えている個人という意識がない。

 国民主権とは、選挙を通じて代表機関である議会、もしくは国民投票などを通じて主権を行使する。その責任も国民に帰趨する。というものでしょう。

 ですから、「各選挙で投票率が下がっている。みんなで選挙にきちんといくべきだ。それが与党であろうと野党であろうと。」であるなら話の筋は通ると思いますが「死刑囚の首にかかっている縄は、その端が一億本余に分かれていて、私たち一人一人がその端を引っ張っているのだという話」ということにつなげるは論理の飛躍でしょう。
 
 死刑の是非について国民投票があったわけではないですしね。
善悪のふたつ (万年中年)
2018-04-24 22:29:26
 安楽集に載ってる次のお話。http://www.yamadera.info/seiten/d/anrakushu1_j.htm
「 四十里の氷に、 もし一人の人があって、 一升の熱湯を投じたならば、 その時は少し氷が減ずるようであるけれども、 夜をへて明け方になると、 他の所よりも高くなっているようなものである。 凡夫がこの世界で発心して迷いの苦しみを救おうと思うのも、 またこのとおりである。 貪欲・瞋恚の境界は心にかなったりかなわなかったりすることが多いから、 みずから煩悩をおこして、 かえって悪道に堕ちるからである。」

 まあ、絶対正義というものがあるとも思えません。良かれと思う主張を述べたり行動に出たりしたことも、かえって逆効果であったり思いもよらぬところで、やっかいな問題を引き起こしたりするということで、独断の目が覚まされましたね。
当事者発言 (万年中年)
2018-04-25 01:40:38
>死刑反対の主張が(略)、遺族のかたの恐怖に加担していることになるんでしょうね。

 これはたとえばすでにリンクをはった磯谷さんのご意見
 >磯谷:
 あえて私がむごいことを発言したのは、「死刑反対」と軽々しく言ってほしくないからです。私が三人の死刑を望むことは当たり前のことです。みなさんも最愛の人が何の関係も落ち度もないのに、殺されたとしたら同じ思いになるのではないでしょうか。

 と、ここでは「怒り」の表出ですが、当事者の具体的意見に基づいて書いています。

 http://originalnews.nico/45811

 また、ブログ主さんのお寺の名前が出てくるこのサイト。被害者遺族の方が直接書かれていますが、「弟を殺されたけれど犯人を許した心の広い方」に対して「特別な発言力を持った被害者遺族の代弁者であるかのように自己主張する舞い上がった姿勢があります。自らの家庭を崩壊させた長兄が、講演や出版で被害者遺族という家族代表を演じる姿に、被害者支援活動という大義名分を掲げているが被害者でも遺族でもない特定の目的を持った他人の意思で踊らされているような、違和感があります。」というお気持ちを記されています。
http://www.rosetta.jp/kyojin/report24.html
これも見解の相違 (円)
2018-04-27 09:10:05
論理の飛躍と思われるのでしたら、これは考えが違うわけで、仕方ないです。

万年中年さんは、被害者ではない者が死刑廃止を言うべきではないし、さらには被害者遺族であってもつつしむべきだという考えなのでしょうか。
私ならこう考える (万年中年)
2018-04-28 00:30:29
 もし、死刑について廃止すべきだと思っていても、自分の選挙区に「死刑廃止議連」に名を連ねている議員がいない場合、「主権者としての責務」を果たす術はないと私は考えます。
 しかし、もしじぶんが裁判員に選ばれたときには、直接裁判に関わるのですから、そのときは主権者としての権利を行使できるのだと思います。 

 積極的に、自身の主張を社会に向けて発信するのであれば、それに対する反応が、否定的なものであれ肯定的なものであれ、その発言主体に帰って来るもので、それを受け止める責務があると考えているだけであります。
 

コメントを投稿

死刑」カテゴリの最新記事