DAYS -from around smile-

いずるの毎日をチョコチョコと公開。
TB、コメント大歓迎☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

キャラメルボックス 広くてすてきな宇宙じゃないか/シアター・ドラマシティ

2012年09月23日 | キャラメル
キャラメルボックス・サポーターズ・クラブ 結成20周年記念公演
2012ハーフタイムシアター・トリプルヴィジョン
広くてすてきな宇宙じゃないか

キャラメルファンにとっては納得の名作を、今回は劇団員総出演のトリプルキャストでやってしまっている。
総勢30名。
ホームの東京ならまだしも、関西公演も。
少し落ち着いて考えたら、どれだけ採算の合わないことをしているか。
そして、今回はハーフタイムシアターという、いつもの半分の1時間のお芝居。
休日は一日3、4公演!!
役者さんもスタッフも通常公演より大変なはず。

やってくれてありがとう。
大阪にも来てくれてありがとう。




ネタばれ。ストーリーも既知ですし、大千秋楽も終わってます。が、小ネタとかばらすかも。













さて、今回の「広くて」は、実に22年前にできた作品。
それから何度も再演されてきた作品。
それをトリプルキャスト。
3種3様のおばあちゃんが、感動させてくれました。
フォレストでは大森さん。リバーでは石川さん。スロープでは坂口さん。
チームの頭文字がFRSになっているこのこだわりぶり。

キャストにかかわらず、
冒頭の「もしも一人になったなら」のスクリーンで泣いている私ですが(笑)、それぞれのおばあちゃんのフライングで、
クリコちゃんへの動きにそれぞれ泣けました。
やさしく指を動かすおばあちゃん。笑顔で手を振るおばあちゃん、そして、親指を立てるおばあちゃん。
全てが、劇中のおばあちゃんのイメージを表していて、泣けました。


大好きな人を失ってしまったから、誰も好きにならないと決めたクリコ。
小6にその決意は辛すぎる。
今回、林さんのクリコちゃんが一番しっくりきたかなぁ。

いたるところにある小ネタも面白くて、思わず拍手したり笑ったり。
タケコさまな吉田先生、デブーオオクボ、こっこちゃん…。
それぞれのおばあちゃんが、クリコと話をしようとするシーンも。
オッス、オラババァから、クリコリン(=クリリン)のくだりは爆笑でした。
それから、今週のビックリドッキリメカでアリになるのも。元ネタを知っていたら爆笑。

柿本の独り暴走芝居も面白かった。
CSC結成20周年記念とあって、過去の作品も絡めたネタは個人的には嬉しかったですね。
岡田柿本の「Truth」のくだりとか。で、その後ちゃんと多田カシオが「降りそそぐ…」ネタで走ってるんですよね。
作品つながりといえば、畑中カシオの「トリツカレ男」ネタも笑いました。アリガート♪

そして。
今回照明がめちゃきれいでした!!星座観察のシーンとか。

好きなセリフはいくつもあるけど、今回はなぜか、スギエとおばあちゃんのシーンでおばあちゃんが語る「ロイター板」のくだりがとても泣けました。
そう言う心境だったのかな。私。


コンプリートしたわけですが、何回泣いたかわからない。こんな短期間で(笑)
また明日からがんばろうって思わせていただきました。

キャラメルの皆さんに感謝して。
次回公演は神戸オリエンタル劇場へ会いに行きます。


コメント