京都まち歩き

いつも京都の街を見ながら、少しづつ、京都の街を散策しております
京都の行政書士です。歩く街京都!

五か月ぶりの営業再開

2020-06-17 21:08:35 | 京都
今日、五か月振りに、会社訪問をしました。
守衛室で、人事の許可を得ているのかと聞かれたので、今日は、、個別対応で、食堂には入りません。
玄関先で、お客さんとお会いさせていただきます。
まず、守衛室から、体温を測定する器械が出された。。36度2分です。まずは、合格です。
そして食堂の前で、たって、お客さんを待った。11時45分から、第1団の方々が、どっと入ってきた。
待っている人も、来ました。食堂に、入れないんですか?はい、まだ許可が出ていません。
皆さん、理解していただきました。今日は、6人の方々とお会いしました。
来週も水曜日に来ますと、約束した方もありました。
実は、、ちょっとびくびくして訪問しました。まだ、許可が出ていない中の訪問ですが、個別対応は、黙認するというお話なので、なんとか、切り抜けました。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 母の命日 | トップ | お盆の墓参り »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (aki)
2020-06-18 11:23:02
憲法改正を急ぐ理由を知って下さい
管理人様、お邪魔致します。
改憲の議論が進まぬ中、中国が連日 日本の領海侵犯を強化し、尖閣奪取を狙っている現状を、中国に侵略されたチベットや、今の香港等の姿と重ねて多くの皆様に今どうか知って頂きたく思い、恐れながら書き込ませて頂きました。

戦後日本を弱体化させる為、アメリカが作成した日本国憲法施行後、韓国が竹島を不法占拠し、その際日本の漁船を機関銃で襲撃し、多くの船員が死傷しました。

北朝鮮は国民を拉致し、日本全土を射程に入れるミサイルを数百発配備しており、尖閣には連日中国艦艇が侵犯する現状でも、憲法の縛りで日本は国を守る為の手出しが何一つ出来ません。

現在まで自衛隊と米軍の前に、中国や北朝鮮の侵攻は抑えられて来ましたが、米軍がいつまでも守ってくれる保証は無く、
時の政権により米軍が撤退してしまえば、攻撃されても憲法により敵基地攻撃能力が無い自衛隊のみでは、
日本はチベットと同じ道を辿りかねません。

9条の様に非武装中立を宣言しても、平和的で軍事力の低かったチベットウイグルを武力で侵略虐殺し、現在進行形で覇権拡大を行い「日本の領海を力で取る」と明言している中国や

核ミサイルで日本を狙う北朝鮮、内部工作を行う韓国が沖縄尖閣等から侵略の触手を進めているからこそ、GHQの画策により戦う手足をもがれた現憲法を改正し、
自立した戦力と抑止力を持たなければ国民の命と領土は守れないという事を
中韓側に立ち国民を煽動する野党やメディアの姿と共に 一人でも多くの方に知って頂きたいと切に思い貼らせて頂きます。
https://pachitou.com
長文、大変申し訳ありません。

コメントを投稿

京都」カテゴリの最新記事