べってぃのぱっしょん

ビビッとくると「パッション感じた」と言ってしまいます。平たく言えば、好きな物の寄せ集めデス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

MBCベスト劇場「スープあります」

2006-10-29 23:50:40 | イム・スンデ
バタバタしてて、ここでも紹介してませんでしたが(したところで、何人が喜ぶのかは不明 爆)イム・スンデ氏がMBC「ベスト劇場」に再登場~~♪♪♪
るるる~vvv

当初21日放送だったのが一週ズレてたんです。
実家に戻りつつ「助かった~」と思っていました。
で、昨日ですよ。
お風呂も済ませて番組表を確認するも「ベスト劇場」がない!
ダウムカフェでも告知はなかったし・・・と思いつつ、番組のサイトに行ってみると11月4日になってたよよよ・・・。

てなことで連休真っ只中ですが、来週の土曜日 23:45(遅れる可能性高し)
興味のある方はご覧遊ばせ。
あ、CS入ってるもぉ~ん!という方は字幕付をば。
コメント

滞在延長

2006-10-28 00:30:03 | 日常
急いで広島に戻る必要もないので日曜まで実家でのんびりすることにしていました。
そんな時に、初七日が月曜ということが判明。
妹が「姉ちゃん、もう一日おっちょきよ(=いれば?の意)」と言う。
寂しいんだろうなと思った。
私は普段離れて暮らしているから、実家での出来事に疎い。
というか、薄々は分かっていながらも、離れているのをいいことに敢えて目を向けずに逃げているところがある。
でも妹はそれができない。
私より勝気だけど、全部背負ってしまうポジションにある。
今回も、弟を亡くして何となくぼぉーっとしている父(一見ちゃんとしてるんですけどね、何か抜けてるんです)の尻を叩いて「あれはやった?」「これはどうなっちょんの?」と事を進めているのは彼女。
私は長女なのにオロオロしてるだけで(そう見えないようにしますけど)
だから、私がいるだけで妹の気が楽になるならいてあげようと思った。
事情を知らない会社の人には「叔父の葬儀で3日も・・・」と思われるかも知れないけど、どうせ仕事ないんだし(おい)

色々考えてたら、自分がちょっと情けなくなりましたな。
何にもできないし、親が頼りにしてるのは妹で、私はお客さん扱いだし。
今回は広島に戻った時に珍しく寂しく感じました。
コメント

葬儀の日

2006-10-28 00:08:02 | 日常
この日も朝は特にすることなし(笑)
手伝いに来てくれた人に挨拶してまわったり、お花などお届け物の置き場所を指示するくらい。
あ、父親の代わりに喪主挨拶の原稿書いたっけ。
なかなか感動的にできあがりました(おい)

うちは日蓮宗なのですが、聞いたところによると葬儀が長いらしい。
えーえー、それは確かに9歳の時に思った気が。
お経をいくつか唱えるんですよねぇ。
その間に私の足はどんどん感覚がなくなっていくのが分かります。
どうやら、最初のポジショニングがダメだった模様。
このままではお焼香の時にヤバい状況になると察し、不恰好を承知でモゾモゾ。
巧みな?体重移動のおかげで感覚を取り戻して事なきを得ました。

式が終わった後は、お供え物のお花と妹が準備した57本(叔父の年齢ですな)の菊の花を棺に入れて出棺。
火葬場に行くのも初めてでした。
炉の前で本当に最後のお別れをして待合ロビーへ。
1時間半~2時間かかるとのことで、その間持参したお菓子や折り詰め、お酒を頂く。
ある出来事で飲まずにはいられない気分になっていたので(結構問題多いんです、うちんち)珍しく自分から日本酒に手を出す私。
湯呑みに3杯ほど飲みましたが、全然酔わね~っ。

一組、また一組と呼び出しがある中、うちは最後まで待たされました。
叔父は体格が良かったので、2時間まるまるかかったみたいです。
職員さんが喉仏(実は背骨らしい)を探して取り除いてから、足の方から骨壷へ入れていきます。
一番上に喉仏を置いて終了。
何だかあっけない。

と。
叔父と懇意にしていて、前の晩もずっと起きててくれた母方の伯父が泣き出しました。
叔父に文句言ってるんですが、それはどう見ても愛に溢れていて。
いつも大声で亭主関白、典型的な九州男!という人なのに。
そんな人の涙だからこそ、胸が締めつけられる思いがしました。
コメント

お通夜

2006-10-27 23:35:11 | 日常
前に叔父が亡くなった時は9歳だったので、身内が亡くなって葬儀を出すのは、殆ど初めての経験です。
私が帰宅した時には既に近所の人が来て、炊き出しなどしてくれています。
そんな中、ずっと離れて暮らしている私は何をしていいのかちんぷんかんぷん。
家では出る幕なしという感じで、妹と買出しに行ったり、自分が寝る2階の部屋を掃除したり(笑)

夕方近くになり通夜を前に、葬儀社の人の指示で叔父の身体を棺に収めることになり、この日初めて叔父と対面しました。
アルコールで身体を拭いて、足袋らしき物や手袋らしき物、お金を入れる袋をつけてあげて、棺へ。
不思議と涙は出ませんでした。
何というか、こういう時ってずっと悲しいんじゃないんですね。
バタバタしてるし、人と一緒に何かやることが多いので結構笑いも出るし、冗談も言う。
まだ亡くなったことが実感として湧いてこないからかもしれませんね。
一人になったり、気が緩んだりすると、じわぁ~っとキました。
叔父も野球が好きで、私が好きだった尚ちゃん(あ、ギャオス内藤さんのコトです)の話で盛り上がったな~なんて思いながら。
コメント

