京都まち歩き

いつも京都の街を見ながら、少しづつ、京都の街を散策しております
京都の行政書士です。歩く街京都!

ご先祖様のおかげ

2021-07-24 21:41:43 | 京都
私の祖父は、丹波の材木商でした。
丹波の材木を都に送る仕事です。
昔は、角倉了以が保津川を開き、丹波の材木や、物資を都見送りました。
また、田中源太郎は、鉄道を引き丹波の物資を都に送りました。
私の祖父は、トラックを入れて、陸から都に入れました。
昔は、母も、山惣の娘だと威張っていました。(私にはそう見えました)
昔は、嵯峨嵐山でも、二条駅の近辺でも、清水でも、山惣の孫だというと丁寧にごあいさつしてくれる人もありました。
今は、もう、そんないい方しませんが、ご潜像様にいかされている気持ちで毎日手を合わせています。
お盆には、お墓参りに行きます。

保津川下りを世界遺産に!

2020-09-27 19:51:09 | 京都
私は、京都の亀岡市の保津町で生まれ、保津川下りと共に育った。
保津川の渓谷は、本当にきれいです。自慢できます。
しかし、子供のの時から、何回も水害に襲われ、家財道具も流されたこともあります。
保津川は、羽柴秀吉の時から、丹波地方の材木や、物資を送る重要な川でした。
また、角倉了以は、保津川と、高瀬川を切り開いて、また、もっと多くの物資を送るように、川を切り開きました。その後、田中源太郎によって鉄道も引かれ、亀岡をはじめ丹波地方の物資を多く京の都に運びました。
昔、阪急が経営に乗り出したときに、大幅な合理化で船頭と衝突して、一時保津川下りは中断しました。
その後、組合が、京都府に陳情して、自主運営にこぎつけました。
しかし、船を作る大工がいないということになり、兵庫県の香住に木道船を作る大工さんがいるということで、浦川さん親子が、亀岡まで来てくれました。浦川さんは、今も亀岡に住んでおられます。
また、パンフレットもいろいろと考えて、世界の名勝 保津川下りとパンフレットができました。
また、外人が来られると言うことで、英語訳のパンフレットは、当時、学校を退職された桂さんが職員で来られたので、英語訳のパンフレットができました。
その後、イギリスの皇室からも来られることがありました。
保津川の渓谷は、素晴らしいということで、何人も来られています。
私も、四季折々の景色や、渓谷は素晴らしいと思います。
世界遺産として残していかなければいけないとおもいます。

保津川下りを世界遺産に

2020-08-30 21:28:57 | 京都
昔は、角倉了以さんが都に物資を送るために保津川を開きました。
いかだ流しで、運んでいましたが、京都の実業家、田中源太郎が、鉄道を引き、物資を運ぶのは、鉄道に代わりました。その後、いかだ流しは、観光の保津川下りになりました。
田中源太郎は、今では、トロッコ列車の生みの親ともいわれています。私は、今の京都銀行の前身である亀岡銀行を作った方です。
私たちは、子供の時から見ているので、そうは思っていあなかったが、保津峡など素晴らしいと、よく外国人も来られます。
東京にいた叔父さんをよく言っていましたが、富士山や京都の金閣寺と同じくらい、外国人の照会に、保津川下りが出てくるらしい。
関東の方も、景色が素晴らしいとよく言われました。
この美しさをいつまでも残してほしい。

五か月ぶりの営業再開

2020-06-17 21:08:35 | 京都
今日、五か月振りに、会社訪問をしました。
守衛室で、人事の許可を得ているのかと聞かれたので、今日は、、個別対応で、食堂には入りません。
玄関先で、お客さんとお会いさせていただきます。
まず、守衛室から、体温を測定する器械が出された。。36度2分です。まずは、合格です。
そして食堂の前で、たって、お客さんを待った。11時45分から、第1団の方々が、どっと入ってきた。
待っている人も、来ました。食堂に、入れないんですか?はい、まだ許可が出ていません。
皆さん、理解していただきました。今日は、6人の方々とお会いしました。
来週も水曜日に来ますと、約束した方もありました。
実は、、ちょっとびくびくして訪問しました。まだ、許可が出ていない中の訪問ですが、個別対応は、黙認するというお話なので、なんとか、切り抜けました。

セレモニー

2018-06-10 21:59:56 | 京都
今日、亀岡から京都駅に着いた時ときに、JRバスのセレモニーの準備中でした。
前に、オリンピック仕様のジャパンタクシーのセレモニーを見たが、今度は、バス関係みたいです。
テレビカメラも着ていました。
ゆっくり見ていたいところでしたが、仕事があるので、帰りました。
京都駅に着くと、いろんなことがあります。
今日は、バスのセレモニーでした。