べってぃのぱっしょん

ビビッとくると「パッション感じた」と言ってしまいます。平たく言えば、好きな物の寄せ集めデス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『重力ピエロ』

2009-07-16 00:03:33 | 日本映画
今年はあんまり映画観てないなぁ・・・。
今更ですが、せっかく観たので思ったことを少々。

大人気の伊坂幸太郎作品ですが、私一冊も読んだことなくて。
興味はあるんだけど、どれから読んでいいか分かんない(笑)
てことで、この作品も原作と比べることはできないんですが。
内容的には、ちょっとした変化球の連続って印象を受けました。
伊坂氏自身が「作り方によっては、単なる家族の話になってしまうような気がして映画化には慎重になっていた。でも本作はそうではなかったので安心した」みたいなこと言ってたのは頭にあって。
どんな話なんだろう・・・と思ってたんですが、まぁ、家族の話ですよね?(爆)
放火の犯人が誰なのかはかなり早い時期に予想はつきますが、これはワザとですか。
その辺の謎解きには重点を置いてないんですが、原作はどうなんでしょうね。
ちょっと気になりました。

で。
私が言及しない訳がないのが、加瀬クンでしょー。
何かね、新しい面を発見したような気がしましたよ。
何が新しいのか、うまく言えないんですけどー。
強いて言えば、「ああ、やっぱ35歳だね」っていうね。

映画始まった時から「思ったより岡田クンがイイね」という感じで観てたんです。
加瀬クンは言わずもがななのでね。
でも、とある場面、
岡田クンのアップ→離れた場所にいる加瀬クンの横顔(だったと思う)に変わった時にですね、
「あ、やっぱ加瀬クンがいいわ~」と思ってしまった。
加瀬クンが初めて年相応に見えました。
(いえ、別に20歳と比べて肌が・・・とか、そういうんでは 汗)

加瀬クンって、割と初期の頃から見てますが(勿論観てないのも結構あります)、いつからファンになったのか、いつ「加瀬亮」という名前を認識したのか、初めて見たのがどの作品なのか全然覚えてない。
大体この辺りだったよなというのはあるんですが、はっきりとは分からない。
いつの間にか日本映画界に存在してて、すっと入ってきて、好きなのが当たり前の俳優・・・そんな感じ。

だから、今回も「昔と比べていい俳優になったな」という意味ではなくて
ほんと単純に、その佇まいというか、スクリーンに映った雰囲気そのものを「いいな」と感じたのですよ。
(要は好みってことだろいうツッコミはなしで(爆))
そりゃ、もっともっと年配の深みを重ねた素敵な俳優さんはたくさんいますけど、
今の加瀬クンにしか出せない空気をこの作品の、このシーン(だからドコだよw)で見たような気がしました。
今までは、歳よりずいぶん若く見えるなぁってのが頭にあったし、実際そういう役が多かったので意識してなかったかも。
あ、でもこの映画では大学院生の設定だったか・・・墓穴掘ってますね、私。

や。
だから、これから観る作品の楽しみ方が広がったですよ。
うんうん。そういうことですよ。

ん~、これって『重力ピエロ』の話じゃないじゃんね。
って、私が書けばこうなることは分かってたか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 悔し涙。 | トップ | ブルーーーーーーーーーーー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本映画」カテゴリの最新記事