帰省していました。

2006-10-27 23:12:48 | 日常
先週の木曜から火曜の早朝まで実家へ帰っていました。
父方の叔父が亡くなったので、その葬儀の為です。

電話が鳴ったのは木曜の早朝。
妹からでした。
寝耳に水の出来事で、思わず「誰が?」「何で?」と聞き返してしまいました。
しばらく会ってなかったので、病気だということも知りませんでした。
家族も病気は知っていたものの、そこまで悪いとは思っていなかったようです。
私はそのまま起きて簡単に部屋の掃除をし、最小限の荷物で家を出ました。
会社に寄って休みの許可を得て、広島駅へ。

結婚していなかったので、喪主は私の父。
自宅での葬儀です。
以前からこのブログを読んで下さっている方はお気づきかもしれませんが、父が弟を亡くすのは二度目。
目を泣き腫らしてるんじゃないかと思いましたがそれはなく、でもお正月に会った時よりも老けて見えました。
コメント

遂に出た!

2006-10-17 23:03:12 | ケータイから

そろそろ機種変したいなぁ・・・と思っている今日この頃。
このところシャープ製を2機連続で使っています。
メーカー変えてあたふたするのもなぁというのもあり(冒険できない小心者)今回もシャープかなと漠然と考えていました。
信頼できる情報筋(誰だよ 笑)によると「シャープなら12月まで待った方が良いよ」らしい。

韓国好きにとってはサムソン製も気になるところ。
翻訳機能や辞書機能もついているのは嬉しいのですが、如何せん他の機能が寂しい。
別にチャットとかしないからいいけどさ~、せっかく新しいんならもう一越え!と思うよなー(それを人は宝の持ち腐れという)

 そんな悶々と日々を過ごす私に、ケータイショップで働く知り合いからメールが。


 とうとう韓国語対応の携帯がでましたよ(笑) 原文ママ


えぇ!? それって入力もできるってこと!?


 新機種のカタログにそんな感じで載ってました~


取ってきたまま放っておいた(おい)カタログを慌てて見る。
お?韓国語メニューとは書いてあるけど(初めて知った)入力には触れてないじぇ?


  単品のカタログには書いてあるんですよ(笑顔の顔文字←知りたくない?)


 てことで、帰りにもらってきました。
本当に書いてあるるるる~!!

 いわく、

 メニュー画面やメールの送受信などがハングル文字で表示できます。韓国のお友達ともストレスのないコミュニケーションが可能です。

欲しいじゃねーか、コノヤロー(何故か泉谷風)

あ、ちなみにこの会話は705、スライド式のヤツです。
706はまだよく分からず。
でも本当に薄い。電卓かと思いましたw

コメント (2)

Jeff君

2006-10-16 23:12:58 | 日常
香港にある子会社から社員さんが打ち合わせに来ていました。
打ち合わせに参加したのは日本人2人。
ハンドキャリーの状況では、現地採用のJeff君も同行するかも・・・という話だったのに、会えなくてショボーン(何でやねん)

ところがですよ。
仕事を終えて裏口を出る所で、取引先から帰ってきた営業さんとバッタリ。
「あ、お疲れ様でーす。お先に失礼しまーす」と言っていると、「あ・・・」と言って背後から誰かを引っ張り出して(笑)きた。
Jeff君でした。
ピとオリエンタルラジオの右側の人(眼鏡のせいか?)を足して2で割ったような、今風の男の子でした。
21歳ですってよ、奥さん!
気を利かせて「イ尓好ロ馬~?」と言ってみたのに、ちょっとヒかれてしまった(汗)
何でよー!
ロ馬は付けない方が良かったのか?
「元気か?って、見れば分かるだろ!」てか!?
そうか、そうなのか、いいよ、いいよ、ぷーんだっ。
てか、Jeff君は日本語バリバリなのですが。
気持ちを汲んでほしいよね。

でも、可愛いから許す(爆)

明後日は宮島へ行くそうですよ。
何ならお供しますぜぃ♪
コメント

記念切手

2006-10-16 23:01:09 | 日常
10日に発売になった日本映画の記念切手。
前に『蒲田行進曲』の話をしていたのを覚えてくれていた派遣さんが教えてくれました。
したら、一緒に話していた経理の社員さんが「私、買いに行くからついでに買ってきますよ」と。
遠慮なくお願いしました。
私が買ったのは「日本映画2」。1は古い映画(昭和30年代まで位かな?)を集めています。
全体の画像はココで見られます。

コメント   トラックバック (1)

華仔@釜山 その2 +安聖基

2006-10-14 23:20:50 | 俳優
開幕式の翌日はアン・ソンギ先生とのオープントーク。
この企画は毎回カジュアルですよね~。一昨年の偉仔はジャージだったし。
アン・ソンギ先生、クールビズの部長みたいっす。
『墨攻』で共演もしている二人、このイベントでも息の合うところを見せたようです。

以下、ネイバーニュースにUPされている記事。

 劉徳華、「韓国映画界の団結力が羨ましい!」
 劉徳華、「出演料がなくても安聖基と共演したい」
 安聖基、「映画にだけ集中することが長寿の秘訣!」
コメント

華仔@釜山

2006-10-14 23:00:16 | 俳優
開幕式から参加している華仔、当然レッドカーペットにも登場。
当日深夜KBSで放送されたダイジェストをネット視聴したのですが、(分かる人には分かる)あの画質&音声でも、華仔が姿を表した瞬間、会場が色めき立ち、どれだけ歓迎されていたのか分かりました。

ブラック華仔、素敵だけれど・・・ボトムは細目が好きです(聞いてない)
コメント